住まい探し さん プロフィール

  •  
住まい探しさん: 住まい探しのコツ
ハンドル名住まい探し さん
ブログタイトル住まい探しのコツ
ブログURLhttp://sumaisagasi.net/
サイト紹介文家探し、部屋探し、住まい探し住宅を選ぶためのちょっとしたコツ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/06/01 10:27

住まい探し さんのブログ記事

  • 入口玄関
  • ほんの少しだけリノベーション工事することで見栄えがかなり変わる部分リノベーション築古で時代にそぐわないデザインや作りだとしても一部作り変えるだけ全体の雰囲気というのは随分と変わります特にマンションなどの集合住宅の場合は入口や玄関最初に入ってくる印象で素敵な建物や家の印象を与えます築年数が古いワンルームアパートの入口これはコンクリートの打ちっぱなしだった共有部分の廊下の入口をタイル風の作りを取り付け [続きを読む]
  • 単身
  • 一人暮らしのスタイルはバリエーションが最も幅広いスタイルで男女でも違い未婚既婚でも違いますもちろん年齢でも変わっていくのでケース1スタンダードな独身20代通常の会社員または学生単身の一人ぐらいの多いパターンではないでしょうか少子高齢化の時代になっていくと20代未婚のパターンは少なくなっていきますがそれでもまだまだこのケースが多くワンルームもしく1Kルームがよく見られます都内から地方で家賃相場は3〜 [続きを読む]
  • 木の枠
  • 収納を簡易的に行う場合は背板の無い木の枠を利用するとよいでしょう一つ一つ単独で積み貸せたり寝かせたり立てたり組み合わせはあなた次第木の枠のお店イエノLabo.カラーボックスと組み合わせてもよく他の素材と組み合わせてもよいでしょう購入するなら20個ぐらい一度に購入すると組み立てやすいのでまとめ買いおすすめします [続きを読む]
  • ストレート(I 型)
  • スタンダードな形で昔かたあるスタイル省エネスペースでレイアウトが組みやすいストレート型の普及は製造側の視点だと汎用性が高い汎用性があるといつことは大量生産できる大量生産ということはコストダウンできるコストダウンできることは利用者消費者が購入しやすい高度経済成長期人口も増えマンモス団地いわれる人口も大量になり団地のレイアウトに一番適したのがこのストレートタイプのシステムキッチン一人暮らしから大家族ま [続きを読む]
  • スケジュール
  • 仕事をしていると実際に内覧できる時間というのが限られてきますそのスケジュールをどういう風に組み合わせるかで内覧できる回数が決まります平日仕事で土日祝が休みのあなた土日が休日の仕事をしている方だと内覧のライバルが多いライバルと表現してよいのかわかりませんが同じような土日が休みの会社員の人が同じように内覧の希望が重なりやすくなります不動産の仲介の人もやはりフ土日祝が一番内覧が多いとほとんどの人は言いま [続きを読む]
  • 部屋の条件まとめ
  • お部屋選びはライフスタイルでもありあます自宅から仕事最寄り駅沿線乗り換え遊びに行きたいショッピングしたい場所への路線図近くに海はあるのか公演はあるのかスーパーマーケット食料品を購入するお店があるのか いろいろな条件がありますそのライフスタイルの条件こそが部屋選びの条件にもなります [続きを読む]
  • 対面式
  • キッチンで料理の準備しながらリビングが見渡せて家族の様子子供の様子を見ながら食事の準備ができる夫婦と1人または2人の子供4人家族構成で好まれる3KDKのマンションのスタンダード的なレイアウトが対面キッチン対面キッチンのメリット対面の為の理由でもある目の前が壁ではなくリビングもしくわダイニングという目の前の視界が広がるのが最大の特徴専有面積が広ければ対面キッチンはアイランドキッチン同様効率的な台所のレ [続きを読む]
  • 二世帯家族
  • 二世帯住宅のお家の特徴として二世帯の構成と関係とご両親の年齢によって変わりますが一般的で一番多いケースは奥さんが旦那さんのご両親と同居の二世帯住宅のケースが多いですこの時にもつとも注意しないといけないのは女性が自宅の時間を多く過ごすのですが義理の母(旦那さんの母)義理の娘(奥さん)キッチン台所が別であるというのがポイントになるでしょう料理の方法や台所の使い方はその家庭それぞれ違いがあり同じ血縁家族 [続きを読む]
  • 雇用形態別
  • 雇用形態別ローン審査基準年収契約制正社員年収契約制契約社員年収契約制派遣社員成果報酬型社員アルバイト個人事業主雇用の順番としてはローンの審査が通りやす順番になり意外に思われるかもしれませんが個人事業主が実のところローンの審査に一番通りにくい最初のローンならなおさらその傾向にあります銀行や融資側の立場としては貸したお金がしっかり回収できるかしか見ていませんその場合個人事業主という立場は職業は色々ある [続きを読む]
  • ごみ回収
  • 実生活で気になるのがごみの回収もなりますが住まいの地域指定されているゴミ出しの方法が基準にはなりますがマンションや一戸建てなら地域の自治体によってごみの出し方は様々マンションは20戸や30戸以上になるとほとんどが在中のマンション管理人が入りケースが多くゴミ出しも24Hで曜日を気にしない事もモラルが中心マンションのいいところは管理費が発生している分ゴミや政争をしてくれる人がいるというところ10戸以下 [続きを読む]
  • 1000万円台の家の秘密
  • 一戸建てを建てる時に建設会社ハウスメーカーをどう選ぶか気になるところですですが建設価格についてよくある1000万円台の住宅についてまず値段に特化したコンセプトで価格はその通りになりますが数字は見えないところがあり。ただ家を建てる時に何を見るかですが家本体以外に色々な経費お金がかかりますまず見えないところでいうならば代表的でわかりやすい火災保険これは東日本大震災の津波以降住宅の保険自体がかなり見直されて [続きを読む]
