家を売る時に損しない方法 さん プロフィール

  •  
家を売る時に損しない方法さん: 家を売る時損しない方法|机上の売却相場を完全掌握
ハンドル名家を売る時に損しない方法 さん
ブログタイトル家を売る時損しない方法|机上の売却相場を完全掌握
ブログURLhttps://sell-house.xyz/
サイト紹介文家やマンション、不動産や土地等の売却時や住替え、引越し、相続等の事で急いでいる方からまず相場の売却値
自由文家やマンション、不動産や土地等の売却時や住替え、引越し、相続等の事で急いでいる方からまず相場の売却値を知ってから売るかどうか考えたい人のためのサイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/06/01 12:49

家を売る時に損しない方法 さんのブログ記事

  • リロケーションサービスの賃貸でトラブル多発?
  • 海外赴任や転勤、介護施設に入居などにより自宅マンションや持ち家を短期的に賃貸物件として持ち家を維持しながら家賃収入を得る「リロケーション」という留守宅の賃貸化を活用しようという方が多くなっています。 トラブルの多いリノケーションですが、大手のリロケーション専門の不動産会社ではサブリース契約(不動産会社を挟んで賃借金が入ってくる)を勧められる事があります。手数料ビジネスで契約者としてのメリットはあま [続きを読む]
  • 家が売れてから引っ越しするスピード住み替え法
  • 家やマンションなどの不動産を売却する時に、「住みながら売れてから引っ越しをするか?」「空き家にしてから売却するか?」という選択肢で悩む方は多いです。 空き家にして売却したほうが売りやすいのは分かるけど、売れてから引っ越しするほうが不要な支出を防ぐことが出来るし二重ローンの負担もなく新しい住まい移れるなどの無駄のない住み替えが一番理想的でもあります。 このような家の住み替え、買い替えの売り買いのタイ [続きを読む]
  • イエウールのログイン方法と使い方の総まとめ
  • イエウールで査定依頼してもログインする管理画面はなく、査定依頼の申込画面で「一戸建て・マンション・その他」の中からあなたが査定依頼したい物件を選択して机上査定をしてもらいましょう。 イエウールの不動産の一括査定では全国の1600社以上の厳選された不動産会社から60秒で最大6社一括で無料査定額比較することが出来ます。カンタンにたった60秒であなたの不動産の無料査定が出来て「査定額は100万円差がある事も多い」の [続きを読む]
  • 家を買うなら2022年以降の生産緑地満了後が得?
  • 家を買うなら2022年以降がおすすめで、家を売るなら2022年までがおすすめですが今後の景気の動向をご存知でしょうか? 不動産鑑定士の方ならご存知の東京オリンピック以降は不動産の価値は下降曲線を描く可能性が高いと専門家の方も多くテレビでも語ってくれています。東京オリンピックの数年先まではなんとか日本の景気は全体的に良い方向に向かうと言われています。しかし東京オリンピック以降の景気に関してはほぼ悲観的な状況 [続きを読む]
  • 後継ぎがいない仏壇や永代供養と墓じまい
  • 少子高齢化の加速により後継ぎがいない仏壇事情や、長男が県外で就職している(Iターン就職)等の理由により墓じまいや永代供養へ移り変えている方が今本当に多くなっています。 住職さん曰く、自分の孫の世代の時にお仏壇やお墓の管理で困ることがないように今の内にしておく方が息子や娘夫婦なども先々困らなくて済むからそこまで考えて対策を予め講じておく方が良いと言っていました。 後継者がいない実家なども「長男が実家を [続きを読む]
  • イエウール査定の評判と口コミまとめ
  • 自宅の査定をしてもらい適正な価格を把握する方法として、業者ごとに査定額は違うため可能な限り優良な不動産会社に査定をしてもらうことが大事です。イエウールの一括査定は利用者は無料で利用することができるので状況を有利に傾けたいときに使えます。 見積もり査定で一番大事なことが、業者ごとの査定額の違いを知ることで「自宅を売却するか?」「自宅を賃貸にするか?」とう言う選択肢も増えるだけではなく「一番高く査定を [続きを読む]
  • イエウールの机上査定が話題の真相
  • イエウールを利用検討する上で机上査定と出張査定が有りますが、机上査定の価格は信頼できる価格が算定されるのか?不動産地価と相場に則った価格で少しでも高い査定額を出してもらうことが出来るのか? 不動産は出来る限り高く売却したい売却検討時にイエウールの不動産査定が有利に傾く理由が「イエウールは一括査定」なので複数業者に一括で査定してもらうので最低査定価格と最高査定価格まで一目で把握することが出来るのでカ [続きを読む]
  • 家を売る時の6つの注意点を知らないと危険?
