華子 さん プロフィール

  •  
華子さん: Wonderful Days
ハンドル名華子 さん
ブログタイトルWonderful Days
ブログURLhttp://hanako0525.blog.fc2.com/
サイト紹介文自由気ままに気負わずに生きることを夢見ながら、日々のことや趣味のことを綴っています。
自由文日本の片隅で、小さな幸せを探しながら生きています。趣味は手芸とお菓子作りと読書。好きなことを思いつくままに綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 306日(平均1.7回/週) - 参加 2016/05/27 21:13

華子 さんのブログ記事

  • もうすぐ夏休み。
  • 明日働いたら夏休み。いつも通り帰省の予定も、旅行の予定もありません。客観的に見て可哀想ですね。でも私は、今からわくわくが止まらない。何しよう。自分の好きなこと、好きなだけできる。まずは、キッチンの扉に壁紙貼って、雰囲気変えたいな、とか思ってます。今の真っ白に飽きてきた。去年はテーブル作ったんだったかな。結構大変だったけど、お気に入りのものができました。こういうときでないと、なかなか部屋の模様替えで [続きを読む]
  • フットマッサージを頑張りたい。
  • 夏になると、にわかに気になるかかと。サンダルから見えるかかとが、ガサガサのごわごわのしわしわだったら、かなり悲しい。しかし、今の私のかかとはそんな状態。私の理想的な夜の過ごし方は、湯船に浸かってから、ほかほかになった状態で、美顔器で顔のお手入れとフットマッサージをすること。これができた日は、満足して寝ることができます。だが、現実は厳しい。実際はシャワーだし、化粧水すらつけずに寝てしまう日々。美意識 [続きを読む]
  • はじめてのニットソーイング③〜裁断〜
  • はじめてのニットソーイングシリーズ。忘れたわけではありません。しつこく続いていました。今日はニット地の裁断について。ニット地は伸ばしてはいけないので、ロータリーカッターが必須のようです。たしかにハサミだと難しそう。でも、「ちょっとよそ行き」にはハサミによる裁断方法のコツも書いてあって、非常にためになります。あと、裁ち方がわ裁ちしないということ。これは前にも書きました。これが結構面倒かなと。まぁ、ニ [続きを読む]
  • 小心を克服したい。
  • 私は非常に臆病で小心者。勇気がない、というか。失敗したくないとか、危ない目に遭いたくないとか、何かを失いたくないとか、恥をかきたくないとか、そんな思いが強いです。そういう性格のおかげで、平凡な人生を送ってこれたけど、最近これじゃだめかも、と思うようになりました。きっかけなどは特にないのだけど。気持ちの変化でしょうか。リスクをとらないと、というか行動しないと、世界は広がらないし、変わらない。そう思う [続きを読む]
  • 作る楽しみはあっても、着る楽しみがないかも。
  • ついに8月ですね。夏物色々作りたかったけど、もう間に合いそうにないかも。とりあえず、次もニットの服を作ろうと思って、パターンは引きました。参考にしたのは、レディブック。でも、なんかいまいち。今回のニット生地も無地。薄いグレーみたいな色です。それでデザインに凝ってないので、なんかただの無地のTシャツ。作る意味あるのか、と自問自答。そもそもトップスって、なんか地味というかシンプルというか。こんなのとか [続きを読む]
  • 優先順位をつけなければ。
  • 土日はお出掛けし、家のことが何もできませんでした。服作りができないことよりも、何よりも苦痛なのは、家の中が荒れること。この1週間色々生活が乱れ、資源ごみを出せず、掃除もできず、つくおきもできず、洗濯物も溜まってしまい。これは台風のせいと言い訳してみたり。一度生活リズムが狂うと、なんだかやる気も低下して、どうでもよくなってしまう。そして家に帰りたくなくなる。水回りはピカピカでないと気分が悪いし、ペッ [続きを読む]
  • はじめてのニットソーイング②〜生地〜
  • 一番悩んだのが生地選び。実はニット地って何なのか、未だにわからない。ストレッチとどう違うのかなぁ。「布はく」という言葉も、今回初めて知りました。本では「ポンチニット」が推奨されてました。でもネットだと「天竺」とかちゃんと書いてあるけど、お店では「ポリ50%」とかそんなのしか書いてない。私が今回使用した生地の種類がなんなのか、よくわかりません。伸びるし、適度な厚みがあるから、いいかなと思ってこれにしま [続きを読む]
  • はじめてのニットソーイング①〜型紙を写す〜
