純接骨院 さん プロフィール

  •  
純接骨院さん: 身体のお悩み解決ブログ
ハンドル名純接骨院 さん
ブログタイトル身体のお悩み解決ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/33bluesky/
サイト紹介文鎌ヶ谷で唯一 痛みの除去に特化した接骨院。 医療の窓口として様々なお悩みを解決致します。
自由文鎌ヶ谷で唯一 痛みの除去に特化した接骨院。
微弱電流治療器(エレサス)、ミトコンドリアを活性化させるハイチャージ、水素療法、SOT、カイロプラクティック、骨盤矯正、姿勢矯正。気軽にご相談ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2016/05/18 11:35

純接骨院 さんのブログ記事

  • 防犯の意識
  • 週末に、防犯について勉強してきました【防犯】と言われても何をしていいのか、具体的にはよくわかりませんでした。今回はALSOKさんの講話や、市内の小学校などの関係者の方々が集まり様々なお話を聞くことができました。考えるいいきっかけになりましたありがとうございました!鎌ヶ谷 純接骨院 診療時間 午前8:00〜13:00 午後15:00〜20:00 お問い合わせ 0474279053 千葉県鎌ヶ谷市東中沢2-24-40 当院の前に駐車場があります。北 [続きを読む]
  • 鎌ケ谷市民祭りへ行ってきました!
  • 先日鎌ケ谷市民祭りに参加しました。あいにくの天気でしたが大盛況でした鎌ケ谷のお店が出店し1番を決めるkama-1グランプリや、ゆるキャラが勢ぞろいしたりしてました。チーバくんや、じねんじゃー、なし坊など近隣のキャラを始め、みきゃんなどの県外のキャラも参戦してましたそして、kama-1は美味しいお店ばかりで食べ過ぎました。笑勝ったのは【カマちゃん】さんでしたそして、何と言っても馬が走るというのが一番の目玉みたい [続きを読む]
  • 膝痛い時は動かす?
  • 今日はちょっと嬉しい形で患者さんが来院されました。来院理由を聞いたら、ある市内の病院勤務してる方が、職員の方に「北初富でスポーツに精通してる先生いるらしいよ」って聞いて来てくれました。選んで来てくれた理由が嬉しいです最近は同業含めて色々な方を治療する機会もあります過去にはファイターズのマスコットのカビー君も↓話を戻しますが、今回の症状は膝痛マラソンで10キロ走ると痛みが出てくる。普段の日常では痛み [続きを読む]
  • 伝えるのではなく、伝わるように。
  • 【数ヶ月前に書いた記事が5ヶ月後にも反響あった話】5月頃にご縁があって地域新聞さんで記事を掲載していただきました。内容的には『足という土台の大切さ』と『自分の身体を自分で操る力について』すべての土台は地面と接している足です。その足が乱れてしまうと全身が乱れますそうならないためにも足の機能は大切ですしかし、ここで問題なのが、足の骨が出来上がるのは小学生の時という事実。歯と同じく曲がってしまったものを [続きを読む]
  • リアル臨床に参加して感じたこと。
  • 10/8.9の2日間リアル臨床に参加しました!リアル臨床はお互いの日々の臨床での気付きや発見などを発表する300人以上来る学会のようなイベントです。普段お金払っても人気で聞けないような先生の話や、職種を飛び越えた方々のお話も聞けるので、毎年とても刺激をもらえる2日間。今年は昨年同様に発表者としての参加でした。毎回思いますが、数ある演題の中で私を選んで来てくれる方々には感謝しかないですそして、このイベントの醍 [続きを読む]
  • スタンド使いは惹かれ合う
  • 【可能性は無限大】最近は多くの出会いがありますが、不思議なことに同じ想いがある人と会う機会が多いです。それはきっと潜在意識よりもっと深いところで引き寄せあう所があるのかもしれませんが、会う方々で共通してるのは『信念や想いが強い』ところです。環境は人を変えると受動的ではなく、まずは環境を自分から変える能動的な一歩が大事な気がします。そして、社会に出ると誰も声かけてくれないし、誰も助けてくれない。大 [続きを読む]
  • 塾もやってる接骨院
  • 鎌ケ谷純接骨院では勉強の苦手な子には勉強も伝えてます。今日は【歴史的仮名遣い】について。テスト前って言ってた中学生と筋トレの合間に一緒に勉強しました。・かうかう・てふてふ・ざふきん・けうしつ・きうり・くわし・ちやうちやうたまには過去の記憶を引っ張り出すのもいい学びになります。こういうのを始めたのも、ここに来る時間を有意義に使って欲しいと思ったから。、ただいたずらに毎日来てって誘導したりしますが、 [続きを読む]
  • 転ばないために筋トレより大事なこととは?
