ばあバラ さん プロフィール

  •  
ばあバラさん: 花暮らしの記
ハンドル名ばあバラ さん
ブログタイトル花暮らしの記
ブログURLhttps://flowerbud9.exblog.jp/
サイト紹介文丈夫な宿根草を中心に育てる日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2016/05/29 11:48

ばあバラ さんのブログ記事

  • ケイトウの発芽
  • お湿りが欲しくて台風にもすがる思いでしたが、寝ている間にサラッと撫でて行かれました。あの暑さは少し和らいだものの、それでも30度超えの日々。水やり勝負の毎日にも疲れて来ました。(>_<)秋まで生き延びてくれるだろうか。あれ?こんなところに何やら発芽集団発見!ああ、この花殻はケイトウ・きもの。買った貧弱苗のうち、根腐れだった花をここにばら撒いた。折しも先日、花タネ... [続きを読む]
  • 知らなかった夏まきの楽しみ
  • お盆は仕事なので、その前にプチ夏休み。短か過ぎて遠出には足らず、この暑さもあって家でオトナシク過ごしました。半分は追われる仕事に費やしたけれど。まあ、こんな休暇でも少しは生き返った気はします。そんな生活の息抜きに、こんな記事を見付けました。花タネの夏まきという楽しみ方があったの知らなかったわあ。何もこんなハードル高い夏でなくても良さそうですが・・。じつは... [続きを読む]
  • ミスカンサスの花|小豆トースト
  • この夏の枯れ模様と言ったらありません。バラ・宿根草・先日買ったばかりのポット苗・・・。いったいいくつの花を観賞花として送ったことか。育てる花、に至らない空しさよ。そんな中、暑さ平気な植物、ミスカンサスが花芽を上げています。ずっとずっと何年も同じ鉢なのに、強いですね。宿根フロックス・ふじやまは、倒れ掛かったまま、頂芽優勢のごとく脇花を咲かせています。この花も丈夫です。今朝ふと見つけ... [続きを読む]
  • 100円アジサイの挿し木も絶好調!
  • 100円で、二度美味しいとは思いもしませんでした。6月21日に花後100円アジサイを買って植え替えました。そもそもが母の日のギフトアジサイで、とても手が出ない高級品でした。やはり売れ残り、そのうち株も傷み、解体されて花屋の隅っこ行きに。破格値を付けられたタイミングで我が家にやってきました。(^^;もちろん来年の花を期待してすぐに植替えた時に、傷んで貧弱な剪定枝は捨てようと思っ... [続きを読む]
  • アメリカフヨウの過酷な夏
  • ダイナミックな草姿の夏の代表花と言えば、アメリカフヨウ。北アメリカ原産の耐寒性宿根草です。原生地は川や沼のそばにある湿地だそうです。だから寒さには強いが水切れには弱い。我が家のは改良された矮性種。カルーセルシリーズの黒葉アメリカフヨウ・レッドジャイアントです。真っ赤な大輪花を咲かせる度に、こうしてうっとり眺めています。今年は、アメリカフヨウにとっても初めての過酷な夏に違いありま... [続きを読む]
  • 涼感たっぷりペチュニア・ブルースターダスト
  • 朝市の掘り出し苗、ペチュニア・ブルースターダストです。この暑さにも負けず生き生きと咲いています。ガーデンの片隅。咲いていなければ見逃すところでした。ハッキリと分ける白とブルーの花がとてもよく目立ち、涼感をたっぷりと漂わせています。見た目、酷暑向き?の品種かもしれません。(^-^;買って良かったひとつです。いつもありがとうございます!ポチッと一押し、よろしくお願いします。にほんブ... [続きを読む]
  • ケイトウ頑張る
  • 日が傾いた18時過ぎ、ようやく外へ出る気になる。この暑さが当たり前になるなら、「克雪」ならぬ「克暑」と言う表現が生まれることでしょう。寒さは着れば補えるけれど、暑さはこれ以上脱げない(汗)。脂肪を減らせば良いとはオットの言(-""-)。雪国の人が長い冬を送るのと同じくらい、冷房を付けながら屋内で過ごす人が増えるかも知れない。買い物ついでに手芸店でハギレを買った。ベランダでは、意外にも、... [続きを読む]
  • 貧相なジニア連れ帰る
  • 窓を開けてもセミが鳴いていない。いや、この暑さで私の耳が壊れたのかもしれない。午前中、ちょっとそこのHCまでママチャリを走らせただけで、流れる汗が止まらない。めまいもしてきた。慌てて屋内で500ml飲料を買う。ちょうど乾いた土に水が浸み込むように身体の中を巡り始めたのがわかる。それでもまだ改善しない。もう一本、500mlを入れる。一気に1000mlなんて、この人生で飲んだことがない。そ... [続きを読む]