  • 家を売る経験は人生において何度も経験することがではないので、賢く高値で売却することが出来るかどうかは6つの注意点を把握しておくかどうかに左右されます。 家を高く賢く売却する時の6つの注意点 家の適正相場を把握する複数の不動産会社の見積もり査定で良い仲介業者と担当者と出会う物件の最高値と最安値の違いを知る家を売るときの必要手数料などのコストを知る価格交渉で業者と交渉する情報を把握しておく買主の値段交渉 [続きを読む]
  • 浸水した家はどうなる?住めるの?復旧までの片付け方法のヒケツ
  • 浸水してしまった家は建て直さないともう住めない?家電も家財も全部処分しないといけない状態になってしまった時に知っておきたいことについて解説しておくので参考にしてみてください。 ちなみに結論から行くと床上浸水した家でも住めます。全壊や半壊などをしてしまえば保険や救済措置を利用して立て直す必要が有りますが倒壊などをしていないケースでは「洗浄〜乾燥〜消毒」をして皆さんで力を合わせて復旧に力を尽くしましょ [続きを読む]
  • 不動産会社は家の査定でどこを見る?3つのポイント解説
  • 家の売却においての1stテップが査定をしてもらうことです。不動産相場としてこの地域ではどれくらいの単価になるのか?売却する際の家の査定額を知ることから全ては始まります。 売る主側の一番の要望は少しでも高く売りたいという事になるのですが、売却査定をする上で不動産会社はどこを見ているのかというと、 立地や地域の利便性築年数から家のメンテナンス状態住宅の構造「基礎、壁・柱、斜材(筋かいなど)、床材、屋根」の骨 [続きを読む]
  • 別荘地が売れない時に多いトラブルと広告費を掛けない売却方法
  • 別荘・別荘地の売却を検討する際に一番知っておきたい事が「不動産会社とのトラブルが多い」ということです。測量や整地の費用、そして「特別依頼の広告(折込チラシや新聞広告など)」の広告費等が50万円〜程度別途費用発生するのですが、広告を打たないと売れないと言われるのです。(あまり広告効果はないのですが。) この高額な広告費を巡って全国でも多くの別荘地の売却時の相談が消費者センターに数多く寄せられているので [続きを読む]
  • カジノ法案で不動産地価にバブル再来!それとも崩壊?
  • 全国的にマンションの建設から建売住宅などの建設ラッシュが続いています。その原因が新築マンション価格の高騰から五輪高騰、カジノ法案による上昇要因などの多様なプラス要因が起因し不動産地価を押し上げています。今回はこの不動産バブル再来を体感している不動産関係者から不動産バブル崩壊を危惧している不動産関係者の理由も含めて伺っているので参考に優位な状況を作ってみてくださいね。 カジノ法案可決と2020年の東京五 [続きを読む]
  • 中古住宅が売れない原因は不動産会社?買手に共通する〇〇な方法
  • 中古住宅を売却したくて不動産会社に依頼しているけど数ヶ月経過しているけど内覧もほぼ無い。しかも不動産会社に出してもらった査定額よりも値下げしているのに進展もない… 悩ましい問題ですよね。今回は中古住宅の売却から下取りまで早く進展させる為の価格面や売るための意外な工夫などの中古住宅が売れない時に見直したい方法を公開しているので参考にしてみてくださいね。中古住宅が売れない原因は不動産会社の〇〇〇責任が [続きを読む]
  • マンションの大規模修繕費と積立金不足で資産価値に格差が?
  • マンションの大規模修繕は「寝耳に水」ではなく通常10年〜15年の一定周期で行われるため、中古マンション購入してすぐに大規模修繕などがあったりする問題も多いようです。 マンションの修繕自体は長期修繕計画に沿って行われますが、外壁の修繕などが含まれる場合には長期の修繕ケースが多く、仮設足場・ゴンドラ設置や施工期間の長期化などの影響により修繕費負担が重くなりがちです。 今回はこの様な大規模修繕を機にマンショ [続きを読む]
  • 違反建築物の売買をトラブルなしで高く売るには?
