デカブドウ さん プロフィール

  •  
デカブドウさん: スーパー・グレープ
ハンドル名デカブドウ さん
ブログタイトルスーパー・グレープ
ブログURLhttp://supergrapes.blog.fc2.com/
サイト紹介文ブドウ等の育種とアルコール醗酵の研究を始めました。神奈川県の茅ケ崎市に在住の備忘録.
自由文サイクリングやウエートトレーニングで体を鍛え日本一周を目論む。ブドウ(ワイン用)栽培の土地を探しています。遊休地(荒地、山林や傾斜地でもOK)があればご紹介ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/06/04 09:55

デカブドウ さんのブログ記事

  • 鎌倉へクジラを観に行く
  • 記事の写真、6日午前中に海側から撮影昨日、ネットで鎌倉の由比ガ浜にクジラが打ち上げられたとの記事を読んだ。由比ガ浜は自転車で鎌倉に行った際に、たまに立ち寄る場所なので馴染みがある。早速、観に行くこととするが、何分にも日中は暑すぎる。近頃は夕方の5時以降にトレーニングに出るが、その時間だと明るい内に帰って来れないので、3時過ぎに出発した。この方には片瀬山から鎌倉山を経て海岸に出るコースを採るが、気温 [続きを読む]
  • 野良トマト
  • 今年の庭の菜園スペースには、昨年植えていたトマトの実から自然発芽した野良苗が沢山出ていたので、それを育てることにした。昨年の品種はアイコ、紫と黄色のプチトマトだったが、運よく野良苗の実は、その3品種の全ての子供からだった。F1品種からその子供のF2品種は、殆どの場合F1とは異なる形質が現れる。子の形質は親のそれより劣っている場合がほどんどだ。経験的にトマトの場合は、病気に弱かったり(特にうどん粉に弱い) [続きを読む]
  • ヌマエビを採取する
  • 梅酒ビンの水槽に藻が生えて未透視が悪くなってきた。藻を食ってくれるヌマエビを近くの田んぼの水路で探してみたが、採れるのは肉食の手長エビばかりだ。隣町の寒川町の目久尻川には沢山いるとのことなので、幾分遠くではあるが出かけることにした。如何にもエビが居そうな川ではあるが、河川に下りる道が無い。草を掻き分けて降りたくもない。ゴミ処理センターの横の川岸にコンクリート製の通路があったのでその付近で採取した川 [続きを読む]
  • メダカが卵を産んだ
  • 折角だから、もう少し周辺を調査することにした。茅ヶ崎市の清水谷、藤沢市の石川丸山谷戸や境川沿いのお玉池の三か所、いずれもメダカは確認できなかった。(お玉池では爺さんが一眼レフを構え、カワセミを撮っていたが足元には同じサイズのメダカが30匹ほどボールに泳いでいた。恐らく大型の鑑賞魚用の餌としてショップでかったものだろう。ヒメダカでなくてよかった)清水谷の沼、こんな薄暗いところには居ないようだ石川丸山 [続きを読む]
  • 残念な結果
  • 現在、梨・リンゴ系の交配種の発芽(発芽に要する時間は数日〜数か月と幅が広い)を観察中だが、発芽はするが育たない。数枚葉数の幼葉で枯死してしまう組み合わせがありそうだ。この傾向は特異な組み合わせ(望ましい組み合わせ)で出来た種に多く見られる。柑橘系についても言えることかもしれないカンキツの交配種、左上の苗が数日前に枯れて褐化しつつある。白い苗はアルビノ、これは子葉の養分を使い果たしたら枯れる運命だ中 [続きを読む]
  • 茅ケ崎メダカが発見される
  • 2018年6月16日 午後5時ごろ、デカブドウにより、茅ケ崎メダカが発見される。今日は空模様がよくなく、いつ雨が降って来てもおかしくない天気だ。メダカ用の水槽と餌のミジンコの準備が出来たので、肝心のメダカを入手したいのだがショップで購入する前に、自生するメダカを探してみることにした。神奈川県では原種のメダカは小田原の自生メダカと藤沢市の個人宅で発見された藤沢メダカの2種のみとのことだったのでダメもとで [続きを読む]
  • メダカを飼うことにした
  • 自転車で何処に行くにも、出来るだけ住宅街の中を通ることにしている。これは安全面と、民の暮らし向きを見て回るためでもある。先日、庭先に火鉢に水を張りメダカを飼っているお宅を見つけた。そういえば拙宅にも自家から持ち帰った火鉢があり倉庫にしまってあることを思い出し、ワシもメダカを飼うことにした。子供が小さい頃は水槽を買って、各種魚類等(ランチュウ、熱帯魚、スジエビ・・・)を飼っていたことがある。子供たち [続きを読む]
  • ラフランスの袋掛け
  • 今日は庭のラフランスの袋掛けをした。一週間前に大まかな摘果をしておき、ネットで大き目の果樹袋(赤ナシ用)を300枚購入したが、枚数が足りないようだ。調べると、梨に20年生は250〜350個が適正個数とのことなので、生らせ過ぎかもしれないが、200枚追加で購入することにした。3年ほど前から袋掛けをすることにしている。専用農家ではないので無消毒で育てているが、その為にシンクイムシに全てやられてしまって [続きを読む]
