一つテンヤ さん プロフィール

  •  
一つテンヤさん: 一つテンヤ
ハンドル名一つテンヤ さん
ブログタイトル一つテンヤ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tajima09032429396
サイト紹介文たーちゃん釣行記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/06/02 09:48

一つテンヤ さんのブログ記事

  • 4/13 南房総 乙浜 安房丸 中深海エビング調査釣行記
  •  つかの間の凪を見つけて釣行 Windyで1週間前の検索で唯一釣りが出来そうな日(北風強し)がこの日しかなかったので久し振り釣行。 いつもは30~70m立ちを狙っているが、水深〜300m位までに広げてみる試し釣り。 仕掛けはいつものもので使えるかやってみた・ロッドはいつもの鯛ラバーロッド サクラ釣竿サンダーソウル195H(ジグweight MAX150g)・リールもいつものアブガルシアREVOJ-3 PE-1.5 400m巻き ジグはいつもは135gだが、1 [続きを読む]
  • 2/23 南房総 乙浜 安房丸 エビング釣行記
  •  いつも通り、乙浜港安房丸へエビング釣行。 朝から曇りで、気温は港で出港時4.5℃、沖で7℃、一日寒かったが、もう真冬の寒さではなくなり、少し楽になってきました。 海は波穏やかで、うねりが少し大きめに残っていましたが、水温16℃と回復傾向で、鳥山も時々立つなど大物の予感。 魚の活性もよく、カンパチ×2,ホウボウ×2,カイワリ×2,ヤガラ×1とよく釣れたが、大物不発、未だ深場に落ちていて浅場に乗っ込んでこないか? [続きを読む]
  • 2/1 南房総 乙浜 安房丸 エビング釣行記
  • 昨日、南房総へエビング釣行。 早朝港は7.3℃、沖の水温13.9℃と水温は段々低下気味で魚も活性低く寒ブリ釣れず、カンパチ、etc。 今の時期、ヤリイカの集まる時期はその場所が寒ブリや真鯛などの大物の居場所には良いのかも。 天気予報は海外のWindyを見ているが、気象協会よりも先まで見えるし、風の流れがきめ細かく良く分かり確度が高いようで、今回も予報通り何とか一日釣りが出来た。 [続きを読む]
  • 南房総 乙浜 安房丸 エビング 1/18釣行記
  • このところ、時化続きで釣りに行けないが、お天気予報アプリのWindyが良く分かるようなので、最近参考にしているが、1/18が久しぶりに凪そうなので乙浜港へ釣行。 今まで使っていたサクラ釣竿サンダーソウル195M(MAX110g)の穂先が疵付き、サンダーソウル195MH(MAX150g)に変えての釣行。 天気は、夜半までの大風も凪、久しぶりの凪での釣りとなった。 水温14.5℃と低めで、潮の流れは緩く食い渋り、全然アタリもなく経過、一時、 [続きを読む]
  • 11/29 南房総乙浜港へエビング釣行記
  •  11/29乙浜港安房丸からエビング釣行 朝から凪で暖かく、水温も18.2℃と下がってきた。 今までのエビング釣行では大型魚がターゲットになるので、一匹獲るかどうかの釣りとなるが、今回は、朝一で小型ながらカンパチをゲット、その後もヤガラなどポツポツとヒット、乙浜沖は潮目の中でシラスの様な小魚が回遊し、釣ったヤガラの胃袋にはイワシがたくさん入っていて、大型魚も回遊しているとみられ、最後の1流しでワラサ3本ゲ [続きを読む]
  • 7/14 南房総乙浜港へエビング釣行
  •  予報は南西の風4~5mだが、出船時やや吹いていたが次第に収まり凪、 黒潮が押し寄せているので、沖だし、潮は正に黒潮、水温26℃、イワシの反応の上下を誘っていると40mラインでヒット、2kg級のカツオゲット。 未だ群れて居るわけではなく後が続かない。 しかし、マグロ類なども紛れ込んでいる可能性は高く、今後が楽しみな釣りとなった。 [続きを読む]
