ばあバラ さん プロフィール

  •  
ばあバラさん: 花暮らしの記
ハンドル名ばあバラ さん
ブログタイトル花暮らしの記
ブログURLhttp://flowerbud9.exblog.jp/
サイト紹介文花好き週末ベランダ?。丈夫な宿根草を中心に育てる日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/05/29 11:48

ばあバラ さんのブログ記事

  • 名無しルドベキアの種を採る
  • 上陸確実になってきた台風21号の行方が気になる日曜日です。こちらは九州北部地方ですが、それでも強い風が吹き付けています。進路予想圏にお住いの方は落着かない一日でしょう。被害ないことを祈るばかりです。さて、こんな日は家で過ごすに限るのですが、ずっと気になっていたルドベキアの種が採れないか挑戦してみました。朝市で買った名無しの八重咲きルドベキア。長い花期とは聞いていましたが... [続きを読む]
  • ベリーデビューと忘れな草発芽
  • 吹く風が寒いです。まさかの季節外れ台風が迫りつつあります。10月も末の台風支度だなんて。重い腰の秋雨前線を連れてって下さいね。台風一過の秋晴れを期待するしかありません。季節外れと言えば、こちらはHC隅っこ産のブラックベリー苗。苗も季節外れなら、花も季節外れでしょうか。ベリー類は丈夫で裏切らないと信じたい。(>_<)おや。忘れな草・ブルームッツが発芽して... [続きを読む]
  • 惨敗ビオラ
  • 快適な気候と食材に囲まれるこの季節は純粋に嬉しいです。自然界の生き物たちもまた恵みを享受していることでしょう。そんなふうに、きっとそれは遠い自然下での営みだと思っていました。これは、新種の植物ではありません。他ならぬ我が家のビオラが食材と化した姿です。(/_;)そもそもビオラはエディブルフラワー。人も食べれば虫も食う。野菜並みの栄養価なんだそうですね。カ... [続きを読む]
  • 大型サルビアが咲くベランダ
  • そぐそこに来ている冬を思わせる寒い一日でしたね。つい先日まで半袖だったのに、今朝はセーターを着て出勤しました。南の海では台風が発生して日本へ接近中とか。10月の台風って、今まであったかな?φ(..)今年のサルビア・イエローマジェスティ。株立ち多く丈も伸びたのですが、今一つな花数でした。もう少し、咲いてくれると思っていたのですが・・。大した世話をしていなかったからかな。... [続きを読む]
  • 挿し芽ちまちまひたすらに
  • 秋も深まる今日この頃。来年の春を見据えた計画も頭に入っておられる方も多い中、ただひたすらに、ちまちまと、挿し芽をする人がここにいます。もこもこカラーリーフのバロータ。シソ科の本領を発揮してか、簡単に根付きました。生産者のコピーではありませんが、ぜひ触ってみて下さい。ほんとうにトリコになります。(笑)この子の強健さは言うまでもありません。簡単に根付いたアメリカンブルー。ま... [続きを読む]
  • ショウリョウバッタと戦うか
  • シソ科・キク科を中心に被害が拡大しています。このコリウスは美味しそうですもんね。(^^;食害穴から見えるのは、ショウリョウバッタ。直ぐそこにいるのに、捕殺することができません。ああナント、なさけない・・。このままでは、確実にタマゴを産み付けられて来年の被害に繋がる!割り箸二本で対抗できる相手ではありません。100均で虫取り網を探して来よう。問題は網で捕まえたあと、です... [続きを読む]
  • 土中のコガネ疑う難しさ
  • 寄せ植え鉢のヒューケラ。ぐたっとしたまま息絶え絶えになったのは夏の終わりのこと。慌てて引き抜くと既に根は無く、根腐れかと思いました。元気一杯だったのにと諦めきれなくて、水挿し吸水後に鹿沼土に埋め込みました。そして、毎日水を切らさず見守りました。ようやく根付いたのか、放っておいても元気になった時の嬉しかったこと!植替える暇なく経過した先日、新しい葉っぱを確認しました♪もともと強... [続きを読む]
  • 花色冴える秋の花
  • 放っておいても、咲く花は咲く。放っておいたら、咲く花も咲かない。これは放置栽培歴が長い私の迷言です。秋口に買った売れ残りペチュニア。黄色と紫のキレイな覆輪でしたが、その後は枯れてしまいました。同時にその鉢で芽を出していたこぼれ種のペチュニア。これが今、満開です。同じ鉢でも、枯れる花は枯れ、咲く花は咲く。(出ました迷言)白い花色が、さらに冴えて白く見える秋です。... [続きを読む]
