Hers さん プロフィール

  •  
Hersさん: 手作り石けん&食の記録 In Taiwan
ハンドル名Hers さん
ブログタイトル手作り石けん&食の記録 In Taiwan
ブログURLhttps://ameblo.jp/cazkawa/
サイト紹介文台湾で出会った手作り石けんと、食の記録です。
自由文台湾生活にも慣れて、余裕が少し出てきました。昨年手作り石けんと出会い、あまりの使い心地のよさに感動、今はいろいろ試作中。
また、台湾の美味しいものをぜひ帰国してからも食べたいと思い友人に教えてもらったり、試作しながら書き留めていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/05/22 11:38

Hers さんのブログ記事

  • インター入試
  • インターナショナルの高校に進学すると決めた長男。もちろんアメスクではなく義大を選んだ。アメスクはさすがに自由すぎるし、英語の能力に合わせて学年が落とされる可能性があるのもネックだった。是非とも来てください!みたいな歓迎ムードもなかった!その点義大は同学年を保証してくれたし、歓迎してくれているのが感じられた。噂では日本人なら誰でも受かると聞いていたけど、やはり合格するまでは不安だし、義大を落ちたら [続きを読む]
  • 帰国かインターナショナルか 4
  • 夏休みが過ぎ、2学期も半ば、いよいよ進路を決める時が来た。長男が一人で帰っても、元々住んでいたうちに帰れるし、近所に友だちは多い。おばあちゃんに面倒を見てもらって、楽しい高校生活を送れるであろう。私は子どもの頃3回転校して、幼馴染もいないし、その良さを知らなかったけど、生まれた時から同じ場所に住む長男は小さい頃からの友だちがたくさんいる。友だちもお母さんもみんな知り合いで心強い仲間だ。我が子ながら [続きを読む]
  • ボヘミアンラプソディー
  • 先日久し振りに映画を見たわ!台湾人は映画が大好き!というよりほかの娯楽が少ない?しかもほとんど日本より上映が早い。そして人気がないとすぐに終わってしまう。見たい映画は急いで見ないと!若いお友だちが、クイーンが好きだという。よくよく聞いたら日本の人気ドラマの主題歌だったのね。これは日本のポスターこちらは台湾のポスター台湾人は日本の英語が変だと笑うけど、ちょっとちょっとボシミヤ協奏曲ってなにさHの音ど [続きを読む]
  • 帰国かインターナショナルか 3
  • 続いては義大。大学、病院、ショッピングセンター、リゾートを手がける義大グループが15年くらい前に作った新しい学校。幼稚園から高校まであって、それぞれバイリンガルクラス(主に中国語で教育)とインターナショナルクラス(英語で教育)の2種類のクラスがある。学校は左營駅からバスで20分ほど。ここを第一志望にしていたので、事務のりんさんが電話をして予約を取ってくれて、夏休みというのに日本人学校の担任の先生と次男の担 [続きを読む]
  • 高雄でマンハッタンヘンジ
  • マンハッタンヘンジ(英: Manhattanhenge)は、ニューヨーク市マンハッタン区の碁盤の目状の大通りの東西方向の通りにちょうど沿って太陽が沈むという1年に2回起こる現象である。マンハッタン至点(Manhattan Solstice) とも呼ばれる。と言う現象が高雄でも起こる。知らなかったわちなみに中国語では「懸日」と言うらしい。11月11日がまさにその日だったので、見に行ってみた!本当にビルの間に夕日は沈んで行った。いいもの見たわ [続きを読む]
  • 帰国かインターナショナルか 2
  • 夏休みに入り、学校見学をすることになった。比較のためにアメスクと義大の二校を見に行く。同級生の男の子が、アメスクの見学に一緒に行くことになった。彼はお父さん日本人、お母さん台湾人なので日本語、中国語のバイリンガル。完璧な通訳!アメスクといっても事務の方は台湾人なのでとりあえず英語を話す必要なし。普通台湾の高校は7月8月の2ヶ月夏休みだけれど、アメスクはクリスマスホリデーがあるので夏休みは8月9日まで。 [続きを読む]
  • 豐圓小龍湯包
