中崎 ぱけを さん プロフィール

  •  
中崎 ぱけをさん: ぱけちゃん、おしゃまなの
ハンドル名中崎 ぱけを さん
ブログタイトルぱけちゃん、おしゃまなの
ブログURLhttp://paquepakeo.hatenablog.com/
サイト紹介文ふざけながらも世相を斬るんだ。皮肉たっぷりに日常を綴っています
自由文紹介するほど、自分を知って貰う必要も無いよね
と思う日々。
電話携帯嫌いでメール嫌い。
SNSも掲示板程度の扱い方しかしない。
ペースが崩れると、何もしなくなる悪い癖がある。
あるがままに眼や耳に入った情報を温めるのが、一番よいと最近感じている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/05/19 21:40

中崎 ぱけを さんのブログ記事

  • ギターで右腕をぶっ壊す
  • 4日くらい弾かずに我慢していたかな、ギターを。正直全然肘が痛いの回復しなかったわ。むしろ、逆側にそらすと痛風のごとく痛いし、手首の関節から肘までまるっと動かすと痛くなったわ。そういうわけで、人生もそんなに残りが多い年頃でもないので、痛いのを我慢して、ギターひくのを我慢しないことにした。ただでさえ、医者から胃が悪くなるいのでロキソニン飲むな、とかいわれているのだし、痛いのとは肩組んで生きていかないと [続きを読む]
  • ギター肘とか、テニス肘とか
  • 今年はお年賀ムードが全くない喪中の正月だったのだけど、そんでも休みが当たったのでのんびりとしようと思った。……が、結局元日に神社ではなくて寺に行き、納骨堂でぼやーっと線香が1本燃え尽きるまでじいちゃんたちの骨の前でぼんやりとする。正月って、ちゃんと休んで親族のために時間を割かないとだめだなぁと、思ったのだけど、ちょうど親族と距離を置きたい時期と祖父母がおいていく時期というのは悲しいことに重なってし [続きを読む]
  • 大晦日であり、月命日でもある。
  • 1年。みんなで共有できるどんちき騒ぎと労いの機会としておそらく確立されたのであろう正月。ここのところ、そういう共有もバラバラになって適当に資本があるもの勝ちとして稼いでいたけど、思わぬ形で「みんなから呆れられて」渋々休みにした会社も多いのだろう。個人的には思わぬ形で理想的な方向に振り子が振れ始めたんだけど。そんでも、我が氷河期時代だけは未だに氷河期のままその一生を終えるのだろう、とある意味達観した [続きを読む]
  • 時々すっごくギター小僧に戻るときがある。
  • 今年は気がつけば忙しく、ゲロンゲロンと過ごしている間にクリスマスが来てしまいましたとさ。……ま、喪中だからあんまりパリピーになる気持ちにならないけど。ここ最近、「ハードロックやメタルを演る人は、萎れかけるとアコギに目覚める」の法則をなぞるかのようにアコギばかり弾いている。当然エレキより弦圧も高いし、しばらくホコリをかぶせていたくらいなので、指先は痛いし、朝起きると左の人差し指がばね指になっている [続きを読む]
  • ログインパスワードくらい、勝手につけさせろ
  • Windows10で、Windows ストアのアプリが起動せずに落ちることが多いなぁ、と思っていたら、ユーザーアカウントとMicrosoftアカウントを関連付けると良いとのことで、設定したら落ちなくなった。ただ、Microsoftアカウントなどブラウザに記憶させていることが多いので、いちいち入力するにの適していない面倒なパスワードだったりする。そんなわけで、Microsoftアカウントとローカルアカウントの関連付けは勘弁してほしいという結 [続きを読む]
  • 有給は8時間相当の給料必須に法律改正してください。
  • 有給を取りましょう!って、世間では言われているんだけど今の職場になって有給休暇って8時間勤務したのと同等の給与が出るわけじゃないということを初めて知った。法律的には8時間相当の6割が最低賃金で、オッケーなんだそうな。……ただでさえ薄給なのに有給で6割なら休めないよね。実は「休みにくい」雰囲気を醸し出しているのは大企業だけで、派遣とか契約社員あたりだとこれが理由によって休めないということを官僚たちや [続きを読む]