  • 先日完成したプルオーバー。作る前は、余裕で1日でできると、高を括っていました。しかし、早々に、その認識が誤りであることに気づきました。いつものように作ってはいけない。ニットソーイング特有の方法みたいなものがある。たぶん。当然生地が伸びるわけなので、布はくと同じというわけにはいきませんよね。それに気づいたのは、型紙を写すとき。みなさんそうだと思うのですが、型紙は半身しか写しません。なので、通常通り前 [続きを読む]
  • 汗滴る洋裁部屋で。
  • 最近、ご飯が食べられません。完全に夏バテ。アイスばかり食べています。そんなんだから余計にバテる。これでは夏を乗り切れない、と危機感は感じているのですが、打つ手なし。涼しくなるのを待つしかないのか。いつなんだ、それは。私の洋裁部屋にはクーラーがなく、足を踏み入れるのも危険な状態。それでも服作りを試みましたが、汗が滴り落ちてきます。アイロンを使うなど自殺行為。しかし、服作りはしたい。ということで、心頭 [続きを読む]
  • 裾フリルのタイトスカート完成しました。
  • 暑くてファスナー付けも裏地もしたくなかったのに、なぜかやる気が湧いてきて、一気に仕上がりました。久々のコンシールだし、裏地・ポケットありだし、なかなか苦労しました。何より柄合わせが。小さいギンガムチェックなので、柄合わせするつもりはなかったのですが、縫い始めると気になる。無理やり柄合わせして、色々なところに歪みが生じて、何度も縫いなおし。疲れた。でも、結構お気に入りです。ギャザーでないフリルがいい [続きを読む]
  • 中野ユカリ「ちょっとよそ行き」から作ります。
  • 暑い。暑すぎる。昨日は用事があってお出かけしたのですが、溶けてしまいそうでした。暑すぎて、難しい服は作りたくない。ファスナーつけなんかしたくない。そんな気持ち。涼しい服が作りたい。裏地付きの服なんか作りたくない。そんな心境。お出かけのついでに、本屋さんで洋裁本を物色しました。目についたのがこの本。「早ラクソーイング」とは素晴らしい。たぶんニットソーイングの本なのですが、私ずっとカットソーとかTシャ [続きを読む]
  • 3連休で1着仕上げたい。
  • 現在制作中のタイトスカート。あとちょっとでできそう。たぶん。意外と裾のフリルに手間取り、ちょっと面倒になってきた。簡単にできると思ったんだけど。せっかくの3連休なので、もう1着ぐらい仕上げたいなぁと色々考えてはみたものの。なんだかピンとこない。本当はワンピース作ろうと思ってたのですが、なんか今の気分じゃない。それで、簡単なトップスはどうかなと。カフスがリボンみたいなの、一回作ってみたかった。写真は [続きを読む]
  • 打ち込めるものがないという心理。
  • 先日ハンドメイドのイベントに一緒に行ってくれた友人。友人はかなりの仕事人間で、仕事が趣味の人。趣味の時間とか無駄だし、たぶん私のことも暇人だと思ってる。それでもイベントの熱量には驚いていて、「打ち込めるものがあるっていいね」と珍しく感傷的なことを言っていました。本人曰く「楽しいと思えるものがない」とのことですが、そんなことないと思う。たぶん忙しすぎて考える余裕がないか、もしくは深層心理で趣味は無駄 [続きを読む]
  • 下着が透ける問題。
  • 夏になると、いつも悩むこの問題。今日は自分大丈夫かな、とちょっと心配になりました。今朝の電車の中で、私の前に背を向けて立っていたお姉さん。白いシャツを着用していましたが、キャミとブラの肩紐が透けていました。別に白シャツで透けるのは致し方ない、と諦めるしかない。問題はそのキャミの肩紐が伸びていたこと。たぶんかなり着古している。ぴしっと体にフィットしたキャミだったら良いのだけど、だるだる、といったら言 [続きを読む]
  • 巻きロックといふものをしてみむとて。
  • 私はニットソーイングができないので、ロックミシンを端かがりでしか使ったことがありません。巻きロックなる手法があることは知っていたのですが、今までしたことはありませんでした。そもそもどういう時に使うのか、わからなかったし。今回フリルの裾が巻きロックということで、初めてしてみました。説明書どおりの設定をして、滞りなくできたのだと思います。しかし。これは正しいのだろうか。なんだか目が粗いような気がします [続きを読む]
  • 洋裁友達が欲しい。
