Happin さん プロフィール

  •  
Happinさん: しあわせほっこり
ハンドル名Happin さん
ブログタイトルしあわせほっこり
ブログURLhttps://ameblo.jp/sat-hi/
サイト紹介文みんながほんの少しづつだけ優しくなれれば、きっと世の中から争いなんかなくなるのに
自由文ほんの小さな幸せ。ほっこりする出来事。旅にまつわるおはなし、ホテル、グルメ、ダイビングなどについてご紹介していきます。
世の中から争いや奪い合いがなくなって、みんなが幸せになれる世の中がやって来る日を信じて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2016/06/01 14:10

Happin さんのブログ記事

  • 東北紀行(11)教訓を・熱く・ゆりあげの語り部さん
  • ゆりあげ港の朝市を見て回ったあと、会場内のお店でおいしい海鮮丼を頂きます。市場の周りを歩いて見ると、被災した建物がそのまま残っています。更地になってしまった土地に慰霊碑や神社が。そしてゆりあげ港朝市共同組合理事長さんが自ら語り部となって熱く話してくれました。「とにかく逃げろ!」「命が助かりたかったら家・現金・車を捨てろ!」「自然に勝とうなんて思うことが間違っている!」「せめて子供たちの命だけでも大 [続きを読む]
  • 東北紀行(10)ゆりあげ港朝市〜震災から蘇る
  • 旅の3日目。一ノ関駅から朝早い東北新幹線で仙台に戻り、「ゆりあげ港朝市と名取・亘理復興語部号」というバスツアーに参加します。前日に続いて2つ目のびゅうバスの復興関連ツアーです。新鮮な魚介類が嬉しいゆりあげ港の朝市に続いて、ゆりあげの語り部さんによる熱い思いを聞いた後、亘理町へ移動して語り部ガイドさんとともに復興の様子を見させてもらい、亘理町の語り部ガイドさんのお話を聞きながら被災地の現状を見て回り [続きを読む]
  • 愛知・三重旅(11)鳥羽展望台と松阪牛すき焼き
  • 愛知・三重をめぐる旅の2日目。志摩半島めぐりの続きです。車は鳥羽展望台へ。夕方近くなって少し曇って来たものの美しい眺めが広がります。伊勢市へ移動して駅近くの伊勢シティホテルアネックスにチェックイン。ホテルの和食レストラン伊勢みやびで松阪牛のすき焼きを。奇しくもこの日11月29日はいい肉の日でしたから。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・賢島から始 [続きを読む]
  • 東北紀行(9)気仙沼市〜復興語り部さんと共に
  • びゅーバス「さんさん商店街と南三陸・気仙沼復興語り部号」のツアーは続きます。南三陸町から気仙沼市に入って今度は気仙沼の語り部ガイドさんとともに被災地をまわりながらお話を聞きます。活気があったはずの商店街が消え失せている様を目の当たりにしたり、語り部ガイドさんから聞いたお話に胸を締め付けられるような気持ちになったり。訪れたことに意味があることを感じた一日でした。−・−・−・−・−・−・−・−・−・− [続きを読む]
  • 東北紀行(8)南三陸町〜復興語り部さんと共に
  • 旅の2日目。仙台駅から乗車したびゅーバス「さんさん商店街と南三陸・気仙沼復興語り部号」のツアー。南三陸町の語り部ガイドさんとともに被災地をまわりながら被災と復興のお話を聞きます。震災後の三陸地方には来たことはありますが、語り部さんのお話を聞きながらというのは初めてで、話を聞きながら現地を見ることで知りえなかったことも知ることができ、どう表現していいのかわからない気持ちにもなりました。−・−・−・− [続きを読む]
  • 東北紀行(7)南三陸さんさん商店街
  • 旅の2日目。仙台駅から「さんさん商店街と南三陸・気仙沼復興語り部号」というバスツアーに参加します。テレビなどでも繰り返し取り上げられている南三陸さんさん商店街(南三陸町)でお買い物や食事を楽しんだ後、南三陸町や気仙沼市の語り部ガイドさんのお話を聞きながら被災地の現状を見て回り、気仙沼の海鮮市場を訪ねます。最初に、南三陸さんさん商店街に立ち寄ります。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・− [続きを読む]
  • 東北紀行(6)仙台光のページェント
  • この日(12月8日)から始まったSENDAI光のページェント。午後5時過ぎに点灯式が行われました。その20分後くらいに会場となっている定禅寺通りへ。冬の仙台を彩る素敵なイルミネーションにただただ感動!この日に仙台入りした幸運に感謝です。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・12月8日金曜日。仙台市営地下鉄東西線の長町南駅からSENDAI光のページェント会場に近 [続きを読む]
  • 東北紀行(5)地底の森ミュージアム(仙台市)
