五号 さん プロフィール

  •  
五号さん: トトがんばる
ハンドル名五号 さん
ブログタイトルトトがんばる
ブログURLhttps://dototobest.blogspot.jp
サイト紹介文二歳児の父。一級建築士学科試験は独学で合格。製図試験はランク3。家族優先しながらの勉強記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/06/02 13:35

五号 さんのブログ記事

  • 湖と名峰
  • 客室をどこに向けたかが、話題になってますが、課題の敷地を見てから、ここは富士五湖のどこかだろうなと、勝手に敷地設定しています。本栖湖の湖畔からの景色。北側の裏山も名のある山ですが、目の前の名峰を前に、客室をどこに向けるかなど、議論の余地はありません。よね…といいつつ、試験だし、配慮対応なので、減点対象。これはないよ。的なプランの合格者も例年通りでてくるでしょう。話変わりますが、87点で復活合格した後 [続きを読む]
  • お疲れ様でした
  • 夏かと思わせるような日差しの強い日曜日でした。一級建築士設計製図試験の当日、受験された方々、本当にお疲れ様でした。終わりの合図とともに、いろんなミスが頭の中をグルグル…私も昨年は帰り道の足取りが重く、いくつかのミスに怯えながら、家に帰ったのを思い出します。因みに落ちた一年目は、どんなミスをしたかさえ把握できず、逆に自信があったような記憶が…何はともあれ、冷たく冷えたビールで、1日の緊張を解いてあげ [続きを読む]
  • おすすめ(N限定)
  • 日建学院受講者限定ですが、授業中に見たビデオは、全てウェブ上で閲覧可能。意外と知らないサービスなのでは??もちろんスマホからも閲覧可能。この時期、移動時間で、結構見返して勉強しました。ビデオ学習なので、移動時間でエスキスの脳内練習もでき、構造設備の知識定着もでき、質の高いいい勉強ができたと思ってます。また、日曜クラスだったからですが、その週末の授業で見るビデオは、土曜にウェブ上で閲覧可となるので、 [続きを読む]
  • 成長させてくれるのは過去の自分
  • 一級建築士の製図試験も気付けば、あともうすぐとなってきました。仕事環境の変化があったりとブログも放置状態でした…さて、試験対策ですが、学校組は、直前の有料課題とかが、ちらついているかと思います。ある程度、作図とエスキスができると、新問題(やや難問)が、欲しい頃ではないでしょうか。一年目の私も新しい問題を解いて、時間内に作業を終える事ができるか。ということを繰り返してました。次々新しい課題をもらえる [続きを読む]
  • 初めてのトレース
  • 一級建築士の製図試験は、図面速書きの試験でもあります。一般的に三時間が目安とされてます。初受験者は、まずこの技能取得に、時間の大半がさかれます。私もでしたが、初めてのトレースは、資格学校の参考解答例をもらい、それをとりあえずトレース。大抵、一図面づつ書いていき、断面図書く頃には、飽きている。そして途方に暮れる。という感じかと思います。はじめに言っておきますが、早く書くには、1.手順を確定すること。2. [続きを読む]
  • 夏を満喫する前に。
  • 今更ですが、学科試験お疲れ様でした。ダメだった方は、直ぐ始めましょう。または製図勉強しちゃいましょう。なんて自分にはできません。とりあえず夏を楽しみます。あ、でも本試験の分析だけはして、ぶち当たった壁の高さの確認は必要。これは熱いうちにやるべきです。学科も製図もですが、自分が負けた分析をしなければ、次も勝てませんからね。そこをつかめれば、勉強は年末からスタートで充分間に合うはずです。ウラ指導が提供 [続きを読む]
  • そろそろ7月
  • ご無沙汰しています。先日、二級の課題が発表されてました。もうそんな時期なのですね。7月ももうすぐそこです。製図2年目の方は、しっかりアドバンテージ取れてますか?といっても1年目と2年目以降は評価軸が違うという噂がありますので、勝負する相手はみんな同じ時間をもつ人達と考えた方がいいでしょう。焦りますね!?前半戦、最低限やることは、1.製図を三時間できっちり仕上げる2.自分にあったエスキス手法を確立3.過去問分 [続きを読む]
  • ウラ模試の季節
