山椒魚 さん プロフィール

  •  
山椒魚さん: 鴨川徒然日記
ハンドル名山椒魚 さん
ブログタイトル鴨川徒然日記
ブログURLhttp://kamogawaphoto.blog.fc2.com/
サイト紹介文京都を中心に鴨川の野鳥や祭などを写真に収めてみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/06/02 19:29

山椒魚 さんのブログ記事

  • 酔芙蓉のお寺
  • Mon晴れ。最高29℃/最低21℃本日は体育の日、祝日でございます。世間一般だと三連休、ところによれば「休日出勤だよ!」という方もいらっしゃるかと思います。以前から問題になっている労働問題、延いては労働時間・社内上下関係など挙げればキリがありません。一つ、これら労働問題を含む国内にある凡ゆる問題は、日本は母性(同情的・保護的)の傾向が強い他国では見られない特殊な性向を備えていたのを、戦後になって急激に外 [続きを読む]
  • 観月の夕べ
  • Wed晴れ。最高20℃/最低14℃十五夜です。仲秋の名月、陰暦の満月ですね。ここ京都では好天気に見舞われ、煌々と地を照らしていました。私は今まででちゃんとお月見をしたことがないような、あまり記憶に欠ける日でしたが、今年は何か自分の中で昨年までとは異なる面持ちで月を眺めました。それも、一千二百年余りの時を隔てて、嵯峨天皇が遊ばされたであろう『観月の夕べ』を拝しながら。(K-1+FA*28-70mm)(K-1+FA*200mm)(K-1+FA*2 [続きを読む]
  • 豊穣
  • Sun曇り。最高25℃/最低20℃10月に入りました、神無月です。(いや諏訪と出雲は神在月だから、というツッコミはありえますが)私の通う大学もとうとう明日から後期授業が始まります。今年の夏季長期休暇が私の学生最後のゆとりのある休みだったと思います。特に8〜9月と貴重な体験もしたので今後は学業に専念できそうです。ただ、写真には相変わらず時間を持たせるつもりです。い、息抜きだから・・・(笑さて、それでも当面は撮 [続きを読む]
  • 夏の思ひで
  • Fri快晴。最高24℃/16℃ご無沙汰しております。9月も残すところあと1日となり、週末から気温が下がり始めてだんだんと秋らしくなってきました。さて、今月は2回目の展示会にして、いきなり大学外での出展をしました。なんでも主催者(アートスタジオの主催者でもある)のお知り合いによって貸し画廊の話が持ちかけられたそうで、、しかも1ヶ月も展示できることに。いやどんだけ〜って心の中で叫びました。毎度主催者の顔の広さに [続きを読む]
  • 新しい望遠レンズのあり方。
  • Mon曇りのち晴れ時々曇り。最高27℃/最低19℃昨日深夜から今日未明にかけて台風18号が通過しました。京都市内はさほど大したことはなかった(暴風雨はあるものの2、3時間程度)のですが、北部は特に孤立した地域もある程度の打撃を受けたもようです。他各地で被害が生じたところも多いと思われますが、1日でも早く通常の生活に戻れるように祈ります。さて、台風一過した今日明日は天候が少し回復するということで野鳥観察日和に [続きを読む]
  • FA☆レンズ三本目。
  • Fri曇り。最高26℃/最低18℃今日はPENTAX K-1 Limited Silver、THETA Vの発売日です。私の周りの方にもちらほら購入の話を聞いており、思ったより売れているみたいです。まぁ、私は既に黒K-1を所有しているので新たに追加はしませんが、今年になってから虜になっているFAスターレンズが銀レンズなのでちょっぴり欲しかったり。。。そう、私は今FA☆にハマっています。凡そ25年ほど前に発売され、2005年ほどまで生産されたスターレ [続きを読む]
  • リコーイメージングスクエア大阪、リニューアルオープン
  • Sat晴れのち曇り。最高33℃/23℃本日、私の愛用するPENTAX(RICOH Imaging)の大阪支店が天満橋にリニューアルオープンしました。以前は長堀にあったのですが、京都に住んでいる身としては少々不便なところに位置しておりました。それが、今回の移転で京阪直結の天満橋、しかも以前とは段違いのスペースを有して華やかさを感じました。経営状態の良し悪しと相関していると思いたいですね。さて、今回訪れたのは、リニューアル後の [続きを読む]
  • 夏の残り香
  • Sun快晴。最高27℃/最低21℃9月に入り、早3日が経ちました。京都は夏の香りが息のようになり、着実に秋へと移ろう時期になりました。また、風が強く雲は流れ、快適な日々が続いております。今日はそよ風に誘われて夏の残り香を探しに七条にある智積院へ参拝しに行きました。(K-1+FA*28-70mm)実は初めて訪れる智積院。真言宗のお寺で私にはどこか馴染みのある宗派ですね。(同上)傍には桔梗が。まだ数が少ないながら綺麗に咲いてい [続きを読む]
