もりのこえん さん プロフィール

  •  
もりのこえんさん: もりのこえん
ハンドル名もりのこえん さん
ブログタイトルもりのこえん
ブログURLhttp://morinoko7789.soreccha.jp/
サイト紹介文身近な自然の中で、子どもたちがしっかりと遊びこむ経験を大切に活動している認可外保育園です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2016/05/21 13:25

もりのこえん さんのブログ記事

  • エピペン
  • 月1回の会議の日。毎回、事故を想定して対応を考える時間があります。今日は、アナフィラキシーショックが起こった時に使用する、エピペンの使い方などを看護師にAさんに指導してもらいました。アナフィラキシーショックはアレルギー反応で、蜂に刺されたり、食べ物などで起こることがあります。練習用のエピペンを使って、操作、体に打つ場所、その後の対応など学びました。使わないのが一番。でも、いざとなった時、落ち着いて対 [続きを読む]
  • 待ち時間
  •  朝の会が終わり、準備をして、果樹園へ出発する時に、ご近所の方が来られました。しばらく話をしていたら、年長のYくんたちは、暇つぶしにヤギの所に行き、遊んでいました。 ご近所の方が帰られて、Yくんたちが戻ってくるのを待つ間、一緒にいた子どもたちと、坂道で寝そべり、雲を眺めていました。年中S  「くもが、うごいとる。いつもは、うごいてないのに。」のんびりした、いい時間。しばらく眺めた後、Yくんたちが戻って [続きを読む]
  • 今日のおやつ
  • 今日果樹園で遊んでいると、果樹園のすぐ下のおうちの方がモクズガニを見せに来てくださいました。「食べるならたくさん持って来てやるぞー」って言われるので「ぜひ!!」と23匹ものカニを頂きました。早速山下さんちに戻って言われた通りに大きな鍋にたくさんのお塩とカニを入れてゆがきました。「かわいそう」とか言うかと思いましたが誰も言いません鍋から脱走しそうなカニがいると「逃げるぅ〜、逃げるぅ〜」と大騒ぎ。脱走 [続きを読む]
  • 第1回 暮らしの森舎〜親子de里山体験〜
  • 「土を耕す・畝を立てる・里芋植え」天気にも恵まれ、予定通り第1回 暮らしの森舎〜親子de里山体験〜を実施することができました。「暮らしの森舎」は昨年度まで徳地三谷地区で開催していた「棚田であそぼう」の上天花地区版です。会場である「山下さんち」はとても広く、おばあちゃんちのような温かい雰囲気に包まれた趣のあるおうちです。ただ、まだまだ活動していくには整備不十分なところもあります。そこで、参加者のみなさん [続きを読む]
  • 0歳からのアウトドア(4−3)
  • 今日もとても天気が良く、木陰は本当に気持ち良く過ごせました。今日は全員1歳。偶然誕生月も同じで、名前の由来などでも話しが弾みました。子供たちのペースに合わせて大きな木の下を自由に散策しました。地面には桧の実や、杉の実、日陰ならではの植物なども生えていて、ちょっとした自然観察会のようでした。たけのこも顔を出していて、沢山の発見がありました。そして、蝉がもうないてました!桧の幹は皮がたくさんついていま [続きを読む]
  • 365歩のマーチ
  • 3年間もりのこえんに通った娘が、この春、小学校に入学しました。入学式の前日、小学校に行きたくないと、やっぱりもりのこえんがいい。みんなと遊びたいと泣きました。あんなに入学することを楽しみにして、早く卒園した〜いなんて言っていたのに。泣きながら娘は自分のこころと体と相談をしていたようです。どうにかこうにか入学式を終え、娘の表情は家に帰るまで硬いままでした。毎日が不安と緊張の連続で、夜はパタンと電池が [続きを読む]
  • 藍の種まきと造形
  • こんばんは。久しぶりの造形報告です。今日は藍の種まきからしました。 瓶に入った種を見せて、これ何だと思う?と聞いたら、「ふりかけ!」。藍の説明を少しして、黒いポットに土を入れて蒔きました。芽が出るといいですね〜。残りの半分は、みんな1つ大きくなって、頑張っているので「自分への金メダル」を作りました。お隣さんから頂いた、しじみ汁の貝殻と、柚子の種を、スタッフAさんが綺麗に洗って干して、とてもかわいい瓶 [続きを読む]
  • お料理会試作
