ナベシマ さん プロフィール

  •  
ナベシマさん: ナベシマ徒然草
ハンドル名ナベシマ さん
ブログタイトルナベシマ徒然草
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nabe_station0109/
サイト紹介文日々感じるあらゆる想いを文章にします。
自由文ブログアーティスト。
1986年1月9日生まれの男。
香川県出身。
大学時代を札幌で過ごす。
現在は関東に在住。
THE BOOMを聴いて育つ。
西武ライオンズファン。
季節のにおいを感じられたら幸せ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/05/18 20:35

ナベシマ さんのブログ記事

  • 健康第一、体力勝負
  •  村上春樹は昔からエッセイなどで「小説を書くのは体力勝負だ」ということを書いている。先日のラジオでもそのようなことを言っていた。「誰も賛同してくれないんだけどね」ということを氏は言うけれど、しかしこれは小説に限らずある程度の時間を何かに集中し続ける作業を... [続きを読む]
  • 感覚を伝えるということ
  •  何かが起こったとき、それを「どの方向」に「どれだけ」感じるかは、人によってまったく違うはずで、自分以外の人間の「感じ方」とまったく同じ「感じ方」を得ることなどできない。その意味で、自分の感覚を他人に伝え切ることは不可能だ。僕は君じゃないし、君は僕じゃな... [続きを読む]
  • 台風と休校とカラオケ
  •  小中高ともに、「台風が来て警報が出たら休み」というルールがあった。これが大学になると「珍しく北海道に台風直撃かも」からの、「なんだけっきょく温帯低気圧かよ! なんかむかつくから休み!」というルールが追加されるのだが(いまならもったいなくてそんなことはで... [続きを読む]
  • ウインナーソーセージ
  •  僕は食べ物にアレルギーはないので、その意味でどうしても食べられないものはない。ただ食べるのを好まないものは多少あって、たとえばレバーやうなぎなどは普段食べない。そのため牛レバ刺しやうなぎ漁獲高の問題についての悲鳴は、あまり関心がないのが正直なところだ(... [続きを読む]
  • 「ごまなし自転車」の話
  •  前回の続きで方言の話。 讃岐弁には讃岐弁世界でしか通用しない言葉は少ない、というか、いろいろあるけど、我々世代が使う言葉としてはそんなに多くない。イントネーションはばっちりでも、オリジナル用語を操れる人は世代が下るにつれて少なくなってきている。これは... [続きを読む]
  • 2018年9月6日に思うこと
  •  僕は昔からあまり外食をしてこなかったが、いわゆる「行きつけの店」が全世界に2軒だけある。香川のあるうどん屋と函館のある寿司屋だ。ただ函館の方は僕が勝手に行きつけと思っているだけで、ほぼ2年おきぐらいにふらりと訪れてもいつも大将は僕のことを覚えていないので... [続きを読む]
  • 6×5=30の食事
  •  前回に関連した食事の話パート2。 食事の途中で食べるという行為に飽きることに対する解決策をひとつ思いついた。それは、一回の食事量を少なくして、食事をする回数を増やす、ということ。 わかりやすく数字を使って説明してみよう。 現在、日本では主に食事は「朝... [続きを読む]
  • 食事の途中で飽きてしまう
  •  最近気づいたこと。 どうやら僕は食事をすることにそこまで興味がないらしい。 料理を食べることよりも作ることの方が好きだということと、自分ひとりしかいないときに料理をする気にならないことについては、以前からわかっていて、このブログでも書いたことがある。... [続きを読む]
  • 平穏なブログの日々
  •  13年半前に設立したブログをいまも継続してやり続けている(このブログです)。13年というのは期間としてものすごく長いわけではないけれど、世間的にまったく無名な人間としてはそれなりに長い方だと思う。もちろん、長けりゃエライわけではないが、歴史の深さは無視でき... [続きを読む]
