ただふじ さん プロフィール

  •  
ただふじさん: 1億人のイングリッシュスキル
ハンドル名ただふじ さん
ブログタイトル1億人のイングリッシュスキル
ブログURLhttp://englishskill-keio.com/
サイト紹介文現役慶大生・上智大生が大学受験の経験をもとに、英語の勉強法やオススメ参考書、英語コラムをご紹介。
自由文現役慶大生・上智大生が大学受験の経験をもとに、すべての英語学習者に向けて、英語の勉強法やオススメ参考書、英語コラムをご紹介。大学受験、TOEICをはじめ、英語に悩む全ての人に、英語スキルのアップのコツをお届けするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/05/31 10:06

ただふじ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 感情に流されやすい人がコツコツ努力を継続できる!?
  •  こんにちは(。・ω・。)英語学習をみなさんは毎日継続できていますか??英語が大好きでたまらなくて、勉強せずにはいられない!という、うらやましい人は置いておいて、なかなか毎日英語に向き合うのは大変・・・と思ってらっしゃる方が多いと思います。何を隠そう、私もそのうちのひとりです。 しかし、みなさんも薄々分かってらっしゃると思いますが、英語学習だけではなく、何事においても、コツコツと努力を継続できる [続きを読む]
  • I go to school. を私は学校に行く。と訳しているあなたへ〈英文法コラム〉
  •  タイトルの英文ですが、もし英語を習いたての中学生であれば、I go to school.を「私は学校に行く」と訳せればそれで十分なのです。しかし、さらに上のレベルを目指す大学受験生や、実践的に英語を使っていきたいと考えている方は、この訳ではやや不適切です。 今回はどうしてこの訳があまり良くないのかを解説しながら、文法学習の大切さを改めて確認できたら良いなと思います(。・ω・。) 現在形は「現在のこと」で [続きを読む]
  • 英語が苦手な高2生のための英文法の勉強法
  •  現在高2の方は、来年は高3となり受験シーズンです。部活動をしている人も引退して受験勉強が始まります。このまま何もせずに受験を迎えるのは不安という英語が苦手な高2の方のために、今回は英文法の勉強法をまとめてみました。 タイトルに高2とありますが、TOEICのパート5&6対策のために文法を勉強したい方や、英語が苦手な高3生も対象です(。・ω・。) 文法の学習は、学習の初期段階にしっかり取り組んでお [続きを読む]
  • TOEICにも活かせる!早慶上智に合格した人に共通する長文勉強法
  •  大学受験の英語で一番差がつくのは長文読解の分野ですね。読める人とそうでない人の差が大きいのです。そんな中、早稲田や慶應に合格する人は例外なく長文読解が得意です。なぜなら、英語で高得点が取れなければ早稲田・慶應には受かりません。そして早稲田・慶應の英語の問題はほとんど、学部によっては全部の問題が長文読解だからです。今回は、早慶の合格者の多くが実践している、長文読解を得意にする勉強法をご紹介した [続きを読む]
  • 東大・早慶を今から狙う。高1・高2の勉強法
  •  高3まで部活に打ち込み、部活を引退してから本格的に受験勉強を始める。そんなプランを描いている高校生も多いかもしれませんね。もちろん1年間の受験勉強だけで難関大に見事に合格していく生徒もいますが、高3まで全く勉強しないのでは、高3からの受験勉強がとても大変になってしまいますし、希望の大学に行けない可能性も高くなってしまいます。しかし、早い時期からしっかり準備をしておくことで、高3まで部活を続けなが [続きを読む]
  • 留学せずに、最短で英語をペラペラにする現実的な勉強法。
  •  英語がペラペラになれたらいいな。誰しも1度は思ったことがあるんじゃないでしょうか?でも英語がペラペラになるなんて夢のような話で私には無理…。なんてあきらめていませんか?実は英語がペラペラになるというのは結構簡単なことなんです。そこで今回は英語がペラペラになる。というちょっとした夢を叶える方法をお伝えしますヽ(´▽`)/ 具体的なアプローチとしては、1、最低限の英文法を身に付ける↓2、瞬間英作 [続きを読む]
  • 慶應大学に行く4つのメリット。
  •  早稲田と並んで、国内の私立大学で最高峰の偏差値を誇る慶應大学。「オシャレ・お金持ち」といったイメージも加わって、多くの高校生が憧れる大学の一つだと思います。最近では「ビリギャル」のイメージが世間では強いのかもしれませんね(笑)しかし、そんな慶應大学に実際に入学すると具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?今回は、現在、慶應大学に通う私が考えるメリットをまとめてみました。 1、質の高い学生 [続きを読む]
  • テキトーに選ぶのは危険?偏差値別のオススメ英語長文参考書