  • 違反建築物を所有している方は多いかと思います。違反建築物は不動産鑑定評価において減価要因として評価されてしまい処分や売買の際の問題で悩みが有る方もすくなりありません。ですが違反建築物であっても売却することは可能です。今回は実質違反建築物であってもトラブルなく高く売る方法についてご紹介していきたいと思います。 違反建築物とは? そもそも違反建築物とはどのようなものを指すのか?というと、「建ぺい率違 [続きを読む]
  • 旗竿地が売れない?後悔なしでトラブルなく高く売却したい
  • 旗竿地って何?旗竿地(はたざおち)は、面積も数字上の面積があっても傘地の部分によって敷地面積が多く取られているので敷地自体は小さくなってしまったり、生活面でも自動車の駐車スペースを確保できても縦列駐車しか出来なかったり、2台分の駐車スペースを確保出来ない所も多いです。要するに入り口が狭いが土地スペースは確保出来ている土地のことです。 消防法で3階建てが出来なかったり、旗竿地自体が近隣住民の家に囲まれ [続きを読む]
  • 3階建て住宅が保育所や旅館に!?建築基準法改正へ
  • 3階建て住宅は需要が少なく売却しようと思ってもなかなか売れにくい、と思っていませんか? 確かに今までは、そうだったかもしれません。三階建て住宅は、設計する時に家族に合った造りに設計していますので、他の家族にも合うとは限りませんからね。むしろ合わなくて使いにくいと思われる方が多いかもしれません。 でも、中古住宅を探している人の中には、三階建てに住む事が夢だと言う人もいますし、狭い立地に建つことが多い3 [続きを読む]
  • これで私は大損した!不動産売却の失敗談3選
  • 不動産売却というのは、人生の中でそう多くあるものではありませんし、金額が大きくなりますので、慎重になってしまうのも無理ありません。「できるだけ高値で買い取ってほしい」そう思うことから、不動産会社選びから価格設定、リフォームの必要性など大事な判断をしなくてはいけないことがとても重要になってくるのです。実際に起こった失敗例【失敗例1】ずば抜けて高い査定価格を出してきた不動産会社に頼んだ所・・・自宅マン [続きを読む]
  • 隣の太陽光パネルのせいで家族が熱中症に…
  • 昨年、あり得ない住宅問題が起こりました。 隣の土地に設置されている太陽光パネル1296枚の反射光によって自宅が照らされ室内が猛烈に暑くなり熱中症になったとして、その家族が提訴しました。 リビングが驚異の40度に… 午前中はまだ良しとしましょう。 でも正午過ぎになるに連れて室内の温度がどんどん上昇…調べてみると、8月の1ヶ月の間にリビングの室温が40度を超える日がなんと20日間。 50度以上になる日もあり、52.2度に [続きを読む]
  • 「特定空き家」で強制撤去命令される前に出来ること
  • あなたの家族で「空き家」を持っている人はいませんか? 先日、ニュースで報道されていたのですが、このまま放置すれば倒壊の恐れが高い「特定空き家」について、所有者側に撤去命令をしたと発表されていました。 撤去命令されているのに放置するとどうなる?今回のケースは、築40〜50年の木造2階建て長屋で、延床面積約225平方メートル。所有者の女性は約30年前に亡くなっているという。40〜50年経っているため、一部が崩壊した [続きを読む]
  • 父が52年間放置した土地を娘の私が高値で売った話
  • 87歳の父が若い頃、不動産投資のつもりで購入した土地。更地のまま52年がたち、固定資産税は年額1万円弱。 年間1万円弱と聞くと、安いと思うかもしれないが、ただ払っているだけの無駄なお金だ。 その無駄なお金を将来私が相続をして、固定資産税を払い続けるのはイヤだ。と思い、売却を決意したんです。 空港ができると言われ値上がりするはずだった土地そもそも父がこの土地を買ったのは、「近いうちに空港がこの近くにできるか [続きを読む]
  • 家を高く売るベストのタイミングや築年数はあるの?
  • 家やマンションを売ろうと考えた時に、まず気になることといえば、「一体いくらで売れるのか?」ということですよね。 できるだけ高く売ろうとするには、物件の状態ももちろん重要になりますが、「家やマンションを売るタイミングや時期」を知っておくと良いかと思います。 1年間の間で高値で家が売れるタイミングは? 一般的に不動産の売買が活発になるのは、新生活を迎える「1〜3月」。転勤や異動のシーズンの、「9〜10月」にな [続きを読む]
  • 夫婦共有名義の不動産にする時のメリットとデメリット
  • 不動産の購入や家の購入などの際に夫婦で共有名義にしたいというご家庭も有るかと思います。 そして新築などの際に、夫婦の両方の親から資金援助などが有るから共有名義にしたいという方も多く居ますので、今回は新築や不動産購入時に共有名義にすることのメリットとデメリットについて解説します。 まず第一に共有名義の意味をわかっておく必要があります。 共有名義とは ・・・ 不動産を共有名義にする事で住宅ローンを共に支 [続きを読む]