  • 仙台駅から市営地下鉄南北線に乗って長町南駅近くの地底の森ミュージアムへ行きます。ここは発掘された富沢遺跡の樹木やたき火の跡をそのまま保存して展示している施設で、近世・中世・平安時代・古墳時代・弥生時代・縄文時代にまでおよぶ水田跡、植物の根や茎、穴や倒木の跡などが見つかっているそうで、世界的にも貴重な発見だと言われています。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・ [続きを読む]
  • 東北紀行(4)国宝大崎八幡宮
  • 仙台市内にある大崎八幡宮。この地に遷されたのは伊達政宗公の時代に遡ります。桃山建築の社殿は歴代仙台藩主によって崇められてきました。現存する安土桃山時代の遺構として国宝に指定されています。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・仙台城跡から観光周遊バス、るーぷる仙台に乗って大崎八幡宮を目指します。ちょうど目の前でバスを逃したので、次のバスの先頭に並ぶこ [続きを読む]
  • 愛知・三重旅(10)神明神社と石神さん
  • 鳥羽市南部に位置する相差(おうさつ)町にある神明神社には石神さんとして親しまれている境内社があります。石神さんは女性の願いを一つ叶えてくれるとして近年パワースポットとして話題になって訪れる人も増えている神様です。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・11月29日。タクシーでの志摩半島巡りは続きます。賢島から寄り道しながら北上してきて鳥羽市相差(おう [続きを読む]
  • 東北紀行(3)仙台城(青葉城)跡
  • 伊達家62万石の居城、仙台城(青葉城)。伊達政宗公によって青葉山に築かれた城ですが、今では城は残っていませんが、仙台市街地を眺めるように建てられている伊達政宗公の騎馬像や高台から眺める蛇行した広瀬川に郷愁を感じながら青葉の丘にしばし佇みます。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・12月8日。午後。瑞鳳殿からるーぷる仙台に乗って仙台城跡にやって来まし [続きを読む]
  • 東北紀行(2)瑞鳳殿・伊達政宗公が眠る豪華絢爛な霊廟
  • 仙台市内をぐるっと周る周遊バス・るーぷる仙台に乗って仙台市内観光へ向かいます。最初に伊達政宗公が眠る豪華絢爛な桃山様式の霊廟、瑞鳳殿(ずいほうでん)へ。バスを降りてから頑張って坂や階段をだいぶ上った先に待っていたのは、きらびやかな建物でした。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・ホテルJALシティ仙台から少し歩いて、るーぷる仙台の広瀬通駅バス停から乗 [続きを読む]
  • 東北紀行(1)杜の都仙台へ
  • またまた寒波がやってきて一段と寒さが増した今日12月8日。寒さを覚悟のうえで東北へと旅立ちました。3.11から6年半経った今の現状を少しでもこの目で見る。と言うほど大袈裟ではなく行ける場所に行って、語り部ツアーなどにも参加したいと。それだけではなく、東北の観光やおいしいものも楽しみたい。と思っての旅立ちです。初日の今日は東北新幹線で仙台に入り、ホテルJALシティ仙台に荷物を預けて・・・−・−・−・− [続きを読む]
  • 愛知・三重旅(9)神宮の別宮・伊雑宮と的矢湾大橋
  • 三重県志摩市にある伊雑宮(いざわのみや)は伊勢神宮の14ある別宮の内の一つです。最寄駅から徒歩3分と交通の便の良い場所にあります。神宮から遠い場所にあるので遥宮(とおのみや)として、また志摩一ノ宮とも呼ばれ多くの方々の崇敬を集めています。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・志摩市磯部町にある神宮(内宮)の別宮、伊雑宮(いざわのみや、いぞうぐう)( [続きを読む]
  • 長野旅(16)【終】特急スーパーあずさで山賊焼弁当
  • 2泊3日の長野の旅も終わりに近づきました。松本駅からは特急スーパーあずさに乗って新宿へ帰ります。松本駅で買った山賊焼弁当を車内で開いて車窓を楽しみながら列車旅のお供にします。わずか3日間の旅でしたが、密度の濃い素敵な旅をすることができました。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・11月22日お昼過ぎの松本駅。 特急スーパーあずさ18号で新宿へと帰り [続きを読む]
  • 長野旅(15)なわて通りでクラムチャウダーパン、四柱神社
  • 松本城を出て城下町を歩いて縄手(なわて)通り商店街へやって来ました。大きな商店街ではないのですが、城下町の風情が漂い、カエルのキャラクターがユーモラス。パンのおいしいスイート縄手本店というお店で絶品のクラムチャウダーパンを頂きます。近くにある「願いごとむすびの神」四柱神社にお詣りします。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・松本城からゆっくり10分 [続きを読む]
  • 愛知・三重旅(8)安乗埼灯台(志摩市)
