なつ さん プロフィール

  •  
なつさん: あんねてのきもの日記
ハンドル名なつ さん
ブログタイトルあんねてのきもの日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/natu-ete/
サイト紹介文きものに関するさまざまを綴ります。月に7〜8回はきものを着て外出、近所の方に着付けを教えています。
自由文リサイクルなどのきものも上手に利用して楽しんでいます。散歩しながらお花を見て歩くのも好きで、きものを着ていても首からカメラをぶら下げて近所を歩いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供337回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2016/05/29 10:25

なつ さんのブログ記事

  • アンサンブルの羽織をゴミに出した話
  •  今のようにきものを着るきっかけになったのは、叔母から貰った大島のアンサンブルから。もう四半世紀も前の話だ。  私が京都市内に住んだ足かけ4年間、一乗寺に住んでいたこの独身の叔母が私の避難場所だった。50歳過ぎてから結婚し大阪に行ってしまったが、この叔母からたくさんのきものを貰った。おそらく私のきものの三分の一は叔母から貰ったものである。 右の友人が着て [続きを読む]
  • やっぱり新鮮なコーデがいい♪
  •  来週は、火曜日鎌倉、木曜日都内、金曜日ご近所と3回きものを着る予定。今日の横浜はぐずついているが、とりあえず火曜の鎌倉は晴れるようだ。  帯を留める「飛行機」が届いたので付け帯を試してみればいいのだが、一回試したコーデは何だか食指が動かない。自分にとっての話だが、やっぱり新鮮なコーデがよい 。  先月、春らしい色のきれいなブルーの小紋に合わせて買った抽象柄の帯(見方によっ [続きを読む]
  • 帯を留める器具は飛行機orトンボ?
  •  何人かのブロガーさんたちのお蔭で「帯揚げ止め」なるものを知って、これを使えば苦労せずに付け帯が結べると喜んだ。(その話は、こちら)       結ぶのに苦労していた付け帯たち  少し時間の余裕ができたので、今日はネットで「帯揚げ止め」なるものを注文することにした。  ところが、いつも小物類を頼むネットショップで「帯揚げ止め」と検索し [続きを読む]
  • 自分で買い直した婚約指輪
  •  先週の葬儀では嵌めにくかった、装飾をほどこした真珠の指輪。実はこれは婚約指輪に似せて私が買ったものだ。  本物の婚約指輪は駅のトイレに置き忘れて、誰かに持って行かれてしまった。ハンカチに包んで洗面所の棚に置いて手を洗い、忘れて出てきてしまった。2,3分後に気がついて取りに戻った時にはもう影も形もなかった。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。  もちろん、 [続きを読む]
  • 女友達からもらったルビーの指輪
  •  もう20年ほど昔、地方に住む同じ歳の友人が泊まりに来た。素敵なルビーのネックレスをしていたので、うっかり褒めてしまった(;^_^A  彼女「これ、1300万円したの」はぁ〜(ノ゚ο゚)ノ  お揃いのイヤリングもしていて、「こっちは、両耳で600万円」はぁ〜(ノ゚ο゚)ノ   彼女は20代から株をやっていて〈株御殿〉を建てたという豪傑。そんな高価なもの、うちでなくさないでね、とか言 [続きを読む]
  • 帯揚げで裾を縛って、雨の中を帰宅
  •  国立劇場へ縫い紋の色無地を着て歌舞伎を観に行った。先日のGINZA SIXの観世能楽堂で皆さんドレッシーな装いだったのに私だけ紬で場違いな感じだったので今日は私もドレッシーに黒の袋帯で。  夕方から雨との天気予報だったので、アップルコートを着て折りたたみ傘を持って出た。雨の予報の場合はいつも仮紐、襟留めクリップ、替え足袋を持参するが、昼間晴れていたの [続きを読む]
  • 喪服の上に羽織るものは?