  • 逆快速電車
  •  前回に続いて電車の話。 ここのところ、通勤ラッシュのピークではないけれど、まだまだ混んでいる時間帯の電車に乗っている。乗るときはわりと空いているときもあるが(座れはしない)、進むにつれてだんだん混んできて、降りる頃は満杯だ。この、最初はすかすか最後は... [続きを読む]
  • 電車の中で何をしますか?
  •  何年か目、具体的には2011年前後のことだったと思うけれど、「電車に乗ったら自分以外の乗客全員がiPhoneを操作していた」という小説のシーンを考えたことがあった。それはデストピアとは言わないまでも、「かなり奇妙」な光景として想定していた(結局そのシーンを使う話... [続きを読む]
  • 布博 in 町田
  •  町田へ行ってきました。 え!? あの東京なのか神奈川なのかよくわからないあの町田に!? そう、その町田です。 八王子から横浜線に乗ると橋本あたりは神奈川県なのにまた東京都に入って混乱してしまうあの町田に!? そう、その町田です。 でもよく考えたら町田は旧... [続きを読む]
  • ハラハラする大河
  •  決まった時間にテレビを見ることがなくなって、何かを見たとしても「たまたま」になった。「たまたま」今年の大河ドラマ『西郷どん』を見たのは、先月の終わり。「禁門の変」の回の再放送だった。特に何も考えずに見始めて(意図して見始めたわけではないので)、けっこう... [続きを読む]
  • 他人の本棚は興味深い
  •  数日前までは窓も開けられないような熱気が外にはあったのだけれど、突然に秋の空気が降りてきて、部屋に風を通すのが心地よくなった。 そういうわけで、北の和室に散乱している本を片付けようと、部屋に入った。ちなみにこの部屋はエアコンを設置していないので、夏と冬... [続きを読む]
  • 家族の風景にはいつも本棚があった
  •  急に秋になった。朝の中央線から富士山がきれいに見えた。まだ完全に夏の休みが明けていないせいか、車内は空いていて、妙に静かだった。少し前に静かな中央線の車内をイメージした文章を書いていたので、変な気分だった。季節の変わり目に見る眠った街がこんなにも魅力的... [続きを読む]
  • さくせん:いのちだいじに
  •  やりたいことだけやって生きていけたら(そして死んでいけたら)幸せだと思う。しかし現実的にそれはなかなか難しい。それでもできればやりたくないことをやらないで生きていけたらいいなと思う。正確に書くなら、「やりたいことにおいてやりたくないことをやらないで」生... [続きを読む]
  • 3回まわってケセラセラ
  •  読んでも読んでも積まれている本が増える一方なのでなぜだろうなぜかしらと不思議に思っていたら、細君に「そのぶん買ってるってことじゃない」と喝破されてしまいました。まあ、本当は言われるまでもなくわかっていたことで、僕の読むスピードに対して書籍の購入量が多い... [続きを読む]
  • 村上RADIOを聴いての短い感想
  •  そういうわけでいよいよ今日の夜にTOKYO FMで村上春樹が初めてラジオに出演したという『村上RADIO』が放送されました。その短い感想を書こうと思います。長い感想もあるのですが、いまは体力的にまとめるのが厳しいので、短いバージョンです。 まず、第一声を聴いて、「... [続きを読む]
  • ストレートネックアゲイン
  •  ここ2、3ヶ月調子のよかった、というか、小康状態を保っていた首の調子が数日前から再び悪化して病院へ行った。僕は同年代の人と比べたらスマートフォンを操作している時間は短いと思うけれど、本を読んでいる時間とPCに向かっている時間は長いと思うので、下を向いたり同... [続きを読む]
  • 南鳥島の気温に関する情報が流れて
  •  そういうわけで、昨年の夏に書くだけ書いてアップしなかった記事を上げます。 僕は瀬戸内で育った人間なので、海の向こうに何も見えないという経験をしたのがけっこう遅く、今でもそういう状況に恐怖心があります。(たぶん)まだ泳げるけれど、水に顔をつけるのも怖いし... [続きを読む]