kazudragon さん プロフィール

  •  
kazudragonさん: 今日から俺はドラゴンズ!!
ハンドル名kazudragon さん
ブログタイトル今日から俺はドラゴンズ!!
ブログURLhttp://kazudragon-dragonz.blog.jp/
サイト紹介文念願の『野球に触れる環境』を手に入れた中日ファンが、ダラダラとドラゴンズ戦の感想を語る。
自由文TVの生中継の感想を率直に、勝手な想像で書きます。ぜひドームにも足を運びたいですねぇ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供331回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2016/05/31 22:36

kazudragon さんのブログ記事

  • 心を乱されなかった
  • 今日の試合、心を乱されなかった。一度も勝ち越せなかった為、勝てそうな場面は一度たりともなかった。気持ちの浮き沈みはなく終わった。ファンの気持ちとシンクロするように中継ぎ陣はプレッシャーのかからないシーンでまずまずの投球を見せた。いざという時に起用出来る、という話では無いが同じ人間なんだなと思う場面ではある。ここから思うことは、中継ぎ陣の復調はメンタル面を正常に近づけることで改善するということ。後半 [続きを読む]
  • 理にかなっている
  • 魔の9回、実況の方が使っていたコメントだ。この状況でガルシアを7回で代える道を選んだこと、目先の勝利でなく、チームの未来を選んだ采配にかなり好感が持てる。勝つことより大事なことがある、そのような状況になった悲しさを今更愁いても仕方がない。結果として地獄が待っていたが、どうして!?なんて思いなど全く無い。チームが苦しいのは皆分かっている。9回二死ランナー無しから満塁を招いた佐藤、当然だし責める気持ちな [続きを読む]
  • 森監督は分かっているはず
  • 日曜日は木下を登録、そして今日ライデルマルティネスを抹消。森監督の試合後コメントが少しミスリードさせた感はあったが、なに一つ文句の無い戦略。今シーズンどのチームも中継ぎが弱い。気づけば12球団の主たる中継ぎ陣はいない名前も多い。要因は間違いなく勤続疲労。巨人の山口だって、オリックスの佐藤だって全く見なくなった。筆頭ぽいのが中日の浅尾投手。ここまで2試合投げ、危なっかしさを感じる。だが私は彼に文句など [続きを読む]
  • 中日、大丈夫か?
  • 藤嶋の好投、各打者も好調が続きチーム状態は上がっている。17安打で5得点に不安は感じながらも負けた。今日の負け方はファン以上に選手自身が白けてしまう。非常に心配。昨日の試合は見ていなかったからショックが少なかったが、今日の試合は見ていた分ショックが少ない。自らゆっくり確実に一歩づつ負けに進んでいたので、いつ負けたか気が付かなかった。選手と首脳陣に大きな溝が出来ないことを願うばかりだ。投げさせる投手が [続きを読む]
  • 完封される
  • 菅野完封、見事にやり返される。私自身、試合を見ていないどころか、途中経過も確認出来ていなかったのでメンタルへのダメージが最小限で済んでしまった。結果が結果だけに夜中1時の再放送は見ないが、見ていない立場として言わせてもらうと『1-0』も『10-0』も同じに思える。ただ観戦している方の立場から言うと、点差の分苦しんでおり、心無い言葉で容易に表現すべきではないだろう。勝手な想像だが大量リードの中、菅野が138球 [続きを読む]
  • 好ゲームとなる!
  • 笠原好投!野手の好守も光る。抜群の投球では無かったが力強い投球、逃げないスタイルは非常に好感が持てた。一四球と吉見が示した投球に近かったのではないだろうか。8回にまたまた佐藤を起用、9回にマルティネス。0に抑えたのは立派だとは思うが、見る側としては不安だ。首脳陣の期待が願望に変わりつつある。マルティネス抑えと見せかけて岩瀬を登板する位なら良いけど圧倒的な選手がいない限りはもっと悩んでもらいたい。メル [続きを読む]
  • 色々あった勝利
  • 見事勝利。平田のサイクルヒットもあり楽しい試合ではあった。ただ中日が望んだ形の試合展開ではあるが、グダグダの試合に見えなくもなかった。松坂登板だからなのか、ラミレス監督が横浜高校出身中心にオーダーを組むという理解しがたい行動に出た。結果ソトが2番から6番に下がる。正直勝負しやすくなったと感じる。中日も同じことを思われているのだろう。正直、京田2番は相当ハンデを背負っている。ただ、今はこの采配を信じる [続きを読む]
  • 小熊好投
  • 初回、先頭に四球を出したが以降は出さなかった。本人もコメントしていたが、捕手の武山が刺したことで落ち着けたようだ。どんな失敗をしても自分で取り返す必要など無い。仲間で支え合う、そのような当たり前のことを思い出させてくれた小熊の好投。大切な一勝になったのではないかと思う。今のドラゴンズは誰のせいで負けた、そんな話題が絶えない。全ての負けが中継ぎ陣のせいではないのに、責任を取らされる。役割上仕方がない [続きを読む]
  • 今更負けるのが怖いか?