  • 先日、来月15日火曜日に開催する、『お料理が昨日よりちょっぴり楽しくなる』のお料理会試作をしました。先月開栓したばかりのガスを使い、ガスの有り難みを感じながら、スタッフ数名でワイワイ楽しく試作作り。旬の食材を使い、おくどさんで初めての炊き込みご飯。いつも子ども達が上手に火起こししてくれていますが、いざやってみると、なかなか難しい…マッチも何本か使いました…子どもに見られなく良かった 笑お料理上手なス [続きを読む]
  • 時には優しく、時には厳しく
  • ヤギと過ごすようになり1週間が過ぎたころ。ヤギのリードを持つの持たないので年少さんのAちゃん、Mくんがもめていました。「さくら(雌の白ヤギさん)がええ〜」「男の子やからジェール(雄の黒ヤギさん)にして〜」 「こわいんよ〜」「私は女の子だから〜白のが可愛いから〜さくらなの〜」と騒いでました。確かにジェールは雄で大きいし少し 恐いかも・・と思って見ていたら。年中さんのNちゃんが「黒いも白いも男も女も関係ない! [続きを読む]
  • アウトドアきほんのき 第1回
  • 『アウトドアきほんのき』〜子どもと外遊びのヒ・ミ・ツ〜 第1回「幼児安全法〜子どもたちを守るために〜」を実施しました。講師は日本赤十字社山口県支部の指導員の方。今回の講座では『手当の手順』を学び、ペアになって実践練習を行いました。まずは自己紹介で、周りで起きたケガ等について1人ずつお話していただきましたが、びっくりするようなケガや事故を体験した人がたくさんいて、他人事ではないのだなと、改めて実感しま [続きを読む]
  • 土曜学校「天花の森舎」始まりました!
  • 今日から始まりましたもりのこえん土曜学校「天花の森舎」あいにくの雨でしたが9名の子ども達が大きなリュックを背負って元気に登校してくれました。今日は最初なので座って話を聞くことが多かったのですが、緊張もあったのか、みんな一生懸命話を聞いてくれました。まずは市内のあちこちから来てくれている子ども達。みんなで自己紹介。「学校と学年とお名前を教えてくれますか?」と言うと「出席番号も知りたい!」とKちゃん。じ [続きを読む]
  • 0歳からのアウトドア (4-2)
  • 今日は先週と打って変わって、青空の気持ち良い1日になりました。子供たちは、何歩か歩いては足元の松葉や松ぼっくり、ふわふわの苔を発見。立ち止まり、手に取り 、感触を確かめたり、投げてヒラヒラ舞うのを眺めたり。初めはお母さんの近くで、それぞれゆっくりと歩き散歩を楽しみました。歩いたあとはお弁当。もりもり食べるBくんは、お母さんに食べさせてもらっているHちゃんの真似をして、おかあさんに食べさせて、とおねだり [続きを読む]
  • 今ごろ?
  • 新年度がスタートし、我が家も長女が中学に入学、次女と長男は一つ上に進級、夫は新しい部署へと異動、それぞれに新しいスタートを切りました。そんな矢先、長女と長男が体調を崩し病院へ。診断結果はまさかのインフルエンザ…そして翌日には次女と夫と私までもがインフルエンザにやられてしまいました。昨年、流行り出す前に予防接種はしていたものの、予想外の時期に罹患し為す術もない状況です。まさか、今ごろ家族全員がインフ [続きを読む]
  • 4月の子ども
  • 新学期になり一週間。どの子も新しい年、新しい友達関係、新しい役割など、はりきりつつも不安も背負って登園しています。4月、子どもはどんな人がいるのだろう、受け入れてもらえるのかな、話をきいてくれるのかな、とアンテナをピンを立てて敏感です。子どもの世界にお邪魔するとき、いつもより慎重に、そして新しい出会いの中に入っていこうと思います。わか [続きを読む]
  • 朝、丸太を並べていると、Nちゃんが見たことない虫がいると教えてくれました。黒い、2センチほどの巨大なアリのような、お腹の大きな虫。女王アリ?と思ったのですが、得体がしれないので、触らないように声を掛け、後から調べることにしました。 その虫はツチハンミョウという虫でした。毒があるので素手で触ってはいけないようで、だれも触らなくてよかったと思いました。 暖かい日が続き、虫も目を覚ましてきています。も [続きを読む]
  • みんな成長しています
  •  年中のSちゃんは、年少で入園した時、朝お便り帳を出したくなくて「あとで出す。」 とよく言っていました。先週、年中さんになって初めてお便り帳当番をした日、Sちゃんは、少し手伝ってもらいながら、楽しそうにお便り帳を集めたり配ったりしました。 帰る時、「今日なにか言いたいことがある人?」と尋ねると、年少のMちゃんがめずらしく一番初めに手をあげて、「お花摘みがたのしかった。」 とみんなに話しました。Mちゃん [続きを読む]
