kazudragon さん プロフィール

  •  
kazudragonさん: 今日から俺はドラゴンズ!!
ハンドル名kazudragon さん
ブログタイトル今日から俺はドラゴンズ!!
ブログURLhttp://kazudragon-dragonz.blog.jp/
サイト紹介文念願の『野球に触れる環境』を手に入れた中日ファンが、ダラダラとドラゴンズ戦の感想を語る。
自由文TVの生中継の感想を率直に、勝手な想像で書きます。ぜひドームにも足を運びたいですねぇ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2016/05/31 22:36

kazudragon さんのブログ記事

  • 連勝!ガルシアが良い空気を作る
  • ナゴドで連勝!完璧な内容とは言えないが、昨日に続き『勝てそうにない試合』では無かったことが嬉しい。これがDeNAの現状なのかもしれないが、まぁそこを逃さなかったことが強さと信じたい。ガルシアは相変わらずではあったが見事に8勝目。近年8勝した投手いたか?もしかして中継ぎこみの又吉か?調子が悪かった外国人達も久しぶりに仕事をしたところを見ると、完全にムードメーカーになりつつある。3回のバントヒット、非常に良 [続きを読む]
  • 勝利で始まる
  • 久しぶりのゲーム観戦。帰宅後、3回から試合を観戦。悪い意味でどちらが勝ってもおかしくないゲームだったが、最後は勝てて良かった。まず、出場選手登録。サプライズはなし。となると、この1枠は先発投手の為となる。大野投手かな?スタメンは出場機会を増やしてほしい木下捕手が抜擢。吉見、山井の二人は今後も木下と組んでほしい。2回は見ていないが、なかなか攻撃陣が繋がらない印象だった。これは両チーム。その中で集中打の [続きを読む]
  • 先発は吉見!
  • ようやくリーグ戦再開。私自身楽天戦以降、試合観戦お預け状態だったので丸1週間ぶりとなる。予告先発は吉見投手。山井、マルティネス、小笠原と他候補もいる中での指名。FA権を取得し残留を口にしたばかりということもあり、意識、覚悟としては相当高く感じる。チームは勿論それに応えると同時に、早期降板の対応も冷静に準備したいところだ。交流戦開始時に嬉しい誤算を期待したマルティネス投手。結局ホームラン級の長打、暴走 [続きを読む]
  • 吉見、FA間近
  • 20日時点でFA権獲得となるそうだ。中田賢一、高橋聡史と両名が移籍したことを考えると、まだ獲得していない吉見と浅尾は意外な存在ではある。コメント内容は「権利が取れることはうれしい、シーズンが終わってから考えたい」とのこと。どれだけの意思がこもった発言かは分からないが、発言を素直に受け取ると明言は避けたい、という思いがあるように感じる。時代の流れだろうが違和感を感じる。また、うっかりこのような表現になっ [続きを読む]
  • オールスターファン投票
  • 昨日だったか、オールスターファン投票が〆られた。勿論ノミネート選手が有利なのは言うまでもないが、中間発表時点ではあるが、なんと予想に反して中日勢が善戦。ここ最近阪神や広島の選手ばかり目立っていたが、何だろう?何か変わる要素でもあったか。鈴木博が上原に続いて2位なのを筆頭に、京田、福田も2位。京田は田中を抑えての2位という何とも言えない結果となっている。とはいえ試合に出続けている点では立派だから良しと [続きを読む]
  • 思いがけない収穫、藤嶋先発初勝利
  • 松坂選手が登板回避。現地の両チームファンにとっては残念な結果となったが、中日ファンとしては藤嶋先発という思いがけない楽しみが出来た。私はこの試合で得るものは無いと思っていたが、見事に結果を残しチーム上昇のキッカケとなるのではないか。小笠原、笠原に続き藤嶋。期待が軽くなったためか若手が躍動しつつある。これまで踏ん張ったベテランのおかげもあるだろう。西武は2連勝で迎えた3戦目ということで、この試合に限っ [続きを読む]
  • 散々な交流戦となる
  • 交流戦。明日の試合を残し、完全に試合の価値がなくなった感がある。3連勝で締めれば何か意味が残せたが、この状況で3連敗の危機を迎えている。既に明日の試合、勝とうが敗けようが変わらない状況になった。明日の松坂投手、結果も残している為勿論期待はしている。ただ、普段は温かく受け入れられるファンサービス。球団なのか、首脳陣なのか、わざわざ西武最終戦に持ってくる小賢しさに腹ただしさも感じる。勝つことがファンサー [続きを読む]
  • 負けたが期待は裏切れた
  • 惜しくもサヨナラ負けとなったようだ。初回に崩れてもおかしくなかった笠原。苦しみながらも7回を0点に抑えた。見事に期待を裏切ることが出来た。私自身、木下にホームランが出た時点で満足出来た。良い状態で二人を代えて欲しい、一球速報を見ながらそう願い風呂に入ったが、幸い交代した。結果はどうであれ最善策だったと思う。同点、サヨナラとなったが今の中日の戦い方としては限界だったと思う。いつもの左右病で金子のみ右投 [続きを読む]
  • 初回に失点。もっと選択肢が欲しい。
