kazudragon さん プロフィール

  •  
kazudragonさん: 今日から俺はドラゴンズ!!
ハンドル名kazudragon さん
ブログタイトル今日から俺はドラゴンズ!!
ブログURLhttp://kazudragon-dragonz.blog.jp/
サイト紹介文念願の『野球に触れる環境』を手に入れた中日ファンが、ダラダラとドラゴンズ戦の感想を語る。
自由文TVの生中継の感想を率直に、勝手な想像で書きます。ぜひドームにも足を運びたいですねぇ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供350回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2016/05/31 22:36

kazudragon さんのブログ記事

  • DeNAの凄さ
  • どちらが勝つか分からないクライマックスシリーズ。中日は今年DeNAとの試合は紙一重の差で負けている印象が強い。各監督の力量がどうかというと、一概には言えないが、個人的には、セリーグの監督はダントツでラミレス監督が優秀に思える。ラミレス監督は普通にできないことを平然とやってのける。記憶に新しいのはノーヒットノーランの投手を下げる、だ。試合に対する優先順位がしっかりと出来ている。継投は不可思議に思えること [続きを読む]
  • 日ハムと異なるドライさ
  • 日ハムが冷たいと思っていたが、では中日は選手に優しい球団なのか?中日が優しい球団ならば、何故谷繁が、福留が、立浪が、井端が、和田が、山本昌が、こんなにも多くの一流選手達が現在のチームに関わっていないのか。そしてこれらの失敗が、黄金時代を築いた落合元監督、元GMに降りかかるという、功労者が損する構図が成り立っている。ここ数年の中日で成功したのはコスト削減のみ。これが意図的なコスト削減だったのか。選手が [続きを読む]
  • DeNA打線の脅威
  • 今日の試合でDeNAが勝利。阪神もDeNAも良い打線ではあるが、DeNAの恐ろしい点はスタメンの20代が占める割合だ。今日のスタメンを見てみる。1 (中) 桑原 将志 右  (24)2 (右) 梶谷 隆幸 左  (29)3 (一) ロペス 右     (33)4 (左) 筒香 嘉智 左  (25) 5 (三) 宮? 敏郎 右   (28)6 (捕) 嶺井 博希 右  (26)7 (二) 柴田 竜拓 左  (23)8 (投) ウィーランド 右 (27)9 (遊) 倉本 寿彦 左  (26) [続きを読む]
  • 京田の打順
  • 京田の打順。森監督が来季は1番では無く、6番か7番という発言があったそうだ。個人的には賛成かな。結構褒めてきたがあくまでもルーキーとしてよくやっただけで、1番打者としては我慢できないだろう。1番は一番気楽な打順と大島自身も話してたが、経験を多く積む為の1番だったようだ。3番不在も響いたのだが。一年目ということで贔屓目に見ていたのは確かだが、出塁率の低さ、空振りの多さ、手を出す速さは相手投手を楽にしていた [続きを読む]
  • CS始まる。
  • クライマックスシリーズが始まった。クライマックスシリーズファーストステージは中日自身は勝率が高く、あまり悪い印象はないが、(今出れないのはさておき)あれだけムキになって争った2位、3位が二日で決まる空しさもある。西武と楽天の戦いはエース対決。見事に西武が打ち勝ったようだ。則本がこんなに打たれるとは。。。もしも則本選手が中日に。。。という深く、暗い話はさておき、いち野球ファンとして菊池vs則本の投げ合い [続きを読む]
  • やっぱり気になる村田修一
  • 巨人の村田自由契約。非常に驚いた。中日が動くかは分からないが、周平を使ってほしいサード候補に村田をイメージしてしまうのはもう仕方がない。森野のはずのサードが中村ノリになった時、やっぱりノリは守備が上手いもんと自分に言い聞かせた思い出がある。普段の村田を見ていないが、良い部分だけ、球のさばきが上手い印象だけが思い出される。他球団の選手はつい美化してしまう。スタメンに使う使わないは別として、これだけ経 [続きを読む]
  • ポジティブに考えてみる。
  • 2012年以降の最悪期を乗り越え、少しづつ強くなっている2軍。2012〜2014年最下位だった中日は確実に上位に食い込んできている。思えば2009〜2011年最下位だった広島も2012年に順位を上げ、2013〜2015年に2位。2016年は順位を下げたが、1軍が優勝。さらに今年は2軍までも優勝した。『2軍べース』で考えると、中日はこの広島2軍成長曲線に乗っている。となると、2018年も2位。2019年は順位を下げるが1軍が優勝。次の年はダブルで優勝 [続きを読む]
