ナベシマ さん プロフィール

  •  
ナベシマさん: ナベシマ徒然草
ハンドル名ナベシマ さん
ブログタイトルナベシマ徒然草
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nabe_station0109/
サイト紹介文日々感じるあらゆる想いを文章にします。
自由文ブログアーティスト。
1986年1月9日生まれの男。
香川県出身。
大学時代を札幌で過ごす。
現在は関東に在住。
THE BOOMを聴いて育つ。
西武ライオンズファン。
季節のにおいを感じられたら幸せ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/05/18 20:35

ナベシマ さんのブログ記事

  • 2018年末進行
  •  3ヶ月連続でほぼ1ヶ月おきに体調を崩している。他人の体調を崩したという文章なんて読んでも仕方がないのだけど(どうするわけにもいかないし)、しかしそういうことを書きたがるのが人情なんだろうな、ということは世間のSNSの書き込みを見てもよくわかる。 この3ヶ月で... [続きを読む]
  • 浮ついた空気とプチ情報
  •  整形外科にもクリスマスソングが流れる時期になってきました。僕はどこもかしこも浮ついたこの時期の街の雰囲気がわりと好きです。もう少し空気が冷たくなると、夜のイルミネーションや雑踏はよりその空気に映えます。ちなみに想像しているのは銀座の光景です。この時期に... [続きを読む]
  • 掃除はいつも大掃除
  •  片付けとそれに付随する掃除(あるいは掃除とそれに付随する片付け)が、きらいではない。のだけれど、片付いた状態を保つことは得意でない。よって、思い立つか、日々悪化する環境に我慢できなくなったタイミングで片付けをする。程度の差はあれ、それは毎回大掛かりなも... [続きを読む]
  • 1,500回目の雑感
  •  この記事が当ブログの1,500個目の記事だそうです……というのは実は少し前の記事を書くときから知っていて、知ってしまったためにガラにもなく意識してそれなりの記事でも書こうかとしていたのだけれど、二つ前の記事でも書いたように、川崎昌平氏分類で言うところのジョブ... [続きを読む]
  • 症状なき自覚と、自覚なき症状
  •  一ヶ月ほど前、体調を崩した。とにかく体が重い。だるさと似ているが、少し違う。だんだん悪寒もするようになった。だが、そういう自覚は満載ながら、わかりやすい症状としては表出しない。熱もほぼ出ていないに等しかったし、のどもさほど痛くない。咳もない。鼻水が出た... [続きを読む]
  • 手汗と手洗い
  •  僕は基本的にあまり汗をかかないのだけれど、例外的に手だけはよく汗をかく。特にむくんでいるときによく汗が出る気がする。一度汗がにじむと、拭っても拭っても(洗っても洗っても)なかなか引かない。おまけに僕は手が汚れた状態にあること(汚れたと感じる状態にあるこ... [続きを読む]
  • 「エグい」がヤバくてマジパネェ
  •  最近「エグい」という言葉をよく耳にする。たいてい若い人が使う。 これはもちろん古くからある言葉ではあるけれど、もちろんもともとの意味そのままで使われているわけではない。 広辞苑第七版によると以下の通り。えぐ・い【蘞い】①あくが強く、のどをいらいらと... [続きを読む]
  • 片付けの意識
  •  一年間使わなかったらそれは使わなくても支障がない=不必要なものなので捨てるべし、という意見を何度か聞いたことがある。これはたしかにひとつの考えなのだと思う。僕も最初に聞いたときは「へー、なるほど」と思った。ある期間を区切って判断を下すというのは、片付け... [続きを読む]
  • 健康第一、体力勝負
  •  村上春樹は昔からエッセイなどで「小説を書くのは体力勝負だ」ということを書いている。先日のラジオでもそのようなことを言っていた。「誰も賛同してくれないんだけどね」ということを氏は言うけれど、しかしこれは小説に限らずある程度の時間を何かに集中し続ける作業を... [続きを読む]
  • 感覚を伝えるということ
  •  何かが起こったとき、それを「どの方向」に「どれだけ」感じるかは、人によってまったく違うはずで、自分以外の人間の「感じ方」とまったく同じ「感じ方」を得ることなどできない。その意味で、自分の感覚を他人に伝え切ることは不可能だ。僕は君じゃないし、君は僕じゃな... [続きを読む]
  • 台風と休校とカラオケ
  •  小中高ともに、「台風が来て警報が出たら休み」というルールがあった。これが大学になると「珍しく北海道に台風直撃かも」からの、「なんだけっきょく温帯低気圧かよ! なんかむかつくから休み!」というルールが追加されるのだが(いまならもったいなくてそんなことはで... [続きを読む]
  • ウインナーソーセージ
  •  僕は食べ物にアレルギーはないので、その意味でどうしても食べられないものはない。ただ食べるのを好まないものは多少あって、たとえばレバーやうなぎなどは普段食べない。そのため牛レバ刺しやうなぎ漁獲高の問題についての悲鳴は、あまり関心がないのが正直なところだ(... [続きを読む]
  • 「ごまなし自転車」の話
  •  前回の続きで方言の話。 讃岐弁には讃岐弁世界でしか通用しない言葉は少ない、というか、いろいろあるけど、我々世代が使う言葉としてはそんなに多くない。イントネーションはばっちりでも、オリジナル用語を操れる人は世代が下るにつれて少なくなってきている。これは... [続きを読む]
  • 2018年9月6日に思うこと
  •  僕は昔からあまり外食をしてこなかったが、いわゆる「行きつけの店」が全世界に2軒だけある。香川のあるうどん屋と函館のある寿司屋だ。ただ函館の方は僕が勝手に行きつけと思っているだけで、ほぼ2年おきぐらいにふらりと訪れてもいつも大将は僕のことを覚えていないので... [続きを読む]
  • 6×5=30の食事
  •  前回に関連した食事の話パート2。 食事の途中で食べるという行為に飽きることに対する解決策をひとつ思いついた。それは、一回の食事量を少なくして、食事をする回数を増やす、ということ。 わかりやすく数字を使って説明してみよう。 現在、日本では主に食事は「朝... [続きを読む]
  • 食事の途中で飽きてしまう
  •  最近気づいたこと。 どうやら僕は食事をすることにそこまで興味がないらしい。 料理を食べることよりも作ることの方が好きだということと、自分ひとりしかいないときに料理をする気にならないことについては、以前からわかっていて、このブログでも書いたことがある。... [続きを読む]
  • 平穏なブログの日々
  •  13年半前に設立したブログをいまも継続してやり続けている(このブログです)。13年というのは期間としてものすごく長いわけではないけれど、世間的にまったく無名な人間としてはそれなりに長い方だと思う。もちろん、長けりゃエライわけではないが、歴史の深さは無視でき... [続きを読む]
  • 逆快速電車
  •  前回に続いて電車の話。 ここのところ、通勤ラッシュのピークではないけれど、まだまだ混んでいる時間帯の電車に乗っている。乗るときはわりと空いているときもあるが(座れはしない)、進むにつれてだんだん混んできて、降りる頃は満杯だ。この、最初はすかすか最後は... [続きを読む]