盆バカひこさんの新盆栽道楽 さん プロフィール

  •  
盆バカひこさんの新盆栽道楽さん: 盆バカひこさんの新盆栽道楽
ハンドル名盆バカひこさんの新盆栽道楽 さん
ブログタイトル盆バカひこさんの新盆栽道楽
ブログURLhttps://fwnt1093.muragon.com/
サイト紹介文盆バカさんのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供391回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2016/05/29 10:03

盆バカひこさんの新盆栽道楽 さんのブログ記事

  • ちょっと作りにくい実生山モミジ(番号レス)
  • 棚場の中で、実生山モミジなどが群生している地域です。 たまにこの中を覗いたりするんですが・・・ 今日はこんなものを見つけてしまいました。 大きな傷痕があります。 一応、後と思われる方向から。 かなり難しい樹ですが、この辺りの取り木に活路を見出す感じでしょうかねえ。  ↓ ポチボタンでしゅ [続きを読む]
  • 挿し木のニオイカエデ2態
  • もうボロボロの発泡トレーでガンガン伸びている実生の楓。 その脇で・・・ 挿し木のニオイカエデも少しずつ太ってきました。 これは2本が癒着してしまったんじゃないかと思います。 それと・・・ コチラは単独で挿し木しているもの。 今年はそれほどでもありませんが、来期あたりはそこそこ走ってくれるんじゃないかと期待しています。 走れば早いです。  ↓ ポッチンボタン [続きを読む]
  • 杉をちょこっと
  • 杉ですね。 「曲」を好む私としては、真っ直ぐな感じはどうも・・・ 輪郭だけ整えました。 こんなことしかすることなし!  ↓ ポチポチボタン [続きを読む]
  • 根接ぎ中の実生楓 傷は巻くも方向見えず
  • だんだんと忘れてしまうんですが、2016年実生?でしたっけ? もう少し前だったか? いずれにしろ、鉢上げして叩いたものです。 ご覧のとおり、傷はかなり巻いてきています。 赤点の2本は根接ぎしているもの。 だから、植え付け角度はこのままということになります。 ただ、まだなんとも云いにくい感じですか。  ↓ ポッチンボットン [続きを読む]
  • くねったズミ さて、どこに接ぐか?
  • たぶん、市川三郎さんの手になるズミ(もっとも、たぶん海棠なんですけど)です。 でも、一才性のズミを一箇所接いだので、もうズミです。 今年も追加して接ぎたいのですが、細かったり密集していたりで、接ぎにくいことこの上なし。 「接ぎ」って、シッカリ固定する必要がありますが、上手く接ぎ木テープを巻くのって難しいんです。  ↓ ポッチンボタん [続きを読む]
  • 正面の検討 古い山モミジ
  • これも小さいながら・・・ そこそこ古い山モミジです。 頭の・・・ キズ痕は以前の芯でしたが、コケ順が悪いので落としました。 最初から判っていたことですが、この空間がちょっと問題。 そこで・・・ ちょっとひっくり返し(表裏を替え)てみました。 この角度じゃダメですが・・・ 少し右に回して、ここならなんとかイケルんじゃないかと邪心がムクムク・・・ というより、ここなら芯がいい位置なんです。 やってみる [続きを読む]
  • これは完全にダメ
  • この夏に一度水切れさせたオスの梅もどき。 一応生きていますが・・・ 鉢から抜くと、腐った根が見えます。 中も完全に腐って、すごくどぶ臭いです。 これは完全にダメなので廃棄しました。  ↓ プチボタン [続きを読む]
  • ことしも実の着かないつる梅もどきと梅もどき
  • ヤゴが出たりしているつる梅もどきです。 7〜8年前に手に入れた時は実があったハズなんですけどねえ。 まあ、いずれまた実を見るチャンスむ来るでしょう。 それと・・・ この梅もどき31番も・・・ 花は咲きませんでした。 来年は是非満開になって欲しいもの。  ↓ 押したくなくてもポチボタン [続きを読む]
  • 元芽を使って作り直そうとしている真柏
  • かなり葉を透かした真柏です。 間延び感たっぷりだったので、この元芽を使ってやり直しをしようと、葉を減らしていましたが・・・ 待つのに疲れて(冗談です)・・・ 追い込めそうなところは追い込んでしまいました。 別に、なにも慌てる必要はないんですけどね。 しかし、これも当初から比べると別の樹のようです。 そのうち紹介できると思いますが。  ↓ ポチボタンbelow [続きを読む]