  •  そろそろ羽織やコートも必要かなあと思って出すついでに、喪服の帯締めや帯揚げも確認してみた。ところで、黒の和装コートは持っていないのだが、真冬だったらやはり無いと困る。  先日のお葬式では、喪主である先生は和服の上着なしで帰りのタクシーに乗られた。和服を着ていた若い友人は帰りは紋付きの黒い羽織を着ていた。喪服とお揃いなのだろう。  会場を出てからなら、この茄子紺のアップルコートで許 [続きを読む]
  • 鹿の袋帯はまさかの芯無しだった
  •  リサイクル屋で鹿の模様に惹かれてお遊びで買った袋帯、月曜日に歌舞伎に締めていこうと出してみたら、まさかの芯無しだった((((((ノ゚?゚)ノ             買うとき柔らかいとは思ったが、薄い芯が入っているのだろうと思っていた。あまりに薄いのでかがってある糸を少しほどいてみたら全く芯が無かった(ノ_-。)  仕方がないので軌道修正。黒地の袋帯を2本出してみた。夜なので暗い写真しか撮れなかったが、この鱗文様は [続きを読む]
  • 黄土色の小紋に葛の帯でご近所へ♪
  •  久しぶりにきものを着て近所の短歌教室へ。黄土色の小紋に塩瀬の葛の帯。  昨日の告別式の帰りは午後9時頃になったのでアンサンブルの洋服にパシュミナのストールだけではけっこう寒かった。でも今日はいいお天気で、袷のきものの下は、まだ紋紗のエコ長襦袢。帯締め、帯揚げは前回と同じではつまらないので変えた。帯揚げは淡い黄色と白に染め分けた綸子地に紅葉を染めたもの。帯締めは、白に見える [続きを読む]
  • 喪服その2
  •  今日は、昨日に引き続き短歌の先生の告別式。  喪主の歌人の馬場あき子先生はもちろん今日も正式な喪服。他に和服の喪服の方は2人。私は昨日も今日も洋服だった。  こんなに急じゃなかったら、きものを着たのにとちょっと残念。まあ、お葬式というのはたいてい急なものなのだが、遠い将来のお通夜には、先生は早稲田出身なので、一つ紋を入れてある稲穂の江戸小紋を着ようかなあと考えていた。                [続きを読む]
  • 喪服
  •  京都の実家の母が緊急入院したというので帰省したため、3日ほどブログが書けなかった。  帰省していたら短歌の師の訃報が入った。歌人の岩田正氏。93歳。母は何とか落ち着いたので、今日のお通夜に合わせて横浜に戻ってきた。午後帰宅して、着替えて夕方からのお通夜に参列した。  喪主は歌人の馬場あき子先生。先生は正式な紋付きも喪服をお召しであった。もともと家族葬ということで [続きを読む]
  • ワケありの白大島とは
  •  鎌倉へ紅葉の付け帯で行くには、きものは昨日の結城よりも白大島の方が光沢があって合うのだが、着られなかったワケは……実は先週着て脇の縫い目が綻びてしまったから。  この白大島は、短歌の師匠の馬場あき子が「これはいい白大島だねえ、私も似たの持ってるよ、ちょっと裾回しの色見せてよ」と褒めて興味を持ってくれたきもの。(裾回しはブルーとグリーンの中間のような濃い色のぼかし)この師匠「きもの [続きを読む]
  • 帯揚げ止めは優れもの♪付け帯で鎌倉へ
  •  大学時代から自分できものを着ていたが、ついぞ「帯揚げ止め」というものを使ったことがなかった。しかし、母が持っていたので目にはしていたし、帯を留める道具だということも知っていた。  ところが、「想ひいろいろ」のべにおさんの付け帯の締め方にこの「帯揚げ止め」が出てきた。付け帯を結ぶのに苦労していたので、その記事に飛びついて、友人から「帯揚げ止め」なるものを借りてきた。  ラク〜(ノ´ [続きを読む]
  • 11月のきもの着用予定&明日の鎌倉きもの♪
  •  10月のきもの着用予定は11回で、台風接近で大雨の15日(日)を除いて、10回着た。内訳は、能楽鑑賞が2回、観月歌会が1回、短歌の講演会が1回、着付けサークルが1回、残りは一応私が教えている短歌会。  さて、来月の予定は9回だが(いつものカレンダーが見つからないので、今回は大きな壁掛けカレンダー)、全回着られるかな。中に歌舞伎が1回ある。  ところで、明日の鎌倉だが、PCトッ [続きを読む]
  • ベージュの小紋に葛の染め帯で着付けサークルへ ♪
  •  まだ風邪が本復しなくて、今頃の時間になると背中の辺りがゾクゾクしてくる。  昨日の着付けサークルで、生徒さんの次に私の着たものも書く予定だったが、体が熱くてだるいので、生徒さんだけで終わってしまった。  そこで、私。先日リサイクル屋さんで買った葛の染め帯をご披露したくて締めてみた。 帯地は塩瀬だが、輪郭や葉脈など線描きの部分は全て細い金彩なので、本当はもう少し [続きを読む]
  • 着付けサークルの生徒さん&ポケモンの聖地?
