鉄道 さん プロフィール

  •  
鉄道さん: 快速広行きのブログ
ハンドル名鉄道 さん
ブログタイトル快速広行きのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kaisoku227hiro
サイト紹介文主に、九州・広島地区について紹介しています。 また、乗車記・旅行記・撮影記も書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2016/05/29 11:47

鉄道 さんのブログ記事

  • ドアが開いたまま1メートル?
  • 東海道本線のさくら夙川駅でドアが開いたまま1メートル列車が動くという事故が発生しました。運転士のブレーキ操作が不適切であったため、列車が1メートル動いてしまったようです。このため乗客の一人が足を捻挫してしまったとの報告が上がっているようです。列車が流転なんてめったに聞かないのですが実際に起こるんですね。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • おおさか東線の運行形態が発表されました
  • 来年3月に新しく開業するおおさか東線の北部区間(放出〜新大阪)ですが、この区間の運行形態が発表されました。まずは、普通列車です。各駅に停車します。次に直通快速です。現在は尼崎〜東西線〜放出〜おおさか東線〜久宝寺〜奈良と運転されていますが、おおさか東線全線開業後は新大阪〜おおさか東線〜久宝寺〜奈良と経路が変更されます。停車駅は新大阪・放出・高井田中央・河内永和・久宝寺〜各駅となります。現在は停車しない [続きを読む]
  • 呉線の復旧日時決定
  • 7月豪雨で不通となっていた呉線の全線復旧日が発表されました12月15日です。当初は来年の1月と発表されましたがJR西日本の復旧作業のお陰で12月15日に復旧することが発表されました。なお、芸備線の一部区間や福塩線の再開日も12月20日・13日と発表されており、12月20日に芸備線の備後庄原〜備後落合間が再開されると、残る見合わせ区間は2019年秋ごろの三次〜狩留家間のみとなります。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • 227系に特殊装飾を実施
  • 今季限りで引退を発表した広島東洋カープ新井選手ですが、この選手に感謝の気持ちを込めて広島支社では227系を新井選手仕様にして運行することを発表しました。本日11月9日より、車内全ての広告枠のポスターを感謝のメッセージに変更して運行されます。また、快速運用以外の際には行先幕がカープ坊やになるようです。11月下旬までの限定とのことなので早めの記録が大切ですね。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • 今年もありました直方公開
  • 先週の日曜日に筑豊篠栗鉄道部直方車両センターの一般公開が行われました。非常にこじんまりしたイベントですが、819系やキハ66の展示、ステージイベントなど例年同様のイベントが行われました。恒例のクイズ大会は3問目で間違えて敗退・・・となりました今回はここまでです。 [続きを読む]
  • 芸備線の復興に13億円
  • 7月豪雨で被災した芸備線ですが、一番甚大な被害を受けたのは狩留家駅付近の橋梁でしょう。この区間では増水した川の影響で橋が丸ごと流されています。このたびJR西日本は復興計画を発表しました。現行で86メートルの橋を110メートルに延長し増水対策もしっかり行うようです。気になる費用は13億円とのことです。工事期間は最長で今年度末まで設定しているようですが、予定では2019年秋ごろの運転再開を目指しているようです。今回 [続きを読む]
  • え?指導車掌をホームに残して列車が発車??