  •  大学受験を突破するためには、文系理系、国立私立問わず、英語は避けては通れません。そのなかでも特に長文は英語の中で最も配点が高いうえに、成績を上げるのに時間がかかるというやっかいな分野です。そんな中、受験生が独断で自分のレベルに合った参考書を見つけ出すのは大変なことです。今回は参考書でお悩みの受験生のために、偏差値別にオススメの長文問題集をご紹介します。 長文の勉強法にお悩みの方は「TOEIC [続きを読む]
  • 大学受験で頼りになるおすすめ英単語帳5選
  •  単語力が不足しては、長文読解はおろか、文法の学習にも影響してしまいますね。単語力はすべての英語力の土台となります。今回は受験生の強力な味方となるおすすめの単語帳をご紹介します♪ 1、試験に出る単語だけを無駄なく!システム英単語システム英単語 (駿台受験シリーズ)posted with ヨメレバ刀祢 雅彦,霜 康司 駿台文庫 2011-11 Amazon楽天ブックス 「シス単」の愛称で受験生におなじみの単語帳です。 [続きを読む]
  • もしかしたらあなたも… 成績の上がらない長文勉強法
  •  TOEICのパート7は時間内に読み切れないほどのボリューム満点の文章を読まなければなりません。また、大学受験の中でも、最も配点が高いのが長文読解です。センター試験の点数でも4分の3は長文読解ですし、各大学入試でも、長文が最も配点が高いです。しかし、なかなかすぐには、英語がスラスラ読めるようになりません。勉強している割にリーディングができるようにならない(涙)という方もいらっしゃるかもしれませんね [続きを読む]
  • 安倍首相もハマった人気海外ドラマで英語を勉強してみる。
  •  House of Cardsって?アメリカで大ヒットしているネットドラマ「House of Cards(ハウスオブカード 野望の階段)」という海外ドラマをご存知ですか?これは現在シーズン4まで放送されており、シーズン5が制作されることが決まっています。映画監督のデヴィッド・フィンチャーと主演男優のケヴィン・スペイシーらが製作総指揮をしており、TVドラマ界のアカデミー賞と言われる、プライムタイム・エミー賞を受賞しました。&n [続きを読む]
  • 覚えられない英単語を科学的根拠のある方法で覚える。
  •  英単語を覚えるというのは本当に難しいことです。例えるなら、砂漠で植物を育てるような難しさでしょうか。軽い気持ちで挑戦すると十中八九失敗するものです。最初は私自身も英単語を覚えることは得意ではなく、とても苦労しました。しかし様々な学習法を試していく中で、英単語をなんとか覚えていく方法が自分の中で確立しました。砂漠で植物を育てるコツが分かったわけですね♪今回は私自身が実践している英単語の覚え方を [続きを読む]
  • TOEICは模試の使い方次第!?模試を最大限活用する方法
  •   TOEICのスコアアップには模試の効果的な活用が不可欠ですよね。そこで今回は模試の効果的な活用方法をご紹介します。 まずは解く!当たり前のようですが、まずは解かなければ始まりません。その際は時間を測って本番のつもりでやってみましょう。質の高い模試であれば、本番の受験した際のスコアとほぼ同じスコアが出ると思います。また、受験の直前であれば、時間配分など、本番に向けての最後の微調整のつもり [続きを読む]
  • 現役慶應生からの処方箋。早慶上智に受かる英語学習プラン
  •  早稲田と慶應。私立大学の頂点に長年君臨する両大学は、私立大学を志望する受験生にとっては憧れですよね!そして洗練されたオシャレイメージの上智大学も、難関私立大学として不動の人気を誇っています。しかし、これらの大学に合格するためには高度な英語力が必要です。さらに言えば、基本的に英語の配点が高いので、英語ができなければ、確実に落ちます(涙)特に慶應と上智は英語の出来で合否が決まってしまいます。今回 [続きを読む]
  • 英文法って要る?要らない?
  •   英文法と聞くと多くの人は、学校で教わった退屈な「アレ」を思い出すのではないでしょうか(笑)文法学習は子供たちの英語嫌いを助長する、日本の英語教育の悪しき伝統というイメージを持っている方もいるかもしれませんね。かくいう私自身も中学・高校時代は、文法の授業が好きだったとはとても言えません…。 しかし、現在の私は文法の知識はある程度必要だと考えています。 もし、この記事をご覧になって [続きを読む]
  • たくさんありすぎ!厳選・オススメのTOEIC模試6選
  •  TOEICを受けようと決意したなら、TOEIC模試で実力の向上を図るのが王道ですね。しかしいざ書店に行ってみると、びっしりと参考書が並べられており、どの本が良いのか迷ってしまった経験はありませんか?そこで今回は信頼できる著者による、おすすめのTOEIC模試をご紹介したいと思います。 1、公式問題集TOEICテスト公式問題集 [ Educational Testing ]この問題集はTOEICのテストを作成しているアメリカのテスト開発期 [続きを読む]
  • 過去の記事 …