momo さん プロフィール

  •  
momoさん: マイペース自閉症アラジンの子育ての日記
ハンドル名momo さん
ブログタイトルマイペース自閉症アラジンの子育ての日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/arata201257/
サイト紹介文2歳半で自閉症と診断されたアラジンの子育て日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/05/18 12:32

momo さんのブログ記事

  • 祖母が亡くなり 入所施設へ最後の挨拶
  • 祖母が亡くなり、1週間は慌ただしく過ぎていきました。 約5年間お世話になった老人ホームへ、母と私とアラジン三人で最後の挨拶にいきました。遺留品の受け取りと、契約などの書類の手続きをしなければなりませんでした。 事務所の方にの方に入り、挨拶を済ませ、書類の手続きをしました。 生前使っていた車いす、着用していない新しい服などは老人ホームへ寄付することに。残りの物は、処分していただくようにお願いしました。 [続きを読む]
  • 区役所で進路を相談 厳しい意見
  • 発達相談室で行われる、週一回の療育に通い始めたアラジン。こちらの教室は3ヶ月で終了します。その後は、幼稚園や保育所、また療育園に通うことになります。進路は子供の発達により、相談をして親が決定します。私は引っ越すことを決めていたので、地元の区役所に相談へ行きました。 この頃は、新居探しもあったので本当に慌ただしかったです。 引っ越し先での障害福祉手続きがあり、窓口へ相談へ行きました。今のアラジンの現状 [続きを読む]
  • 祖母が亡くなり1年が過ぎました
  • 祖母が亡くなり1年が過ぎました。気持ちの整理がついてきたので、書き残せたら思います。以前ブログにも書きましたが、祖母は認知症を6年前に発症し、最後は老衰で亡くなりました。自閉症とは違う!っと思われるかもしれませんが認知症と自閉症…脳の機能障害。共通する部分も多くあるように感じるのです。 認知症は何かの病気によって起こる症状や状態の総称です。老化によるもの忘れと認知症はちがいます。誰でも年齢ととも [続きを読む]
  • 夫婦 触れてはいけない領域
  • 以前にお話した、スマホを落として破損してしまった続きです パパ「スマホがなかったら、大変だろうから。新しいのを買うまで俺のを貸すわ」 1週間ほどですが、携帯を借りることに…。 スマホの貸し借り。夫婦で出来ます? できないって人の方が多いと思います。やましくなくても、友達とのやりとりなど、見られたら嫌ですもんね私も今まで、人のスマホを覗いたことは結婚するまで、一度もありませんでした。人として当たり前の [続きを読む]
  • 運動療育を頑張る訳
  • アラジンの一週間のスケジュールですが 月曜日〜土曜日 療育園土曜日 月2回 運動療育 約一時間 日曜日 毎週 運動療育 約一時間 こんな感じで、休みなしです 運動療育は、2ヵ所の事業所を利用してます。1ヶ所は厳しめな療育。2ヵ所めの所は、ゆるめな療育です。特色が全く違うので、どちらが合うか分からないのもあったので2ヵ所に行かせてみてます。親の気持ちとしては、厳しい所の方が成長に繋がるかなぁっというのもあっ [続きを読む]
  • 発達相談室で言われた言葉に唖然
  • アラジンに自閉症の診断がついてから、すぐに発達相談室へ予約を取りました。1日も早く療育を受けさせたかったからです。やっと、前に進む気持ちになった私。相談室へパパとアラジン、3人で行きました。相談員「久しぶりですね。どうですか?」ママ「市立病院の方で診断してもらいました。やはり、診断で自閉症と言われました」相談員「えっまだ、2歳で?!診断出すのは早いでしょ」病院はそういうもの??診断が出てるのに… [続きを読む]
  • アラジンにバイキンマンがやってきてしまった
  • 障害者の性について考えるでも、お話してたのですがだいぶましにはなってきてた、チンチン触りでしたがバイキンマンがやってきてしまいましたチンチンが切れて、バイ菌が入ってしまったようです。ママ「バイキンマンが来て痛い痛いになるよ」散々、いい続けましたが、ダメでかわいそうですが、自業自得病院行きです。トイレに頻繁に入っているのもあったので、膀胱炎の疑いありで病院では尿検査もしました。オムツが外れていない [続きを読む]
  • 来年の進路相談
  • アラジンも療育園に通いはじめて、3年がたとうとしています。進路相談では、来年の進路希望を年始めに聞かれていました。先生「進路はどう考えていますか?」ママ「来年も、療育園でお願いします」 「発語もまだなので、小学校も支援学校で考えてます」私は進路は入園当初から、だいたいは決めていました。単語でもいいので、自分の意思を伝える事ができる。これがクリア出来ない限りは、地域の幼稚園・小学校はいかせることは [続きを読む]
