佐藤清春 さん プロフィール

  •  
佐藤清春さん: 佐藤です、小説書いてます。
ハンドル名佐藤清春 さん
ブログタイトル佐藤です、小説書いてます。
ブログURLhttps://ameblo.jp/kiyoharu-satou/
サイト紹介文小説を書くこと、読むこと??について。 あと、思いついたことなどを、 まあ、そこはかとなく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供395回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2016/05/23 00:24

佐藤清春 さんのブログ記事

  • パンダ流行り
  • パンダって可愛いですよね。どういう経緯でああいった感じの配色になったのだろう? と思わせるし、顔も愛くるしいです。座り方だって可愛らしいですよね。子パンダが生まれたってだけで大騒ぎになるのもわかるほどほんと可愛いです。こんなの見せられたらきっと抗争中のヤクザでもすこし口角をあげたりするんでしょうね。「おお、可愛いじゃねえか」と思うはずです。「こりゃ、パンダちゃんだろ? な、そうだよな?」って感じに [続きを読む]
  • 飲みきれないほどのビール
  • お店のマネージャーからこういったものを頂いたんですが、これらのほとんどは賞味期限切れなんですよね。いえ、意地悪をされたわけではないですよ。彼女はそういう感じの人でないので。これはマネージャーの彼氏が勤務先からもらったものの一部であり、また、その勤務先が取引先から頂いた《お中元》の残りというわけです。ま、《お中元》っていつの話だよ――と思いもしますが、それはいいでしょう。幾転変かを経て僕の手許に来た [続きを読む]
  • 太陽が恋しいし、首が痛い
  • 雨がつづきますねそれに、寒い。 僕は寒いのが嫌いなのでほとほとうんざりしています。ああ、またこういう感じになってきたか――と空を見上げ嘆息を洩らしています。しかもまた首を痛めてしまったんですよね。たぶんずっと下を向いてPCや電子書籍リーダーを睨みつけているので首が悲鳴をあげているのでしょう。ま、いくら大声で悲鳴をあげられてもやめるわけにはいかないので、首の筋肉をゆるませる軽めのマッサージをしながらだ [続きを読む]
  • 【宣伝】『FishBowl vol.8』最終版をアップしました。
  • 『FishBowl vol.8』最終版をアップしました。 (↑画像 で読みにいけます) これ以上の変更は(今のところ)考えておりません。お時間のある方は是非ともご一読ください。いえ、ほんとはお時間のない方にも読んでいただきたいです。これ以降の章も順次再アップしていきます。 ※※※※※※※※※※※※※※※ つづきものなので、こちらから先にお読み下さい。『FishBowl vol.0』『プロローグ』 『FishBowl vol.1』『1.呪われ [続きを読む]
  • 祝! 『FishBowlプロローグ』100ダウンロード
  • いえ、『祝!』とはいっても自分自身のことなんですけど。でも、まあ、単純に嬉しいのでごくごく素直に喜んでおきますね。なんと!『FishBowlプロローグ』がやっとのことでダウンロード数100に到達致しました!!(パチパチパチパチ)いやぁ、毎日ではないけれどどれだけ読まれているか見にいってたんですよ。なかなか伸びずにいるので最近は見るのが怖くもありましたけどね。しかし、行為の結果を知らずにはいられないというのは人 [続きを読む]
  • 【宣伝】『FishBowl vol.7』最終版をアップしました。
  • 『FishBowl vol.7』最終版をアップしました。 (↑画像 で読みにいけます) これ以上の変更は(今のところ)考えておりません。お時間のある方は是非ともご一読ください。いえ、ほんとはお時間のない方にも読んでいただきたいです。これ以降の章も順次再アップしていきます。 ※※※※※※※※※※※※※※※ つづきものなので、こちらから先にお読み下さい。『FishBowl vol.0』『プロローグ』 『FishBowl vol.1』『1.呪われ [続きを読む]
  • アンリ・マティス『ルネ、緑のハーモニー』