  • 結果的に8回に3失点した吉見投手。もしも吉見自身この回を無得点に抑えたとしても納得はしてなかっただろう。吉見投手が初回の1失点を悔やむ投手である限り、次回登板に期待が持てると思う。同い年ながら初回からゼロを並べた岸は立派だった。力の差と言ってしまえばそれまでだが、『好投手』相手の試合と『若手投手』相手とで同じ戦い方を挑む中日に少し無力さを感じる。戦い方を代える為にも打順では無くスタメンを代えて欲しい [続きを読む]
  • 小笠原に久しぶりの勝利
  • 四球も少なく球数も少ない、カーブの精度が良くなっていた気がする。結果ストレートでもアウトが取れた。アマダーがカーブを狙い撃ちしたシーンもカーブが有効に使えている裏返しだと感じる。1点取られた時点で『0』に抑えてくれよ、とは思ったが二死でのソロはOKだという強い意志がバッテリーにあれば問題ないのではないだろうか。肝心なことは試合を有利に進めること。幸い打線が取られた後に取り返すという理想的な攻撃を見せて [続きを読む]
  • 続けることが大事
  • 山井が初回に悪い形で失点した。それがずっと尾を引いた感じか。先発のやられ方、野手のやられ方が最悪だった印象だ。私自身、打線は変わらないと信じ切っていたが見事に変わった。首脳陣より私の方が頑固者だったということに反省。打線がどう、ということ以上に我々は打線を変えるのです、という姿勢を見せてくれたこと、そして京田の打席よりも平田の打席が多く見られる、という点は個人的には嬉しい。ただ残念なことに結果は付 [続きを読む]
  • 楽天戦、勝ち越せるか?
  • パリーグの最下位である楽天。何とか勝ちこしてほしいという思いはある。交流戦で沈むチームがこの後上がるとは思えない。5分で乗り切る為には西武含め両チーム方2勝1敗を勝ち取るしかない。そりゃあ3連勝が良いがアウェイということもありなかなか難しいだろう。2勝だって難しい。ホームで一度しか取れてないからね。京田が2番に戻ったことで打順再編論がネットでは再燃しているように感じる。ファンそれぞれが夢のオーダーを持っ [続きを読む]
  • 今は耐えるしかない
  • 捕手二人制ということもあり、抜く試合になった感は否めない。とはいえ期待の大野投手だったが、結果としては4回5失点。流れに乗って初勝利とはいかなかった。球数が多かった割に、勝負所が甘かった。確かに変わらず球に力はあったが荒れていた。見ている側としては中田賢一とそこまで大きな差があったか?とも思えたが、バッテリーで反省する点があるのだろう。個人的には内容は悪かったが、ホームランを打たれるようなボールでは [続きを読む]
  • 完勝!福田が課題を一つクリアする。
  • ガルシアが完封!先制できたこと、苦しい場面で中押し出来たこと、そして最高の形でダメ押し出来たことでガルシアに余裕が出来た。彼の明るさ、テンポの良さが攻撃と守備に相乗効果を生んでいる。これで7勝だ。調子を落としていたアルモンテに二安打出た。ビシエドもノッてきた。そして福田に待望の一発。ボール気味にも見えたが自分の好きな球を引っ張りレフトスタンドへ運んだ。あのバット投げも今季初だったのではないか。その [続きを読む]
  • 中継ぎが良く耐えた
  • 岩瀬のボールが高く、簡単に捕まりギリギリの戦いに。しかし後の中継ぎがよく凌いだ。決して楽な勝利でも無かった。でも勝てた。相変わらず松坂は四球を連発していたが、彼にはギアが存在し、勝負所では十分すぎるほど技を披露していたように感じる。選手が十分揃っていないとはいえソフトバンクを1失点に抑えた。嬉しいねぇ。対して千賀もそう調子はよく無かった。WBC位しか見たことが無いが、結構変化球が抜けており、自らの判断 [続きを読む]
  • 初サヨナラ、接戦に出来たことに価値
  • 吉見が初回に4点を失う。天邪鬼な気持ちもあるのだが、『これまでの試合で一番チャンスがある』と思ってしまったが、予想に反して最少得点で削る、苦しい戦いとなった。良いプレーも悪いプレーもあったが、両チームの差は守備。井口監督の井上交代が少しでも遅れていたら、もっと楽に勝てたかもしれない。確かにアルモンテの頭を越されたプレーなどあったが、既に彼はあの守備力が許されている。あのシーン、開幕時ならボロッカス [続きを読む]
  • 結果を残した小笠原
  • 久しぶりの小笠原。試合を見ることは出来なかったが、結果としてはソロホームラン一発で抑えた。とりあえず良かった。若手とベテランが融合することが今は大事だろう。今後もしっかりローテを守ってもらいたい。今日の試合、結果としては打線が0点。ただこれは小笠原が1点に抑えた結果。5点取られていれば2、3点は取っていただろう。相手投手がどこまで良かったのかは分からないが、今季初勝利を献上。流石に打ってほしかったなぁ [続きを読む]
  • 重たい試合を落とす
  • 初回無死満塁の大チャンス、併殺で1点を喜んでしまったのがマズかった。それっきりでチャンスらしいチャンスもなく終わった。これで最下位となった。これまで最下位じゃなかったことが不思議なくらいで悲しいかな、実力に結果が追いついてきた。石川は上から目線かと思うくらいコントロールよく、落ち着いた投球を披露、対するマルティネスも危なっかしいながらもギリギリ抑えていた。流れを変えかけたマルティネスのヒット。あわ [続きを読む]
  • 山井抹消されず!