  • 進化する花・そのままの花
  • 仕事の忙しさに園芸作業が追い付いていません。それならそれで肝を据え、ゆっくりと園芸雑誌でも見ながら眠りにつく余裕も必要かな。人気の季刊園芸誌が届いていました。見れば見るほど、進化した花の美しさに見惚れます。30年かけた花を育てる育種家さん。品種改良に励む園芸家さん。みなさんの並々ならぬ熱意が伝わって来ます。一方、昔から身近な花の美しさにも遭遇して。。。ああ、こんな組み合わせだと... [続きを読む]
  • 買い過ぎた種・・・。
  • 10月に入ったと思ったら、もう中ばですか。この分だとあっという間に11月がやって来ますね。そろそろ年賀状の準備しなくちゃとか、そわそわし始める自分が見えるようです。そんな今日、種苗会社のネットショップから種が届いてそわそわしています。誰が注文したって、自分なんですが、今頃届くのかな〜とちょっと残念な気持ち。10月までの播種時期だから、まあ文句は言えませんね。急がなくちゃ。前出の... [続きを読む]
  • ビオラの挿し芽に挑戦
  • 早くも、HCにはビオラ・パンジー苗が並び始めましたね。我が家の種蒔きビオラはまだ双葉ですけれど・・。季節前倒しの冷涼な環境を準備しての育成でしょうから、手間もコストも相当かかっていることでしょう。なのに、一苗70円だなんて、いいのかな。消費者にとっては、ありがたいことですが。一方、あんなにわくわくしてネット注文を確定し、セッセと種蒔きした我が家のブランドビオラ(お高かった〜... [続きを読む]
  • 青花ホタルブクロを植え付ける
  • 今日も晴天に恵まれ、ガーデニング日和となりました。作業に夢中になっていると汗が噴き出て目に直入、イタタタ、、。日焼け止めと汗が化学反応起こしたような強烈な痛みです。(>_<)まあ、こんなこともありますか。蜂や蚊に刺されるよりはマシですね。そんなことより、今朝の収穫が嬉しくてウレシクテ。朝市で、ホタルブクロが見切りの50円でした。しかも、まだまだ傷みが少ない苗です。... [続きを読む]
  • 今日の花たち。
  • 高い空、爽やかな風、すっかり秋ですね。今日は地域のお祭りで、太鼓の音が鳴り響き、耳からも秋を感じた一日でした。ベランダの花は、夏のダメージから復活しつつ、何とか季節に追い付こうと懸命です。白花センニチコウが元気に咲いています。よく見ると、一つ一つの花の集合体なんです。かわいいですよね。サルビア・イエローマジェスティは明日にも花開きそう。開花時期から季節を... [続きを読む]
  • 花後の胡蝶蘭「アンナ」を買う
  • 週に一度は、いつもの花屋へ立ち寄ります。つい先日まで華やかな席で見事な花を咲かせていた胡蝶蘭。敬老の日もあったから、贈答用に仕入れられたのでしょうか。それにしても、とても高価で手が出せません。過去の洋ランブームの頃はいろいろ手を出したけれど、どれも手元には残っていません。(>_<)今でも、通勤経路のお宅の軒先で数鉢育っているのを見ると、ああ、胡蝶蘭もいいなあ、なんて思って... [続きを読む]
  • ぽつんと、つるブルームーン
  • 細々と季節をつなぐバラたち。つるブルームーンが花開こうとしています。けれど、よく見ると花弁が痛んでいます。開花途中とは言え、なんかいびつ。まあ、これもありのままの姿です、ね。青系続きでは、サルビア・フェニックスパープルの存在感、安定感どちらもパーフエクトですよ。赤花とも、黄花とも合うし、あるいは単植でもその魅力を増すと思います。いつもありがとうございます(^^)/... [続きを読む]
  • うなじ美人アメリカフヨウ
  • このところ朝晩の寒さが身に堪えます。季節は正直ですね。開花期7〜9月のアメリカフヨウにとっても、そろそろ仕舞いの季節なのか、咲き急いでいるかに見えます。そんな最近のこと。栽培鉢の向き加減で、偶然この花の後ろ姿を捉えました。今年咲き始めの花からひとつひとつ見ていますが、こんな咲き姿があったなんて!びっくりです。きれいに整ったうなじですよね?和服美人の結い髪をも想像したりして、... [続きを読む]
  • ガーデン朝市で買った半額苗
