Ai さん プロフィール

  •  
Aiさん: A's blog
ハンドル名Ai さん
ブログタイトルA's blog
ブログURLhttps://ameblo.jp/aisan0525/
サイト紹介文日本で育ち、アメリカのバレエ学校を卒業し、ヨーロッパでバレエダンサーしてます。
自由文アメリカのバレエ学校を卒業し、ルーマニアのバレエ団を経て、今はポーランドの歌劇場で踊ってます。元国立大学生、勉強はマイペースに継続中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/05/21 17:47

Ai さんのブログ記事

  • シーズンオープニング!
  • ついに、今シーズンの幕が開きましたシーズンオープニングはおなじみのポーランド生まれのオペラ、ハルカでした!本番後のバンケットで、今回の指揮者と日本人ダンサーたちとセルフィー!この指揮者の方は度々日本でも仕事をしている方だそうで休憩中には日本語でお話ししました!そして今回、初めて着物を着たのですが思っていたほどは上手に着れず。。。笑でもポーランド人たちはものすごく喜んでくれました特に監督は、照れてし [続きを読む]
  • オペラコンサート
  • 金曜はオペラのソリストのツアーに同行してきましたバスで3時間。。天気は悪かったけれど、素敵な会場この前列4人のコンサートでした私達が踊ったのはこれ女子大集合今日はオペラ座の正式なシーズンオープニングの日!ハルカをしますその後はパーティーがあって月曜日はカトヴィツェでバレエシェヘラザード/メデアの本番。頑張ってきますバレエランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 今週ついに!
  • 今週からうちの劇場はついにシーズン開きです!!金曜にツアーでオペラのガラコンサートに同行私達はジプシーの踊りそして歌手の周りをちょろちょろする役(笑)日曜はホームでハルカリハ動画月曜はバレエシェヘラザード/メデアの本番次々と先シーズンの総集編のように始まっていきます!!怪我のないよう頑張りますバレエランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 今シーズンのテーマ
  • 今シーズン、自分に課したテーマはつま先!理学療法士の同僚の監修のもとつま先の改良大作戦遂行中です私の足は、柔らかいけれど扁平足で甲が低い典型的な日本人の足今の若い世代はだんだん変わってきてて日本人でも甲高な子たくさん見ますが私が持っているのは努力が必要な足!オーディション周りをしていた頃もソリストコントラクトをあげれる踊りをしてるんだけれどつま先がねぇ。。。と言われて断られたことがありました。クラ [続きを読む]
  • 定期検査 4回目、5回目
  • しばらく書いていませんでしたが夏休み前と夏休み後に矯正の定期検査に行ってきました2ヶ月に1回なので日本への帰国も問題なくできました去年の10月に矯正を始めたので次の検診で丁度1年経ちます!今回かかった費用定期検査2回 300zl(およそ9,000円)今までの合計6,522zl(およそ195,660円)バレエランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 明日から舞台リハ
  • 明日からさっそく新キャストでシェヘラザード/メデアの舞台リハが始まります!メデアは新しいダンサーと組む事になったので振付を最初から一つずつ練習しています。頑張った分青たんだらけにオペラのリハも一気に始まってバレエのリハの隙間にぱぱぱっと済ませちゃうのもシーズン始まったって感じがします!オペラ作品に時間はかけられないのでビデオで予習してきて一発である程度仕上げて。。。というカツカツスケジュールがバレ [続きを読む]
  • 始動!