  • やはりフルイニング出場選手が欲しい。
  • 今シーズン、好調大島のケガは非常に残念だった。負けが多いとどうしても、野手、投手を酷使してしまう。もうこれは仕方がない。そのようなチーム状況ではあるが、考え無しに欲だけ言うと、『フルイニング出場選手』が出てきて欲しい。内野でも外野でも良い、そこのポジションのことは考えなくても良い、それくらい当たり前に守れて、打てる選手が出てきて欲しい。つい外野から先に埋まってしまうチーム状況から、内野の選手に求め [続きを読む]
  • 無事シーズンを終える
  • やっと、やっと、やっとシーズンが終わった。やっと最終戦。完全なる阪神の調整試合、および引退試合。つい最近、安藤は入団していきなりローテに入った記憶があるがもう40歳だったのか。これでどんどん知らない選手が増えてくる。悲しいものだ。こないだ石川がオープン戦でホームランを打った気がするが、やっと安藤からホームラン。阪神ファンから嫌な印象ではなく、悪い印象が残ったのはさておき、この1点のみで終わった打線の [続きを読む]
  • マスコミの中日好きにビックリ
  • Yahooのトップニュースに、中日助っ人捕手取りが上がっていた。情報が良く漏れるな。というのもあるが、ファンのアンテナに限らず、中日ニュース多いぞ、と単純に思う。ここ最近のニュースから、ゲレーロの撤退がほぼ決定的との報道となっている。ゲレーロ撤退は残念だが、それ以上にマネーゲームがそのまま選手の高騰に繋がるのに正直違和感を感じる。ゲレーロ選手は良い外国人だったのは確か。前の打者によっては、もっと打点も [続きを読む]
  • 小笠原のシーズンが終わる
  • 7回2失点。無理やり完投した日以降、四球が減った、関係あるかは分からないのだが、疲れた中でも良い球が出来るようになったのだろうか。打線が仕方ないとはいえ、勝ちが付かないのは非常に残念。手術明けの、ヒヤヒヤしながらも最後は良い印象で終わった。来年は開幕投手だって争う存在になるだろう。さて、京田は無安打に終わったか。仕方ないのだが、彼もあと一試合で今年が終わる。一年通して見た場合、外から見る分にはよくや [続きを読む]
  • 新人王争い
  • プロ野球の大スター大谷投手が4番投手、完投。その華やかな幕引きの裏で、コソッとセリーグの新人王争い、直接対決が実現。7回1失点、11奪三振と、2軍クラスの選手では歯が立たなかった。京田は3の0で通算9の1。川上、ヨシノブのハイレベルな争いと比べると低く感じてしまうが、お互い十分資格のある成績である。どうしても贔屓目で見てしまうが、チーム力の差が無ければ京田が。。。いや、このチームだから起用されたという無駄 [続きを読む]
  • 試合結果が頭に入らない。
  • 笠原が二回以降無安打完投と、なんか良いこと風に書かれていたが、正直試合結果が頭に入らない。京田打たなかったな、福田に一発出なかったな。何故か石川当たってたな、松井雅打ったな。くらいだ。入らないのは戦力外の発表のせいか。お昼にロッテの戦力外になった京大の田中、少し前の甲子園で活躍した脇本。そして自動車学校の信楽も記憶に新しすぎる。時が経つ早さの残酷さを改めて痛感した。そして、遂に中日も6選手が選ばれ [続きを読む]
  • 清宮どうしても必要 中日訴え
  • 『清宮どうしても必要 中日訴え』Yahooトピックスに掲載のあったタイトルだ。どのような姿勢で臨んだかは分からないが、如何にも下からな表現ではある。方針を変えないソフトバンク、変えず諦める広島が立派に見える。王者の余裕でもあるし、自分のチームに自信があるのだ。中日にとって、チームにとって必要な選手か、以上に本当に現場が心から望んでいる選手かが気になる。現場の人間に、将来ポスティングに行きたいと発言するル [続きを読む]
  • ヤクルト戦のオーダー
  • さて今シーズン最後の神宮戦。オーダーを見て、遂にやりやがった!という印象。8番に投手入れてる!このタイミングだとラミレス監督の真似と言われても仕方がない。9番には友永という何とも言えない打順。ほかのメンバーあっての9番野手なのになぁ。このメンバーだと機能しない気がする。まぁ、人の真似が迷いなくできることは評価したい。試合自身は京田がなんとか2安打、友永、井領もタイムリー含む2安打。松井の決勝ホームラン [続きを読む]
  • リードを奪うもアッサリ追いつかれる
  • 今日は幸先良くリードを奪うも、寺島降板後は打線沈黙。中日基準の『若手』打線は結果を残せなかった。気になるのは周平ファースト、福田サード。このまま福田がファースト固定になるのを避けたいためか。周平セカンドとか言うトンデモナイ話も出ているので気にはなる。セカンドとは言わないが周平は今の打力であれば、もう少し守備の選択肢があって欲しいのは正直なところ。大野はこれで規定に乗ったか。前半の不調が無ければもう [続きを読む]