  • お友達になろう
  • 平日のパパが休みの日は、公園に行くのが最近の日課です運動療育のおかげか、遊べる遊具の幅も広がってきました。前は公園の周りを、ぐるぐる回っていたアラジン。興味の幅も、広がりが出てきたみたいで公園遊びもだいぶ楽しめるように。お気に入りの遊具は、滑り台とブランコ。公園に着くと、遊具に嬉しそうに走っていくアラジン数人遊んでいる、子供たちがいました。暫くすると、一人の男の子がパパに話しかけてきました。ママ [続きを読む]
  • 障害者の性について考える
  • 区役所でおこなわれた、「障害者の性について」についての勉強会へ参加してきました!まだ、5歳だし性のお話なんてまだまだ…と思われるかもしれませんがアラジンにも問題行動は出てまして…恥ずかしいっというが概念がないので、所かまわずチンチンをさわってしまったりすることがありまして…なんとか、やめさせれるヒントをもらえないかと、勉強会へ。療育園に送りとどけたあと抗議開始から30分ほど遅れて、会場に。入ると… [続きを読む]
  • 障害児とのお出掛け 手の繋ぎ方
  • 連休が続くと、なかなかブログを更新できませんでした3連休は京都の方に、アラジンとお出かけしてきました公園やテーマパークはハードルが高いので、悩んだ末…以前から私が行きたかった、八幡へ行くことに。神社めぐりは子供には楽しくないと、思ったのですが電車好きのアラジンにも、男山ケーブルに乗るのは楽しめるかなぁっとプラス、アラジンが少しでも賢くなる様に神頼みです当日お出かけ当日は、アラジンに特に◯◯行くよう [続きを読む]
  • 診断〜背を向けて眠った日〜
  • 自閉症の診断が出てから、病院を出て…私の親が待つ車に向かう3人。 親には長い時間待たせていたので、車に素早く乗り込みました。 少し車が走ったところで、話を切り出しました。ママ「アラジンやっぱり自閉症だった」母(ばーちゃん)「……」 「ちゃんとした診断?」 「病院もあてにならないから…」ママ「専門医に診てもらってるから、間違いない」母(ばーちゃん)「……」「…あんたらが、ケンカばっかりしてるからっ」「 [続きを読む]
  • 美容が気になるお年頃…?②
  • 療育園帰りに時々、実家によったりしますすると、私の姉と子供も来ていて会うことがあります。姉の子供は、2歳のやんちゃboy。名前はハルくんですお喋りも上手で、ハルくんはアラジンにもいい刺激を与えてくれてます。実家のドアを開けると、ハルくん「アラー!」うれしそうにお出迎えアラジンは…もちろんスルーごめんよハルくん。しかたないけど、ため息がもれちゃいます。いつか、「ただいま〜」とか言えるようになったらいい [続きを読む]
  • 美容が気になるお年頃…?①
  • 朝は療育園にアラジンを送るため、バタバタの私片付けをして、化粧して、ママ「さーブローするか〜」コンセントにドライヤーとコテを差し込むと…カチッドドドーすごい勢いで走ってくるアラジン地獄耳です…家電製品の音にはすごく敏感このところは髪を巻いて欲しいみたいで、必死です普段は欲求が少ないので、必死で欲求してくる姿は可愛いのですが朝はバタバタするので、困る時もしばしば…朝には髪の毛を巻くという、一種のこ [続きを読む]
  • 8月のフーフー
  • 8月もあっという間に終わってしまい?涼しくなってきましたね旅行にいったり夏の思い出はたくさんでしましたそのなかで、嬉しい出来事がアラジン、5歳でやっとフーフーマスターできましたフーフーといいますと…シャボン玉をフー笛をフーローソクをフーなどなんですが。健常なお子さんでは1、2歳ですぐにできるようになる事なのですが自閉症の子供は模倣が苦手なので、なかなか出来ません。口の動きも不器用なんだと思います [続きを読む]
  • 自閉症に気づいてからの日々〜診断〜
  • 1週間後、病院へ再び受診。その日は私の両親が車を出してくれました。母「ついて行こうか?」ママ(私)「いや、車で待っていて」私、パパ、アラジン3人で病院へ向かうことに。直接、診断結果を聞くのはショックだろうと思い断りました。その日は病院が混んでいて、1時間待ってやっと病室へ。前回同様、待ちくたびれてアラジンは寝てしまいました。病室へ入り、前回もらった資料を先生に手渡します。先生は素早く資料に目を通し、チ [続きを読む]
  • 多動はいつから