  • 新シーズン一週目、怪我なく終わりましたまずは17日のシェヘラザード/メデアに向けて主役ペアのパドドゥをリハしてます!今週はシェヘラザード一通りとメデアの最初のパドドゥ。端っこに写ってるのが私。私のデビューは一応来月と言われていますが先シーズン、クリエーション中から「プレミアは君が踊る」が「メデアは君が踊る」になり、挙句の果には「プレミアの次の月は君が踊る」と言われその言葉を全て裏切られてきたので(笑 [続きを読む]
  • 新シーズン
  • 昨日から新シーズンが始まりましたさっそく9月半ばにあるシェヘラザードの主役カップルのリハをしています!今日は3時間だけでしたが久しぶりのパドドゥかなり疲れました日本からこちらに戻る時に、お世話になっている監督や同僚に色々とお土産を持って帰ってきました監督にはお箸と足袋の形の靴下ポーランドではビーチサンダルのことをヤポンキ(日本の)と呼ぶのです監督は相当喜んでて、「ヤポンキ用の日本からの靴下!!!あり [続きを読む]
  • 夏休み@ポーランド
  • 今年の新シーズンは27日から始まりますいつもよりちょっと遅めのスタートポーランドに戻ってすぐに同僚と田舎へクリスマスにお世話になったおばあちゃんのお家で今年の夏の遊び納めをしていますおばあちゃんは英語が分からないのでここに来たらポーランド語しか話しません(2年間ポーランドで過ごしてるのにまだ片言の域を脱しませんが)日本で一夏を過ごしたあとなので仕事が始まる前に良いリハビリになってます朝ごはんは優雅に [続きを読む]
  • バレリーナへの道 最後に
  • 夏休みを利用して自分が通ってきた道を振り返り書き綴ってみました。長いシリーズになりましたが読んでくださった皆様ありがとうございました。王道と呼ばれる道(名門バレエ学校留学や登竜門コンクールに出場)を通ってきたわけではないけれどその時々に貰ったチャンスの中で無い情報を必死に集め限界まで頑張って一つ一つ積み重ねてきた結果、幸運と努力が重なりヨーロッパでバレエダンサーとしてキャリアをスタートさせることが [続きを読む]
  • 卒業の舞台
  • ルーマニアに渡りプロとして踊っていく前の最後の夏生徒としての最後の舞台で最高の経験をさせていただいた演目は白鳥の湖第3幕英国ロイヤルバレエの平野亮一さんをパートナーにオディールを踊った柔らかすぎて締まらない自分の身体に振られまくり亮一さんに猛特訓を受ける↑こんなに開いてはいけません。たくさんトレーニングを教えてもらいたくさんご迷惑をかけ濃密なリハーサルをしていただいたおかげで卒業の舞台を無事に修め [続きを読む]
  • 蘇る白鳥
  • ちょうどオーディションに行っていた時期大学の関先生から舞台のオファーをいただいた先生がキュレーターをされている薄井憲二バレエコレクションそこでの展示に関連するダンスパフォーマンスを開催するという展示企画のタイトルは「蘇る白鳥」〜『瀕死の白鳥』舞踊譜をめぐって〜ミハイルフォーキンが瀕死の白鳥をどう踊るべきかを指示した写真と譜面(舞踊譜)それをダンサー自身で読み解いて舞台の上に復元するというもの舞踊譜 [続きを読む]
  • オーディション2年目
  • オーディションに行くと決めたら航空券とホテルを手配留学の時は旅行代理店に頼んでいたけれどこの時からは自分たちで私は大学の試験だったので母が頑張ったヨーロッパは陸続き移動にそんなに費用がかからない。。。と思っていたけれどそれは間違いだったヨーロッパでの拠点を提供してくれるような友人もいなかったためインビテーションはいろいろと貰っていたけれど結局3つに絞ったのだったスロベニアからルーマニアも直接行けた [続きを読む]
  • オーディション準備
  • その年の冬ヨーロッパとオーストラリアのバレエ団に片っ端からメールを送った首都にあるような有名バレエ団から地方の小さなバレエ団まであちこちに送った新卒でバレエ団に入るのはどんなにいいスクール出身でも難しい応募条件にもプロ経験2年以上などと書いている所が多いだからすぐにいくつかのバレエ団からプライベートオーディションのインビテーションが届いた時は嬉しかった私よりもずっと華やかな経歴を持ちいいバレエ学校 [続きを読む]
  • 帰国中コンクール その2
  • 秋にはもう一つコンクールに出場アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマという大学単位で出場する少人数による創作ダンスコンクール題名は人魚姫に決めたテーマは不条理©アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマ実行委員会各大学の選抜チームが富山に集い未発表の創作作品を披露するこのコンクールは座間よりも大変だったなぜなら演出も全て自分で決めなければいけなかったから舞台の上でどんな照明が使えるのか [続きを読む]
  • 帰国中コンクール