  •  着付けサークルに来てちょうど1年(月1回3時間)という生徒さんの着姿。この方、今まででいちばんうまく着られた。帯は、近くのリサイクル屋に一緒に出掛けた時買われたもの。                                  今日はきものを着ると時も、外を出歩いても全く汗をかかず、気持ちがよかった。  なのに〜(ノ◇≦。) 風邪がまだ治りきっていなかったらしく、サークルの後またぞろ熱が。やむ [続きを読む]
  • 二部式帯、先が尖っているのも巻き込めばいいのかな?
  •  四苦八苦しながら二部式帯と格闘していた私の救世主のように、「思ひいろいろ」のべにおさんが付け帯の締め方をブログに書いてくださった。嬉しーいヾ(@°▽°@)ノ  でも、私の着け帯は尖っていたり、出っ張りがあったり、横に何か縫いつけてあったり。それで四苦八苦して、以前にも何度か書いた。(たとえば、付け帯は3本あるのだが)  今までの方法。胴に巻いてから、三角部分を [続きを読む]
  • 歌舞伎に行く妄想コーデ ♪
  •  昨夜から熱が出てダウン。今日は一日寝ていた(w_−;  来月、歌舞伎に行く妄想コーデ。  去年のこの時期、色無地にアオバトの袋帯だったので、今回は鹿のいる袋帯にしようかな。           冒頭の写真ではきものはよく写っていないが、下のもの。               下は、去年の国立劇場で          なつです。いつもご訪問 [続きを読む]
  • お祖母様の形見の帯留め、白大島に紅葉の帯
  •  昨日のブログに載せた結城のきものの友人が、「もっと帯や帯留めについて聞いておけばよかった」と書いたのを読んで帯留めのことを教えてくれた。  数年前に100歳で亡くなられたお祖母様の形見だそうだ。多分80年位前の、セルロイドだと思います、とのこと。 お祖母様が幸せだった時代の宝物のような形見を身につけるのは嬉しいそうだ。こころがほっとするお話で、聞いたこちらも楽しい。 [続きを読む]
  • 結城紬、友人の素敵な着姿♪
  •  ボランティアをしているカフェで、短歌のミニ講演会を開いた。その時、参加してくれた友人。  とてもきれにに着付けていらっしゃるので、お願いして写真を撮らせてもらった。シャンソンの歌手でとても美しい方なので、お顔を出さないのがもったいない。胸元などほんとうに美しい着付けで、こんどコツを教えて貰おうっと(*^▽^*)  ポーズも慣れていらっしゃるから素敵 [続きを読む]
  • なぜきものを着ているのと外国の方に聞かれて、能楽堂
  •  今日はGINZASIXにある観世能楽堂へ「経正」を観に行った。  途中、電車のホームで西洋の40代くらいとおぼしき男性に「なぜきものを着ているのですか?」といきなり声を掛けられた。相手が日本語だったので私も日本語で「お能を観に行くので」と答えると「お能って何ですか?」と言う。えっと一瞬つまったが「仮面を付けて舞う音楽劇です」と答えた。そこで電車が来たので私は乗り込み、そ [続きを読む]
  • どんな帯も受け止めると思っていたポリきものだが……
  •  赤紫の名古屋帯は強烈で、色が衝突して黒のポリきものにはダメだった。  黄八丈風つむぎに合う黒の帯を探しにリサイクル屋に行ったのに、この赤紫はずいぶん違った色だった。(写真では、全く色の感じがうまく出ていない)(リサイクル屋の買い物の記事は、こちら)                              ところで、勝手にマーブル小紋と呼んでいるこのきものは、全体は蝋叩きのような模様で、ボカシの [続きを読む]
  • 葡萄文様の結城紬に紅葉の帯留めでお出かけ ♪
  •  買ったばかりの名古屋帯で出掛けるつもりで、昨夜考えたコーデ。帯地は塩瀬で、いろは赤紫。pocoriさんから、意匠は葛に見えますというコメントをいただいた。pocoriさん、ありがとうございますo(^▽^)o  なるほど、葛を図案化したもののようだ。金彩の線がとても繊細で美しい。きものは、あまり出番がない小花小紋。  しかし、朝になったら気が変わって(よく気が変わる)、葡萄文様の結城紬に [続きを読む]
  • リサイクル屋できものと帯、4点のお買い物♪
  •  仕事が忙しいので、リサイクル屋のセールには行かないつもりだったが、昨夜すこし仕事がはかどったので、今朝思い立ってでかけてみた。 目標は、先日買った黄八丈風に合う帯と単衣の普段着を見付けること。でも、結果は全く違うものになってしまった( ´(ェ)`)  きものは袷。しつけ付きだったので何となく。本当はもう少し明るいきれいなブルー。  上に乗せている帯も何となくブルーのきものに合 [続きを読む]