かまくらdeたんか   鹿取 未放 さん プロフィール

  •  
かまくらdeたんか   鹿取 未放さん: かまくらdeたんか   鹿取 未放
ハンドル名かまくらdeたんか   鹿取 未放 さん
ブログタイトルかまくらdeたんか   鹿取 未放
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/david1993-2003
サイト紹介文「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞  
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供346回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2016/05/23 10:40

かまくらdeたんか   鹿取 未放 さんのブログ記事

  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の68
  •   ブログ版渡辺松男研究2の9(2018年2月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P44〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放      レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    68 ふゆは冬で白鳥の湖かがやくをさみしさは立つ杭のごときか       (レポート) 冬陽のなかに白鳥のいる湖はかがやいているが「を」の逆接によってか [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の67
  •   ブログ版渡辺松男研究2の9(2018年2月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P44〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    67 白鳥は鉛中毒にて死せり麻の袋に入れられている      (レポート) 白鳥が不如意なことで死ぬ。死因は鉛中毒だと判じられ、その死に時代や社会の負 [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の66
  •   ブログ版渡辺松男研究2の9(2018年2月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P44〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放      レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    66 白鳥から視線そらせば土色の田雲雀(たひばり)がいる枯草の上      (レポート) 大きなものと小さなもの、白と土色と枯草の色。作者の見るところ [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の65
  •   ブログ版渡辺松男研究2の9(2018年2月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P44〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    65 白鳥のまどろむ湖を手のひらが飛びてゆくなりたれの手のひら      (レポート) 白鳥がしづかに湖に体をうかべて、まどろんでいる。その湖をたれか [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の64
  •   ブログ版渡辺松男研究2の9(2018年2月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P44〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    64 水を出でおおきな黒き水掻きのぺったんぺったん白鳥がくる       (レポート) 美しく優雅にみえる白鳥であるが「おおきな黒き水掻き」でそのまま水 [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の63
  •   ブログ版渡辺松男研究2の9(2018年2月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P44〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放 63 壮快やちからのかぎり白鳥が他の白鳥の羽に嚙みつく       (レポート) 縄張り争いではないと思うが、白鳥といえども餌のことか何かで他の羽にかみつくらしい。それは [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の62
  •   ブログ版渡辺松男研究2の9(2018年2月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P44〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    62 白鳥の鳴くときすこし湯気が立つ今二羽が鳴きふたすじの湯気       (レポート) 白鳥の飛来地は列島の比較的北で、あたりの寒気に鳴き声とともに、 [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の61
  •   ブログ版渡辺松男研究2の9(2018年2月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P44〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放      レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    61 大空をはろばろ渡りきたれどもちょこんとかわいい白鳥の目は                   (レポート) 白鳥の飛行距離はどのくらいなのだろう。 [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の60
  •   ブログ版渡辺松男研究2の9(2018年2月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P44〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    60 水草の根を掘りいたる白鳥が泥まみれなる顔を上げたり      (レポート) 水の中に顔をつっこんで餌をもとめる白鳥。泥まみれだという。まるで生活 [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の59
  •   ブログ版渡辺松男研究2の8(2018年1月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P40〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:泉真帆 司会と記録:鹿取未放 59 妣(はは)はいまいずくのくにを旅ゆくや大欅揺れ水ふりこぼす      (レポート)亡き母(妣(はは))を思い大空をみあげる作者。欅の大樹からざーっと水滴がおちてくると [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の58
  •   ブログ版渡辺松男研究2の8(2018年1月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P40〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:泉真帆 司会と記録:鹿取未放    58 木となりて一生泣いておりたしと泣きながら締めなおすネクタイ         (レポート) 職場で苦しい思いをしている作者がうかがえる。ああ、このまま木 [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の57
