aya さん プロフィール

  •  
ayaさん: バイオリンの音色に惚れ込んで
ハンドル名aya さん
ブログタイトルバイオリンの音色に惚れ込んで
ブログURLhttps://ameblo.jp/aya-koumesan/
サイト紹介文勇気を出してレッスン開始。凹んだり感動したり。でもやっぱりバイオリンが大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/05/22 19:33

aya さんのブログ記事

  • 練習に集中出来ない
  • 毎日が続く。仕事で追い込まれてしまっていることも、大きな要因。気分の落ち込みを理由に、バイオリンから遠ざかること約10日。やっとバイオリンにふれることができた。ほっとした気持ち。ごめんねという気持ち。やっぱりバイオリン好きだと思う気持ち。ぐるぐるぐるぐるしている。でも、誰かと比べるものではない。そんな気持ちになれて、良かった。 [続きを読む]
  • 合同練習
  • 総勢8名での音合わせ。自己紹介を聞いていると始めて一年程の方もいた。私は2曲のみの参加だけど、あとの方は5曲全て参加。長い、難しい曲もあった。すごいなーと思うと同時に、私は2曲しかできなくて、だめだなぁと不覚にも落ち込んでしまった。練習量が足りていないことが一番の要因。それにしても、出来なさすぎで悲しくなってさしまった。音のハーモニーはとても嬉しくて。だからこそ、もっともっと弾けるようになりたいと思 [続きを読む]
  • 合同演奏前の練習
  • 仕事でやられてしまっていることもあり、体調今一つ。お腹の調子悪し。今日は音が出ない焦りまくっている夢で起床。胃も痛くなって来た(笑)人見知りなのに、初対面の方との音合わせ。しかもド超初心者が。迷惑かけないか、やっぱり出ない方が良かったのではないか…と負のスパイラル。でもやるときめたのだから。やってみるのだ。…こんな葛藤の朝なのでした。 [続きを読む]
  • レッスン13、14回目…渦巻く気持ち
  • 13回目のレッスンで、先生と合わせてもらった時、最後まで行かず崩壊したアイネクライネナハトムジーク。音があっていないことを、ひたすら指摘してもらい、何度も同じ所をやり続けレッスン終了。次のレッスンまで、ピアノで音を拾いひたすら歌った。スラーの練習もした。出来ない箇所を重点的に。14回目のレッスン。初めて先生と通して弾けた。音程取れてきましたねと。まだまだなのは十分過ぎるほど分かっているけど。努力を認 [続きを読む]
  • 掃除した後は心も穏やか。
  • 今日は朝から掃除デー。布団を干し、敷パッドや枕カバーなど洗濯3回。窓掃除も。部屋が綺麗になると気持ちも穏やかになるから不思議。 仕事で神経を使う事が増え、休みの日も気持ちが休まらないことが続いていた。切り替えが、本当に苦手なんだな〜と思う。人間関係の悩み。相手はこれっぽちも感じていないんだろうけど。相手の感情に振り回されない、自分の芯を持て。と言い聞かせている日々。 どんなにしんどくても一生続くわけ [続きを読む]
  • 音のかすれ
  • 練習していて、とても気になった。弓の角度、力加減、松脂…色々試してみる。弦にきちんと接していないなー、力入り過ぎてるなー、弓の角度曲がっているなー等々。単音でもかすれるってことは、移弦になったらてきめんで。肘の使い方、力加減、左手の押さえるタイミングが遅い等々。A→D→A→D→G→D→A→Eと音の移弦練習。開放弦から順番に。スタッカートとスラーの練習も。一小節スラーの所が、弓の配分が出来なくて弾ききれな [続きを読む]
  • レッスン11、12回目・・・アンサンブル、音の重なり
  • 発表会まで日にちがどんどん迫ってきて、気持ちばかりが焦ってしまう今日この頃。曲の練習ばかりになり、自分の出来なさ加減を思い知り凹む。。。という悪循環。 でもレッスンに行くとやっぱり「楽しい」という気持ちで帰ってくる事が出来る。どうしても指が回らなかった箇所、ひたすら練習してレッスンに臨んだ。確かに指は動いた。でも先生の指摘は音が合っているかどうかの一点。先生のこの教え方の姿勢は全くぶれず、すごいな [続きを読む]
  • 弾けないけど楽しいよ。