  • 残り6試合
  • 残り6試合で岩瀬、荒木、ゲレーロ、谷、工藤が抹消。代わりに上がるのは、唯一の野手若手、石垣と、年齢的に厳しい小川、杉山、友永、石川、井領の6人。遅すぎるが、まぁ他球団の状況から適当に試合するわけにはいかず、空気を読んだという意味では間違っていない。彼らに求めれるのは、何か。まぁ温かく見守っていきたい。ところで外国人投手はジョーダン以外は戦力外とのこと。バルデスは本当に頑張った。彼を切るのは相当な覚悟 [続きを読む]
  • 小笠原負けはつくも無四球投球
  • 前回強引に完投した小笠原だったが、今日は7回を87球2失点。巨人打線が結構手を出してくれた印象もあるが、よい投球だったと感じる。それ以上の快投を見せたマイコラス。相変わらずの相性の良さと、意地でも勝つとういう中4日、あわや完投させようという、今日の試合に懸けるヨシノブ監督の強い意志を感じた。その逆境の中で打った福田の一発、一つのミスも許されない場面で、ベテラン工藤の盗塁と、最後は届かなかったとはいえ、 [続きを読む]
  • プロ野球選手は勝って輝く
  • 森野選手の引退会見。悔いが無い、やりきった思いが多く込められていた。全ての選手が経験できない優勝、日本一。この思い出を、負けが続くチーム状況からより一層あの時は良かったと感じるとのことだった。プロ野球選手は勝って輝く残された選手達には非常に重い言葉かもしれない。また伝わらないのかもしれない。ここ5年の選手は、勝つ喜びを知らない。今季は開幕した瞬間が、チームの最高順位であり、唯一の無借金状態だった中 [続きを読む]
  • 最終戦勝利!藤井が花を添える。
  • 最終戦、笠原が好投も7回に疲れが見えたか。押し出し四球で集中が切れた感はあったが、なんとかこの回を乗り切った。点を取られたことで森野の出番がやってきたのは皮肉ではあるが、大声援に迎えられて、代打森野登場。いつも通りの表情、雰囲気の中、結果は一塁ゴロ。立浪のようにスタメンで出れなかったのは、身体の状態もあるのだろう。8回、今日絶好調の藤井が追い込まれながらも上手いヒットを見せ、ここで一発が出れば同点 [続きを読む]
  • 明日が本拠地最後
  • 今日は伊藤が初回で打ち込まれた。本拠地あと2戦、満員の中でこのような試合をするのはある種メンタルが強いようにも感じる。そしてあわやノーヒットノーラン。記録を見事に止めたのはラミレスだった。この継投が正しいか、正しくないかは誰も判らないが、ただ言えることは、ラミレス監督は個人の記録よりもチームを優先し、冷徹な決断が出来たということ。今年巨人も、あの山口をノーヒットノーランで降板させ、継投でのノーヒッ [続きを読む]
  • 金子投げずに抹消
  • 浅尾が一軍合流したとのこと山井と入れ替わりで上がってきた金子は試合数の減少、先発陣の好投もあり、良いのか悪いのか、投げずに下に落ちた。試せる場面はあったが、色々な考え方があるので何とも言えない。うーん、十分頑張った選手を落とすという選択肢もあったのに稀に冷徹なことをするよな。またはアクシデントがあったのかもしれない。結果有無関係なく、十分評価されているのならそれも良し。ほかの選手にチャンスを与えた [続きを読む]
  • 森野引退へ
  • 昨年末、そして開幕と、中軸に森野がいればキレイに収まる、そんな思いを持っていた。遅かったとはいえチームが苦しい時期に森野は復帰。オープン戦に続き、なかなかヒットが出ない時期を過ごしたが、6月後半にはソコソコ持ち直した。選球眼も変わらず、これから!という時期にケガで離脱。離脱時は残念だったが福田の活躍もあり、私の中での期待値は完全に消えてしまっていたのは事実。そう、今回の引退発表まで忘れてしまってい [続きを読む]
  • 大野が7勝目
  • 今日もヤクルト相手に好投した大野。打線が最少得点ながらもグッと堪えてくれた。次回登板で規定投球回へ乗りそうだ。防御率もようやく3点台になった。大事な時は過ぎたとはいえ、後半上がってきたのは期待が持てる。打線も効果的な一発が出た為、中継ぎも安心して投げさせることが出来た。田島が準備してただろうにそのまま出しても良かったのだが、最後は祖父江が指名された。休みがあったとはいえ、良くも悪くも山井と入れ替わ [続きを読む]
  • ナゴドで打線爆発
  • 3回、4回と瞬間的な爆発だった為、単に喜んでよいのかは分からないが、打線が10点も取った。ただ、先日代打を出された松井が打ったということもあり、感慨深いものはある。結果を残しているだけに悔しさはあっただろう。今後も来季は平田だけでは無い、という活躍を期待したい。動画を見ていないのでなんとも言えないが、周平がライト方向に長打を打っていたが、まだまだ内角を弱点としているようだ。使い続ける、だけでは結果が出 [続きを読む]