福岡県社会保険指導協会 さん プロフィール

  •  
福岡県社会保険指導協会さん: 福岡県社会保険指導協会ブログ
ハンドル名福岡県社会保険指導協会 さん
ブログタイトル福岡県社会保険指導協会ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/fukuokakyoukai/
サイト紹介文社労士事務所・福岡県社会保険指導協会のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/05/23 13:39

福岡県社会保険指導協会 さんのブログ記事

  • 学生納付特例事務法人
  • 福岡県社会保険指導協会です日本年金機構では、所得のない学生が、万が一の病気やケガで障害を負ってしまった場合や死亡した場合でも保障が受けられるよう、ご本人の申請により保険料の納付が猶予され、障害や死亡に備えられる学生納付特例制度の普及、促進に努めています。(障害基礎年金は、講義中やサークル活動中などの事故によるケガにも対応しています。)この学生納付特例制度について、学生の方がより手続きをしやすくする [続きを読む]
  • 国民年金保険料の全額免除申請等の事務手続きに関する特例
  • 福岡県社会保険指導協会です国民年金保険料の全額免除申請または納付猶予申請については、事務を適正かつ確実に実施することができると認められる者として厚生労働大臣が指定する者(指定全額免除申請事務取扱者)に申請を委託できる制度があります。例えば、日本年金機構からハガキ形式の国民年金保険料免除・納付猶予申請書が送付された方の場合、指定全額免除申請事務取扱者が国民年金保険料の納付案内等で戸別訪問した際に、申 [続きを読む]
  • 保険料前納割引制度
  • 福岡県社会保険指導協会です保険料を通常の納付期限よりも早く納付(前納)することにより、納付額が少なくなる制度を保険料前納割引制度といいます。2017年(平成29年)度の保険料は月額16,490円(年額197,880円)ですが、前納では納付すべき金額が以下の表のようになります。これらの前納制度を利用するには、所定の期日までに年金事務所に申し込んで手続きをしなければならなりません。ちなみに計算式の一番左側が割引額で右側 [続きを読む]
  • 国民年金保険料の納付その2
  • 福岡県社会保険指導協会です前回の続きです。前回、納付方法は複数あることを案内しましたが厚生労働省の調査では、大都市ほど、また若年齢層ほどコンビニでの納付率が高い傾向にあることが分かっています。逆に小都市・町村や高年齢層ほど口座振替の割合が高いです。厚生労働省では口座振替を推進していますが、口座振替を利用したことがない理由をみると、若年齢層で「手続きが面倒だと思うから」の割合が、高年齢層に比べて高い [続きを読む]
  • 国民年金保険料の納付方法
  • 福岡県社会保険指導協会です今回は納付方法です。毎月の保険料は、第1号被保険者、任意加入被保険者が、翌月末日までに納付しなければなりません。また、世帯主は、その世帯に属する被保険者の保険料を連帯して納付する義務を負い、配偶者の一方は、被保険者たる他方の保険料を連帯して納付する義務を負います。なお、第2号被保険者、第3号被保険者については被保険者本人の納付義務はありません。納付方法は以下の方法があります [続きを読む]
  • 国民年金保険料について
  • 福岡県社会保険指導協会です今回から国民年金の保険料について見て行きます。国民年金保険料は2004年(平成16年)法改正により、2005年(平成17年)度以降の保険料額が法律に規定され、2005年度より2017年度まで毎年280円ずつ保険料が引き上げられました。最終的な保険料の水準として2017年(平成29年)度以降は月額16,900円に固定される予定です。これを保険料水準固定方式といいます。しかし、2005年(平成17年)度より調整期間 [続きを読む]
  • 任意脱退の制度は最近廃止されました
  • 福岡県社会保険指導協会ですタイトル通りなのですが参考までに任意脱退について触れてみます。旧法時代から存在した任意脱退の規定ですが、2017年8月の改正法施行により廃止されました。どういう制度だったかといえば過去に一度も被保険者でなかった方が第1号被保険者となった場合に、資格取得月から60歳に達する日の属する月の前月までの期間が25年に満たない(老齢基礎年金の受給資格期間を満たす見込みのない場合)は、いつでも [続きを読む]
  • 任意加入被保険者その2