  • 何度見た展開か。自ら招くピンチ、押し出し。入らないストライク。ここまで負けてもまだ負けるのが怖く、打たれるのが怖いのだ。個人的にそこまで能力が劣っているとは思えない投手陣。福谷の送球エラーと言い、投手陣をイップス気味にしているのは采配であったり、一つのミスも許さない降格処分などの報復癖が生んでいるように思えてならない。投手陣と共にメンタルを崩している場合では無い。今更気にすることは無いよと言える、 [続きを読む]
  • 勝てるはずがない
  • 昨日に続き面白いゲームではあった。なまじ勝利が見えた分ダメージは大きい。一部の選手だけで試合をやっている状況。既に首脳陣は匙を投げている。鈴木の起用および続投は、勝つためでも成長の為でも無い。自ら決めたルール、抑えは鈴木という理想に捉われた結果だ。途中で代えられて学ぶことだってある、ほかの投手に救われることだってある。途中で匙を投げ『選手が悪い』と思っているのであれば、一冊でも多く本を読み、人間は [続きを読む]
  • 面白いゲーム、ただ悪い試合
  • 小笠原が初回二死から崩れる。その後、野手の頑張りもあったが力尽きる。昨日、吉見がこのチームはとにかく四球が多いと嘆いたばかりだったが小笠原は見事に崩れた。野手がその裏に得点を重ねたことで接戦とはなったが勝つべき試合では無かった。一瞬でも夢が見れたと思えば佐藤、又吉を責める気にはなれない。全て初回に4失点した先発の小笠原が悪い。佐藤が崩れたことにより岩瀬を早くに出す必要が出た。その中で代打を挟むとは [続きを読む]
  • 吉見が導く
  • 6年ぶりの完封とのこと。吉見の強い思いがチームを勝利に導き、更に悩めるチームに方向性を示した。投手陣がローコストに持ちこみ打線が点を取る、当たり前ではあるが出来ていないことであり、結果を残したからこそ説得力がある。1番亀澤、2番京田は不発。中軸、下位打線は頑張ったが、平田を6番に下げてまでこの打順を組みたい理由は謎だ。開幕前森監督は京田2番構想を口にしていたと思う。私は下位打線に一人足の速い選手が欲し [続きを読む]
  • 投手陣、3失点に抑える
  • 首位広島相手に延長サヨナラ負け。素直な感想は『良くやった!』だ。良くやったことに意味など無い。ただ、10回まで緊張する場面を抑えた中継ぎ陣、苦しみながら抑えた先発笠原は評価に値する。ロドリゲスは一瞬の輝きの強さを感じるので流れを変えたい場面、奇襲の継投というかワンポイントというか、そういう起用が良いと感じる。首脳陣が期待するのは勝手だが期待に応えるよりも各選手の特性を生かすことが仕事である。その気持 [続きを読む]
  • 奇策、散る
  • 右投手に亀澤を下げ周平を上げるスタメン。3番平田になったのでまぁ許そう。言ってしまえば福田を諦めればウィンウィンになるのだが、わかっていても出来ない。彼の真面目さは今のチームに必要とされているのだろう。と無理やり理由を探してしまう。最後は良い試合風にはなった為、風化し許されているが、どう考えても6回の采配がダメだった。無死一二塁。ランナー二人が外国人で周平にバント。たまたま成功したが、首脳陣は出来て [続きを読む]
  • 点差以上の敗北
  • 今日は初回からガルシアがボコボコにされた。常時5失点以上するマツダで6失点はある種、良く抑えたのではないかと思ってしまう。ただそんなに甘くはない。中日の得点がもっと多ければ6失点以上しているだけの話だ。まぁ横綱相撲をされているということだろう。マツダで勝つには打ち合いを制する、そして相手に今日は負けても良いか、と思わせることだろう。そんな中、左投手相手に荒木ではなく亀澤を起用。ジョンソンに右も左もね [続きを読む]
  • 巨人に負け越し、仕方ないとはいえない
  • 私もナメていたかもしれないが、今村投手の見事な投球の前に眠気に襲われた。この試合、というか中日の悪い面が8回に凝縮された。選手だけでなく首脳陣も変わらないといけない。スタメンは予想通りの荒木、福田。この二人を否定はしないがそもそも大島3番、平田5番を何故無理に採用していたかを思い出すと、アルモンテが既に復帰している今、平田は3番でいいのではと思う。相性の良い荒木が起用。これは百歩譲って許せても、8回の [続きを読む]
  • 先発が試合を作らなければならない
  • 小笠原投手が調子は良くなかった。そんな中で菅野を打ち崩した打線だったが、点を取るたび投手が守ってくれなかった。大いに反省してもらいたい。打線は好調の中アルモンテがブレーキ。自然に好調藤井が外れているのが気になる。アルモンテ6番というのが贅沢なような、自分たちのやりたい野球が何かを忘れたまま藤井の代替えにアルモンテを入れているように思える。ここまで時間の長い試合で負けるのはツライ。ロドリゲスの2失点目 [続きを読む]
  • リベンジ果たし5連勝!