  • 練習中。仕事のイライラも、虚しさも全て抱えて。弾けるわけないんだよ。今の私のレベルではないの。でも、音を追っていくのが何とも心地よい。ほんの少しだけ、弓を大きく伸びやかに使える時が出てきた!たまに現れてまた引っ込むけど(笑)あともう少しだけ練習しようか。 [続きを読む]
  • 調整後、初練習
  • 音が軽やかに聞こえる。前より響く。前より軽く音が出る。明るい音がする。弾いていてわくわくする?弦を変えたこともあるのかな。今回はドミナントに変更。音を楽しもう。基礎練習を重点的に。 [続きを読む]
  • 調整から戻ってきた。
  • 駒を新しくし、弓の毛替えもしてもらい無事に手元に帰って来た。弦も張り替えてもらった。弓は工房の方が松脂の下地を塗ってくれて助かった〜。素人耳にも、音が変わった事が分かる。嬉しいな。沢山練習しようっと。 [続きを読む]
  • 楽器のメンテナンス
  • 購入して2年1か月、初めてのメンテナンス。バイオリンを購入したところで紹介してもらった工房へ足を運ぶ。 とても丁寧に見てくれた。駒がネックの方へ傾いているとのこと。その場で直してもらう。その後、工房の方がじーっと駒を見ていて。駒の下の土台部分に隙間があること。土台の木に厚みがあれば削って補修するけれど薄い為出来ないこと。直しても傾きやすいことを教えてくれた。そして「駒を変えた方がいいと思います」と。 [続きを読む]
  • レッスン10回目…雑念が入る
  • レッスンに行く直前、バタバタしている職場からLINEが。休み明け言えばいいちっちゃなことを、なぜ今流すかな…と、イライラを通り越して呆れてしまう。いつもならレッスン中は無になるのに、今日はよぎることが多くて。その度に音が乱れていく。この状況が一生続くわけではない。体を壊してまでいる場所ではない。嫌なら逃げてもいい。どんなに頑張っても分かり合えない人もいる。まともにぶつかり過ぎるな。うまくかわせ。等々 [続きを読む]
  • 練習。
  • 今週は仕事での人間関係にやられてしまい、練習も全く出来ず。今日やっと出来て。でも当たり前ながら5日も間が空いてしまうと、感覚戻るまでにとても時間がかかる。音も汚くて、嫌になってしまう。。。レッスンは明日なのになぁ。でも。今日練習出来て良かったんだよ。また明日得るものはきっとあるはず。 [続きを読む]
  • レッスン9回目…先生と3回も合わせてもらった!
  • スタッカートは軽やかに、力を抜いて。先生のレッスンは、音程に力を入れてくれている。高い、低いと瞬時に言われる。最初は分からなかったけど、最近は弾いていると違うときは分かることも増えてきた。メヌエット ト長調、先生が一緒にバイオリンで弾いて合わせてくれた。崩壊したり、先生の音がきちんと聞こえてきたり全く余裕なくて聞こえなかったり。でも先生は、「音程が良くなってきましたよ」て笑顔。先生ー。優し過ぎます [続きを読む]
  • レッスン8回目…音の重なりに震える
  • 一週間、練習して迎えたレッスン。1ヶ月2回のレッスンと考えると、発表会まであと何回のレッスン出来る?と自問自答。日にちのなさに倒れそうな気持ち。でも、やるしかない。やるからには、やるんだ。と、訳のわからない暗示をかけていた。メヌエットG一曲の練習でやっと。音階をひたすらやったり、三小節だけ30分かけてやってみたり。レッスンでは、先生のピアノに合わせての通しからスタート。せんせー!速いでーす!そして少 [続きを読む]
  • レッスン7回目…アンサンブルの楽譜
  • オットは中学からチューバを吹いていて、今も楽団に所属している。音楽に触れている時間は、とてもいいな…と思う。 オットにアンサンブル発表会の事を話したら「いいじゃん!絶対出た方がいいよ!」と即答。うまく弾けないとか、みんなに迷惑かけるとか、そんなことはお互い様。アンサンブル経験できるなんていいじゃないと。 うん。本当にそうだと思う。以前習っていた教室で先生と弾いた事があって。音の重なりに震える程感動し [続きを読む]
  • バイオリンケース
  • バイオリンケースを新しく購入。リュックタイプが欲しくて。色合いも派手過ぎず、落ち着いているところが、とても気に入って。色々なタイプを背負わせてもらい、これに決定。これから大切にしていこう。今までのケース、ありがとう。 [続きを読む]
  • レッスン6回目・・・二ヵ月半ぶりのレッスン