  • 宮崎観光記
  • Tue曇りときどき晴れ。最高36℃/25℃ようやく現像が終わりました。宮崎へ旅に出かけたときの記録をば残したいと思います。旅、ですが、本来は観光以外の目的があって来ていたので観光めぐりは2、3箇所にとどめました。とはいえ今回、宮崎訪問ということで今までにない南国感の漂う記事になりそうです。さて、宮崎へは伊丹から飛行機でひとっ飛びしていきました。(K-3+DA*16-50mm)そこから全行程車での移動になります。普段から大 [続きを読む]
  • 天平たなばた
  • Sun晴れ。最高34℃/最低24℃ご無沙汰しております。先日まで宮崎県へ訪問しておりましたので投稿に日が空きました。ただいま現像中なので直に更新します。今回の記事は、昨日に奈良へ行くことがあり、25日から27日まで開催されている天平たなばた祭に拝見したものになります。各日16:00〜21:00で、それぞれイベントが多く開催されていましたが、私は目当ての大極殿燈花会、それのみを見に行きました。(K-1+FA28-105mm)オブジェと [続きを読む]
  • 地蔵盆
  • Sat晴れときどき曇り。最高35℃/最低24℃『地蔵盆』近畿以外の地域であまり聞いたことがないかもしれませんが、道祖神信仰の名残でお盆(盂蘭盆会)に近い日に執り行われる縁日であります。大阪では地蔵盆の存在を耳にしなかったのですが、ここ京都ではかなり盛んで各々の地区で行事として残っているようです。それもそのはず、京都は路地に必ずと言っていいほどお地蔵さんが御坐すのですから。折角なのでと今回、上桂の方にある [続きを読む]
  • 大文字送り火
  • Fri雨のち曇りときどき晴れ。最高35℃/最低24℃朝夕の気温が徐々に下がり、数日前より幾分か過ごしやすくなりました。昼間にはセミの、日没から朝にはヒグラシの喚声が響き渡っていて今は夏と秋の狭間に居るのだなと実感しております。そして、つい先日までお盆と、先代供養が行われており、お盆翌日(16日)には各地で送り火にて精霊を送る行事が行われました。京都では言わずもがな五山送り火ですが、実は私は人生で一度も肉眼で [続きを読む]
  • 帰命山蓮華寺
  • Mon晴れ。最高33℃/最低23℃こんばんは。凡そ一月ぶりのお寺の記事になります。暑さにやられて足が重い中、涼をとりに一度は訪れたかった場所へ自転車を走らせて行きました。高野川のほとりにある帰命山蓮華寺です。(K-1+FA*85mm)昔は京都駅付近にあった時宗の寺(西来院)だったそうです。それが焼失した後、現在の地に再建、比叡山の末寺に組み込まれて今に至ります。こぢんまりとしていて静かです。(K-3+DA*16-50mm)書院。小一 [続きを読む]
  • 黄金の鳥
  • Thu曇りときどき雨。最高36℃/最低27℃今週はめまぐるしい天候の変化で体力が持っていかれそうです。日曜日は台風前の快晴で暑く、月曜は台風が通過した拍子に大気圧が970hPa?ほどに下がり、水曜木曜とまた気温がぐぐっと上昇して36℃を記録。特に照り返しがきつく、外へは極力出たくない気分になります。とはいえ、散歩もしたいわけでして。暑い中、蚊に噛まれながら鴨川を散策してみました。一番暑い時を少し過ぎた17時を目処 [続きを読む]
  • 前期試験終り、夏期休暇
  • Sat曇りときどき晴れ。最高36℃/最低27℃ご無沙汰しております。先日、前期試験を終え、ひとまず休暇に入りました。大学生活四年目、もう腰が落ち着いてきており、彼方此方出かけることが少ない予定になっております。というのも今年は粗方進路も決め、その方へ向かう為に様々な準備をしている段階に取り掛かっているからです。全てが終り次第明るみにすると思います。今はまだ内緒。。(K-1+FA*85mm)比叡山麓を眺める。雲の質感を [続きを読む]
  • 静寂のひととき
  • Tue曇りときどき雨、記録的短時間大雨情報90mm。最高31℃/最低20℃ご無沙汰しております。生きています。全国で突発的な豪雨が絶えない日々です。しかも今日は東京の池袋付近で雹が降り積もったとか。驚きですね。先日まで空梅雨だなと思っていたので実は数日前に本当の梅雨入りをしたのではないかと疑うほどです。それにしても九州の方は大丈夫でしょうか、一刻も早く恢復することを祈ります。さて、話は変わって昨日は祇園祭前 [続きを読む]
  • 雨やドリ
