福岡県社会保険指導協会 さん プロフィール

  •  
福岡県社会保険指導協会さん: 福岡県社会保険指導協会ブログ
ハンドル名福岡県社会保険指導協会 さん
ブログタイトル福岡県社会保険指導協会ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/fukuokakyoukai/
サイト紹介文社労士事務所・福岡県社会保険指導協会のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/05/23 13:39

福岡県社会保険指導協会 さんのブログ記事

  • 労働者雇い入れ時は、「雇い入れ時健康診断」を行いましょう
  • 福岡県社会保険指導協会です労働者を雇い入れている事業者は、労働安全衛生法などにより「雇い入れ時健康診断」「定期健康診断」「特定業務従事者健康診断」「海外派遣労働者健康診断」「給食従事者の検便」「有害業務従事者等特殊健康診断」を実施することが義務付けられています。これらの健康診断は実施頻度、対象者、診断項目、事後措置などが異なっています。今回は労働者の雇用前後に実施する「雇い入れ時健康診断」について [続きを読む]
  • 労働災害補償保険法(労災保険)は誰のための制度?
  • 福岡県社会保険指導協会です労災保険とは、正式には労働者災害補償保険という制度のことです。業務中のケガ、通勤中のケガ、はては長時間労働による過労死の問題など、日頃耳にすることも多くなっている労災保険ですが、これは、誰のためにある制度なのでしょうか?今回は知っておきたい、労災保険の基礎知識をご案内します。そもそも労災保険制度とは何のためにあるのか?労働者災害補償保険(労災保険)は、業務上の事由や通勤の [続きを読む]
  • サービス残業による残業代請求から会社を守るには
  • 福岡県社会保険指導協会ですサービス残業は賃金不払残業ともいい、労働基準法違反です。発生する要因には、経営者の指示、不適切な労働時間管理、残業申請しづらい職場の雰囲気などがあります。サービス残業は、法律違反であると同時に働いている社員からやりがいや職場への愛着を奪います。また、大勢の社員から過去の未払残業代を一括して請求された場合などは、経営にも深刻な影響を与えかねません。注意していくポイントを見て [続きを読む]
  • 賃金と報酬の違いとは?
  • 福岡県社会保険指導協会です給料、給与、賃金、報酬といろいろな呼び方はありますが、「賃金」と「報酬」の違いをご存じでしょうか?労働基準法や雇用保険法など労働法の分野では「賃金」と呼ばれ、健康保険法や厚生年金保険法など社会保険の分野では「報酬」と呼ばれますが、どんな違いがあるのでしょうか?今回は、法律上の目的から、「賃金」と「報酬」の違いについて見ていきます。労働基準法における「賃金」とは?まずは、賃 [続きを読む]
  • 代休と振替休日の違いを労働基準法の観点から確認
  • 福岡県社会保険指導協会です代休と振替休日の違いを正しく把握されていますでしょうか?所定休日に出勤した際に振替休日として処理するのか、代休として処理するのかでは賃金の計算方法が大きく変わってきます。また、振替休日を同じ週に与えるのか、あるいは別の週に与えるのかによっても、計算方法が変わります。今回は、労働基準法の観点から正しく把握することによって、ミスのない給与計算ができるように確認していきます。代 [続きを読む]
  • 毎年行う年末調整は、どのような手順で行うのか?
  • 福岡県社会保険指導協会です年末調整は、給与の支払を受ける人の一人ひとりに対して行う給与の源泉徴収の総決算というべきものです。毎月の給料や賞与などの支払の際に源泉徴収をした税額と、その年の給与の総額について納めなければならない税額を比べて、その過不足額を精算します。毎年行う手続きですが、より円滑に行えるよう全体的な手順をご案内します。年末調整に必要な各種控除の確認年末調整の計算に必要な各種控除の情報 [続きを読む]
  • 有給休暇が取りやすくなる?計画年休制度について
  • 福岡県社会保険指導協会です「働き方改革」や「ワークライフバランス」という言葉が世の中に浸透し、働き方だけでなく、休み方の重要性も問われる時代になってきました。しかし、多くの労働者は職場に「気兼ねする」などの理由から、まだまだ「年休を取りたいとは言いづらい」と積極的に取得できないでいるのが実情です。そこで、気兼ねなく休むことができるように考えられた、計画年休制度とはどんなものなのか見ていきましょう。 [続きを読む]
  • 最近話題になってきた、リカレント教育とは?