  • 好投していた吉見が7回に捕まる。良くも悪くも四球の無さが勝負所で読まれて打たれている感もあるが十分やってくれたし、中継ぎ陣もシッカリ抑えた。最後は澤村の独り相撲となったが、澤村だけでなく巨人投手陣は常時四球で先頭打者を出している印象。スコア以上に押していたのではないかと感じる。勿論先発の吉見も結果を出しているが、野手では亀澤、投手では佐藤の働きがかなり目立っている。今日は更に鈴木を諦めた采配も良か [続きを読む]
  • 周平、竜の未来を担う?
  • ランナーを出しながらも抑える。松坂らしい投球だった。阪神も万全では無く、バッテリーも守備陣もミスばかり。相手に救われた試合ではあった。しかし四死球9個でよく勝ったもんだ。バッテリーミスがなかった分上回ったか?ただこういう価値を貰える試合を増やすことは大事だ。こうい試合を落としていたのがドラゴンズだから。ヒットはたった6本。亀澤のラッキーな内野安打、大島のセンター前、アルモンテの久しぶりヒット。そして [続きを読む]
  • ガルシア7月3勝目!
  • 今日は珍しく初回を抑えたが、相変わらず危ないシーンは多かった。ただアッサリ打たれることも、苦しんで四球を出さないことも彼の特徴だろう、結果的には7回2失点、数字は十分すぎる。打線ガルシアの犠打失敗、無死満塁でゼロという中日らしい展開もあったが、福田、武山の速攻から大島の2点犠飛など、嫌らしい点の取り方も出来た。これはかなり効いたと思う。左投手相手に藤井がスタメンと松井佑は完全にチャンスをモノに出来な [続きを読む]
  • 初物を打ち崩す!
  • 新人に初勝利ばかり献上していたドラゴンズ。今日は打線が初回から圧倒し試合を有利に進めた。初回の京田のヒット、そして盗塁。これはチームにかなりの勇気を与えた。亀澤、大島も盗塁を決めた。昨日までとは大きく戦い方を変えた。それが全てハマり相手には脅威に思えたのではないだろうか。死球で今日の出番が危ぶまれた平田はスタメンで活躍。今日はヒーローにも選ばれた。不調が続いていた周平はスタメン復帰、ヒットも出て良 [続きを読む]
  • 菅野に投げ勝つ
  • チームが辛い状況の中、小笠原が菅野相手に完封勝ち。本当に良かった。ボール球が先行してもバシバシストレートを決めていた印象。四球も少なめだった印象ではある。打線も久しぶりのホームランだった気がする。あっさりアウトになる松井佑の後に藤井のツーラン。そしてビシエドっぽくないキレイな当たり。このドームではホームランが出ないとね。初回に平田が死球で交代。その後普通の顔してベンチに戻っていた。左て小指の打撲。 [続きを読む]
  • 変わるキッカケになると信じる
  • 山口にノーヒットノーラン。どん底状態でこの負け方。不思議と悔しさなど微塵もない。12球団並べて、11球団に出来て中日に出来ていないことがある。それは自分たちの形にこだわり続けること。こだわり続けて良かったことなど何一つない。そう何も残っていないのだ。チームは変わらないといけない。変わらないと強制的に変えられる。それまでに手を打たないといけない。いつだってリーダーはツライ、全ての選手の人生を背負っている [続きを読む]
  • 奇跡は起きなかった
  • 昨日同様、惜しい展開にはなったが勝てず。危ないシーンもあったが中継ぎ陣十分粘っていたのではないだろうか。5位と3ゲーム差の最下位。借金は最多の11。まだ7月とはいえチームは暗い。借金9の段階でどれだけ借金9を保てるかという話をしたが、一時上昇はするも結局落ちてしまった。吉見がノックアウト。先発陣の復調がカギ、中継ぎ陣が復調すると落ちるというのではなく、ビハインドだと失点は少ないのだろう。本当に苦しい。ポ [続きを読む]
  • ガルシアで落とす
  • 昨日のヒーローたちは封印し、右打者を揃えてきた。バントのミスが目立ちはしたが、ガルシアのバントなどは期待する方の問題を感じてしまう。ガルシアも特別に悪い感じはしなかったが、毎回このような展開になってもおかしくない。昨日当たりがなかった京田が4安打。全員が調子いい時には打たず、苦しい時に打つ。まぁこの2試合だけを見ると理想の形ではある。アルモンテ、モヤの離脱に伴い5番に入った平田がブレーキだったかな? [続きを読む]