  • ふたたび絵について。これは、アンリ・マティスの『ルネ、緑のハーモニー』という絵です。全体的に緑がかった背景の中にいかにもマティスが描きそうな人物が座り心地良さそうな椅子に腰掛けていますね。だけど、ところどころ気になる部分があります。滲んだようなぼやけたようなところがいくつかありますよね。左手なんかは腫れているか肌色の手袋をはめているかのようにのっぺりしています。まるで描いてる途中で別の用事を思い出 [続きを読む]
  • 眺めのいい部屋
  • これは東京国立近代美術館で撮ったものです。日本語で『眺めのよい部屋』としてありますがその下に『A Room With A View』ともあるのでこれはアレですね、E.M.フォースターの小説からとったのでしょうね。僕は小説も読んでいないし映画の方もきちんとは見ていないんですけど、奥さんが好きなんですよね。とくに映画が。まあ、あのときのヘレナ・ボナム=カーターは非常に愛らしかったですよね。(いえ、今も可愛いとは思いますが。 [続きを読む]
  • 美術館にて
  • 僕は自分自身のことをけっこう保守的な人間だと理解しているつもりではありますが、美術館なんかに行くとその保守性というのをさらにしっかりと認識してしまいます。というのはこういったものを見てもまったく素敵だとも面白いとも思えないからですね。この緑色をしたなんだかよくわからない代物は『おかめのmake-up』というタイトルなわけですが、どの辺が『おかめ』でありどう見たら『make-up』的要素があるのかまったくもってわ [続きを読む]
  • 【宣伝】『FishBowl vol.6』最終版をアップしました。
  • 『FishBowl vol.6』最終版をアップしました。 (↑画像 で読みにいけます) これ以上の変更は(今のところ)考えておりません。お時間のある方は是非ともご一読ください。いえ、ほんとはお時間のない方にも読んでいただきたいです。これ以降の章も順次再アップしていきます。 ※※※※※※※※※※※※※※※ つづきものなので、こちらから先にお読み下さい。『FishBowl vol.0』『プロローグ』 『FishBowl vol.1』『1.呪われ [続きを読む]
  • けっして悪くはないんだけど、もっと良くなるはず
  • ほんと性懲りもなく同じことを書きますが僕はいまだに『FishBowl』の最終チェックをしているんですね。一度公開したものを読み直し、句読点整理や誤字などのチェック、気にくわない部分の改定などをしています。で、6章まではまあ、こんなものだろうと思えてたんですけど、7章に至って考えこんでしまいました。いえ、内容は変えないんですけど(というか、変えようもないんですけど)、端々が気になるんですよね。もっと上手く書かれ [続きを読む]
  • 気づいたら、10月
  • いや、ほんと気づいたらもう10月ですよ。自分の感覚だとまだ7月くらいでいいようなのだけどこんなものを見ちゃうと俄然10月らしさを感じてしまいますね。しかも、おせち料理の予約受付はもうはじまっているし、2、3日前には年賀状印刷の注文パンフレットみたいのが郵便局から届けられもしました。うーん、これはまさに『鬼が笑う』ってやつですね。そして、おせち料理を食べつつ年賀状を見る頃には豆まきとか恵方巻きとかバレンタ [続きを読む]
  • 犬亀の仲
  • 『犬猿の仲』って今でもたまに聞く言葉で、まあ、積極的に使うかは別にしてその意味はわかりますよね。だけど、ほんとうのところ犬と猿の仲が悪いのかは知りません。また、知りようもないですよね。種としての犬と猿は本来的に嫌いあうものだーーなんて証明できそうもないし、ごくまれに『仲の良い犬と猿』みたいなニュースが流れたりしますもの。ま、ああいったニュースもその前提として『犬猿の仲』という言葉があるからなのでし [続きを読む]
  • 【宣伝】『FishBowl vol.5』最終版をアップしました。
  • 『FishBowl vol.5』最終版をアップしました。 (↑画像 で読みにいけます) これ以上の変更は(今のところ)考えておりません。お時間のある方は是非ともご一読ください。いえ、ほんとはお時間のない方にも読んでいただきたいです。これ以降の章も順次再アップしていきます。 ※※※※※※※※※※※※※※※ つづきものなので、こちらから先にお読み下さい。『FishBowl vol.0』『プロローグ』 『FishBowl vol.1』『1.呪われ [続きを読む]
  • 書き手の感覚/読み手の感覚