  • ウラ模試関連でアクセスが増えてます。色々書いてますし、点数が問題ではないのですが、この時期やったウラ模試①は、80点。計画13、環境設備12、法規26、構造17、施工12。法規で点数稼げてるので、実質70点台です。こんな状態でもなんとか合格できました。こここらの二ヶ月をどう過ごすか。まだ諦める時期ではないですね。この先のやり方がさっぱりな人は、ウラ模試の講習会に参加して、アリさんと、ゴマさんの講習を聞くとヒント [続きを読む]
  • 法規のウラ指導
  • 2015年を最後に出版されなくなった法規のウラ指導という本。これがものすごい価格で、ヤフオクで取引されてるのを見つけてしまった。とりわけ2015年版がプレミア化。データ版の合格物語買えちゃうよって値段がついてました…そんな値段出しても得られる情報は、2015年と古いものです。とりわけ法規ですから、最新情報でないと自分が苦しむだけ。合格物語と内容はほぼ同じ。こっちの内容は最新、解説付きです。来年も同じことになる [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク
  • 久々の記事ですが、どうでもいいこと書きます。試験勉強から解放された久々のGWなのですが、毎日三歳児にパワーを全て持ってかれてます。しかし、いいですね。天気もいいし。子供と普通に遊べるのが、幸せです。(一人の時間も欲しいのが本音ですが…)久々にブログを徘徊すると、やはりこの時期、テンションだだ下がり。な方がちらほら。自分だけではないんだなと妙な安心感。このGWで感じた危機感を次の行動に活かせるかどうかで [続きを読む]
  • カラダのメンテナンス
  • 試験は体力勝負。カラダが悲鳴をあげてしまっては、出来る勉強もできなくなり、最悪。月間200キロぐらい走っていた時期、色々な身体のメンテナンス方法を教わる機会がありました。その時の遺産、ストレッチポールが、日々の身体のリセットに役立ちました。使い方は、そこそこコツがあるので、プロに習うのがいいのですが、なんちゃってであれば、グーグルで。→基本動作のベーシックセブンこのポールの上に寝て、一連の動きをする [続きを読む]
  • 【法規】軽微な変更
  • 四月一日からの法改正のひとつに、軽微な変更に関するものがあります。建築基準法施行規則第3条の2に、新たに16号が加わります。実務的には、10号等で処理されてたもの(バリアフリー法による軽微変更等)が、16号に割り振られるだけのようなので、特に問題はない内容と思ってます。 [続きを読む]
  • 安田火災海上本社ビル
  • 西新宿を象徴するレガシー、旧安田火災海上本社ビル。増築するそうです。これは如何なものかというのが、正直な感想。既存ビルのプロポーションを完全に邪魔してませんかね。それと同時に、特定街区なので、有効空地率が足りてるのか、という疑問がありました。調べると、既存ビルの地上階ロビーを新たに有効空地として登録したようですもうひとつ、住友三角ビルは、ビルの足元に広がる有効空地に大屋根をかける改修。建て替えか改 [続きを読む]
  • 今後
  • もう3月も終わり。先日会社の上司にとある事を宣言。先のことはまだ全くの未定ですが、その宣言に向けてコツコツ準備中。ポツポツと久々にアップしましたが、生活や仕事でのメモがわりの記事がこれからメインになりそうです。たまーに試験のまとめきれてない事をアップするかもしれませんが、子供ネタ、健康管理ネタ、あと仕事ネタ。といったどうでもいい内容!?閉鎖はせず、暇を見つけては過去の試験ネタをタグ付けとか、整理する [続きを読む]
  • 【法規メモ】用途地域の経緯
  • 1888年『日本の近代都市計画の幕開け』東京市区改正条例の公布1919年『日本の近代都市計画制度の確立』旧都市計画法、市街地建築物法の制定1925年(昭和元年)第一回指定【住居地域、工業地域、商業地域、未指定地】1950年(昭和25年)建築基準法の施行1968年(昭和43年)新都市計画法の制定(旧都市計画法の大改正)1970年(昭和45年)建築基準法の改正(4から8種類へ)【第1種住居専用地域、第2種住居専用地域、住居地域、近隣 [続きを読む]
  • [買い物メモ]心拍活動量計
  • 時間も測れるし、スマホとの連携もある。時間管理と体調管理の両得。体調第一。睡眠時間の管理など、自分の身体をしっかり管理できてこそ。いろいろ自分をデータ化して勉強の進捗と管理できれば効率アップ。安さが気になるが、この値段ならお試しでいいかも。 にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 《製図》マーキングの改善(前半)