  • 福岡県社会保険指導協会です前回からの続きです。65歳以上であっても、次の要件のいずれも満たす者(第2号被保険者を除く)は、特例任意加入被保険者として、厚生労働大臣に申し出ることで老齢基礎年金の受給権を取得するか、70歳に達するまで加入できます。また任意加入被保険者が65歳に達した場合において老齢基礎年金の受給権を有しないときは、特例任意加入被保険者の申出があったものとみなされます。・1965年(昭和40年)4月 [続きを読む]
  • 任意加入被保険者
  • 福岡県社会保険指導協会です今回と次回で社労士でもあまり手続することの無い任意加入被保険者について案内します。任意加入被保険者となるためには、次のいずれかを満たしたうえで(第2号・第3号被保険者および繰上げ支給の老齢基礎年金の受給権者を除く)厚生労働大臣に申し出なければなりません。・日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者であって、厚生年金保険法に基づく老齢給付等を受けることができる者(第1号被保険 [続きを読む]
  • 被保険者の要件その3
  • 福岡県社会保険指導協会です今回は要件の最後です。手続き的なお話も入っています。事業所が組合健保に加入の場合、当該健康保険組合にその使用する第2号被保険者の被扶養配偶者たる第3号被保険者の届出の経由に係る事務の一部を委託することができます。協会けんぽに加入の場合は、健康保険の被扶養配偶者となった・なくなったことの届出を事業主経由で機構に提出したときは、被扶養配偶者(非)該当届の提出があったものとみなさ [続きを読む]
  • 被保険者の要件その2
  • 福岡県社会保険指導協会です前回からの続きです。被保険者が60歳に達したことにより資格喪失した場合は、届出は不要です。一方、20歳に達したことにより被保険者資格を取得した場合には届出が必要です。月の間に被保険者の種別(第1号・第2号・第3号)に変更があった場合は、その月は変更後の種別の被保険者であったとみなされます。同一月に2回以上種別の変更があった場合は、その月は最後の種別の被保険者であったとみなされます [続きを読む]
  • 被保険者の要件
  • 福岡県社会保険指導協会です今回から3回に分けて国民年金の被保険者の要件を見て行きます。結構細かい内容になりますのでご了承ください。国民年金は「国民」の名は付きますが、日本国籍は要件とされていません。外国人であっても住民基本台帳に記録された者(中長期在留者、特別永住者、一時庇護許可者、出生による経過滞在者)・住民基本台帳に記録されない者であっても日本国内に住所を有することが明らかになった方は第1号被保 [続きを読む]
  • 強制加入被保険者
  • 福岡県社会保険指導協会です強制加入被保険者の解説です。第2号被保険者資格の取得は、厚生年金保険の被保険者の資格を取得した日に取得します。第2号被保険者でない20歳未満の方は、20歳の誕生日の前日に被保険者資格(第1号・第3号)を取得します。また第1号被保険者・第3号被保険者は60歳の誕生日の前日、老齢給付等の受給権を有する第2号被保険者は65歳の誕生日の前日に被保険者資格を喪失します。よって20歳未満や60歳以上の [続きを読む]
  • 国民年金の被保険者のお話
  • 福岡県社会保険指導協会です今回からは被保険者について解説していきます。国民年金の被保険者は、年齢・職業・就労形態等で、下の2つに分かれます。1.強制加入被保険者(第1号・第2号・第3号被保険者)2.任意加入被保険者厚生年金保険に加入している者(第2号被保険者)は、同時に国民年金に加入していることになります。国民年金に保険料を直接納めるのは、強制加入被保険者のうちでは第1号被保険者のみです。第2号被保険者は厚 [続きを読む]
  • Happy New Year 2018
  • 福岡県社会保険指導協会です2018年 明けましておめでとうございます。今年も皆様にとって良い年でありますこと、お祈り致します。さて社労士界隈での2018年の話題ですがざっとあげると・配偶者控除の見直し・マイナンバーの年金機構への組み入れ・国民健康保険で市町村に加え都道府県も保険者になど社会構造とともに各制度も変化していくことになります。昨年同様毎週月曜日に社会保険やそれに関連する情報を発信して参りますので [続きを読む]
  • GPIF運用のしくみその4
  • 福岡県社会保険指導協会です資産運用には「全ての卵を一つのかごに入れてはいけない(Don't put all your eggs in one basket.)」ということわざがありますが、性質やリターンの動きの異なる複数の資産に分散して運用することにより、一つの資産で運用するよりリスクを抑えることが可能となります。(分散投資)また、国内資産に加えて、外国資産に投資することにより、分散投資の効果は一層高くなります。(国際分散投資)GPI [続きを読む]