  • 何度も何度も自分の書いた文章を読んでいると当然のことにだいたいすべての内容が頭に入っていて、まあ、そうなると「これからどうなるんだ?」という気分になることもありませんよね。ところで、物語を読むことにおける最大の楽しみはその「これからどうなるんだ?」にあるわけですから何度も読んでいると(その上、自分の書いたものであるし)ちょっとばかりうんざりもしてきます。いえ、目的が違うわけだからそれでいいのです。僕 [続きを読む]
  • 多肉の世界 ②
  • で、いい鉢や手頃な量の土を手に入れられなかった僕はビニール鉢に包まれた多肉植物を観賞していたのですが、そうしてるうちに弱った感じの子があらわれてしまいました。左にいるちょっと背の高い子ですね。この子の葉がぽろぽろと落ちるようになってしまったんです。本を読んだりネットで検索すると――ふうむ。水が多いか、日照不足とのことでした。だけど、水はあげてないんですよね。買ってきてから4日間まったくあげていませ [続きを読む]
  • 多肉の世界 ①
  • だいぶん前から気にはなっていたんですけどふと思いついて多肉植物を買ってみました。この3つとこの子ですね。これで寄せ植えみたいなのを作りたい――と思っているのですが、多肉植物に関する知識の乏しい僕としてはどうしたらいいかわかりません。ま、たぶん水はけのいい土に植えればいいのでしょうね。で、あまり水をやらず日の光をいっぱい浴びせる。うん、そういう感じでしょう。しかし10年以上前にサボテンを枯らせてしまっ [続きを読む]
  • 【宣伝】『FishBowl vol.4』最終版をアップしました。
  • 『FishBowl vol.4』最終版をアップしました。 (↑画像 で読みにいけます) これ以上の変更は(今のところ)考えておりません。お時間のある方は是非ともご一読ください。いえ、ほんとはお時間のない方にも読んでいただきたいです。これ以降の章も順次再アップしていきます。 ※※※※※※※※※※※※※※※ つづきものなので、こちらから先にお読み下さい。『FishBowl vol.0』『プロローグ』 『FishBowl vol.1』『1.呪われ [続きを読む]
  • 電車で気になる『、』
  • まあ、きっと僕はある種の病気になっているのでしょうけど、広告なんかに目がいくとそこに使われている句読点がいやに気になってしまうんですね。これは以前からそうだったんですが、『FishBowl』の最終チェックをしているあいださらに深化してしまったようで、目に入ってくるあらゆる文章に目を這わせ「うーん。そうか?」とか「ま、これはありかな」などと考えてしまうんですよね。たとえば、これはとある鉄道会社の広告ですが、 [続きを読む]
  • 悲しきリラックマ
  • リラックマってなんだか可愛いですよね――なんてことを40過ぎのオッサンが書くのはいたく恥ずかしいことですが、しかし、まあ、可愛いんだからしょうがないですね。いえ、かといってリラックマのぬいぐるみを持っていたりスマホカバーがリラックマ柄だったりはしないですよ。僕の持ち物にはリラックマ的要素は皆無です。ただ、だいぶ前、恵比寿で働いていたときに向かいの店舗にいたんですよね、リラックマが。そこはハーブ屋さん [続きを読む]
  • 「また選挙かよ」という怒りを素直にぶちまける
  • いやはやほんとまったくーーって感じですね。 また選挙になるわけでしょ?ほんとなにやってんだか。今回は「大義がない」なんてことがけっこう言われてますけど、しかし、これまでに「大義ある」解散総選挙ってあったんですかね?だいいち、衆議院議員の任期は4年でしたよね。彼らは4年間仕事をするつもりで立候補したわけですよね?それが途中で仕事を投げ出していいのでしょうか?また、あれだけたくさんいる議員の中で「私はち [続きを読む]
  • 9月の水曜日、東京を歩く
  • 仕事柄、平日休みが多いんですけど僕は常に同じルーチンで動いているので家の周辺しか行かないんですよね。だけど、この水曜には奥さんが休みをとったので久しぶりに平日の東京を歩きまわってみました。 いえ、僕の住んでるところも一応は《東京》なのですがあまり声高にそうだと言える場所ではないので、こういうビルが建ち並んでるところへ来ると「ああ、東京に来たんだなぁ」と思ってしまうんですよね。平日のデパートは人もま [続きを読む]