  • 旅の2日目。志摩半島めぐりの続きです。安乗埼灯台は志摩国分寺から北東に3Km、車で10分ほどの距離ですが、その前に安乗漁港に立ち寄ります。そして着いた安乗埼灯台。その歴史は江戸幕府による燈明堂にまで遡るものなんだそうです。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・2017年11月29日。タクシーでの志摩半島巡りは続きます。志摩市にある安乗漁港。 漁港修築 [続きを読む]
  • 長野旅(14)国宝松本城
  • 松本駅から松本城までは歩いても行ける距離ですが、腰をかばってバスに乗りました。やって来た国宝松本城。何十年か前に来たことがありますが、2回めか3回目の訪問です。烏城とも呼ばれるその黒い姿は存在感があります。現存天守12城の一つとしても有名です。突然お城の前に現れたお姫様と武者がおもてなししてくれました。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・駅前には [続きを読む]
  • 長野旅(13)松本電鉄上高地線・ローカル線の旅
  • 長野の旅の3日目も朝から絶好のお天気。早く目が覚めたので、アルピコ交通(松本電鉄)上高地線で電車旅に出ることに。松本駅から片道30分の終点新島々駅は上高地や乗鞍方面へのバスの乗換駅ですが、冬季運休路線も多く、閑散としていました。ですが、たっぷりの日差しの中で気持ちの良いローカル線の旅を楽しむことができました。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・1 [続きを読む]
  • 愛知・三重旅(7)志摩国分寺〜彫刻と天井画の優れた静かなお寺
  • 近鉄特急しまかぜで三重県の賢島に降り立って。ここからは半日のタクシー観光です。まずは志摩スペイン村の方向に進み志摩市にある志摩国分寺へ。志摩国分寺は聖武天皇の勅願によって奈良時代に一国一寺建立されたものが始まりだとされています。現在の建物は江戸時代の再建で、彫刻と天井画が優れた静かにたたずむお寺でした。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・11月2 [続きを読む]
  • 長野旅(12)特急しなので松本へ、名物山賊焼がうまい!
  • 長野の旅の続きです。北信地方を離れ中信地方へ向かいます。長野駅から特急ワイドビューしなのに乗って、前日に通った姨捨駅で車窓を眺めながら松本駅まで50分の列車旅。松本駅前のホテルにチェックインした後近くのお店で名物山賊焼を頂きます。松本に来たらこれを食べると決めてたのですが、期待していた以上のおいしさ!−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・11月21 [続きを読む]
  • 長野旅(11)善光寺参り〜闇があるから光が・・・
  • 長野の旅の続きです。長野に来たら善光寺に寄らないと、というわけで善光寺参りです。この日も多くの善男善女でにぎわっていました。本堂のお戒壇巡りは印象的です。本堂のご本尊様の真下の本当の闇の中を手探りで進むことで光のありがたさを体感することで得られるものも多くありました。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・長野電鉄特急ゆけむり号で長野駅に戻って来て、 [続きを読む]
  • 愛知・三重旅(6)あこがれの近鉄特急しまかぜに乗って
  • 旅の2日目。名古屋からあこがれの近鉄特急しまかぜに乗って伊勢志摩サミットの開かれた三重県志摩半島の賢島(かしこじま)へ向かいます。2013年の伊勢神宮の式年遷宮に合わせて運転開始されたしまかぜ。登場から4年経っても切符が取りづらい状況が続いているそうです。名古屋から2時間の素敵な列車旅です。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・近鉄名古屋駅。11月 [続きを読む]
  • 愛知・三重旅(5)名古屋JRゲートタワーホテルとあんかけスパゲティ
  • 犬山城から犬山遊園駅まで歩いて名鉄特急に乗って名古屋に戻って来ました。お泊りは今年4月にオープンしたばかりの新しい名古屋JRゲートタワーホテル。駅直結の便利さで、高層階のお部屋からは街が見下ろせて夜景も素敵でした。夕食は名古屋めしのあんかけスパゲティ。盛りだくさんの旅の一日目の締めくくりです。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・11月28日。午後 [続きを読む]
  • 愛知・三重旅(4)紅葉の犬山城
  • 途中途中で寄り道しながらやっとたどり着いた国宝犬山城。ちょうど紅葉でところどころ紅く燃える中にたたずむ犬山城はひときわ美しく感じられました。急で狭い階段を天守4階まで登れば360度の素晴らしい眺め。赤く燃える葉っぱや、雄大な木曽川の眺めを見ることができて、頑張って上ってきた甲斐がありました。−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・11月28日。針綱神 [続きを読む]