たゆか さん プロフィール

  •  
たゆかさん: キャリアカウンセラーを目指す乳がん患者のブログ
ハンドル名たゆか さん
ブログタイトルキャリアカウンセラーを目指す乳がん患者のブログ
ブログURLhttp://tawagototayuka.hatenablog.com/
サイト紹介文会社員です。キャリアカウンセラーを目指しています。2018年の初めに乳がんの診断を受けました。
自由文はじめまして。普段は会社員として、人のキャリアに関するお仕事に、少しだけ携わっています。

もっともっとキャリアカウンセラーの資格を活かしていきたいなと思っていた矢先、2018年の冬に乳がんの告知を受けました。現在はホルモン療法中です。体調のこともあり、なかなか頑張れない、前向きになれない日もありますが、最近少しだけ夢に近づきたいという気持ちが芽生えてきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 14日(平均8.0回/週) - 参加 2016/05/25 08:42

たゆか さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 退院までの道のり①〜手術が終わって〜
  • 「終わりましたよ〜。終わりましたよ〜。終わりましたよ〜」せっかく寝てるのに・・・と目を覚ましたら、なんと手術室だった!というぐらい、 熟睡している間に手術は終わっていました。麻酔って、スゴイんですね。起きて意識が確認されるとすぐ、喉に入っていたチューブを抜かれました。「痛いし、オエっとなります」と聞いていましたが、本当に痛くてオエっとなりました。意識はあるとはいえ、ボーっとしたまどろみの中、ニョキ [続きを読む]
  • 仕事人間からの大変身〜乳がんという経験〜
  • 乳がんなる前の私は、とにかくめちゃくちゃ働いていました。朝から晩まで仕事のことを考えていました。今の会社には中途採用で入り、かれこれ12年が経ち、営業の仕事をしています。朝は7時30分頃には出勤し、日中はほぼ外回り、定時後に事務処理をして、帰宅は21時。仕事が終わらなければ、土日も当然会社に行く、という生活でした。もっと過酷な働き方をしている方もいるとは思いますが、こうして客観的に見ると、働きすぎでした [続きを読む]
  • 秋のプチ旅行〜東京に行ってきました〜
  • 少し前ですが、東京に旅行に行きました。兄夫婦と会うことを口実に、3連休を使って東京を満喫してきました。まずは、品川アクアパークへ。どうしてもイルカショーが見たかったのですが、到着したのがギリギリの時間で、「かなり濡れます」席しか空いていませんでした。迷ったのですが、ポンチョが100円で売っていたので、それを購入して「かなり濡れます」席に。イルカちゃんは、本当に頭が良くて、運動神経もよくて、ビックリしま [続きを読む]
  • 手術までの道のり⑤〜手術当日の朝〜
  • いよいよ、手術の日がやってきました。2018年3月7日です。夜通し寝たり起きたりだったのに、いざ起床時間になると眠くなるという、ありがちなパターンでした。6時起床、9時に病室を出発、9時30分から手術というスケジュールでしたが、この日は朝ごはんも抜きなので、何もすることがなく、余計に高まる緊張。7時30分ごろ、先生が来てくれて、「寝れんかったでしょ? 手術が始まったら、寝とればいいから。まな板の上の鯉になって、 [続きを読む]
  • 秋のプチ旅行〜ひるがの高原 牧歌の里〜
  • 色んなところに出かけるのも楽しいですが、最近はお気に入りの観光地に、色んな季節に出かけることが、多くなってきました。そんなお気に入りのひとつが、岐阜県にある牧歌の里。東海エリアでは、有名ですよね。毎シーズン行くので、今回ついに年パスを買いました!手前にある、ムラサキ色のハリネズミみたいな植物は「コキア」。夏場は綺麗なグリーンなのですが、秋になるにつれて少しずつ色づきます。これを干すと、ほうきとして [続きを読む]
  • 私、乳がんになっちゃった①〜母親への報告と感謝〜
  • 病院で告知を受けた後、すぐに母親にLINEをしました 。再検査になったことすら母親に伝えていなかったので、かなり驚いたと思います。「分かった。ちゃんと再検査行って、偉かったね。明日、実家に帰っ ておいで」という言葉だけが、返ってきました。翌日(土曜日)実家に帰り、母親の顔を見た途端、涙が止まりませんでした。子供のように泣きました。母は、「ごめんね。一人で不安だったでしょう」と、ずっと頭を撫でてくれました [続きを読む]
  • 手術までの道のり④〜入院、手術前日編〜
