ささい助産院 さん プロフィール

  •  
ささい助産院さん: ささい助産院
ハンドル名ささい助産院 さん
ブログタイトルささい助産院
ブログURLhttp://www.mayosasai.net/
サイト紹介文仙台市で活動している助産師です。 母乳のことから体のことまで、お悩みあればどうぞお気軽に?
自由文母乳育児相談、産前産後相談、不妊かもと悩んでいる方、マタニティーから更年期となるお年頃女子など全ての女性の身体と心のメンテナンスを行います。ご希望の内容や日にちはメールで相談してください。
出張専門ですが、場所の提供が難しい方はご相談くださいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/05/29 08:51

ささい助産院 さんのブログ記事

  • 私自身の経験から。
  • 仙台市で出張助産師をしている笹井まよです。 お産はしていませんが妊娠前から産後もずっと、全ての女性のケアを行っています。 行っていますが、まだまだ知られていませんし、ひっそりこっそりやっている感じです。 病院勤務をしている時に、流産となる方、流産とならなくても産まない選択をせざるを得ない方がとても多くいると感じました。 出産後は産後のケアが少しずつ充実しては [続きを読む]
  • 人に触れている時の想い。
  • 子宮インナービューティーセラピーを行う時に私が意識していることは「呼吸」です。 私の呼吸、そしてセラピーを受けられている方の呼吸に意識を向けています。 常日頃呼吸を行っている私たちですが、意識してみると浅い呼吸となっている時ありませんか? むしろ浅い呼吸が当たり前のようになっている時も。 呼吸を意識してみて下さい。 それだけで呼吸を深く行えます [続きを読む]
  • 赤ちゃんの成長が止まってしまった【流産】
  • 妊娠反応が陽性となってもすぐに病院に行ったところで何も見えないことが多いです。 まだ胎嚢という袋もできていないし中の胎児もできていない…でも数週間の間に細胞分裂が進みいつの間にか成長をしています。 この時の成長のスピードったらすごいですね。 でも助成券を使用しての健診は予定日が決まって母子手帳をもらってから。 初期検査をする時期になってからです。 それまでは流れる可能性が全ての [続きを読む]
  • 子宮インナービューティーセラピーとは
  • 私の行う子宮インナービューティーセラピーについて、ブログでもご説明したいと思います。 Sense Of Leela(SOL)のメニューの一つで、以下は大元SOLの内容を引用させて頂きます。 「子宮は骨盤の中で浮いているような状態で、非常に動きやすい臓器です。骨盤の歪みがはげしい場合、子宮に負担がかかり、子宮の内腔も歪んできます。骨盤の底にある骨盤底筋群は、膀胱や尿道、子宮、直腸などのお腹の中 [続きを読む]
  • 赤ちゃんの姿勢とおひなまき。
  • 赤ちゃんの姿をゆったり見たことありますか? 布団を被って眠っている姿ではなく、体のラインを。 赤ちゃんの姿勢を見ると基本手足を曲げています。 足はM字に曲がっていて、背中も丸まっています。 生後すぐは胎児としてお腹の中にいた時の姿勢でいる子が多いです。 手足をキュッと重ねて背中を丸めた状態が多いですね。(逆子ちゃんは足をピーンと伸ばしていたりします) ほとんどの赤 [続きを読む]
  • 赤ちゃんのげっぷ(排気)
  • ショッピングモールなどに行くと授乳室がありますよね。 カーテンなどで区切られて、ゆっくり授乳できる空間。 とても静かな授乳室だったんですが、ふいに「バンバンバンバンバンバンバンバンバン」って結構長く聞こえてきました。 私が「何??」と思うくらい強めの音。 排気をさせようとしていたのかと納得したのですが、ちょっと…強い? ここで皆さんに考えてほしいん [続きを読む]
  • 生理痛はなんでおこる?
  • 子宮ってどこにあるかご存知ですか? 興味ある方や、生理痛のある方はもちろんご存知だと思います。 生理痛の度に自己主張してますからね。 問題なければ毎月生理があるんだけど意外と知らないって方多くいます。 自分の体、もっと知ってほしいですけどね〜。 今はインターネットですぐにイラストや図が見れるのでわかりやすいです。 今一度どこにあるのか知って、自分の" [続きを読む]
  • おっぱいは世界を救う?