  • 夏越し危うしセントポーリア
  • ようやく咲き出したラベンダー色のトレイル種セントポーリアが、急にぐたっ〜としてきたので慌てて種まき用土に応急挿しをしました。根腐れです。花盛りだからと、この酷暑にもかかわらずせっせと水をやると言う素人芸をやってしまいました。今残っているのはこれだけ。発根しているとはとても思えません。せめて一株残って欲しいと静観中です。以来、用土がカラカラに乾いてからも更に我慢。恐る恐る水をやって... [続きを読む]
  • エキナセアへの片思い
  • 今年3年目のエキナセア・ワイルドベリーがいつの間にか枯れました。つくづく思うに、私はエキナセアとの相性が良くないのかな。こんなに好きなのに、いつも上手く行きそうになっては失う。そんな片思いを繰り返しています。そして懲りずにまた買う私も私です。先日のガーデン朝市でルージュノワールとワイルドベリーを買いました。幸いバーゲン価格だったので。ルージュノワールの赤花が素敵です。ちょっと黒軸でしょ... [続きを読む]
  • ガーデン朝市で買ったもの
  • 台風接近中ゆえに朝からどんより曇り空。とは言え午前中ならお出かけチャンスです。水の遣り甲斐失せるほどの我が家の枯れ野をなんとかしようと、久しぶりにガーデン朝市へ出掛けました。照り付ける太陽もなく、とても快適です。何か目新しいものを買った訳ではありません。あさいち、ですからね。ほぼ売れ残り品のバーゲンなわけです。その中から、これからも咲き続けてくれそうなもの、宿根して来年も楽しませてくれそ... [続きを読む]
  • ケイトウ・きもの
  • どうやら台風が東からやって来るようです。週明けは我が家の真上を通る予報円。7月初めの台風到来から異例続きですね。被害ないことを願います。花咲かず淋しい我が家に迎えたのは花屋の売れ残りポット苗。ケイトウ・きもの、5ポット250円です。見ると貧弱そのもの、傷んでいます。種をポットに直まきし間引きながら商品に仕立てようとしたが、この暑さのせいか思うように育たなかった・・そんな苗です。それ... [続きを読む]
  • 夏枯れ大型サルビア
  • 今月初めの台風で下葉が枯れ上がった大型サルビア・イエローマジェスティ。新入りのビチセラ系クレマチス・リスボアに絡まれながらも、太い茎を伸ばしています。このまま夏を越し、晩秋の開花に出会えますように。ベランダはどこもかしこも枯野と化し、誰かが少し色付いては萎んでいく。気付くとそんな咲き方しか出来ていません。一日花でも大輪の黒葉アメリカフヨウは目立つけれど。しかし、この暑さを物ともせず活動し... [続きを読む]
  • あじさい寺の紫陽花が根付いた
  • あじさい寺へ行ったのは6月半ばのこと。駐車場の売店で格安の花束を買い求め、空き鉢に鹿沼土を入れ慌てて挿したのは覚えている。あれから一カ月余り。きっとまたダメだろうと、期待していない時に限って根付くもの・・。2本が元気に残っています!新芽も伸び始めました。ああ、花束の中はどんなあじさいだっけ?ウズアジサイ、あった気がする。こんな濃いピンク花も入っていたかな?酷暑の夏を迎... [続きを読む]
  • ピンポンマムを育てたくて・・
  • 気温35度を超えると、セミも鳴かなくなるとか。確かに今年のセミはか弱い声ですね。気候が変われば、生態系も変わる。植物の耐暑性に気を遣う毎日です。ちょうど今、我が家はキク科ブーム。お気に入りのキク・アナスタシアグリーンの挿し木に失敗しました。この暑さでは遅かったです。親株もか細い茎を数本残すのみ。なんとか復活して欲しいのですが、そっと静観です。その一方で、ずっと気になっていたピンポン... [続きを読む]
  • クレマチス・コンフェッティの二番花
  • 噴き出る汗。まだ午前です。午後は38度の予報。花たちにとっても過酷ですね。荒れ狂うほどの樹勢のクレマチス・コンフェッティ。剪定後の二番花が寂し過ぎます。ただ今となっては、涼を演出する風鈴のように見えてしまう、このなんとも愛おしい姿で良いのです。いつもありがとうございます♪ポチッと一押し、よろしくお願いします。にほんブログ村ベランダガーデンランキング [続きを読む]
  • トウモロコシごはんの黄金比