  • 秋のイメージを醸すにはぴったりの花苗に出会いました。昨日のガーデン朝市でのこと。ほとんどが半額でした。まず目に飛び込んできたのは、この深い深い紫色のサルビア。同じようなサルビアは持っていますが、この花色は特別です。「サルビア・フェニックスパープル」とタグ表示がありました。暑さに強く、花期の長い交配種だそうです。花色も濃ければ、ガクもほぼ黒に近い紫色です。... [続きを読む]
  • 10円コリウスを活かす
  • 10月初日から日曜日だなんて、嬉しい始まりですね。清々しい気候も手伝って、ガーデン朝市へ足を向けました。行けば欲しいものだらけ。決まって何かを買うことになりますが、ここはひとつ慎重に選びます。この時期見事なのは、コリウスです。ガーデンのおじさんが春から丹精したコリウスが、一株一株大きく茂って見せ場を作っています。あまりに美しいので、おじさんに撮影許可を頂きました。そして登場す... [続きを読む]
  • 秋雑感
  • ただいまと帰宅する頃は既に日は落ちて、薄暗がりの中、手探りで降り立つ気力なく、咲き急ぐらしいアメリカフヨウのみを確認した。働くベランダー。朝が勝負の季節来る。朝は朝とて夜明けののんびりさも手伝って、おまけにオットは単身赴任でのんき生活板に付き、就活終わりバイト三昧気まま娘に世話要らず、生活のために開けたまなこに飛び込む時間。慌てたところでどうにもならず、乾いた子順に水遣りすれば... [続きを読む]
  • 大型サルビア・イエローマジェスティのつぼみ
  • 順調につぼみを上げているサルビア・イエローマジェスティです。大型種だなんて知らずに我が家へ連れ帰って4、5年目。ベランダ通路を占領する大きさに、サヨナラしようか悩んだこともありました。しかし、ここまで育って来れば葉も美しく、ゴージャスな立ち姿や花の魅力もわかって手放せずに今年を迎えました。昨年は体育の日辺りから咲き始めたもよう。どうやら今年も例年通り咲きそうです... [続きを読む]
  • ルドベキア熱冷めず
  • 9月も末ですが、ここは夏日の一日でした。帰宅後は暑くてエアコンを入れたほどです。暑さが似合う花、ルドベキアはまだまだ咲き続ています。我が家の苗は、いまひとつな生育具合ですが、、。地場産コーナーにルドベキア・タカオの切り花を見付けました。ケイトウと合わせて100円だなんて、超お買い得。その可愛さにうっとりです。切り花から種、採れるかな。やはり、気になっていた園芸サイトから、ル... [続きを読む]
  • けな気な花たち。復活組とナメクジ洗礼組。
  • 人の手のグーの大きさにしぼんだ黒葉アメリカフヨウの花。今朝、散り際の姿を追いました。昨日は天を仰いで咲いていた花が、今朝はこうべを垂れています。寒さのせいか、花弁も傷んでいますね。花が咲くたびに愛おしいのは何でかな。一日花だからでしょうか。その潔い姿もまた美しいと思えるんです。根付いたアメリカンブルーはさらに新芽を伸ばし、挿し木日浅のバロータも活着しているように生き生きして... [続きを読む]
  • 秋のアンゲロニアと黒葉アメリカフヨウ
  • ようやく暑さが過ぎ、本格的な秋を迎えています。引き続き夏から咲く花は、澄んだ空気のもと、より一層花色が冴えるようです。先日のHCで夏の名残のアンゲロニアに出会いました。お疲れ気味ですが、紫色の花穂がとてもシック。これから10月まで咲いてくれるなら言うことありません。自生地では多年草だとか。日本の寒さに弱いので、挿し木で越冬するらしいですね。今もぎりぎり適期のようなので、挑戦してみよ... [続きを読む]
  • ひとつぶ40円ビオラの種まき
  • 顔をマスクで覆い、眼にはそれなりの眼鏡。部屋の窓を閉める。何やら怪しげな行動は、誰もいないリビングで行いました。見元ビオラの種蒔き風景です。こんな大げさなイベントをするのには訳があります。ひとつぶ40円という貴重な種だからです。1mmにも満たないような種ですよ。クシャミや突風で飛んだら探しようがありませんからね。(^^ゞこの日までずっと冷蔵庫の中でした。おそるおそる開けた中... [続きを読む]
  • シソ科カラーリーフ・バロータの魅力
  • 花を育てていても知らないことが多過ぎます。だからこそ、魅力絶えず長続きするのかも知れません。連休とは言え、やらなければいけないことだらけ。それでも、種蒔きは逃せないとHCへ出掛けました。本題を記録すべきところですが、ここで出会ったバロータの魅力を書かずにはおれません。先ずは、70%OFFのお値段の魅力。( *´艸`)いくら徒長してやや弱っていたとしても、世話をしたらシソ科の強健な... [続きを読む]