  • 0歳からのアウトドア(4−1)
  • 今日は0歳からのアウトドア、第1日目でした。ずっと良いお天気だったのに今日はあいにくの雨。まあ、雨でも子どもたちは平気なのですが大人はやっぱり抵抗がありますよねということで、今日は山下さんちでの開催となりました。自己紹介は、子どもの頃の雨の日の思い出。絵本「あのやまこえてどこいくの」小さな子ども達が同じポーズで見ている姿がとってもかわいかったです。その後は保護者の方と軽く体操。そして、雨の中お散歩 [続きを読む]
  • 新入園
  • 今年度、新入園の3歳Nちゃん。事務仕事を終えて、建屋から出るとNちゃん。「ねーねー、黒いの持って」黒やぎジェールが離れていたので、持ってくれと言うのです。白やぎさくらは大丈夫って言うのです。ジェールの方が少し大きいし、動きが少しだけ激しいからだと思います。Nちゃん、すっかり園にも馴染み、楽しそうに過ごしていました。とも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 2018年度始まりました
  • 2018年度もりのこえん始動です。ヤギ達の名前が決まりました。白いメスヤギは、さくら。黒いオスヤギは、ジェール。ヤギが来た日、子どもたちに名前を決めようというと「しろ」と「くろ」と言っていました。子どもらしい。笑。それじゃあなあと思い、春休みの宿題にしました。でも、小さな子ども達には難しいだろうからこちらから好きな果物や季節を聞いてその中から決めようかな、と思っていました。でも、今日から年長になって張 [続きを読む]
  • 毎日新聞
  • 今日の毎日新聞にもりのこえんの卒園の会が紹介されました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2018年度園児募集2018年度の園児を募集しています。もりのこえんは、 通年型の森のようちえんです 雨の日も、寒い日も暑い日も、ずっと外で遊びます 子ども達が、自分で気付き、考え、行動する力を育てます 異年齢の仲間であそびます 2歳から入園できます 保護 [続きを読む]
  • 2017年度終了
  • 色々あった2017年度終了です。拠点が見つかり、NPO法人となり、いろいろな人に恵まれ、地域に暖かく迎え入れてもらうことができました。ありがとうございます。来たる新年度も、新たな挑戦をしつつ、NPOとしても成長していきたいと思います。とも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2018年度園児募集2018年度の園児を募集しています。もりのこえんは、 通年型 [続きを読む]
  • 国境の碑まで歩きました!
  • 今日は有志をつのって、萩往還天花坂口から国境の碑まで歩きました。距離は2.5キロですが、萩往還いちの難所です。最年少は3歳。最年少記録だと、語り部の皆さんにとっても感心されました。お母さんと一緒なのに、抱っこと甘えることもなく、ほんとによく歩きます。萩往還語り部の方の案内はとっても面白くて、スタンプカードをもらったのですが、全行程、語り部さんと歩きたくなりました。もりのこえんに戻るとお弁当を食べて今日 [続きを読む]
  • そつえんの会
  • 特定非営利活動法人もりのこえんの第2回そつえんの会を行いました。とびきりいいお天気でした。スタッフが心をこめて準備したそつえんの会。昨年卒園したSくんと初代園児のAちゃんが受付をしてくれました。たくさんの地域の方がお祝いに駆けつけて来てくださいました。卒園児のコサージュは、遊びに行った森で拾ってきた木の実で出来ていました。卒園証書は、思い出いっぱいのエピソードであふれていました。卒園アルバムは、その [続きを読む]
  • 終了式
  • 今年度最後の保育日。恒例の子ども達だけで森を歩く日です。出発前は期待と不安の入り混じったような顔をしていた子ども達。1時間半後・・・。「とっても楽しかった〜」と、晴れやかな自信に満ち溢れた顔で帰ってきました。たった1時間半で、子ども達がひとまわりもふたまわりも大きくなったように見えました。信頼され、全てを任された時、子ども達は、大人の前で見せる顔とは違った顔になります。この日の経験は、子どもたちの明 [続きを読む]