  • いやぁ、懐かしい人にあって嬉しかったり、仕事で面倒くさかったり。
  • ……仕事って、いつでも面倒くさい。……いや、これって労働なのかしら?そんな感じで研修期間から追い出されて現場で仕事が始まったのだけど、どうして頭脳労働をするのにこんなに暑い空間が許されるのだろうか?そんな疑問を感じながら過ごしていた。……暑苦しい。……札幌はもう冬なのに。疲れて帰宅して、まだ一日が12時間くらい残っているならば風呂にでも浸かるのだろうが、そんな時間がないと真っ先に削られるのはお [続きを読む]
  • ロキソニン禁止令が出ましたとさ
  • 時々、胃袋を押さえて丸くなるほど痛くなることがあるのだけど、その旨IBDセンターの先生に相談したら、「あ、それ。ロキソニンの影響だね。クローン病でそんなにいは悪くならないから。」と、あっさりロキソニン禁止令を食らった。そして、2日が経過したのだけど。……今度はくっそ頭と体中が痛てぇ。オイラは常に何らかの疼痛と闘っていなければならないのか?そう思ったらなんだか気分が悲しくなってきた。てなわけで [続きを読む]
  • ダイエットという名の贅沢
  • なんと言いましょうか。最近、一日7千歩くらい歩くようにしている。というか、大通り界隈からオイラの好きなサイバー製品販売店に足を伸ばしてうろちょろして家に地下鉄で買えるとだいたいそれくらい。本当は1万歩け、と「あすけん」というアプリに言われているんだけどな。で、歩数についてはiPod Touchの歩数計がカウントしてくれるのだが、その他の活動量が計算されないので実はどれくらいのカロリーを消費しているのかわから [続きを読む]
  • 坊主丸儲けという言葉は的確に真理をついていると思ったりした
  • 今日の研修で語られたのだけど、職場が変わったり失業したり、異動が発生しただけでストレスがすぐにmaxになるんだって。今年の夏はじいさんをなくしているから、もうぼろぼろダナ。一覧みたいなもので数値を計算したら、とんでもない数値が出てきたよ。まぁ、そんな日々と言えども以前から言え口癖のように「はぁ……、消えてなくなりたい」とはつぶやいていたものだけど、ぴったりと思わなくなったのはじいさんのおかげなのだ [続きを読む]
  • 健康意識は1日パリピーをするとすぐにすっ飛ぶ。やんないけど。
  • 糖尿病を調べると、歯周病に注意とかいてあり、歯医者のパンフを読むと、歯周病が糖尿病を引き起こすことがある、と書いている。……どっちが先なんだ?そのような疑問を抱えつつ、あまりに化膿して行き場の無くなった膿がど根性ガエルの梅さんのようにオイラの下顎を押し出し始めるし、ちょっと顎に触れただけでロキソニン2錠コースになるので、仕事を早退して歯医者に駆け込む。歯をくり抜くと通常膿が出てくれて、化膿が治 [続きを読む]
  • 脳卒中になりやすい家系なので、病気の種類はもう増えないで欲しい。
  • 面倒くさい。と言うのは、わりとうつの症状から来るものなのか?いや違うな。昔からオイラは、モータースポーツ以外の運動は大嫌いだ。スピード感が無いと楽しくないのだ。……自転車、がせいぜい我慢できるところなんだけど、これから札幌は自転車には厳しい季節に入るので買うとか思わない。そして、来たよ。運動もしないで、朝と昼はストレスで全然食欲がないから、夜と土日ばかりにご飯を食べてたら糖尿病だってさ。オイラは [続きを読む]
  • 頼りがないのは良い知らせ、なんて寂しい思いを親にさせるものではない。
  • 溺れそうな息苦しさ。そんな嫌な空気にまとわりつかれたかのようなこの2ヶ月であった。あっという間に、四十九日法要も終わってしまったし、祭壇にでかい遺骨が無くなると、いよいよ本当に寂しい感じになってしまって。足の悪いばあちゃんのために80歳で家を立てたけれども、ばあちゃんは老健にいってやっと体重がへり、負担が軽くなったのか元気を取り戻したのに、そんでも家には戻れない。断片的に蘇る赤平と往復の日々。仕事は [続きを読む]