  • イベントに行って思ったこと、他にもありました。ハンドメイドに興味がある友人が欲しいなぁということ。一緒に行った友人は、ハンドメイドに興味がないので、今回付き合ってもらった形です。別に嫌がられてはないけれど、それほど積極的でもないし、そもそも興味がない。なので、ハンドメイド感漂う商品は素通りで、アクセサリーとか食べ物のブースに長居する感じです。感想も「これ手作りってすごいね」とか「高いね」とか「垢抜 [続きを読む]
  • はじめてのハンドメイドのイベント。
  • 先日、ハンドメイドのイベントに行ってきました。イベントといっても小さなものです。私はハンドメイド販売会に興味がなく、今回初めて行ってみました。一緒に行った友人もハンドメイドなどまったくしない人で、当然初めて。感想としては、ハンドメイドする人って多いんだなぁという印象です。椅子とか盆栽みたいなのとか陶芸作品とかこれも手作りなんだ、というようなものもたくさんありました。お客さんもたくさんいて、すごく賑 [続きを読む]
  • ギンガムチェックのスカート作ってます。
  • ずっと作るつもりだった裾フリルのタイトスカート。生地がなくて、先にブラウスを作っていましたが、その間に生地を買っていました。型紙はできていたので、裁断まで終わっています。これはどこの部分か、というと、後ろ身頃と裾フリル。後ろのベンツはカーブになって、ベンツの部分にもフリルがある模様。フリルもこんな形に。たぶん合っていると思う。実は製図しているときからよくわからなかったのですよね。写真だと前しかない [続きを読む]
  • 自分が作った服を客観視するには。
  • 先日完成したブラウス。可愛くできているのか、おばさんくさいのか、未だに判断できません。自分が作った服を、正当に評価するというのは、かなり難しいと思いました。当然自分の趣味嗜好というものがあり、その主観的な価値観が邪魔をしてしまいます。そこから抜け出せない、というべきか。そんなに固く考える必要はないだろうと、思われるかもしれませんが、単に「可愛い」「可愛くない」「気に入った」「気に入らない」で終わら [続きを読む]
  • ブルーローズのブラウス完成しました。
  • ぶつぶつ文句を言っていたブルローズのブラウス。完成しました。こんな感じです。出来上がってみると、意外と可愛いような気がする。気がするだけかもしれない。ボタンホールもボタン付けも久しぶりすぎてまごまごしました。シャツワンピは作っても、シャツを作ることはあまりなかったので、なんか新鮮。こういうゆったり系は今までにないチャレンジ作のつもり。このブラウスで一番気に入っているのは、この首周り。このチビ衿と首 [続きを読む]
  • 初心忘るべからず。
  • なんとなく、考えました。ブログを始めた頃の気持ち。そもそもこのブログは自分の日常を記録するためにはじめたもの。服作りの記録ではなかった。2年前、素敵なブログを見つけ、こういう雰囲気のこういう文章が書きたいなと思って、私もはじめてみたわけです。はじめたころは、毎日更新して、どうでもいいことを書いていたけれど、全部削除して、もう一回仕切り直し、今に至ります。削除したのは、つまらないかなと。他人の日常と [続きを読む]
  • ブラウスのディテール。
  • 後ろの首周り。ギャザーが綺麗にできました。やっぱり易きに流れてはいけませんね。ちゃんとしつけして、アイロンでつぶして、目打ちで慎重に縫わないと。苦手なギャザーが終わって、山超えた感じ。この後は順調に縫い進めました。台えりなんて作るの、いつぶりだろう。久しぶりながら結構綺麗にできました。工程も忘れてないし。台えりを作るのが好きで、一時期台えりがついた服ばかり作ってたなぁ。そういえば。台えりの作り方覚 [続きを読む]
  • ギャザーがうまくできない。
  • これはひどい。ひどい有り様。写真は後ろ衿の部分ですが、ギャザーというよりタック。私はギャザーを寄せるのがかなり苦手です。ギャザーはなるべく避けるスタンス。可愛いとは思うんだけれど、その工程を考えると憂鬱になる。なんでみんなあんなに綺麗にギャザー寄せられるんだろう。たぶんしつけしたり、アイロンでつぶしたり、目打ちを使ったり、色々コツはあるんだろうけど、毎回待ち針だけでやってしまう。そんな面倒なことし [続きを読む]
  • 盛り上がる洋裁熱と反比例して。
  • 未だかつてないほど盛り上がる洋裁熱。久々にやる気がみなぎっています。しかし、高まるテンションとは裏腹に、製作中のブラウスの出来栄えに、気分は下降気味。製図の段階で、マントのような大きさに不安を隠せませんでした。裁断の段階でも、まだよくわからなかったけれど、ここまで組み立ててみて、不安的中。割烹着というか幼稚園児のスモッグというか。一応服には見えるけれど、ダブつき感がどうにも我慢ならない。衿がついて [続きを読む]