  • この人何言ってるの? って思う方も多くいると思います。 私が何故Instagramに授乳の写真をのせ続けているのか、私の胸の内を明かしたいと思います。 正直、はじめは胸が写るのでやや抵抗ありましたし「この人変態?」「胸見せて恥ずかしい」などという批判の声があるかなーと思いつつUPしました。 確かに「恥ずかしくないんですか?」みたいなコメントはあったかと思いますが、 [続きを読む]
  • もっと自由に楽しめばいい
  • 人は初めて何かをしなければならない時、どうしたらいいかわからないのでいろいろと調べます。 もちろん調べずにやってみよー!というタイプの人もいて、そういう人はいろいろと楽しんで、悩んだり壁にぶつかったらその時で対処しています。 初めての出産の後、自宅に帰って環境が違います。 心配で不安でいろいろと調べて、実行して…でもなんだか合ってるのか不安でモンモンと日々を過 [続きを読む]
  • 産まれました
  • 出産は曜日や時間帯で費用が少し変わります。 一番安いのが平日の日中。 平日の日中がいいな〜と言っていたらちゃんと希望通りの時間に出て来てくれました(^^) 安さだけでなく、平日の日中だとスタッフが充実している施設も多く、夜勤中より集中して対応できるので狙い目です。 たまたま助産学生もいて、実習に貢献できて嬉しく思います。やはり病院のハイリスクをかかえている人と、 [続きを読む]
  • 植物のもつ力
  • 人はずっと昔から植物と共に生きてきました。 薬が開発され、薬草を遠い山まで取りに行かなくてもお金を払えばすぐに手に入るようになりました。 特に日本人は薬に頼る生活が当たり前。 世界で見るとたった2%の人口である日本人が、世界で生産されている40%もの薬を使用しているとのこと。 ゾッとしますね。 確かに、便秘や胃腸の不調や筋肉痛ですら薬に頼って他に対処するこ [続きを読む]
  • 助産師ってどんなことしてる?
  • 残念ながら助産師って何をしているのかあんまり知られていないんですよね。 私達が身近だと感じている医師や看護師でさえ分野違えば全然知らないようです。 まぁ、私も分野違う人は具体的に何してるのかわからないですけどね。 助産師と聞けばお産を介助しているイメージが多いと思います。 昔でいうと「産婆」ですね。 江戸時代から職業として一般化はしていましたが法 [続きを読む]
  • ソフロロジー式分娩(エクササイズ)
  • ソフロロジーでは妊娠中からの ○イメージトレーニング ○呼吸法 ○エクササイズ などが大切となってきます。 今回は最後のエクササイズ編です。 エクササイズでは、自分の身体の変化や動きを認識することから始まります。 普段何気なく変化していく身体ですが、購入したCDや本、ソフロロジーのクラスがあれば助産師の誘導で今こんな感じなんだな〜と思える人もいるのではないかと思い [続きを読む]
  • ソフロロジー式分娩(呼吸法②)
  • 次に書こうと思っているエクササイズにも通じるのですが、スムーズにお産を進めるためには身体のメンテナンス、イメージトレーニング、呼吸でのコントロールの全てが大切だと思います。 私自身は最後の呼吸法(自然な腹圧の入れ方)を意識していなかったので、赤ちゃんを押し出す段階でのコントロールが難しかったです… 妊娠中から練習しとけばよかったーと今さら思いました。そうしたらもっと楽しいお産にな [続きを読む]
  • ソフロロジー式分娩(呼吸法①)
  • ソフロロジーでは妊娠中からの ○イメージトレーニング ○呼吸法 ○エクササイズ などが大切となってきます。 今回は呼吸法についてです。 呼吸法はヨガに通じるものがあります。 西洋の方よりも呼吸に関することわざや慣用句が多くある私たち東洋人は少しやりやすい環境にあるようです。 「阿吽の呼吸」「息がきれる」「息をのむ」などなどね。 ヨガでは普段の生活 [続きを読む]
  • 母乳が出すぎるのも大変
  • 入院中、特に産んですぐの頃は母乳が出なくて悩んだりしますが退院の頃あたりから分泌がとても良くなり、「過多」となる方もいます。 いわゆる出すぎている状態です。 よく美味しいものを食べたから詰まるともききますが、根拠はとれていないかと… ただ、母乳は血液でできていますので血液をドロっとさせそうな食べ物を多く摂取すると詰まりの原因となる可能性はあります。体質にもよるし食べ物の相性もある [続きを読む]