  • 駅員が車掌になる際や車掌が運転士になる際など、いきなり一人前の仕事はできないので、必ずトレーニングが必要となります。座学やシミュレーターでもトレーニングができますが、やはり現場に出て習うのが一番かと思います。車掌も、見習い車掌には指導者賞が必ず同乗して訓練を行うのですが、今回指導者賞をホームに残して列車が出発するという事故が発生しました。個人的には、なぜ先輩が戻ってきていないのにドアを閉め、列車を [続きを読む]
  • 今年も開催バルーンフェスタ
  • 毎年恒例となりました佐賀県で行われる熱気球国際大会 佐賀インターナショナルバルーンフェスタが今年も始まりました。普段は、2両編成の列車がゆったりと走るローカル線に80万人の乗客が訪れ、臨時列車も運転されます。開催期間中は臨時駅であるバルーンさが駅も開設され、朝晩を中心に定期特急も臨時停車します。昨年まで数年間連続で行っていたのですが、今年は行かないかな・・・って感じです。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • JR九州無人駅化を推し進める
  • 今年の3月に大規模な改正を行ったJR九州ですが、列車本数以外にも各所で人件費削減が推し進められています。一番大きな例は、香椎線の全駅無人化です。もともと無人駅が多かったのですが、少数存在した有人駅を全て無人化しています。しかし、さすがにいきなり無人化するわけには行けないので、各駅にカメラとインターフォンを設置し始発から終電まで監視・対応が行われています。この流れが、大分県にもやってきました。既に、牧 [続きを読む]
  • 鉄道ふれあいフェスタ開催
  • 毎年恒例となっている下関総合車両所 鉄道ふれあいフェスタ が今年も開催されました!大まかにではありますが、今年の状況を紹介します。今年の落書き列車は、広島支社内最後の分散クーラー・ボックスシートとなったC13編成でした。この編成は、約50年前から走り続けた車両です。あの狭かったシートとも今日でお別れです。ちびっこ運転士は、芸備線色のキハ120体質改善車が使用されていました。ミラーに石除け?なのか覆いがつい [続きを読む]
  • SLやまぐち大丈夫?
  • JR西日本の山陽地区の看板列車であるSLやまぐちですが、毎年数日間二つの機関車を連結して運転する重連運転が設定されています。今年は11月25日だったのですが、牽引機の一つであるC57に不調が発生し、山口線での運転が不可能であることが判明したため今年は重連運転は行われないことが発表されました。C57は、これまで長年山口で走り続けているため、少し不安です。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • 呉線の安浦復旧ダイヤが発表されました
  • 10月28日に復旧する呉線 安芸川尻〜安浦間のダイヤまた、運行区間が変更となる代行バスの時刻も発表されています。列車は、被災前と同様1時間に1本のダイヤを確保しています。また、朝夕のラッシュ時には広島方面までの直通列車も設定されています。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • 新快速に有料座席導入
  • JR西日本は10月の社長定例会見で、関西圏を運行する新快速に有料座席サービス Aシート を導入することを発表しました。12両編成の新快速の9号車に設置し、1日上下4本の運転を予定しているようです。223系1000番台を改造し、付属編成として運用されるようです。ただ、関西人が500円を払って新快速に座るかどうか・・・という点は気になります。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • 呉線ついに安芸川尻まで運転再開
  • 7月豪雨で被災した呉線ですが、当初の予定を大幅に繰り上げ、10月14日に広〜安芸川尻間で運転を再開しました。これにより、広島〜安芸川尻まで鉄路がつながりました。こちらは、運転再開前日に行われた試運転の様子です。行先幕は試運転ではなく回送でした。前回訪れた際に被災していた線路はきれいに復旧されていました。撮っている向きが逆ですが、ほぼ同じ部分の写真です。復旧工事本当にありがとうございます。今回はここまで [続きを読む]
  • 工場まつり2018が開催されました
  • 毎年恒例となっているJR九州小倉総合車両センターで行われる工場まつりですが、今年は10月14日に開催されました。内容は毎年同様の車両部品販売・一般物販・車両展示・ステージイベント等でした。物販やステージイベントは毎年変わらないので、今回は車両展示を紹介することにします。今年の車両展示は、指宿のたまて箱・885系、そして新型の821系でした。また、工場裏の解体線には少し前に廃車回送されたあそ1962も展示されていま [続きを読む]
  • 各線区の復旧時期が早まりました!