  • 山井投手が抹消されなかったということはローテ確定なのだろう。ベテランと外国人という開幕時には計算されていなかった選手が試合を作っている。若手とベテランの間にあるこの壁は厚いのか薄いのかは分からないが『伸びしろ』であることは確か。力の配分であったり、勝負所でのギアチェンジだったり、奥の手を隠すことだったり。QSをクリアできても後半捕まる傾向がある理由はどこかにあるのだろう、単純にスタミナ不足では無いこ [続きを読む]
  • 守り勝つ野球、中日らしい試合
  • 世代交代はまだ早いのか。『経験』や『考える力』を持っているベテラン勢がまたチームを支える。先発山井が球数を増やしながらも見事な投球。たまたま左右で決められた打線とはいえ、内野守備が機能したことで大分試合が安定したように感じる。悩み過ぎている福田も守備で良いプレーを見せ、結果貴重な追加点も上げた。これで少し上がってくるかもしれない。今日はようやくスタメン荒木。周平が大分上手くなったとはいえ、荒木はや [続きを読む]
  • 5戦目で負け越しが決まる
  • 交流戦もう辞めたいです。と訳の分からない現実逃避。いやいや逃げてはダメだ。日ハム良いチームだ。ここまで理想的な野球を見せられると何も言えない。他のセリーグ球団が負けることを願うしか無くなる。何と言ってもメンバーが羨ましい。若くノビノビ戦っている。ベンチも良い雰囲気が流れている。逆に中日は『絶対勝たなければ!』という悲壮感が漂っている。ガルシアはいつも通りといえばいつも通りだった。少し引っ張りすぎた [続きを読む]
  • ただの一敗だと言い聞かせるしかない
  • 周平のタイムリーで追いついたところで家に向かったが、残念なことに既に試合は決していた。この試合で良いところを見つけようと必死に見続けたが何もなかった。ただ、同じ立場とはいえ北海道で応援した中日ファンの気持ちを考えると、この悔しさを何で消化するのか、自分たちで消化しないといけないのかと考えると、辛すぎる。勝つための特効薬は采配、奇襲などの策。ただし強くなる為には選手自身で考え、悩み、経験して強くなる [続きを読む]
  • 指名打者をどう使うか?
  • 指名打者をどう使うか?これも楽しみの一つ。あっさりとモヤを入れたいと森監督は言っていたが面白くないというのが本音。そんな中モヤのいない日ハム戦は実に面白いと思う。吉見を落として野手を入れるようなことをするか?でも好投したし考えにくい。となると野手は今のメンバーで行くのだろうか。そうした場合、アルモンテDHは悪手だと思う。工藤の使い道が減るし、藤井がスタメンになると代打の切り札も減る。とはいえ松井佑は [続きを読む]
  • バッテリーでお立ち台、嬉しいね
  • 相手に感謝の気持ちを伝える心。その中でストレートに伝わる『言葉の力』は本当に大きい、そう感じたヒーローインタビュー。松井雅は吉見へ、吉見は松井雅は勿論、同じように頑張るベテラン勢へ感謝の気持ちを口にしていた。これを聞いて中日を応援したくなくなる人間はいなかったと思う。言葉の力は大きいが故、非常に難しい。発言する側の技術が一番大事であり、昔と違い『言わなくても判るだろ!』という時代では無く、ある程度 [続きを読む]
  • 過去、未来では無く、今を見れるか?
  • 逆転による二連敗。首脳陣に『ホームだし勝ちこせる』という気持ちの緩みがあったのではないか、と疑わざるをえない。松坂と金子。どちらに勝ちが付いてもおかしくない投球内容。投手陣は球数が多いながらも抑えた松坂から学ぶことは沢山あるだろう。これまでのオリックスを見ていると、ヒットもアウトもアッサリしており、球数、カウント関係なく、打てる球を打つ。当たり前が出来ている気がする。自分のペースで試合を進めるオリ [続きを読む]