しげさん さん プロフィール

  •  
しげさんさん: オートマチック競馬ー最強出目アレンジ必勝法
ハンドル名しげさん さん
ブログタイトルオートマチック競馬ー最強出目アレンジ必勝法
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/shmzshg3
サイト紹介文馬券革命成る!出目+単オッズで年間150%回収!数開催単位複利投資で300%へ。100%馬券付
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/05/26 14:14

しげさん さんのブログ記事

  • 【上位伯仲】安田記念の最強出目/直前
  • *大阪杯付安田記念 1枠(1・2)と2枠(3・4) 直前 ※勝負B【1枠1番2.8】投資対象外 仮 スワーヴリチャードはマイルが向いているとは思えないが、大阪杯勝ちの(早め抜け出し)底力は無視出来ない。上位数頭の中の1頭には必須。ここも勝つようなら、キタサンに替るNO.1の座につく。最強出目内の他の2頭以下横一線と見る。 大阪杯 2018 https://youtu.be/ICcI83RFCtc?t=132 [続きを読む]
  • 【ダービー】ワグネリアンが勝利!好騎乗福永騎手初勝利/競馬TOPICS
  • NHK実況でレース直前にダービー馬はダービー馬から生まれる!と繰り返していたのが印象的だった。本日東京競馬場で行われた日本ダービーは皐月賞7着でノーマークだった朝日杯・弥生賞2着馬【ワグネリアン】が外6番手から直線一気に抜け出し、2着の皐月賞馬エポカドーロを1/2身差押さえ優勝した。福永祐一騎手は亡父福永洋一元騎手を含め【福永家の悲願】であったダービー制覇を叶えた。同馬の父は3冠ディープインパクトで母 [続きを読む]
  • 【ダノン2.1倍】ダービーの最強出目/前日3次
  • ダービー 4枠(7・8)と5枠(9・10) 前日3次 ※勝負AC【1枠1番2.1】仮 1枠1番のダノンプレミアム2.1倍の評価の一点に尽きる。オークスで血統・脚質に不安のあった2強が1・3着に来たことから、クラシック・ロードで断トツの有力馬の無敗の1冠と見ることも出来るが、やはり皐月賞を使えなかったことは大きい。2冠目なら1倍台の人気だったはず。・・・《続く》 [続きを読む]
  • 【アーモンド1.7倍】オークスの最強出目/前日確定
  • 平安Sは最強出目1枠(1・2)と5枠(9・10)から1着(9番14倍)・3着(10番28倍)が出現!オークスも出目中の3・5・6番に注。オークス 2枠(3・4取消)と3枠(5・6) 前日確定 ※勝負AC【7枠13番1.7】仮 スピード血統ロードカナロア産駒のアーモンドアイの2冠は成るか?それともラッキーライラックの先行押し切りが府中2400mで決まるのか?とても2頭で決まる気配は無い。TR勝ちの3 [続きを読む]
  • 【2強も】平安ステークスの最強出目/3次
  • 京都11R平安ステークス(GⅢ) 1枠(1・2)と5枠(9・10) 3次 ※勝負AC【3枠6番1.4】仮 昨年の同レース(初G)まで5連勝後、11ヶ月休を経てアルテミスS(GⅢ)を勝った3枠6番グレイトパールが断然人気1.4だが、実績(チャンピオンズC2着)は3枠5番テイエムジンソク4.9の方。しかし、前走フェブラリーS(GⅠ)の大敗から立ち直れているかどうか。1点で観戦の手もあるが、今回はどうか [続きを読む]
  • 【上位伯仲】ヴィクトリアマイルの最強出目/前日確定
  • ヴィクトリアマイル 2枠(3・4)と4枠(7・8) 前日確定 ※勝負A【両枠軸】投資対象外 仮 上位数頭の実力が拮抗し、堅軸はない。上位人気馬のいずれかが勝つとは限らない。ただ、いずれかが連は確保するだろう。無理に当てようとすると、かなりの多点買いにならざるを得ない。ここは見送り、来週の2強オークスに賭ける。 【100%馬券】リスグラシュー 単勝(候補) 440円 複勝(候補) 160円  ※候補 [続きを読む]
  • 【上位伯仲】天皇賞の最強出目/3次
  • 青葉賞 4枠(7・8)と5枠(9・10)※勝負BA【両枠軸】 馬連 9−15 10940円 的中!天皇賞 4枠(7・8)と5枠(9・10) 3次*このまま直前まで変更無い見込み。 ※勝負A【両枠軸】投資対象外《注》 仮 ジュヴァルグランのTR惨敗と乗り替りのため、堅軸不在の混戦に。前走を見る限り、レインボーとクリンチャー、アルバートの間にはかなり差があるようだが、あと200m延びてどうか?それにT [続きを読む]
  • 【混戦】天皇賞の最強出目/前日確定
  • 天皇賞 4枠(7・8)と5枠(9・10) 前日確定 ※勝負A【両枠軸】投資対象外 仮 キタサン引退により、ナンバー1になるべき6枠11番ジュヴァルグラン3.9が大阪杯で2ケタ着順に終った。これは明らかに負け過ぎで、阪神大賞典勝ちのレインボーライン(菊花賞2着)や上がり馬ガンコ、武豊からの三浦への乗り替ったクリンチャー、GⅡステイヤーズS3連覇のアルバートなどと横一線と見る。・・・《続く》 [続きを読む]