  • 福岡県社会保険指導協会です「働き方改革」という言葉がテレビをはじめとするメディアでさまざまに取り上げられています。その多くは残業時間の上限規制や残業時間の規制を撤廃した高度プロフェッショナル制度といった、規制改革に着目しています。しかし、「働き方改革」はそれだけではありません。あまり聞き慣れないかもしれませんが、そのほかにも多くの取り組みが検討されていて、そのなかの1つに、「リカレント教育」という [続きを読む]
  • 大地震により事業継続が不可能な場合の従業員の解雇は可能か
  • 福岡県社会保険指導協会です地震などの大規模な自然災害により、事業の継続が困難な場合、やむを得ず廃業や事業縮小の道を選ぶことが考えられます。しかし、災害の影響により経営環境が悪化したからといって、無条件に解雇が認められるものではありません。誰もが望まないケースではありますが、今回は、地震などの自然災害により、事業継続が困難になった場合の解雇の可否についてご案内していきます。「天災事変その他やむを得な [続きを読む]
  • テレワーク導入の効果と労務管理のポイント
  • 福岡県社会保険指導協会ですテレワークとはICT(情報通信技術)を活用した柔軟な働き方の一つであり、導入する企業が年々増えています。企業にも従業員にもメリットがある反面、労務管理という視点では目が届かない従業員の労働時間の管理方法、また、セキュリティ対策を含めた導入コスト等、導入して初めて気がつく問題を感じることも多いことでしょう。今回は、テレワーク導入の効果と労務管理のポイントについて案内していきま [続きを読む]
  • 第三者行為災害とは?押さえておきたいキーワード
  • 福岡県社会保険指導協会です第三者行為災害とは、たとえば通勤中や営業中の交通事故などにおいて、一般的に事故の相手方の加害者が存在する災害です。第三者行為災害では、労災保険の当事者ではない相手方となる第三者が、損害賠償の義務を負うことになります。しかし、第三者行為災害の範囲や被害者への補償に関するルールなどについて、よくわからない担当者もいるでしょう。そこで、今回は、第三者行為災害で労務担当者がまず知 [続きを読む]
  • 突然の退職者が出た場合の労務問題の解決方法
  • 福岡県社会保険指導協会です従業員が急に退職したら、どのような手続きが必要かご存知でしょうか?何かのきっかけで「今日付で退職します。明日から出社しません」と言われて、退職願も提出されず、保険証も回収できなかったとしたら大変困りますよね。そこで、そのようなときにも慌てずに手続きができるように、年金事務所への手続きのポイント、退職の意思は口頭のみで良いのかどうか、従業員から未払い分の給与の請求があった際 [続きを読む]
  • 時短勤務の際の健康保険の資格喪失手続きについて
  • 福岡県社会保険指導協会です現在、仕事と家庭生活との両立が大きな話題となっています。育児や介護、病気の治療等により働く時間が充分に持てないという方も多いと思います。会社に時短勤務制度があれば、その制度を活用して仕事との両立を図ろうとする方も多いかと思いますが、結果的に社会保険の加入条件から外れてしまうことがあるかも知れません。そこで、今回は、時短制度の概要と、健康保険の加入条件から外れたときの資格喪 [続きを読む]
  • 退職者の住民税の取り扱いについて
  • 福岡県社会保険指導協会です会社を退職する方についての住民税の取り扱いは、転職先に就業するまでの期間が開いているかどうか、あるいは退職日が新たな年度に切り替わる6月より前か後かによって、「転職先で特別徴収を継続する」、「一括徴収」、「普通徴収」の3つの方法で住民税を徴収することとなります。そこで、今回は、それぞれの仕組みについてご案内していきます。住民税とはどのようなものなのか住民税とは、市町村民税や [続きを読む]
  • 従業員の福利厚生のための健康診断や人間ドックについて
  • 福岡県社会保険指導協会です人事総務部門の役割として、従業員が健康で生き生きと働いてもらえる環境づくりが挙げられます。そのためには、法で定められた定期健康診断の完全実施および有所見者の二次健康診断を促すことはもちろんですが、健康診断の検査項目の充実を図るために人間ドックや生活習慣予防病健診の導入も考えたいところです。そこで今回は、法で定められた健康診断の内容とともに、人間ドックの税務上の取り扱い等も [続きを読む]
  • 産後休業の期間変更時、および終了後にすべき手続き
  • 福岡県社会保険指導協会です産後休業は、出産日の翌日から8週間(56日間)の就業できない期間をいいます(ただし、産後6週間経過後に本人が請求し、医師が認めた業務の場合は就業可)。しかし、申請済みの産前・産後休業期間が出産日によって変更になったり、当初予定より早く復職することによる手続きが発生したり、産前産後休業終了後に報酬が下がった場合の手続きがあります。担当者がこれらについて認識し、進めるべき手続きはどの [続きを読む]
  • 労働基準法における労働時間とは?