  • 楽しみの花たちは枯れ模様。ただいまと帰って来ても大きな変化はなし。この暑さが今後数か月続くと思うと気が滅入る。もはや体力勝負以外の何ものでもない。偶然目に止めた行きつけスーパーの情報誌。美味しそうなトウモロコシごはんが載っていた。これなら出来る!と、かれこれ、3度ほど作っている。( *´艸`)ところが、レシピ通りだとどうもいただけない。トウモロコシ率が低くて、口の中に入れた途端に欲... [続きを読む]
  • 空き鉢に、ちゃっかりサルビアコクネシア
  • 蝉も連日必死なことです。こちらもせっせと水やりだけは欠かせません。目新しい花を迎えることもなければ、枯れ行く花を蘇生するエネルギーもない。ただただ水をやる日々。あれれ・・この猛暑の最中、原種チューリップの枯れ鉢に、突然草が生え始めました。ベランダの隅っことは言えこのカンカン照りだし、水やりもされずカラカラのはず。なんと強健な雑草だこと!抜こうにも、バラのツルに阻まれ手が届かない... [続きを読む]
  • やっと咲いた西洋ニンジンボク
  • 外へ出ると、どよーんと立ち込める熱気。こう暑くては何も出来ません。テレビの画面に映る被災地のみなさん、ほんとうに大変なことです。もはや我が家の花は期待できませんが、何もないようで何かしらはあると願望込めて見渡しました。ずっとずっと花咲かぬ落葉樹だった西洋ニンジンボクの、ほんの一枝に花芽ができて咲き出しています。貧弱過ぎるけれど、ようやく花木に昇格です。かと思えば、バラ・フラワー... [続きを読む]
  • アロハリリー・レイア
  • ユーコミス(パイナップルリリー)を初めて見たのは、北陸の赴任地にあったフラワーセンターでした。ずいぶん前のことです。あまりの珍しさに売って頂けないかお尋ねしたら・・、なんと!ひと株分けて下さいました。(人''▽`)白花の原種、プンクタータだと思います。その善意のユーコミスの球根は、年々咲くこともなくなり枯れるでもなく、ビロ〜ンと長い葉を伸ばした観葉植物状態で、どうかするとその存在すら忘... [続きを読む]
  • 黒葉アメリカフヨウの一日
  • ただいまと、帰宅して直ぐ会いに行く。今年初の黒葉アメリカフヨウがしぼむ前に。閉じかけた花のうなじの美しさよ。はつらつとしたポニーテールの娘さんのよう。。開いた花は昨年よりも花径を増し、私の手のひらを超えた。花が絶えつつある夏に、いっそう冴える赤。赤色は撮影が難しいので、少し日が翳ったくらいがちょうどいい。つぼみにこの赤色が顔を出したら翌日開きます。一日花だから朝に開花を... [続きを読む]
  • バレリーナとカサブランカ
  • 時期が来れば、降り付ける雨の中でも咲こうとするのですね。豪雨の最中、我が家のバラとユリが咲いています。立ち込める甘い香りが教えてくれました。この小さな花房はバラ・バレリーナ。枯れてしまったイーバンフェン(一棒粉)の代わりです。枯らせて大後悔のイーバンフェンはこちらの画像。?バレリーナに似ていますよね〜。イーバンフェンは生産が少ないのでしょう。なかなか入手できません。... [続きを読む]
  • 嵐が去って
  • バラもユリも花弁どころか、未だ咲かぬ蕾もろとも吹き飛ばした台風7号。かろうじて残ったのが、このカサブランカ。HCの売れ残り球根で、遅く植え付けたことが幸いとなったかも。つるバラ・クリスティアーナだって、本当はサイドシュートを2本伸ばして房咲く寸前だった。あの複数の蕾を付けた先端はどこへ行ったんでしょう。👀残った一本も花弁を千切られたけれど、こうして咲いてくれました... [続きを読む]
  • ラベンダー色のトレイル種セントポーリア
  • 7月早々、台風7号が荒れ狂っています。我が家の花たちが真横に振り回されつつ耐えています。どうすることも出来ません。屋内では、もうひとつのトレイル種セントポーリアが咲き始めています。花後80円だった見切り品。名前がわかりません。このラベンダー色の花が、枝垂れて咲くと涼し気ですね〜。なかなか咲かなかったのは、栄養不足だったかな。条件が整えばちゃんと咲く。挿し芽、決... [続きを読む]
  • 密やかにバラ・アントニオガウディ
  • ゆるやかに風が吹き出しています。台風7号はどうやらこちらに向かっているもようです。長崎方面から来る台風は強力です。明朝は早起きして、鉢物を床に降ろさねば。いくらツボミを摘んでも、バラ・アントニオガウディは密やかに咲いています。もともとの花径が6〜8cmだとか。それなら、この5cmを良しとして、開花を楽しむべきだったかな。栽培3年目にして、少しはバラ図鑑の画像に近... [続きを読む]