  • 本日は体操教室の担当でした自分の体を自由に操る。これは年齢問わず必要な能力。今日は機材トラブルなどもあり、いつもとは違うながれになったので、頭をしっかり動かしてもらうのを意識してやっていきました^ ^例えば、しりとりやっていて人の番の時はどんどん言葉が出るのにいざ自分の番になった途端に出なくなるとか、なにも無い平坦な道で躓いたり、これも頭ではわかってるのに、身体が言うことを聞かない状態だからこそ起き [続きを読む]
  • やればいいってわけではない。
  • 勉強でも、本で知識を入れるだけで問題集などで使わないと自分の知識にはなりません。ダイエット食品食べても動かないと痩せません。あたり前ですが、当たり前だからこそ大事。なんでも、やればいいではない。治療においてもやってもらえば治ると思っているかもしれませんが、動かすのは自分の筋肉です。触っても新しい筋肉はつきません。どんなにいい治療を受けたとしても、身体は食べたもので出来るという大前提があるので、食 [続きを読む]
  • 首のヘルニアの診断がありましたけど大丈夫ですか?
  • 「首のヘルニアって言われてますが大丈夫ですか?」そんなお電話がありました本来ヘルニアの場合、手の痺れや感覚障害などがあるため、様々なことを想定して待っていました。例えばこんなテストや様々な検査で何かしらの反応は出ます。そんなことを色々想定しながら、来院してヘルニアの検査を致しました。特に反応は出ずそして、確認してみたら特に神経症なし。それならと思ってうちでの治療をオススメしました。首のヘルニアと [続きを読む]
  • 体操教室で伝えたかったこと
  • 今日は体操教室の最終日でした。この体操教室は市の総合事業の一環としての依頼でした。いつも子供などの下の子たちを見る機会が多く、上の方々は定期開催してる福祉センターでの体操教室で関わるくらいだったので、私自身もいい勉強になりました。頭使いながら身体も使い、なおかつ楽しく行なう 町歩いていて前から友達来た時に、「あー、〇〇さん!」って声かけしたとき、毎回、回内させて手首を背屈させて....なんて考えてる人 [続きを読む]
  • 時間は限りがあるので、早く治そう
  • 何かに一生懸命になることは人生においてもとても大事です。その大事な時期を『痛み』で全力になれないのはとてももったいない。痛みを感じた時に気軽に相談できるような存在できるいたい。だからこそ無責任に「治ります!」とも言わないし、どこ行っても治らない痛みが消せるメソッドがあるとも言いません。他にもいい治療方法はあると思うので、場合によっては他を勧めたり専門医に送ることもあります。それが何より患者さんの [続きを読む]
  • 首の痛みの原因は〇〇
  • 首の痛みにはいくつかの原因があります。例えば、上を向く時に痛い場合は主に後ろの筋肉の硬さや骨の動きの悪さや、肩甲骨の動きの悪さなども影響して来ます。そして、下向く時に痛い場合、首の前の筋肉の動きの悪さや肋骨、鎖骨の動き、そして肩甲骨などの動きも絡んできます。最近多かったのが、首の前の筋肉の硬さによる動きの制限。首は前からも筋肉が支えているため、頚長筋などの後ろだけではなく前の筋肉のアプローチも大 [続きを読む]
  • 練習を楽しくするコツは?
  • 【練習を楽しくやってる子と文句言う子の差とは?】地味な練習とか勉強とかを好きでやってる子は少ないです。でも楽しんでやってたり一生懸命やれる子と、文句ばかり言ってやってる子がいます。その差は『目標設定の違い』後者は「練習する」なかに楽しみを求めているため、練習は面白くないって文句が出てしまう。練習はつまらないのは当たり前です??しかし、前者は「練習して成長する自分」に楽しさを求めているのでやればや [続きを読む]
  • 足の捻挫
  • 足の捻挫は放置すれば治る。そう思っている方も多いかもしれません。こんばんは。鎌ヶ谷純接骨院の佐々木です。捻挫して痛くて歩けないと結局関節が硬くなり、動かなくなります。大切なのはいかに早く治して動かすか。足の捻挫の早く治す方法は固定して放置ではなく、「動かせる場所は動かす」治りよりも復帰が早まります。是非しっかり動かして早く復帰しましょうそのお手伝いはいつでもやってます個別の体育指導http://tomospo. [続きを読む]
  • 捻挫してないけど足が痛くなる?