  • 福岡県社会保険指導協会ですこのところ話題となっている「働き方改革」の大きな柱となる課題の1つに「長時間労働の是正」があげられています。労働時間は原則として週40時間、1日8時間までと定められています。長時間労働が問題となる背景には、労使ともに労働時間を軽視しているという現状があります。今回は、残業時間を中心に、労働基準法において労働時間をどのように取り扱っているのかをご紹介したいと思います。あらためて [続きを読む]
  • 社会保険料の計算の元となる「算定基礎届」とは
  • 福岡県社会保険指導協会です事業を継続していくうえで、定期的に必要となる手続きがいくつかあります。帳簿の締めである「決算」などもそのうちのひとつであり、あらゆる事業者が当たり前に行っているものです。今回は、特に給与明細上の控除欄に記載されている「社会保険料」に着目し、どのようにして「社会保険料」が決められているのか、決定のための算定基礎届の基本についてご案内します。「算定基礎届」とは?給与明細上の控 [続きを読む]
  • 出産に伴う健康保険・厚生年金保険の手続きについて
  • 福岡県社会保険指導協会です従業員の出産に関して健康保険や厚生年金保険では、どのような手続きが必要となってくるでしょうか?今回は出産を機に必要となる主な手続きについて、ご案内します。産前産後の休業は労働基準法で定められています。産後休業に引き続き、育児休業を取得する従業員も多いかと思いますが、まずは、健康保険・厚生年金保険の手続きが必要となります。健康保険の給付は出産手当金と出産育児一時金の2種類健 [続きを読む]
  • 会社が厚生年金に加入するメリットとは?
  • 福岡県社会保険指導協会です企業に入社すると当然のように加入する厚生年金ですが、厚生年金がどういったものなのか実はよく分からないという方も意外と多いのではないでしょうか ?今回はそんな厚生年金に関して、加入の条件から特徴、企業にとってはどのようなものなのか、詳しく紹介していきます。厚生年金に加入しなくてはならないのはどういうとき?まずは、厚生年金に加入する際の条件について確認していきましょう。厚生年 [続きを読む]
  • 就業規則作成時の決まりごととは?
  • 福岡県社会保険指導協会です労働者の賃金や労働時間、休日などの労働条件や職場のルールを定める就業規則を作成するときには、いくつかのルールがあります。今回は、その1つであり、労働基準法第89条に定められている、「絶対的必要記載事項」「相対的必要記載事項」の記載事項についてのルールを紹介します。就業規則の記載事項のポイントとは就業規則に記載する際に気を付けなければいけないのが、法令や労働協約の存在を忘れて [続きを読む]
  • 有給休暇が取得しやすい職場づくりを!
  • 福岡県社会保険指導協会です政府の働き方改革の流れで、働きやすい職場づくりに取り組んでいる企業が増えています。例えば、治療と職場生活の両立支援や子育て支援に前向きな企業は、傷病休暇や病気休暇のように年次有給休暇とは別枠の有給の休暇を付与するといった独自の制度を設けています。仕事の満足度や仕事に対する意欲が増すような職場環境は、従業員の離職率の低下や定着率の向上の効果があり、企業にとって大きなメリット [続きを読む]
  • 解雇でトラブルにならないように、企業側で備えるべきこと
  • 福岡県社会保険指導協会です解雇は労使間のトラブルにおける相談事項の退職、職場内いじめと並ぶ3大相談のうちの1つといわれています。現状として再就職にあたり、希望の企業や職種につくことができると言い切れる状況ではないことに加え、これまで勤務してきた、解雇対象者のプライドにもかかわる問題にもなりますので、解雇をおこなう場合は、企業側もトラブルになることを常に頭に入れておく必要があります。この点について、 [続きを読む]
  • 福利厚生費の税務上の取扱い
  • 福岡県社会保険指導協会です福利厚生費の支給や支出の仕方によって、課税(社員に所得税が課税される)、非課税(社員に所得税が課税されない)の違いが生じることをご存じでしょうか?福利厚生費として支出する中身によって、法定福利費(社会保険料)と法定外福利費に分かれており、個人負担分の社会保険料については所得税の社会保険料控除の対象となり、所得税が課税されないことになります。ここでは、法定外福利費にあたる福 [続きを読む]
  • 育児をする労働者に関する時短勤務や残業制限
  • 福岡県社会保険指導協会です少子高齢化が進む日本において、仕事と出産・育児の両立がますます大切になっています。特に女性の労働者が出産・育児を機に会社を退職しないように、育児・介護休業法において、出産・育児休業後の職場復帰をスムーズに行えるように法整備がされています。今回は、育児をする労働者にかかわる時短制度や残業制限などの概要についてご案内します。育児をする労働者の所定外労働の制限について事業主と労 [続きを読む]