  •   ブログ版渡辺松男研究2の8(2018年1月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P40〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放      レポーター:泉真帆 司会と記録:鹿取未放    57 百年が浮雲として過ぎ行けり木が木でがまんしているあいだ         (レポート)    「木が木でがまんしている」とは、やはり作者の今の胸中のように [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の56
  •   ブログ版渡辺松男研究2の8(2018年1月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P40〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:泉真帆 司会と記録:鹿取未放    56 飛び立ちたき杉強烈に尖れるを大地の揺るるたびに根は張る         (レポート) 杉はやはり天に伸びゆく強さを人に感じさせる木のように思う。天上へ飛 [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の55
  •   ブログ版渡辺松男研究2の8(2018年1月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P40〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放      レポーター:泉真帆 司会と記録:鹿取未放    55 松の根が岩を溶かしているあいだ日輪まわる巨の風車      (レポート) 松は古来より?待つ?を暗示する木でもある。松もまた椎同様、年月に耐えた瘤 [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の54
  •   ブログ版渡辺松男研究2の8(2018年1月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P40〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放      レポーター:泉真帆 司会と記録:鹿取未放         54 膨れあがりくる椎の瘤ずきずきと時間が外へ出たがりている      (レポート) 「ずきずきと」が主観的に詠まれており、この一首を印象強くし [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の53
  •   ブログ版渡辺松男研究2の8(2018年1月実施)    【百年】『泡宇宙の蛙』(1999年)P40〜     参加者:泉真帆、T・S、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放      レポーター:泉真帆 司会と記録:鹿取未放         53 圧しゆがめられたるさまに椎の木の瘤はあるなり一つ目の瘤         (レポート) ケヤキのように樹皮がすべすべの木もあれば、杉のように縦に [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の52
  •   ブログ版渡辺松男研究2の7(2017年12月実施)    【山鳥薇】『泡宇宙の蛙』(1999年)P36〜     参加者:泉真帆、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    52 凩の火のごうごうと山を吹きめくられてゆく世界地図あり       (レポート) 凩の凄まじい勢いを火に例えているとも、実際の山火事とも、いずれにも読め [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の51
  •   ブログ版渡辺松男研究2の7(2017年12月実施)    【山鳥薇】『泡宇宙の蛙』(1999年)P36〜     参加者:泉真帆、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放      レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    51 狼は滅びたりけり山駆けるまっ赤なる目のようなゆめゆめ      (レポート) かつて山を駆けていた狼は滅びてしまった。そして目はまっ赤だった。彼ら [続きを読む]
  • ブログ版 渡辺松男の一首鑑賞 2の49
  •   ブログ版渡辺松男研究2の7(2017年12月実施)    【山鳥薇】『泡宇宙の蛙』(1999年)P36〜     参加者:泉真帆、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    49 荒馬を乗りこなすごとなじみたるこの登山靴履き岩に立つ      (レポート) 人生をともにしてきたような靴を履き山に登る、なじみぶかい登山靴だ。平 [続きを読む]
  • 渡辺松男の一首鑑賞 2の48
  •   渡辺松男研究2の7(2017年12月実施)    【山鳥薇】『泡宇宙の蛙』(1999年)P36〜     参加者:泉真帆、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    48 至仏山に初雪はとけあたたかし蝦蟇がすこしだけ目をあけて閉ず           (レポート) そこに降っていた初雪はとけてあたたかいという。そろそろ冬眠に入ろうと [続きを読む]
  • 渡辺松男の一首鑑賞 2の47
  •   渡辺松男研究2の7(2017年12月実施)    【山鳥薇】『泡宇宙の蛙』(1999年)P36〜     参加者:泉真帆、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    47 全世界音うばわれて完成す化石のわれのあおげる瀑布       (レポート) 化石のわれは何としても動くことはなく、言い換えれば究極の状態。そのわれの仰ぐ位置 [続きを読む]
  • 渡辺松男の一首鑑賞 2の46
  •   渡辺松男研究2の7(2017年12月実施)    【山鳥薇】『泡宇宙の蛙』(1999年)P36〜     参加者:泉真帆、曽我亮子、渡部慧子、鹿取未放       レポーター:渡部慧子 司会と記録:鹿取未放    46 風景を山鳥薇(やまどりぜんまい)が殺し秋はゆくなり茫々の雲      (レポート) 山鳥薇があたりにあるのだが、それ一色になってしまった景に興がわかない。そう [続きを読む]
  • ブログ版馬場あき子の外国詠 トルコ320
  •  ブログ版馬場あき子の外国詠43(2011年9月実施)    【コンヤにて】『飛種』(1996年刊)P142〜   参加者:K・I、N・I、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放   レポーター:曽我亮子    司会と記録:鹿取未放320 インジェ・ミナーレ神学校といふはいづく冬寒くそこに斃れしいもうと       (レポート) インジェ・ミナーレ神学校というのはどこにあるの [続きを読む]
  • ブログ版 馬場あき子の外国詠319(トルコ)
  •  ブログ版馬場あき子の外国詠43(2011年9月実施)    【コンヤにて】『飛種』(1996年刊)P142〜   参加者:K・I、N・I、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放   レポーター:曽我亮子    司会と記録:鹿取未放319 トルコに死にしいもうとありき夕ぐれの空憂はしきコンヤに着きぬ       (レポート) 私にはトルコに亡くなった妹がある。その最期の地コンヤ [続きを読む]
  • ブログ版 馬場あき子の外国詠318(トルコ)
  •  ブログ版馬場あき子の外国詠43(2011年9月実施)    【コンヤにて】『飛種』(1996年刊)P142〜   参加者:K・I、N・I、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子、渡部慧子、鹿取未放   レポーター:曽我亮子    司会と記録:鹿取未放318 こころ吸はれてここに佇むひとときのエイユルデル湖の沈思の碧さ       (レポート) きらめく湖水のあまりの美しさに心を奪われ去りがたく [続きを読む]