  • 一級建築士設計製図試験において、課題文の読み込みは重要です。重要というレベルではなく、全てかもしれません。課題文を読み込み、出題者の意図を理解する国語力は必須の技能となります。出題者の意図とは、別の言い方をすれば、合格者の大多数が考える答えです。昨年の合格案を見ても思ったのですが、合格案のほとんどの骨格には共通点があります。つまり、合格者のほとんどは課題文から同じ方針の解答を読み解いています。試験 [続きを読む]
  • 《製図》無料配布資料
  • 日建学院から封書が来ていた。と思ったら昨年の合否図面集だった。ユープラ参加者は、ランク毎の図面を何枚も既にチェック済みですが、ユープラ参加してないと、なかなか他の受験生の図面って見る機会がない。(ユープラは、2月末まで受付中。実際ちらほら新しい図面が日々アップされている。)そんななか、わずかな解答例ではあるが、厳選?!したランク毎の図面がまとまったこの資料はなかなかよい資料だと思う。問題と標準解答 [続きを読む]
  • 《製図》目的ある道具選び〜マーカー〜
  • 課題読み込みにおいて、マーカーの存在は絶大。使い方次第で、1回読むだけで読み落としを改善。よくつかわれているのが、フリクションペン。パイロット 蛍光ぺン フリクションライト SFL-60SL -6C 6色セットposted with カエレバパイロットコーポレーション Amazonですが、消す必要性はなかったので却下。また、キャップの着脱が不便であり、時間ロス。と考え、最初に買ったのがこれ。ぺんてる 蛍光ペン ノック式 ハンディラ [続きを読む]
  • 《製図》目的ある道具選び
  • 前半戦は、道具の選択と使い方の検討も必要な作業。目的は二つ。1.作業時間の短縮2.確認しやすさ目的1は、作図時間の短縮が主となりますが、他にも記述や、エスキスのマーカーチェック作業で、道具による時間短縮が見込めます。目的2は、課題読み込み時のマーカー作業で、読み落としのない作業ができたり、メリハリのある線で作図することで、時間ロスを減らすことが見込めます。高い道具をあれこれ試す必要はなく、相性以上にこの [続きを読む]
  • 《製図》有料講座は必要?
  • 資格学校の直前の有料講座の必要性について。自分は、不要と考えている。SとNに通った実体験からの感想と、これから書く内容の2つからの判断です。よく聞くことは、試験直前に試験元からのリーク情報があり、よく当たるから受けたほうがいい。という都市伝説レベルの話。そのために何万円を追加で払うのは、無駄でしかない。某講師の話ですが、どの学校も試験対策の元締めのスタッフはある程度、横のつながりがあり、情報交換をし [続きを読む]
  • 《製図》過去問から学ぶもの
  • 標準解答例が唯一の出題側の意図を推測できる材料なのですが、過去問だけ見ても正解を導きだすことはできません。変化球を多用した解答例が近年多いので、その変化球に目がいきがちです。自分も初年度は、解答例の細かな部分や技的なものが気になり、参考にしようと一生懸命解答例を見ていましたが、結局良い結果に結びつくことはありませんでした。「この図面表現は、何年にやっているので問題ない。」というチェックで、図面表現 [続きを読む]
  • 《製図》合格率は40%ではなく60%
  • TACのガイダンス資料が結構参考になります。学科時代からかなりお世話になっているブログで、井澤先生の授業は受けてみたいと思っていました。実際、TAC渋谷で受講していた知り合いは、全員口をそろえてとてもよかったと話をしていて、とあるエピソードを聞き、ますます気になる存在となりました。ガイダンス資料の内容を見て、共感した部分をひとつ紹介。それは、合格率は40%ではなく60%だということ。ランク4になるような [続きを読む]
  • 《製図》エスキス再構築2
  • エスキスの再構築で、とても役立ったことを紹介します。それは、理想的なプランニング手順を真似する方法です。実際にやったのは、Nのエスキス解説ビデオを何度も見直し、その手順をすべてトレースし、どの段階で、どんなことを考えているか頭にたたきこみました。エスキスの手順はテキストを見ればわかりますが、プランニング手順は、どこまで考えているかは、ケースバイケースでもありわかりづらい部分でもありました。プランニ [続きを読む]