  • 台湾の料理は飽きたよ〜〜と言いつつも、やはり小龍包は大好物でと、近所には店がないからなかなか食べられないな〜〜と思っていたら近所に名店があった。小龍包ほかのメニューは下記の通り。手作りの蒸し立てホヤホヤ大ぶりのが9個で60元確か5個だと40元スープたっぷりの熱々おいひービーフン小は30元日本人にも合う味付け大根スープ 20元あっさりしていい。フライドエシャロットがいいアクセント。味とコスパを考えると高雄一 [続きを読む]
  • 帰国かインターナショナルか 1
  • あっという間に4ヶ月がすぎ夏休み。長男の進路についてそろそろ考えなければならない時期に来た。選択肢は二つ。1人だけ帰国して祖父母と暮らす。とはいえ、祖父母(私の両親)は、私たちが台湾へ来ている間私たちの家に住んでいるので、つまり息子にとっては自分の家。近所には幼馴染もたくさんいて楽しい高校生活が送れるであろう。二つ目は高雄にあるインターナショナルスクールに通う。高雄には3つのインターナショナルスクー [続きを読む]
  • 高雄で宝塚
  • 行ってきました。台湾宝塚公演千秋楽本当のことを言うと、今まで全く興味がなく、見たこともなかったんだけど、高雄に来るなら行ってみっか〜〜くらいの軽い気持ちで。さて、公演内容は、東離劍遊紀。2016年に日台合同映像企画としてテレビ放映された人形演劇の話題作をミュージカル化したもの。タカラヅカレビュー「Killer Rouge/星秀☆煌紅」も同時公演。台湾のホームページを見てみたら、東日本大地震の寄付 [続きを読む]
  • マカオで食べたもの、買ったもの
  • マカオは物価が高い。特に私たちは台湾から来てるからマカオの食べ物の値段におののくばかりワンタン麺 68ドル。日本円にして950円ほど。台湾なら300円なのに〜。これなんて、インスタントラーメンに目玉焼きのっけたやつよ。こんなのがメニューとしてが成立するとは!これは日本未上陸のNY発ミルクレープのお店Lady M 。なにこれ!美味しい〜〜。一つ千円くらいかな。高いけど食べる価値ありかも。実は台北にもあるこのお店。友 [続きを読む]
  • マカオ観光
  • マカオに行った私たち。まさか一日中ギャンブルをしていたわけじゃないよ。マカオは世界遺産の多い街、観光もしなくては!まずはカジノがひしめくコタイ地区から歴史区へタクシー移動し、そこからは徒歩でまわる。セナド広場聖ドミニコ教会モンテの砦1617年に作られた歴史あるところから見える超近代的な建物。モンテの砦から眺めた聖ポール天主堂跡聖ポール天主堂跡正面からここに至るまでの道はものすごい人!民政総署ポルトガ [続きを読む]
  • 乘興而來 敗興而歸
  • 先日テキストに出てきた成語乘興而來 敗興而歸意味は楽しく出かけて、がっかりして帰ってくる。この頃毎週末、夫は日本のテレビとネットを駆使して一日中日本の競馬をやっている。私は書斎で勉強か、昼寝。どこにもいかずウチに篭った生活。さすがに飽きたよ。それなら久し振りにどこか旅行でも??と選んだ場所はマカオ????。仕事や学校が終わってからでもフライト時間に間に合うのと、飛行機代が安いのと(一人往復2万)、近 [続きを読む]
  • 日本の学校と高雄日本人学校 6
  • さて、学校が始まりすぐに長男が何やら分厚い紙の束を持って帰ってきた。英語の先生からのプレゼント。中1の最初からのプリントですよね〜〜、そうなりますよね〜〜。長男のクラスの英語の出来が半端なく、中2の3学期の外部テスト平均偏差値70越え対する長男、辞書を意地でも引かない男。中1の時、珍しく勉強していた長男が、私に質問してきた。「コメヘレ」ってどういう意味?と。えっ?コメヘレ?聞いたことない単語だなスペル [続きを読む]
  • 日本の学校と高雄日本人学校 5
  • 長男にとっては転校であったが、次男にとっては入学。まずは入学式に出席した。高雄の四月はもう夏の気候。太陽が眩しかったのを覚えてる。4階ホールにいる生徒たちは小1から中3までだけど全部で120人くらいという少なさ。みんな笑顔でいい子そうな印象だった。中1の人数はかろうじて10人以上で、中3はといえば5人!思いがけない転校生に喜んでもらえた。特に男子は1人だったから2人になって喜んでた。最初の授業を受けて帰宅した [続きを読む]
  • 予習復習、尊い!
