tomokootsuka さん プロフィール

  •  
tomokootsukaさん: ジョン・レノンゆかりの地をめぐる軽井沢の旅
ハンドル名tomokootsuka さん
ブログタイトルジョン・レノンゆかりの地をめぐる軽井沢の旅
ブログURLhttps://tomokootsuka.muragon.com/
サイト紹介文1977年から79年夏のジョン・レノン軽井沢の足跡をめぐった娘と二人旅の旅行記です。
自由文1971年11歳の時にテレビで映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」を観てからビートルズに夢中になりました。それとほぼ同時になぜかジョン・レノンが大好きになりました。子供の頃の夢は「将来ニューヨークのセントラルパークに行き散歩しているおじいさんになったジョン・レノンに会い、Helloと言ってニッコリすること」でした。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/05/26 14:23

tomokootsuka さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Freshen Up Japan Tour 2018.11.8.ナゴヤドームの私
  • 注意:ポールのコンサートの写真も動画もありません。ただの長文です(笑) 今まで幸運にもアリーナ席で観ることができていました。 今回はスタンド席。 Let It Beで満点の星の一つとなり、ポールからBeautifulと言われる小さな星の一個にもなれず(スマホを操作できなかった。もたついてLet It Beの前半見れず(泣)) でも、ナゴヤドームの箱の中にいれたこと、とっても幸せでした!!!! 私に [続きを読む]
  • ポール・マッカートニーとミソスープと日本公演
  • ポール・マッカートニーが今日本にいる。 東京にいて、昨日リハーサルして、今日初日。 体調も良さそう。 今日、どうかポールが体調崩さないで歌えますようにとみんな心の片隅で思っていることだろう。 1975年、私が中学生の時、ポールは日本公演を行うはずだった。訪日直前になって法務省によりマッカートニー夫妻の薬物犯罪歴でビザが取り消され、公演は中止となる。 1980年、ポールは日本公演を行うはずだった。今 [続きを読む]
  • オノ・ヨーコさんがすごいなって思う時
  • オノ・ヨーコさんがすごいなって思う時がある。 私はきわめて凡人であり、The 庶民であるから、ヨーコさんの芸術的なことは全く理解できないし、ヨーコさんの音楽もまともに聞けない。 ジョン・レノンが好きなのにヨーコさんの芸術性を理解できないなんてジョンファンとして失格である。 しかし、ヨーコさんがいるから、ヨーコさんが今でもメディアに顔を出してくれるから、それも体調が悪い時でもヨーコさんらしい服を着て [続きを読む]
  • 日本に来てくれる76歳のポールに会いに行くんだ!
  • 「Maybe I'm amazed」が歌えてないことがちょっとさびしくなっても そう、久しぶりに実家に帰省した時に両親の背中が小さく見える時、さびしくなるみたいに でも、ポールが日本に来て、一緒に楽しもうよって言ってくれるんだから、会いに行かなくちゃって思う。 ナゴヤドームのチケットを買った。格安航空券(福岡⇔名古屋往復)14800円とカプセルホテル3000円も予約した。 とにかく行く。泊まれれば [続きを読む]
  • ニューヨークに行った気がしないんだよね
  • 今日の福岡は寒かった。明日は最高気温が2度らしい。でもニューヨークはもっと寒いんだ・・ 「ニューヨーク 気温」で検索して、華氏の表示を摂氏になおしてみる。 最高気温が−4度最低気温が−16度・・・寒すぎる。 半年前のニューヨークのある映像が生々しく鮮明に私の頭の中で悲しく流れる。 ニューヨーク公立図書館(私の好きなオードリー・ヘップバーン主演でニューヨークを舞台とした映画「ティファニーで朝食を」の [続きを読む]
  • ネット上のジョン・レノンの嘘の写真や音源、そして・・
  • 1980年12月9日午後に日本にジョン・レノンの訃報が届きました。私は仕事中で9日は忘年会があり、深夜に帰宅しテレビもラジオも聞かないまま就寝、翌日10日早朝に新聞もテレビも見ずに出勤、(この時両親は知っていたはずなのですがジョン大好きの私に伝えることができなかったのでしょう)そして職場で先輩の一言でジョンが撃たれたことを知ることになりました。 私がジョンの死を知った12月10日は私の中でのジョン [続きを読む]
  • ハッピー・クリスマス ジョン&ヨーコ
  • 今日、ふと思い出した。 確か1972年にこのシングルレコードを買ってから、毎年クリスマス時期に一人でこのレコード聴いていたなって。 それでいつかこの曲がクリスマスソングの定番みたいになったらいいなって思っていたんだって。 ヘッドホンで聴くと、最初のささやく声が聞こえるからヘッドホンで聴いた。 「ハッピー・クリスマス、キョーコ ハッピークリスマス ジョニー」って聞こえてた。 (本当はジョニーじゃなく [続きを読む]
  • 10月9日のこと
  • 10月9日はジョン・レノンの誕生日だ。 そして、私の父の命日でもある。今年は父の七回忌だった。 昨晩から今朝にかけて、一羽の鳩が私の寝室のベランダの室外機の上にじっと動かないでいたのだが、もしかすると父が鳩になって私に会いに来たのかもしれないと思った。 この写真は1995年アンソロジーの時にポールとジョージとリンゴが再結集して、「フリー・アズ・ザ・バード」のレコーディングの頃、ポールの家の庭でポー [続きを読む]
  • ポール・マッカートニーが天才だって思う時
  • ポール・マッカートニーのことは誰でも天才だって思っていると思うけど、すごく身近に「うわぁ、ポールってやっぱすごいよ。」と思う時がある。 バッハの曲が300年経っても世界中で演奏され、愛されているようにビートルズの曲も300年後も演奏され愛されていると思う。もちろんそのことだけでも天才というに十分だ。「Yesterday」はクラシック風にもジャズ風にもアレンジされ、多くの音楽家がカバーしている。 1 [続きを読む]
  • ニューヨーク旅行記ーダコタハウス 2017.6.14.
  • 2017年6月11日から18日、6泊8日でニューヨークに行ってきました。 夫の退職の機会を利用して、再就職までの20日間の休暇を利用して、夫と二人ニューヨーク旅でした。 ニューヨーク旅行定番の自由の女神、エンパイア・ステートビル、トップ・オブ・ザ・ロック、メトロポリタン美術館、5番街、などの他にもちろん、ジョン・レノンが住んでいたダコタハウスやイマジンの記念碑のあるセントラルパークのストロベリー・ [続きを読む]
  • 1980年12月のこと
  • 1980年12月を思い出そうとすると、博多駅のホームに立って電車を待つ自分の姿をまず思い出す。 駅のホームの売店に並べられた、ジョン・レノンの表紙の週刊誌を恨めしそうに睨んだ私がいる。 真っ暗な博多駅のホームに立って、しばらく睨みつけたけどジョン・レノンの表紙の週刊誌をやっぱり買った。 20歳の私、当時着ていた白いコートの襟をたてて、冷たい風が吹くたびに、当時使っていたKOSE化粧品のファンデーシ [続きを読む]
  • 過去の記事 …