  • 帰国してから悲しむ間も、留学生活を懐かしむ間もなくコンクールの準備に取り掛かった大学の関先生に紹介していただいて座間のコンクールのクラシックとコンテソロ部門にエントリーしたクラシックは、ピッツバーグの最後のパフォーマンスで 候補には入れたけど本番は踊れなかったガムザッティのva ピルエット系を集めた動画 Time when I had training in Japan is my biggest treasure? Soon I will back again!! #babyai # [続きを読む]
  • アメリカ留学 オーディション
  • オーディションの時期は毎週末、夜行バスに乗って片道8時間かけてニューヨークへアメリカの夜行バス両親や先生はかなり心配してくださっていたけれどこれに関しては案ずるより産むが易しだったWi-Fiが完備され、携帯の充電もでき暖房もしっかりついていた空いていれば、席を一列占領して足を伸ばして眠ることもできたニューヨークに着いたらカフェに入り朝ごはんそこのトイレで念入りにお化粧をしお団子もして準備万端にしてからオ [続きを読む]
  • アメリカ留学
  • アメリカ留学の時にこのブログを作ったので生活の様子はテーマ「アメリカ」を見ていただければと思います アメリカ生活で一番印象に残っているのはやっぱりオーディション。 留学前に、アメリカから入れ替わりで帰国した男の先輩とお話をする機会があった 今思えばその先輩が教えてくださったことが運命を変えてくれた アイちゃんは、今年オーディションするつもりなん?と、聞かれた とりあえず最初の1年は様子を見て。。。と [続きを読む]
  • 年間留学の準備
  • サマーの短期留学は経験していたけれど年間留学の準備はそれと比べ物にならないほど大変だったサマーの時は寮が用意されていたので年間でも寮に入れるかどこか紹介してもらえるだろうと甘く見ていたそれが年間留学で寮に入れるのは高校生まですなわち自分で住む家を見つけなければいけないデニス(校長)にメールで相談ルームメイト探してる日本人いるよ!と先輩を紹介してもらい連絡を取る有り難いことにその先輩がアパートを見つ [続きを読む]
  • 渡米前 コンクール編
  • 発表会の後、2つのコンクールに挑戦その前にエリートバレエで開催されたワークショップに参加し公演でリハの指導をして下さっていたジェイムズ・アマー先生にエスメラルダを見ていただいたそこで最高に的を得た注意を頂く(もちろん英語)「アイ、さっきクラスで頭で考えすぎて足が出ない子供たちに考える前にやってみなって注意したけど君の場合は逆やる前に考えろ」そこからThink before you doは座右の銘となったそして夏のコン [続きを読む]
  • 渡米前 舞台編
  • 大学入学から留学まで短い期間のうちに舞台もコンクールもたくさん経験させていただいた高校生の時までは勉強との両立ができていたでも大学生活との両立は今思えば全くできていなかったリハで授業に出られないそして出席日数が足りなくて単位を落とす…ダンサーと大学生両立できている人は本当にすごいと思う最初の舞台はWorld Dream。第一回のガラコンサートに出演させていただいた外部の公演に出させて貰ったのはこれが初めてだ [続きを読む]
  • 大学受験 結果
  • 高校選びの時から目指していた神戸大学結果は合格だった合格発表の日ここまでの頑張りが報われて大学生になれるまたアメリカでバレエ漬けの生活が出来る最高に幸せな春になった大学で記念撮影バレエランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 大学受験 2次試験
  • 私が受けた年の入試要項私が受験した発達科学部人間表現学科は今国際人間科学部の発達コミュニティ学科になっている2次試験の内容は1科目+これ私は英語と身体表現自由作品はエスメラルダ即興のテーマは当日発表即興どころか振付さえ初めてだったので引き出しを増やすためにたくさんのダンスの動画を見てひたすら振り付けを真似たこの練習はいつも学校の体育館でさせてもらっていた当時流行っていたデコログに載せてた写真(笑)当 [続きを読む]
  • 大学受験 センター試験
  • 短期留学から帰国し捻挫もあって勉強に専念する。。。はずだったけれど楽しかったアメリカの余韻から脱することができず腑抜けのようになってしまった笑アメリカ出発前の方がよく勉強していたくらい。結局受験勉強を本格的に始めたのは秋追い込みだしたのはセンター1ヶ月前国語、数学1A、2B、英語生物、日本史、倫理政経文系定番の7科目を受験した超短期間の準備でよく目標点をとれたと思う国語の現代文は得意だったので赤本のみ古 [続きを読む]
  • 高校生活
  • 私の槻の木高校在学中の生活はバレエと勉強のみだった朝は8時までに登校週の半分以上は7時間授業があって放課後は6時頃まで自習バレエはその後8時から12時前までそしてお母さんに迎えに来てもらい、帰宅お豆腐を食べ、お風呂に入り気を失って寝る起床は6時前毎週週末課題と週間課題が課せられ(要は常に課題をやらないといけないということ)週明けには単語テストや語彙テスト勉強合宿はうちの高校の有名行事で山奥に学年揃って行 [続きを読む]