  • 中山大学に通い始めて早2ヶ月。中間テストも終わって結果も分かった。月水金は71点だったけど。火木は93点!なんとクラス3人のうち一番良かったリスニングがなく、文法と作文だけだと日本人は強いのだよ、フフフ!火木の老師は教科書の文章を1日に三回聴いて、三回読むという勉強法を推進していて、私は忠実に守っている。今までは声に出して読むのはめんどくさいし、誰か聞いてるわけじゃないしと黙読のみで読めた気になってい [続きを読む]
  • 日本の学校と高雄日本人学校 4
  • 親として自分の子どもさえ、ちゃんと教育出来ず、引き受けた役員の仕事も空回り。そんな中聞く学校のひどい状況。思春期の息子2人とこれから3年以上も父親不在で過ごす自信がなかった。部活をやっている長男にとっては中3の夏は今までの集大成であり、かわいそうに思ってせめて大会が終わってからの引越しと思っていたが、それさえも遅すぎる気がして、四月に台湾に来ることを決めたのであった。さて、高雄日本人学校の情報はネッ [続きを読む]
  • 日本の学校と高雄日本人学校 3
  • 成績に関して言えば、うちの子はあまりパッとしなかった。うちで勉強している姿はほとんど見たことがなく、テスト前の部活停止期間には友だちとゲーセンに行くというダメっぷりだった。英語が特に嫌いで辞書は絶対にひかないという強い意志を持っていたらしかった。数学と英語は積み重ねの教科なので、最初につまづくと大変なことになる。でも英語はやらなくても構わないと思っていた様子。危機感は感じられなかった。さて、テス [続きを読む]
  • 日本の学校と高雄日本人学校 2
  • 長男が通っていた中学校は学区内の公立。私自身は大学まで公立だったので、公立第一、私立に行く人の気が知れないっていう思考だった。しかも小六から高二までかなりの田舎に暮らしていたので塾に行ったこともなく、それが当たり前と思っていて、学校の勉強さえきちんとやっていたら普通にやっていけると信じていた。しかしながら現実はそうじゃなかった。中二になり、夏休みを過ぎたあたりから、毎週のように問題が起こり授業を [続きを読む]
  • 日本の学校と高雄日本人学校 1
  • 私のブログは誰かに見てもらうというより備忘録の役割が大きいので、忘れないうちに過去のことも書いておこう。長男は高雄のインターナショナル高校を卒業した。高校選択から卒業までいろんなことがあった。海外の高校に行くということについてまとめておこう。と、その前に高雄に来るまでのこと。我が家が高雄に来たのは長男中3、次男中1の四月。普通は高校受験を控えて中3になる春に母子だけで帰国する駐在妻も多いというのに、 [続きを読む]
  • 山盟海誓
  • 今日は午前も午後も授業。私の都合で先週休むと言ったら、今日の午前に振り替えてくれた。2人のクラスなので、こういうところ融通が利く。12:00から2:00まで時間があるならここがおススメと老師が推薦してくれたレストランは、学校からバスに乗ってさらに山の上に向かった場所。バス停の後ろは山ここをくぐって進むと海が見える!廟の横を通り過ぎてステキなブーゲンビリアを見ながらさらに坂を下るとレストランが見えるレストラ [続きを読む]
  • 中国語の名前
  • 名前ってどこへ言っても変わらないと思っていたけれど、台湾で生活すると読み方が変わる。日本人はほとんど漢字なので、そのまま中国語読み。鈴木はリンムー、小林はシャオリン。奥さんのことは中国語で太太(タイタイ)なので、リンムータイタイとかシャオリンタイタイなんて呼ばれる。最初、自分の名前に慣れるのが大変!病院で何度呼ばれても気がつかないこともまた、平仮名の名前の人は読み方にあった漢字を当てられるので、台 [続きを読む]
  • 中国語の歌コンテスト
  • 11月2日の夜に中国語の歌コンテストが開催されるらしい。記念のTシャツをただでもらえるので、もらってきたこれを着て出かける勇気はないからパジャマにするわ私の家着は息子たちが捨てたTシャツと半パン。新しいTシャツが着られて嬉しいわ多分子どものお下がりを着るってお母さんあるある。でもずっと前に息子の捨てたTシャツと短パンとビーサンで銀行行ったらお手伝いさんと間違えられて撃沈それ以来、うちを出るときには気 [続きを読む]
  • 中正記念堂 台北101
  • 早いもので最終日。ホテルを出る時間は11:30。一刻も無駄にはできない!と朝食を食べたらすぐに中正記念堂へ。9時からの衛兵交代式をなんとかギリギリ見て、台北101へ。上に登る時間はなくて、スーパーとフードコートをぶらぶらしただけだけど、真下から見る101はやっぱりすごい桃園空港からホテルまではバスで来たけど、帰りはタクシーで??。チェックインして最後のご飯は出国ゲート目の前のレストラン。最後の最後までビール [続きを読む]
  • 永康街。迪化街 台北104
  • 3日目!朝食の後は龍山寺へ。日本のガイドブックにはパワースポットと書いてあるのね。車を買ったばかりの長男と今年受験の次男のためにお守りを買った!それぞれ35元。ご利益ありますように!友だちのペット用お守りの方が高かった、55元友だちたちは小籠包なら何度食べてもいいというので、それほど好きなら鼎泰豊に行かなくちゃと永康街の本店へ。土日は90分待ちはザラなので、開店と同時に行けば待たないという情報をもとに行 [続きを読む]
  • 故宮博物館、台北アイ
  • さて、台北での2日目はホテルのブュッフェで軽く朝ごはんを食べてからの行天宮近くの朝ごはんやさん喜多士豆漿店へ。?豆漿と蛋餅はやっぱり食べないとね。その後占いへ最近のお気に入りは占い横町西5番の占い師さん。日本語ペラペラで、占いしながらもらえるアドバイスがありがたくて人生さえも変わりそうなお言葉。多くの芸能人も来ているみたい。占いが終わってすぐに、行きつけの美容院采?でシャンプー。シャンプーももちろ [続きを読む]