  • 7月豪雨の影響で甚大な被害を受けた各線区ですが、本日発表された資料によると復旧時期が早まることが発表されています。呉線:安芸川尻〜安浦 10月28日 安浦〜三原 12月中芸備線:備後庄原〜備後落合 福塩線:上下〜府中 12月中以上のように変更になっています。これにより、芸備線の橋脚流出区間以外は2018年内に復旧するようです。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • 広電、今年もカープ優勝記念イベント開催
  • 先月、セ・リーグ優勝を果たした広島東洋カープですが、地元企業である広電では優勝を記念してヘッドマークの掲出やバス部門では、特別方向幕も掲出されています。広電の広島駅では優勝直後から横断幕が掲げられています。こちらは、電車に設置されているヘッドマークです。旧型の車両にはプレートが差し込まれていますが、新型車両にはヘッドマーク取付用の場所がないことから、シールを貼って対応しています。こちらは、バス用の [続きを読む]
  • 呉線の新ダイヤ発表
  • 10月14日の呉線 広〜安芸川尻 運転再開に伴って、当該区間を含む呉線の新時刻が発表されました。広島〜広は 日中は1時間に2本(普通・快速1本ずつ)ラッシュ時3本の体制で運転されています。今回発表された広〜安芸川尻は被災前と同じ本数を確保しています。もともとこの区間は1時間に1本の運転の為、依然と同じ本数を確保できたものと思われます。ついに、念願の安芸川尻行きが見れる日が!!こんかいはここまでです。 [続きを読む]
  • 山陽本線今度こそ運転再開・迂回貨物今度こそ終了
  • 連日お伝えしています、豪雨関連の話題ですが、再びの土砂崩れに襲われた下松付近の工事が終了し、10月13日から運転を再開することが発表されました。これにより本州と九州が全線鉄路でつながることになり、JR貨物による貨物輸送も再開されます。被災から3ヶ月、ついに全線での運転となりとてもうれしいです。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • 広電カープ優勝記念切符発売
  • カープが優勝してはや数週間、地元企業の広島電鉄では優勝を記念して企画乗車券を発売することを発表しました。発売日は10月13日で、1枚1000円発売場所は千田定期窓口・横川営業センター・宝町営業センターの3か所です。また、今年も購入の特典として、トランルージュの乗車権利か特別デザインのパスピーの購入権利が抽選で当たるようです。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • 再び!山陰迂回貨物実現
  • 連日お伝えしている7月豪雨関連の話題ですが、昨日の内容は下松地区の土砂崩れの内容でした。JR貨物は復旧に時間が掛かると判断したのか、先月まで運転されていた伯備・山陰・山口線経由の迂回貨物列車を再び運行させることを発表しました。少しでも輸送力を多くするために・・・という目的なのでしょう。早期復旧を願って今日も安全運転でお願いします!今回はここまでです。 [続きを読む]
  • 疫病神でもいるのか?山陽本線再び被災
  • 7月豪雨の影響で長らく被災した山陽本線ですが9月30日より全線での再開が予定されていました。しかし、一度被災した下松地区が台風による大雨で再び土砂崩れが発生し運転見合わせとなっています。これにより、鉄路で関西地区と九州地区は寸断されたままとなっています。一日でも早い復旧を祈っています。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • 山陽本線ついに復旧!
  • 7月豪雨の影響で運転を見合わせていた山陽本線(白市〜三原)がついに9月30日に復旧しました!これにより、山陽本線は全線が開通し各輸送が復活しました。これに伴い、1ヶ月ほど運転されていた迂回貨物の運行は終了し、通常の貨物輸送に切り替わっています。ついに、広島地区の大動脈が復活しよかったです。今回はここまでです。 [続きを読む]
  • JR九州でも駅ナンバリング実施
  • 既にJR東日本やJR西日本などで実施されている駅ナンバリングですが、9月30日よりJR九州でも開始されることが発表しました。駅ナンバリングとは訪日外国人等の案内向けに各路線ごとに設定された、アルファベット+駅番号のことを言います。既にJR東日本の首都圏各路線やJR西日本の関西圏主要路線、また各地の路面電車等では実施されています。これは山手線の原宿駅のものですが、山手線を示すJYと駅番号である19が掲示されています。 [続きを読む]