  • やりたい仕事は、仕事と呼べるが、お金にならないのはいつものことよ
  • 普段着オッケーな感じで、田舎のじいちゃんばあちゃんのデバイスの困った状態をバンバン直していく。という仕事をしたいなぁ、と思ったのはやたらと赤平市に行き始めてからなんだけど、昔からやらたと都会に執着が会ったオイラはいざ、札幌の中心部で仕事をするようになってくると、その混雑ぶりにうんざりとし始めている。だいたい、1ヶ月に1回位車でぶーんと行ければそれで良いような。そもそも今のプライベートだって、パソコン [続きを読む]
  • 拘束時間によりダメージを食らうタイプのオイラっす
  • 心のなかに、じいちゃんの面影を絶やさずもうすぐ1ヶ月。31日に亡くなると、30日しか無い月は繰り上げで30日を月命日にするそうな。多少なりとも、身体にダメージを負いつつ黙って仕事をしていたのだけれど、なかなか思い描くじいちゃんの面影の様に淡々と黙ってこなしていく強い男の様に離れないものだなー、と挫けそうになりながら、そんな時には小田和正のHello helloを口ずさむ。通勤時には妙にお年寄りに目が行く。別に、 [続きを読む]
  • 記憶は時に自分のモノじゃないみたいだ。
  • 赤平の平岸病院に3日ほど寝泊まりし、その後、線香を絶やさないように2時間毎に目を覚ます生活を1週間ほどしていた。……夜の頻尿で目覚めることも役に立つ時があるものだ。4月あたりの社会復帰前にじいちゃんのところに行ったら、いきなり歩行器を使って歩いていたのでびっくりした。足がうまく動かなくてころんだんだわ、とか、肺にガンがあるんだわ、とかそんな話を聞いて、まめに赤平に通い出す。何しろ家のかみさんが大のじ [続きを読む]
  • 一人ロボトミーに足を突っ込む
  • 今週は、お盆でもあったし全般的に仕事が暇模様。さらに、高血圧的な体調不良とか考えてじいちゃんとこにいかなかったため体力が余り傾向。なんというか、無駄な休日の過ごし方をしてしまったものだ、という風に感じてしまう。でぼんがすぎると、一気に寒くなってくるのが札幌なんだけど。最近は、コオロギとか鈴虫とか、キリギリスの鳴き声が外から聞こえてくるわけでもないし風鈴だってなりゃしない。なんというか、つまら [続きを読む]
  • 当たり前に歳を取ることを立派だと思えることに気づくのは難しかったりした
  • 何かと能力がない、と判断されると世知辛い世の中である。そんなことは、昔からちっとも変わっちゃいなんだけど。そんでも、自分が昔ほどいろいろなことを覚えられないな、と感じる歳になって左様に感じるのである。能力がない、と言えばいつもネットじゃぁ老害とか言われるんだけどオイラは母さんが若いときの子供だったので、肉親や祖父母が老いていく姿ということに縁もなく、親戚が亡くなるということもほとんど経験がない。 [続きを読む]
  • ということで、鮭ハラスメンチカツに決めました
  • どうしようかな〜って思ったのよ。僕らはハラスメント、か、ハラスメントな僕ら、か。後者だとちょっと古くさいかなーと思ったし、色々考えたら鮭ハラスが邪魔してくるんで、そういうことにした。で、自分の含めてなんだけど、どうしてこう世の中は叩くことに情熱を燃やすようになったのかなーって思うわけよ。叩いて落とせばなんかいいことあんのかな?自然界の8:2の法則を考えるのなら、叩いて落とせば今度は自分に悪い方の [続きを読む]
  • 老体に鞭打つ天候の北海道のクラシックラリー2017
  • 北海道全域、やたらと暑いのだ。すごい心配なのが、クラシックカーというか、夏場はオーバーヒートしそうな名車の数々が集う、クラシックラリーがあって昨日、職場の前から出発していった。……多分、カウンタックとか、フェラーリとか、ポルシェなんかは知床まで行ってもだいじょうぶだとおもうんだけど、ミゼットとかトライアンフとか、この炎天下でちゃんとゴネずに走ってくれるのだろうか?そう考えると、怖くて涙が出てきそ [続きを読む]