  • 5/25 南房総乙浜港へエビング釣行記
  •  ヒラマサなど大型魚を狙い乙浜港へエビング釣行。 どんよりした天気で、凪、なんか海水が汚れている、糸に綿くずみたいのがまとわりついて取れない。 魚の活性低く、大型魚のヒットなく、ポツポツと釣れた。カイワリ×1匹キダイ ×1匹鯖   ×1匹ホウボウ×1匹トラギス×1匹 [続きを読む]
  • 3/23 南房総乙浜港 安房丸釣行記
  •  南房総乙浜港安房丸へエビング釣行。 前日の大風も凪、朝から穏やかになり絶好の釣り日和。 海況は、低気圧のうねりが残り2〜3mのうねりで少し釣りずらいが、風も朝の内冷たいがもはや冬の冷たさはなく、水温17.7℃と上がり気味。 30〜70m立ちを狙い、朝の内、エソ、ホウボウが上がるが魚の活性が低く、スローピッチの誘いでヒット。 帰り際、70m立ちで小勘八3匹ゲット、その後潮の流れが変わり暫く沈黙、突 [続きを読む]
  • 2/14 南房総乙浜港へエビング釣行記
  •  乙浜港安房丸へ釣行。 このところタイミング合わず釣行出来ていないが、久しぶりの釣行となった。 この時期、水温も低く魚の活性も低いが40m〜120m立ちを狙うもヤガラとトラギスに終わった。 船長から頂いた冷凍の小キンメ、クロムツと合わせて干物にしました。 手間がかかるが、程よく脂が乗り香ばしく戴ける贅沢。 [続きを読む]
  • 12/20 南房総乙浜港へエビング釣行記
  •  安房丸へエビング釣行。 朝からべた凪で暖かく、小春日和といった感じ滅多にない釣り日和となった。 水温17.9℃と下がり気味で活性低く、苦戦。 ワームはEBING STICK 3.5inch ケイムラに勘八とメジマグロがヒット。Superオキアミにヤガラがヒット。お土産は獲れたが、大物のアタリはなかった。 今の時期のお魚は脂が乗っていて、どれも美味しく戴けた。特に、ヤガラは絶品。 [続きを読む]
  • 12/7 南房総 乙浜港 安房丸 エビング釣行記
  •  大風の中、翌日の釣行予約。 向かう途中、アクアラインは16mの大荒れ時様態で民宿南荘に到着。 朝には風は収まり、絶好の釣行日となりました。 水温、灘は19℃、沖は20℃、潮は濁り加減、早いが釣りやすい。 一投目からヤガラゲット、ポツポツ、ヤガラやホウボウ ゲット。 後半、水深80ラインを攻めたが、1投目にアタリ、ヒットせず、つかさず誘いをかけるとつ込み、合わせ、もの凄い引きを何回もかわしリーダ迄巻き [続きを読む]
  • 11/26南房総乙浜港 安房丸へエビング釣行記
  •  エビング2回目の釣行。 海水温は20.2℃と低くなってきていたが、早々に小ヤガラゲット。 立て続けに1m超の大型ヤガラが喰ってきて、4本、小ハタ1匹。 今日は大物は出なかったが、ヤガラ祭りに満足。 エビングは、ジグをコマセ代わりに集魚するが、釣り方はコマセ真鯛の様になる。 まだ、大ハタや真鯛、鮃は釣れていないがワラサはゲット。潮次第で広がりを期待。 [続きを読む]
  • エビング釣行
  •  南房総乙浜港安房丸へ釣行。  今回は、新釣法、エビング(海老)、(メタルルアーを天秤の錘代わりにして集魚、天秤にエビの偽餌ソフトルアーをつけて喰わせる)。  仕掛けはステンレス線1.0фを加工してストレート天秤を自作、針は石鯛針14号をナイロンハリス8号2ヒロ(3m)、システム強度10kgで設計。  釣果は、3.6kgワラサ、小ハタ、ムロアジ。そもそも沖縄のマグロ釣り釣法なので、少し心残り。インチクと同様エコな釣り。これ [続きを読む]
  • 自作インチク8回目改良を作りました。