  • 最近は小学生の怪我が増えてます特に多いのが「捻ってないけど、足が痛いんです」昨日「鎌ヶ谷 捻挫 早く治したい。」で検索してしてくれた患者さんは捻挫というよりある筋肉を酷使し過ぎてしまう身体の癖が原因で足が痛いようでした少し細かい話ですが基本的に足首を動かすには、・親指から足を上に上げるあげ方と・まっすぐ上げる動かし方と・小指から足を上げる動かし方の3つがありそれぞれ同じ足を上げる動作でも使われる筋肉 [続きを読む]
  • 見てもらうブログにするコツとは
  • こんにちは!鎌ヶ谷純接骨院の佐々木です!今日はブログについて学んできましたブログってなんのためにやるのか、自己満足のため?そうではなく、読んでくれた誰かの役に立つため。そんな当たり前に改めて教えてくれた好きを仕事にする大人塾塾長のかさこさん一つのネタでも捉え方一つで伝わり方が変わります。例えば運動会で息子が1位とりました!だと、知らねーよって感じですが、運動会で1位を取らせるためのお弁当とか走って [続きを読む]
  • ランドセルと小学生の腰痛
  • こんばんは!鎌ヶ谷純接骨院の佐々木純です今回は『ランドセルと小学生の腰痛』についてそのことでうちに取材に来ました今の小学生の現状としては以前より腰痛肩こりの症状を訴える人は多くなりました。その中でも子供たちが必ず持ってる、ランドセルが原因ではないかと考える人も出てます。なぜかと言うとランドセルの重さは大体4キロ前後が普通です中には6キロ超えの子供も数字だけみると、へーって感じですが、比率にすると20 [続きを読む]
  • 小学校受験のでために必要な能力とは
  • 本日は体育家庭教師トモスポの実川と一緒にえいごの保育園さんの場所をお借りして体操教室を行いました三軒茶屋でマット持って歩いてると二度見されることもありましたが気にせず目的地へ。行く前にはまずは2人でミーティング??より良いものを伝えようと2人で話し合いました年長さんは受験間近だったりしますが、年中さんはこれから受験対策するならまだ間に合う年齢でもありますので、年中さんにターゲットを絞って行いました [続きを読む]
  • 日常の全てをプレゼンテーションにできる
  • 昨日はワンモアステップ主催のセミナーに参加しました 内容としては「プレゼンテーションについて」プレゼンテーションって聞くと・みんなの前で堂々と話してる・みんなの前に出るのは苦手様々なイメージが湧いてきますが、実は毎日がプレゼンテーションだったりしますなんちゃって今読んで頂いているこのブログもプレゼンテーションのうちの一つ。このお話を「カリスマをつくるカリスマ」とも呼ばれている中西健太郎氏から色々学 [続きを読む]
  • 速くなるためには
  • 【足速くしたいなら方法を知るより現状を知る】「これやれば大丈夫ですよね?」「一回で速くなりますよね?」注文つけて来る人に限って危ないから今まで運動やらせてない事が多い。確かにやればのびますが、いつまでも小学1年の時のように足し算引き算やってても伸びません。その時そのタイミングで必要な動きがある1段飛ばしならまだしも、2段飛ばしは怪我の元。ゆっくりかもしれないが『のんびり』ではなく『一歩ずつ確実に』そ [続きを読む]
  • 逆上がりができるようになる方法
  • こんにちは!今日は鉄棒やったことない子が前回りと逆上がりが1日でできるようになった話出来ない子で足りない筋肉の一つである腹筋運動。写真のように膝を抱えて頭をあげる。それだけでも腹筋が力入りますこの運動を繰り返し行ってから逆上がりに挑戦したらすんなりできるようになりましたえっ、これだけ?って話ですが、できない理由やつまずきポイントを探すと一つの運動でできるようになります逆上がりの練習は当院で行う塾で [続きを読む]
  • 縄跳びできるかできないかより大事なこと
  • 【縄跳びっていつできるようになりますか?】最近多い質問でうちの子何で出来ないんですか?コツはなんですか?親御さんに聞かれます。しかし、その家庭に限ってうちの子可愛い可愛いでなんでも写真。できなかったとしても特別な存在だからやればできるけどまだ本気出してないくらいのノリ。でも残念なのが写真撮って見てるはずなのに、子供の利き足知らない、実は投げるのは右ではなく左が得意とか実際に関わってみて気がつくこ [続きを読む]
  • ニコカマフェス2017
  • 本日は鎌ヶ谷ショッピングプラザさんにて行われていた『ニコカマフェス2017』に出店しましたすごい人で賑わっていました私は逆上がりが苦手な子供むけの体操教室として体の使い方などを伝えるブースをやってました(これ終わったあとなので、結構顔疲れてますね。笑)昼間は空いてましたが、誰かやってると誰かが集まる。一時期は20人くらい集まってました内容としては足の筋肉をしっかり動かしてもらったり鉄棒に挑戦してもらっ [続きを読む]
  • 遊びを運動に変える
  • 先日東京スポーツレクリエーション専門学校にて体験授業の講師を担当しました今回のテーマは『遊びながら筋肉を働かせる』具体的には普通にダルマさんが転んだをしたとしても得られるものは・楽しい・程よい疲れ・一体感などこれにケンケンや四足歩行などの運動要素を加えることで導入筋肉が変わります。今回は体の歪みをはじめに体感してもらってからそれに合わせてダルマさんが転んだのバリエーションを増やしてアプローチしま [続きを読む]