  • 土間
  • 日本家屋の時代は軒や土間というような外のような家の中のような曖昧な空間がありました。西洋文化が普及住宅の作りも西洋形式畳みから床長屋から集合住宅平坦な空間あら縦の空間が出来上がり曖昧な空間土間のような無駄な空間が少なくなりいましたですが近年2014年ごろからマンションのエントランスなど贅沢な空間が求められるようになりました一軒家やマンションの部屋でもリオンベーションを行いあえて無駄に感じる土間的ス [続きを読む]
  • 2×4工法
  • 住宅の建築工法にツーバイフォー工法という建て方があります。日本はもともとの在来工法大黒柱を中心とした建築方法が主流でしたが近年このツーバイフォー住宅を取り入れる工務店が出てきたのもあり2×4の住宅は増えつつます。管理人もこのツーバイフォー工法での住宅に住んでいますがその考えかたや特徴に納得ができてとても住みやすい一軒家です。 [続きを読む]
  • 吹き抜け
  • 天井の高い部屋とは少し違う吹き抜けの間取り言葉だけだと似ているよですが吹き抜けは1フロアー上層階を空間にしています。天井が高いのは1フロアーに収まっており天井全体が高くなっている状態写真のように2階部分がそのまま天井まで続いており贅沢な空間と言えますしかしメリットだけではなくデメリットもあるのでここは見極めましょうメリット空間の贅沢、それは物質的な要素よりも精神的な要素が高く一説では天井の高い部屋 [続きを読む]
  • 昼と夜
  • 住宅を探すときに気になるのが、昼と夜で雰囲気が変わらないか昼はとても静かで閑静な場所でも、夜になると人が賑わいうるさくならないか意外に昼と夜では雰囲気が変わります。逆に夜は静かなのに昼はかなりうるさい学校や幼稚園、保育園がある場合はかなりの確率で昼と夜には変化があります。特に幼稚園や保育園、小学校の低学年の学校は子供が好きでないとかなり辛いと思います。子供は元気なので、走り回り、はしゃぎ、叫びます [続きを読む]
  • 天井が高い部屋
  • ダイワハウスの2m72cm天井高の特徴のプラン吹き抜とまた違う解放感があります通常のマンションは2m45cmの天井高が一般的でこの長さにしてもタ圧迫感は感じられませんが2010年以降の新築マンションは2m55cmや2m60cmぐらい高く日差しの関係で窓も高している傾向あります。逆に昭和40年や50年前半の団地などは上下に余裕があり2m55cmクラスの高さもあって今2010年以降ぐらいは天井が高いの [続きを読む]
  • 金融機関別
  • ローンを組む会社や機関にはそれぞれの特徴があります。ローンが通りやすい金融機関フラット35ファイナンス系銀行地方銀行都市銀行フラット35全宅ローン株式会社、民間化してあるものの実質は国のローンに近く一定の収入が確保できていれば極端ではあるがアルバイトの人で通る可能性を持っていて派遣社員という雇用形態も比較的通貨しやすくある意味では返済能力が見込めれれば借りやすく優遇制度10年間はマイナス1%の金利 [続きを読む]
  • 審査基準
  • マンションにしろ、戸建にしろ一括現金で購入する人はこの記事には無縁の内容ですがほとんどの人は住宅ローンを利用してマイホームを購入します。そのローンというのも審査があり、この家が欲しいという願望があってもお金の問題、ローンの審査が通らないと購入できません。その審査でローンが通りやすい人とそうでない人とさらに通りやすい金融機関の差を比べてみましょう。※先にもうしげておくとこの内容は確実性のあるものでは [続きを読む]
  • 後悔しないために
  • いざ売却を決めたら、少しでも満足できる条件で売却したいものです。その為には物件の魅力を購入者に充分に伝えること売却におさえるべきポイントしっておくことで安心できます。そのポイントは4つあり事前準備時期タイミング売却方法事前準備マンションはじめ住宅に関する書類を一通り準備しておきたいものですどんな書類を準備すればいいか自分で準備できるものもあれば不動産会社から準備してもらえるものもあります。登記選別 [続きを読む]
  • 段取りと流れ
  • 実際に売却はじめてから最後までの流れとして売却相談、査定依頼をする販売するためにまずは不動産販売業者を探し相談をします。その時に販売する物件の価格目安を調べたいので査定も依頼しましよう。インターネットでもある程度調べれますが、ネットは目安でしかありませんというのは付近の環境や現場に行かないとわからないことはネットの情報は加味されていませんこの場合地域の不動産が有力とされています。不動産会社に売却を [続きを読む]
  • 内覧依頼
  • 生活していて売却する時に買いたいという人の問い合わせがあるとそのあと内覧が待っています。その時はあなたは内覧を断っていないでしょうか?生活感がありそれを見られたくない片付いてなくて汚い家と思われたくないそう内覧で恥ずかしい思いをしたくないそんな心境はよくわかりますですが厳しい意見になりますが内覧は必須です逆の立場になれば内覧は当然の行為と言えるでしょう逆に言うならば現物、現場を見ないで不動産を買う [続きを読む]
  • 売却金は
  • 自宅の所有する不動産を売却した時その後にかかる費用はあるのだろうか?売れてからも気になるポイントです。そう売却してから次に家を買う資金にもしたいので一体どれぐらい手元に残るのだろうか必ずかかる物件売却費用諸費用手数料税金この3点は必ず必要な売却の為の金額です。諸費用登記を手配する時には司法書士の方が必要になりその時に登記費用としての金額手数料不動産を売却、販売する時に不動産業者の方が必要になります [続きを読む]