  • GPIF運用のしくみその3
  • 福岡県社会保険指導協会です運用によって得られるリターン(収益率)は、短い期間では「プラス」や「マイナス」に大きく振れますが、年金は長期間にわたって給付を行うものであるので、年金積立金の運用にあたっても、長期的な観点を持って、必要なリターンを最低限のリスクで確保することを目指すこととしています。運用の対象とする資産には、国内債券、外国債券、国内株式、外国株式のように幾つかの資産があります。運用による [続きを読む]
  • GPIF運用のしくみその2
  • 福岡県社会保険指導協会です今回も運用のしくみについて見ていきます。日本の公的年金制度(厚生年金保険及び国民年金)は、サラリーマン、自営業者などの現役世代が保険料を支払い、その保険料で高齢者世代に年金を給付するという「世代間扶養」の仕組みとなっています。将来、現役世代が年金を受給する世代になったときには、その時の現役世代の保険料が年金に充てられることになります(自分が積み立てた保険料が将来年金として [続きを読む]
  • GPIF運用のしくみその1
  • 福岡県社会保険指導協会です今回からGPIFの運用の基本的な仕組みをご案内していきます。GPIFは厚生労働大臣から寄託を受け、年金積立金の管理・運用を行います。そして、その収益を国庫に納付することにより、厚生年金保険事業及び国民年金事業の運営の安定に資することを目的としています。また、長期的に維持すべき資産構成割合(ポートフォリオ)を定め、これを適切に管理するなど、安全かつ効率的な運用に努めることと [続きを読む]
  • GPIF直近の運用状況その3
  • 福岡県社会保険指導協会です前回からの続きです。日本株の運用指標であるTOPIXは3月末に1512.60と1年間で12.3%、外株のMSCIコクサイは円換算で11.3%上昇、米国債の10年物利回りは2.3874%と61.9ベーシスポイント(bp、0.01%)上げました。円相場は対ドルでは111円39銭と1円18銭の上昇にとどまりましたが、ユーロに対しては1ユーロ=118円67銭と9円44銭も上げ長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは11.5b [続きを読む]
  • GPIF直近の運用状況その2
  • 福岡県社会保険指導協会です前回からの続きです。年金特別会計が管理する資金も含めた積立金全体に占める国内債の割合は3月末に31.68%です。2016年度は1年前より5.87ポイント低下し、過去最低となりました。前にもふれた通り国内株は23.28%と1.53ポイント、外株は23.12%と1.03ポイント上昇しています。外債は0.44ポイント低い13.03%、短期資産は8.89%でした。全体の5%を上限とするインフラ投資やプライベートエクイティ( [続きを読む]
  • GPIF直近の運用状況その1
  • 福岡県社会保険指導協会です今回から3回に分けてここ最近の運用状況とGPIFをとりまく環境を見ていきます。2016年度の運用収益は2年ぶりに黒字に転換し、年度末の運用資産は過去最高を更新しました。世界的な株高の押し上げ効果が金利上昇(債券価格は下落)と円高による目減り分を上回った格好です。GPIFが2019年7月7日公表した昨年度の業務概況書によると、収益率は5.86%、収益額は7兆9363億円となっています。資産別 [続きを読む]
  • 日本株の運用
  • 福岡県社会保険指導協会です今回も引き続きGPIFの運用面、特に日本株を見ていきます。GPIFは、市場規模509兆円のうち、6%弱の日本株を保有しています。三井住友、みずほ、三菱UFJの3大メガバンクやホンダなど、少なくとも日本企業の121社の筆頭株主であり、トヨタ自動車の発行済み株式数の5.5%を保有する第二位の大株主でもあります。TOPIX 500のうち、約99%の495社で10位以内の大株主です。ちなみに日本の中央銀行であ [続きを読む]
  • GPIFの運用資産
  • 福岡県社会保険指導協会です今回はGPIFの目的とも言える資産運用について解説します。まず運用資産についてです平成28年度第2四半期末現在の運用資産は132兆751億円です。運用資産はアメリカ合衆国の社会保障年金信託基金に次ぐ世界第2位を誇ります。資産額については2011年末時点、年金基金の中では、2位のノルウェー政府年金基金(5,755億2700万米ドル)に2倍以上の差をつけて資産額は世界最大です(1兆3,948億7300万米ドル [続きを読む]