  • Thu曇りときどき晴れ。最高32℃/最低22℃下半期初の投稿になります。唐突の台風、梅雨前線の停滞で主に西日本で強烈な大雨に降られています。京都は雨が上がりましたが、九州地方の速やかな快復を願いつつ、台風直撃時に鴨川凸した写真を試験勉強の合間に記事に下ろします。所有カメラの中で遅い連写速度を誇るK-1にΣ50-500mmを付けっ放し、ファインダー覗き込むだけで写真をその場で確認できない一発撮りに近い状況下で挑んでき [続きを読む]
  • 水無月晦日。
  • Fri雨のち曇り。最高28℃/最低24℃今年も半分を迎えました。年々時の流れが早く感じるような、そうでもないような不思議な感じがします。今年の水無月晦日は少し用事が多く、夏越の大祓を奉納することが出来ませんでした(-ω-;)(夏越の大祓の説明は前年の記事からどうぞ)とはいえ半年の穢を払わないのも気持ち的に宜しくないので、簡単にですが茅の輪くぐりをしてきました。場所は例年通り氏神の熊野神社にて。今年も平穏な日 [続きを読む]
  • 三室戸の紫陽花
  • Mon曇り。最高29℃/最低20℃連日投稿です。前記事の善峯寺参拝の翌日、今度は三室戸寺へ参詣してきました。三室戸寺は3、4度目になりますが、年々参拝者が増えているような気がしました。特に紫陽花園は入るのに行列ができており側から見ると異様な光景でした(汗(K-1+FA*85mm)山門と紫陽花。人を写さない角度、タイミングを見定めるのが困難を極めました。(K-30+DA*16-50mm)さすがに本殿は人が写りこみました。賽銭する方々で [続きを読む]
  • 善峯の紫陽花
  • Sun雨ときどき曇り。最高26℃/21℃京都でも今日から長雨が続く空模様となりそうです。梅雨に対する人の思いは夫々あると思いますが、私は心の浄化を伴うような気がして好意を抱いています。(もっともカメラにとっては天敵ですが)今回の記事は雨が降る前のこと、釈迦岳中腹、善峯寺へ赴いたお話になります。(K-30+DA*16-50mm、以下無記名は左に同じ)私の住む家から片道約18km、標高差約300mを自転車で。背中に10kg近いカメラバッ [続きを読む]
  • Heavy rain.
  • Wed雨ときどき曇り。最高24℃/最低19℃本日夏至。ご無沙汰の投稿になりました。最近は勉学の方に勤しみつつなので投稿頻度が低めです。それにしても最近写真を撮りに行っていなくてうずうずしていたので雨に合わせて本日朝イチに出かけてきました。近所のお地蔵さんにアジサイが供えられていました。ほっこり昨日までげっそりしていた川の水がめちゃくちゃ増量されており、雨の凄みを感じました。早朝は雨音で起きるくらい(事実 [続きを読む]
  • 藤森の紫陽花
  • Fri。最高℃/最低℃最近は日中と日没後の気温差で少しやられているのか、あまり体調がすぐれません。日中は蒸し暑く感じるのに数字としての気温は上がらず、雨も降らずで紫陽花にとっては例年より悪状況ですが、藤森神社へ参拝してきました。菖蒲の節句の発祥地であり、本殿が東・中・西の三座からなり祭神がかなり多い神社です。(K-3+DA* 16-50mm)本殿。立派な檜皮葺です(同上)舞殿。(同上)大将軍社の裏手。紫陽花は咲き始めたば [続きを読む]
  • 鳥のポートレーション
  • Wed快晴。最高28℃/最低15℃空梅雨でしょうか。それともまだ梅雨入りしていなかったのでしょうか。何れにせよ雨が降らない良い天気で喜ばしいです。昨日も今日同様良い天気だったので気晴らしに鴨川へ行きました。久々の鳥撮影です。今年初のカルガモの子連れ写真。今回はK-3にSIGMA 50-500mmで撮影。(K-1+FA*85mm)(同上)ーーーーーーーーーーいつもありがとうございます。コメントご自由にどうぞお書き下さい。↓押していただく [続きを読む]
  • 今年も詩仙堂。
  • Sat曇りところにより雨。最高30℃/最低17℃梅雨入りした翌日から早速雨が降らない二日間となりました。ただ、一気に気温が上昇し、この時期特有の蒸しっぽさが増しました。そんな中、詩仙堂へ。三年間恒例同じ時期にゆったりと時間を過ごしに来ています。昨年の記事と比べて機材が変わったので再び玄関から。(K-1+FA28-105mm)(同上)今年も様々な花が咲いていてどれも見ていて心が癒されました。(K-1+FA*85mm)(K-1+TAMRON 90mm)(同 [続きを読む]
  • 梅雨入り
  • Wed雨。最高21℃/最低18℃今年も梅雨、始まりました。京都は昨年より一日早い梅雨入りとなったようです。昨年についてはこちらから。思いの外気温が低いので着る服に困りますね。。雨の中、例の紫陽花が咲き誇る御池通へ行ってきました。(K-1+FA*85mm)(同上)(同上)(K-1+FA*200mm)(K-1+FA*85mm)(K-1+FA*200mm)雨でより鮮やかな発色を写し出してくれました。夏の野はさきすさびたるあぢさゐの 花に心を慰めよとや     ー俊恵 [続きを読む]