  • 2018年3月6日の朝、入院をしました。帰る時には、重い荷物を持つことが出来ないとのことで、旅行用のキャリーバックに、荷物を詰めました。私のキャリーバックが赤色なので、ちょっと浮かれてる感じ。ですが、入院中はこの赤いキャリーバックが、無機質な病室に、彩りを添えてくれた気がします。1つ言えることは、入院した日=手術前日は、けっこう忙しい(笑) おかげで、色々考えなくてすんだのですが、かなり疲れました。【手 [続きを読む]
  • 手術までの道のり③〜入院準備編〜
  • 手術にたどり着くまでは、とても長かったのですが、「手術をしましょう」となってからは、とても急でした。全ての検査が終わって、2週間後には入院、翌日には手術というスケジュールでした。1番大変だったのは、仕事の引き継ぎやら休職中の調整ごとでしたが、「入院に必要なもの」を揃えることも、意外と大変でした。私が入院時に「あって良かったもの」と、「持っていったけど、使わなかったもの」を、思い出せるだけ、書いていき [続きを読む]
  • 健康診断の憂鬱
  • 私の乳がんが分かったきっかけは、会社の健康診断でした。1年に1度の定期健康診断で、「乳腺腫瘍の疑い」で要精密検査となり、詳しい検査の結果、悪性だと判明しました。色んなことにズボラな私が、なぜか毎年かかさず健康診断を受診し、ズボラな私がちゃんと再検査をした・・・そんな奇跡が重なって、がんが分かりました。私が勤めている会社は、毎年秋に定期健康診断があります。そう、ちょうどこの時期。去年も一昨年も、この時 [続きを読む]
  • 新しい時間の使い方〜家庭菜園〜
  • 病気になって、私が得たもの。1番は「時間」です。それまで、ほぼ毎日21時頃まで仕事、その後で飲みに行くこともあり、週末は日付けが変わるまで、帰らないこともしばしば。乳がんを機に生活が一転し、ほぼ毎日19時には帰宅、22時に就寝。平日も土日も6時に起床。もちろん遊びに行ったり、飲みに行くこともありますが、全盛期の10分の1ぐらいに減りました。そんな毎日なので、とにかく時間が有り余るんです。ハッキリ言うと、ヒ [続きを読む]
  • 手術までの道のり②〜検査、検査また検査の日々〜
  • がんが発覚したのが1月12日、手術が行われたのが3月7日。その2ヶ月間のことを書きます。ほとんど病気らしい病気をしたことがない私は、病気というのは発覚したらすぐに入院をして、手術をするものだと思っていました。ところが、実際にはそこから長い長い「検査の日々」が待っていたわけです。私の場合は、すでに細胞診をしていたので、「がん」であるか否かことを調べる検査はなく、「どれぐらい?」「どのような?」「どこ [続きを読む]
  • 手術までの道のり①〜初めての診察〜
  • 再検査の結果を聞いた1週間後、乳腺外科の専門医というか、乳がんの手術症例が多いからと勧められた病院に、「もっと詳しい」検査に行きました。予約はしていたものの、1時間ぐらい待ったでしょうか。自分の受付番号が、掲示板に表示され、診察室に入りました。先生「今回は大変だったね。ビックリしたでしょ?」私「ビックリしました」先生「ネットで色々調べて、不安になってるでしょ? 小林麻央さんのこともあったし」ズバリを [続きを読む]
  • 【自己効力感】〜自己効力感をさげないために〜
  • 「あ〜、これ今日中にやろうと思ってたのに出来なかったなぁ・・・」手帳の「TO DOリスト」にならんだ、「TO DO」の在庫を眺めて、ため息つくことってありますよね。今日やることを片付けるどころか、昨日やらなきゃいけなかったことまで残っていて、ドンドン借金が増えていく・・・なんてこたもあると思います。そのうちに、「私って仕事が遅い?」と自己嫌悪に陥ったり、あまりの負債の多さにヤル気を失ったり、なんてことになり [続きを読む]
  • 【一生懸命】〜一生懸命は仕事だけのものですか?〜
  • 【一生懸命】仕事においては、常に求められるし、やらなきゃ悪みたいに言われます。逆にこれさえやっていれば許される(ことが多い)免罪符のようなものだったりもしますよね。もともとは、中世の武士が先祖伝来の所領を命懸けで守ったことに由来する、一所懸命という言葉があり、それが時代の流れとともに、命懸けで何かをするという部分だけが残って、一生懸命と誤用されるようになったのが始まりとか。私も「仕事に一生懸命」が [続きを読む]
  • 告知〜乳がんが分かったその日のこと〜
  • 乳がんが分かったその日のことを書きます。忘れもしません。2018年1月12日(金)のこと。秋に受 けた会社の健康診断で「再検査」となり、2週間ほど前に受けた 検査結果を聞くために、会社近くの病院に、朝9時に到着。 再検査では、「乳腺エコー」と、念のための「細胞針」 をしました。エコーを見た先生からは、「しこりは確かにあるけど、つるんとし てるし、悪いものには見えない」と言われていたのもあり、 さっさと検査結果を [続きを読む]
  • 過去の記事 …