  • 子宮とナプキンのお話
  • 子宮とナプキンのお話はいろんな方がいろいろと言っているのであえて言う必要もないかな〜と思いましたが、私なりにお話できればと思います。 田辺製薬さんのステロイド吸収率のデータになりますが、薬剤などの吸収率は皮膚上で異なります。「腕を1とすると頭皮3.5、ひたい6.5、頬13、わき3.6、背中1.7、腕外側0.83、陰部42、足首0.42、足の裏0.14といった割合です。」 このことから、陰部の吸 [続きを読む]
  • 後期のつわり
  • つわりって妊娠初期だけだと思ってた…! なーんて、ある人はあるんですよ後期にも。 初期のようににおいなどでの嘔気というよりは子宮の増大に伴う胃の圧迫や胃液の逆流によるムカムカなどで、ホルモンバランスというよりは身体の変化に伴うものですね。 物理的な問題なので赤ちゃんの位置が下がってきて胃が楽になった感じがすると解放にむかいます。 お産の時の嘔気・嘔吐はまた違って、子宮収 [続きを読む]
  • 初期のつわり
  • つわりって酷い方は本当に辛いです。 においがダメ、見るのもダメ、米はダメだけどパンとか麺は大丈夫、ジュースは飲めるけど水分がダメ、アイスや氷だけ食べれる、など人によって本当に様々。 水分少しずつでも摂れて、固形物もちょこっと食べれていたら体調の良い時に無理せず摂取し続けてほしいですが、何も摂取できず……ということが続くとやはり点滴が必要になってきますね。 外来で点滴のために通院す [続きを読む]
  • 誕生日=出産日
  • 誕生日ってどんな日でしょう? 多くの方は「生まれたことを祝ってもらう日」「年齢を重ねていくことを祝われたい日」ですかね。 母側からしたら「出産した日」になりますね。 子どもを産んでみて初めて母親の偉大さや大変さを知り「感謝する日」に変わる方もいるかと思います。 体験することによって、いろいろと思いが芽生えますよね。 昔は今と違って出産数も多く、プライバシーに配慮されて [続きを読む]
  • 子宮インナービューティーセルフケアエクササイズ
  • 昨日は子宮インナービューティーセルフケアエクササイズでした。 座ると落ち着く赤ちゃんだったのですが、ズレて体勢がぐちゃっとなっています…笑 今回は2組のお母さんと赤ちゃんがいらしてくれました。 途中で授乳になったりと、子なしのゆったり感は少ないですが 子宮を感じて普段行わない動きや呼吸を行うことで日々子育てに追われていながらも自分の時間をもつことができたのではないか [続きを読む]
  • グルグル逆子ちゃん
  • 長女の時は妊娠中期の頃から産院に行くたびに逆子で、自分で職場のエコーを見ると頭位に戻っている…というなんともシャイなのか性格悪いのか親をハラハラさせる子が入ってました。 意地でも助産院で産みたかったので、鍼灸接骨院に定期的に通いました。 晒もしたしトコちゃんベルトもしたし、良いと言われるものはやったような気がします。 走ったり跳ねたり妊婦らしさもなく元気に過ごしており [続きを読む]
  • 子宮のお話
  • ここ数年で子宮というワードを目にすることが増えました。 それに関するビジネスもよく見ます。 まぁそれだけ皆さんの関心があるんでしょう。 子宮に関する疾患も以前に比べて増えています。 増えている…というかガン検診なども定期的に受けるように意識しはじめたので潜在的だったのが顕在化してきたんでしょうね。 女性が自分の子宮を意識し始めるのは、きっと初潮があってからでしょう。 初潮の [続きを読む]
  • 赤ちゃんだって人間ですもの
  • ブログの更新をすっかりしていませんでした。 まだホームページ上の操作に慣れていなくてどうやってスマホから投稿できるかわかってませんでした。 なんとなくわかったので書いていけたらなと思います。 さて、タイトルを見ると「当たり前」と思う方と「そうだった」と目からウロコな人がいるかと思います。 特に新生児期は 飲む 寝る 出す 泣く たまにキョロキョロしている くらいで感 [続きを読む]