  • 何とか諦めずにバイオリンにしがみついている感覚。もう、本当に酷い状態だけど。ここで辞めたくないな。 今日はG線の練習。先生のピアノの音に耳を集中させ、正しい音をひたすら探る。その時の自分の指の形も意識しつつ。 毎回だけど、このレッスン中だけは無になる。仕事の嫌な事も、煩わしい事も全て忘れられる。 もっと練習しなきゃな・・・と痛感して楽器を片付けているとき先生が。「発表会があるんですよ〜」とチラシを下さ [続きを読む]
  • レッスン5回目・・・「目標!アンサンブル」
  • 味わったことのない激務が月単位で続き、責任感の重さと体の疲労が著しい日々先週のレッスンは体調を崩してしまいキャンセル。そして今日。バイオリンに触っていない時期は、もう怖くて思い出したくない位。先生ごめんなさい…と思いつつレッスンへ。 教本を進めていくが、音の不安定さが目立つ。特にソ、シ、ド。毎回低かったり高かったり。左手の指の動きも悪い。明らかに練習不足。。。 でも、バイオリンの伸びやかな音はやっぱ [続きを読む]
  • レッスン4回目…音の伸びやかさ
  • 4月から転職するにあたって、3月に入った頃から激務続き。心が萎えている日々。当然練習もままならず、1ヶ月ぶりのレッスンも気が引けた。でも、行こう。右手の弓の持ち方、とても指が丸まってきましたね!と言って頂き嬉しかった。毎日弓だけ持つ練習していて良かったなぁ。左手の親指をきちんと丸めること4分音符の所は弓を大きく使う先生のピアノと音を合わせる事に集中。私には合っているように思えても、先生は高い、低いと [続きを読む]
  • レッスン3回目…基礎の基礎
  • 前回同様、弓の持ち方の確認後教本へ。少しずつ曲も出てきた。感動でいっぱいだったちょうちょの曲も。音のズレを、今日もたくさん先生に指摘してもらう。その都度音が変わるというのは…。何が原因なのか?と考えてみる。そして、押さえている指を見つめる。押さえる場所も、指の角度もその都度違う!これじゃずれる訳で。またまた左手を見ていると。支えている親指が動いているじゃないかぁ?固定されていない。これじゃずれる訳 [続きを読む]
  • レッスン2回目…弓の持ち方
  • 前回のレッスンから1カ月以上空いてしまった。転職を控え、土曜日が思うように使えずレッスンも行かれない現状。久々のレッスン。今回は弓の持ち方を、もう一度教えてもらった。やはり私の今までの持ち方は、浅かった。・中指と薬指は第一関節まで深く。・親指は丸めて引っかける。・小指は丸めて添える。しかし。これが難しい(>_今までの癖が抜けず、これでもか!という程突っ張る。弓を持ったまま伸ばして縮めて…の練習方法を教 [続きを読む]
  • 弓の持ち方
  • 前回のレッスンで、小指を突っ張らないようにと指摘された。練習の度に意識してみるものの、どうもうまくいかない。今日はオットと一緒に練習していたから、ちょうどいい。写真を撮ってもらい、研究してみた。私の持ち方と正しい持ち方を見比べてみると。①親指が中に入り過ぎている?②人差し指が伸びて突っ張っている③中指、薬指の押さえる場所が浅い③は意識しないと、どんどん指が上がってきてしまう。(突っ張るという感じ)そ [続きを読む]
  • 新レッスン1回目
  • 1か月以上レッスンの日にちが空いてしまった。練習も満足に出来ていない状態で、果たしてレッスンへ行っていいのか…でもここで踏ん張らねば。と思いお宅へ向かう。 先生に教材の相談。篠崎の2巻をやっていたけれど、戻ってレッスンしてほしい事を伝える。先生からは鈴木でもいいけれど、せっかくやってきたから篠崎の1巻にしましょうかと。 先生は躊躇していたみたいだけど、私は基礎からもう一度しっかりやりたかったので篠崎 [続きを読む]
  • バイオリンから離れて1か月。
  • 11月いっぱいで教室を退会。11月は一度もレッスンへ行かれなかった。仕事と体調を崩したことで。月謝、勿体なかったけど仕方ない。 今週末から新しくレッスンがスタート。バイオリンから1か月も離れてしまった。練習しなさ過ぎて、弾けるんだろうか......何はともあれ。新たな気持ちで頑張ろう。 今教本は篠崎の2巻をやっているのだけど。私のレベルはそんな所まで行ってなくて。もう一度1巻からお願いするか、他の教材から [続きを読む]