  • 5歳になってからの、アラジンの様子を少し言語は意味のある発語はなし。独り言で数字をいってみたりはしてますが、それもまれにで…理解能力は以前より、出来てきたかなぁっといった印象です。簡単な言葉では、「カーテン閉めて」「電気つけて」「ゴミ箱にポイッして」「シッシいこー」「お風呂入るよ」などは理解できてるみたいです。指差しは時々、出てくるようになってきました。家中での様子はスマホゲームしたり、人形遊び [続きを読む]
  • アラジン消える
  • タイトルのとおりですが…アラジンが迷子になった日のお話を… 週末は以前にもお話したと思いますが、パパはお仕事でいません。 基本一人で見ないといけないわけで… 週末はぐったりです 療育園がない日は、土日に運動療育を入れてます。付き添いで一時間なのであとの時間は、何をして過ごそうかと毎週悩んでます。 家にいると大体がご機嫌を損ねて、キーキーとなるのでほぼお出掛け。 私の実家に行って、過ごしたりもする [続きを読む]
  • 自閉症に気づいてからの日々〜小児精神科を受診〜
  • アラジンの自閉症を疑ってから約1年が過ぎていました。それまで、自閉症の本・自閉症の子育てをされている方のblogなど見てきた私。その中で、よく書かれていたのが病院を受診するのに何ヵ月も待ったという言葉です。すぐには診てもらえないだろうと、覚悟の上で近所のかかりつけの小児科で相談しました。ママ「言葉が遅れていて、一度精神科の方で診てもらいたいと考えてるのですが…」先生「市立病院の方に専門医がいるから、 [続きを読む]
  • 自閉症に気づいてからの日々〜決断〜
  • どこへ行ってどうすればいいのか…分からず、時間だけが過ぎてた日々。アラジンが寝ると、スマホを触り自閉症診断ポチッ…『自閉症の疑いがあります。早めの受診を』ママ「はぁー」スマホの診断だし…確かなものじゃないし…「もう少し様子を見られても」相談室での言葉を思い出す。もう少し待って、成長をすればこのスマホ診断変わるのかな…しかし…ゆらぐ気持ちから、一転私を決断させる事が…。それは定期的に会っていた、マ [続きを読む]
  • 自閉症に気づいてからの日々〜夫婦の溝〜
  • 「元々、結婚はする気はなかった」これはケンカになると、パパがほぼ毎回言う台詞です。今は言われても、今さら言われてもねぇ〜って怒り、流せますが(笑)あの当日はとてもツラく、キツイ言葉でした。育児のストレス、パパとは完全にギクシャクしていました。あの時は、私が別れたいっと言ってたら今一緒には生活していなかったと思います。ケンカになった日の次の日は、気分は最悪で洗濯を干しにベランダに出た時には…青い空が [続きを読む]
  • 自閉症に気づいてからの日々〜行き場がない〜
  • 親子教室へ行かなくなった、私とアラジン。この頃は2歳前。基本的に、あまりご機嫌で過ごしてくれることはなかったアラジンです。夜泣きも3歳過ぎるまで続いていました。朝から、グズグズが始まるのでいち早く準備をし、眠たい目をこすりお出掛けしていました。向かう先は児童館か、公園、電車見学などでした。日中ほぼ、外出その日も児童館へ。朝イチから来ているママさんたちは、偶然にも男の子のお子さん連ればかりママさん [続きを読む]
  • ママメニエール病再発する
  • 久しぶりのブログ更新になりました更新してない間も、コメントを頂いたりして嬉しかったです読んで下さってありがとうございます 更新してない間はといいますと…メニエール病が再発しまして 耳鼻科に通ったり、体力回復にのんびり過ごしたりしてました メニエール病とは人の体には平衡感覚というものが備わっていますが、それを司るのは耳の奥にある三半規管という器官です。カタツムリのような形をした三半規管の中にはリンパ [続きを読む]
  • 自閉症に気づいてからの日々〜発達相談室へ行く〜
  • 結局、1歳半検診ではなにも分からなかったアラジン…私はモヤモヤとした日々を、過ごしていました相変わらず、携帯や本などで自閉の事を調べたり病んでいく一方だと、心のどこかでは分かっているのに止めることが出来ませんでしたアラジンのこのやりとり感のなさ…私はとにかく知りたかったのです。自閉症なのか、それともまた違う障害があるのか。まわりのお友達や、ふれあい広場での先生と相談する機会はありました。しかし、 [続きを読む]
  • 自閉症に気づいてからの日々〜1歳半検診〜
  • 1歳半検診前日は、聞きたいこと自分なりに頭で整理していました。一番気になること…アラジンは障害があるのではないか…ちゃんと聞けるだろうかと、不安を抱きながら当日をむかえました。検査の会場では、慣れない検査で泣いてるお子さんも多くいました。「ママ〜〜」言葉が出掛けている子が多く。泣いていても、親を呼ぶ声がしていました。アラジンはこの頃から、過敏もあったので歯科検診などでは、すごい力で暴れで看護婦さん [続きを読む]