  • 昨日掲載の五葉松への最初のチカラワザ(過去記事)
  • 昨日取り上げたこの五葉松。 2015年1月に・・・ 動かないように、ガシッと針金で固定し・・・ このように針金で枝を誘導しておきました。 この時点で、芯はこの矢印のしたにある芽を使うつもりでした。 すべては、ここからスタートしたということになります。 で・・・ 繰り返しになりますが、現在はコレです。 くどい話でした。  ↓ 押す気になったらポチボタン [続きを読む]
  • 五葉松24番の変遷&葉透かし&再整枝
  • 流苑の八角鉢に入れっぱなしの・・・ 五葉松24番です。 コチラは裏側。 でも、3年半前は・・・ こんな状態でした。 立ち上がりだけの面白さから手に入れ、芽の強さだけで作って来ました。 で、今回は・・・ 葉透かしして・・・ 再整枝しました。 と云っても、かけてある銅線を調整したり、アルミ線を追加しただけです。 頭を凄く潰せば、辛うじて10cmが可能ですけどねえ・・・  ↓ポチっとね! [続きを読む]
  • これはザル入りの五葉松
  • 今年手に入れた五葉松です。 このシャリが見所ですかね。 だから、ここには「木固めエース」を浸み込ませてあります。 ザルに入れて、多肥多水(それ程でもありませんけど)で培養中。 今年の芽はチカラついてきましたが、芽数は増えません。 まずは葉透かしして、芽を強くして、来春に向けて芽数を増やしたいです。 目指すは・・・ こんなイメージです。  ↓ ポチポチポッチ [続きを読む]
  • 枝接ぎ根接ぎの準備
  • なんとなく、どーでもいいかなと思っていましたが、寒さキビシイ真冬になってから山モミジの種を拾い集めて実生しました。 もう乾ききっていたので難しいと考えていましたが、蒔いた分は発芽したようです。 太らせたくないので、肥やしは全く、日光もほとんど遮断しています。 根接ぎなど、貫通で接ぐような場合は、太い部分で2.5ミリ程度にしたいんですね。 これは昨年実生した楓です。 密集させて、同じように栄養はあた [続きを読む]
  • 何のための取り木だったの?
  • 実生楓に取り木をかけていました。 様子は良く判らなかったけど・・・ ポットを外してしまいました。 発根は凄く悪いというほどでもありません。 でも・・・ どうしてこんなところで取ったのか? これからどうしたらいいのか・・・ サッパリわかりません。 取り合えず、鉢に上げただけですかね。  ↓ ポチボタンでちゅ [続きを読む]
  • クネリ梅もどき10番にちょいと手を入れる
  • 経緯は置いておくとして、7〜8年くらいは持っている梅もどき10番です。 なんどもなんどもやり直しをしているので、かなり面倒くさくなっています。 動きはあるので、上手く実を留めれば使えると思うんですけどねえ。 で、ハサミとハリガネで整えました。 このままじゃ、使えないうちにお陀仏になっちゃいそうです。  ↓ ポチボタン代行 [続きを読む]
  • 今度は駄鉢からザルへ 黒松30番
  • 2012年3月。 ハッキリと模様が入った黒松30番です。 とても強い芽で、こういうのは作りやすいですね。 それから6年半・・・ なぜか、今はザルに収まっています。 普通、逆ですよね。 ちょっと調子を崩したことが原因ですが、芽切りした部分はちゃんと芽が吹いているので、なんとかしたいところです。  ↓ 盆栽ぽっちりボタン [続きを読む]
  • ローヤ柿(オス)への枝接ぎと上皇の薫陶
  • メスだと思って作っていたら、なんとオスだったローヤ柿です。 よく曲げていたんですけどねえ。 昨年にトライした枝接ぎの痕跡が2箇所見えますね。 これは失敗だった訳ですが、やり方が不味かったというより、棚場に侵入したネコに引っ掛けられて動いてしまったことが原因だったと考えています。(言い訳です) で、懲りずにこの・・・ すごく小さい実のローヤ柿(ほちょ沼さんの所有)から挿し穂を頂き・・・ チャック袋が [続きを読む]
  • 苔聖園もののキンズのA→Hくらい?
  • 今年の春のバスツアーで貰ってきた、静岡の名門盆栽園「苔聖園」のキンズです。 これはその時のままの様子ですが、葉色も芳しくないし、このコケの中も気になったので・・・ 植え替えも兼ねて、走り根も捌きました。 植え付け角度も変えて、これで勝負ということでした。 その後、プチっと芽が出てきて、「イケル!」と思ったら、その後またダンマリを決め込んでいました。 でも・・・ やっと、また動き始めてきたところです [続きを読む]