  •  インチクは六角錘を研削仕上げしたものにタコベイトを取り付けてそれなりに釣果も上がっているが、大物に備えて太軸針を付けているがタコベイトのヒラヒラが動き難くなる欠点がある。 ハリスを短くしてみた。 針掛かりし難くなると思うが、狙うは大物なので大きな口にタコベイト全体が吸い込まれたものを釣る。目立つ事を優先。 また、タコベイトを大きく見せるのと暗い海中で目立つよう大きい夜光玉を組み合わせた。 [続きを読む]
  • 自作インチク7回目改良を作りました。
  •  六角錘を研削して作るが、今回は少々「海老反り」にしてみました。 インチクが前後に揺れ易くが目的、そのほか、仕上げ色に赤色を追加し、青、赤、シルバー反射シートで誘う。 鯛などは色盲で色を付けても白黒になるはずだが、赤は海の中で保護色、見え難いものが暗闇で動くと確認する間もなく飛付かないと逃げられてしまう。形も本物の小魚に似てなくても見え難いし、一瞬で飛付かないと逃げられるので特に深場ではリアルであ [続きを読む]
  • 9/1房総乙浜港 安房丸釣行記
  •  台風10号一過の9/1安房丸へ自作インチクで釣行。 インチクは何がヒットするかわからない釣り。 今回のインチクは、シルバーに赤系統を追加し、薄く、少しエビ反りにしてみました。よりヒラヒラ動くようにしたつもりです。 天気は快晴、風はじめ南西少し強め、次第にナギてきて釣りやすい。 潮は速く潮方も悪い、糸があっち向いたりこっち向いたりで、水温は灘よりは25.4℃、沖は26.8℃、潮目で別れるが、ポイントは潮目 [続きを読む]
  • 8/19 南房総 自作インチク釣行記
  •  乙浜港安房丸へ自作インチクで釣行。 天気予報は、北東の風 波2?、10時頃より波3?で、実況も出船時風弱かったがすぐにやや強めになったが、沖上がりまで何とか持った。 ポイントは、乙浜沖30m〜60m立ちを攻めた。 相変わらず、潮の流れ緩く魚の活性は低く、我慢の釣りとなった。 (水温、27.6℃、薄濁り) 誘いもピッチを色々変えたりしたが、大きくしゃくりあげてフワフワ止めを繰り返したところフワフワ [続きを読む]
  • 自作インチク改良6回目作りました
  •  錘は六角錘を研削して成形しているが、少し短めなのであれこれ探したがカワハギ用六角錘30号でスリムなのが見つかった。また、深場用にシンカー80号もスリムなので加工することにした。 出来上がったインチク錘は100g、180g、250gでスリムなもの 針はバラ売りで思う様なものが見つからないが、ガマ石14号が太軸、針先長く、亜鉛メッキと三拍子揃ったものがようやっと見つかった。 ハリスはジギングフック用を [続きを読む]
  • 8/11 南房総乙浜港安房丸釣行記
  •  改良インチク(固定式)と遊動式インチクの自作を携えて南房総乙浜港安房丸へ釣行。 朝から曇天、東寄りの風弱く、帰り際幾分強まったが、釣りやすい一日でした。 海況は、水温26.2℃と高め、流れ緩く(殆ど流れず)、薄濁りの状況最悪で魚の活性低く、アタリはポツポツあるものの、ヒットに繋がらず、30〜60m立ちを攻め、最後の流し(60m立ち)で3.3kgワラサヒット、落とし込み着底直後に強い引き込みの後喰い上 [続きを読む]
  • 遊動式インチク自作
  •  潮の動かない時にアクションで攻める事のできる様にインチクにタコベイトを固定せず遊動式することがより積極的な釣りに繋がるのではないかと手持ちの道具と材料で自作することにしました。 ①市販のナツメ錘の穴をドリルで拡幅、鉄鋸で舟型にカット、ヤスリ掛けで形を整え ②水中で舟形を保つことができるか、旋回試験で確認 ③反射シート、目玉、集魚板を張り付け、ウレタンコートで艶を出す ④タコベイトに針をセット(固 [続きを読む]