  • 種屋(一部は詐欺師)稼業は気楽なものだ
  • 車を買った時に、エンジンが付け忘れられていたら、そもそもエンジンがないので、見ただけで欠陥品として分かる。クレームして、正常な車に取り換えてもらうか、返金してもらう。スーパーでトマトを買って、それが腐っていたら、やはり同じ対応をする。しかし、種子の場合は、その商品が商品表示通りなのかは見た目では分からない。種を発芽させてみて、育ててみないと分からない。さらに、発芽率は人によって異なることが通例だ( [続きを読む]
  • マルシェ青空からの種が全て(5個)腐る&イチゴ
  • 今日、5月16日にシャーレー内に配置したマルシェ青空から購入したアントノーフカアップルの最後の種が腐っていたことを確認した。発芽させている種は、腐敗により周りの種に悪影響を与えるので2日に一回は外観を観察し、腐敗したものは取り除いている腐敗の現象は外観からも容易に判断できる。ろ紙に薄い褐色の液体が染み出している種はほどんどが腐っている。(ピンセットで触ってみると、種が潰れる)今期に購入した種は10 [続きを読む]
  • 大麦を脱穀する
  • 一週間ほど乾燥させ、千把扱ぎで脱穀した。麦は長いひげ(のぎ)が付いており、これが体中に刺さりがチクチクする。遠い昔に経験した感覚だ。工程としては脱粒、脱ボウ、洗いの行程があるが、効率は落ちるが大昔の人がしてきた方法を見習えば工程ごとの器具が無くても人力で何とかなるものだ。時間が掛かるが、脱粒した麦を足で踏めばノギが取れ、篩でふるったり、風のある日に高いところから落としノギと麦粒を選別できる。丁寧に [続きを読む]
  • 大麦を千歯扱(せんばこき)で脱穀する予定
  • 収穫した麦を雨の当たらない屋根(薄日が漏れる)の下で、一週間ぐらい乾燥し、実家から持ってきた千歯扱で脱穀することにした。この千歯扱の木の部分は虫食いだらけでボロボロの状態だが、何とか使えそうだ。木の部分は四角い穴が2個開いており、何かに固定して使っていたらしいが、その固定部分は無いので、垂木止めクランプで単管に固定することにした。単管は筋トレ用の平行棒を利用した。筋トレ用の平行棒麦は完全に乾燥させ [続きを読む]
  • オリゴ ディナミー
  • 植物の組織培養で問題となるのは決まってコンタミらしい。雑菌やカビが混入すると全ての試料は廃棄となる。その為に、試料は十分に殺菌又は減菌し、試薬もフィルターを使って菌を除去し、使用する容器はオートクレーブし殺菌する。その後に、クリーンな実験室内のクリーンベンチ内で植え付けの操作をする。試料の殺菌は塩素系の殺菌剤が多く使われるようだ。しかし試料の内部や組織の隙間の殺菌は難しく特殊な浸透剤が使われること [続きを読む]
  • イチゴの種を発芽させる
  • マルシェ青空から購入したジャイアントストロベリーの種を冷蔵庫で休眠させておいた。一週間(冷蔵庫には16日に入れる)ほどが経過したので、発芽のテスト(25日)をすることにした。発芽率の比較として、市販のイチゴを購入し、採取した種も同一条件で試験することにした品種名は紅つやかナイフで実の表面をそぎ取る日と当たるところに、一日置いておくとこのように干からびる。ピンセット(針)の先で突くと、種が容易に外れ [続きを読む]
  • 麦を刈る
  • 今日の午後からは雨の予報だ。晴れ間をぬって、大麦を収穫してみることにした。この辺りだと5月の末が収穫時期らしい。実ってからの長雨は致命的な結果になるとのことなので、晴れが続く間に急いで収穫せねばならぬ。茎まで黄金色になっているこんな調子で刈り取り束ねていく。刈るより束ねる方が時間がかかる。大凡2時間ほどの作業だ実家から持ってきた刈り取り用の鎌麦の食べかすを発見、近くに穴もある。ネズミでもいるのか? [続きを読む]
  • マルシェ青空からの種腐る
  • 今日、5月16日にシャーレー内に配置したマルシェ青空から購入したアントノーフカアップルの種が腐っていたことを確認した。最長6日以内にで5個中の3個が腐ったことになる。やはり薄皮が簡単に剥けてしまう種は最初から死んでいることが多い。腐敗の現象は外観からも容易に判断できる。ろ紙に薄い褐色の液体が染み出している種はほどんどが腐っている。(ピンセットで触ってみると、種が潰れる)種は6日前に配置したまま、ア [続きを読む]
  • またマルシェ青空から種を買う
  • 去年の今頃に、アントノーフカアップルの種を10個買ったが、すべて発芽に失敗したので、再度チャレンジすることにした。今回はジャイアントストロベリーの種も同時に購入した。ちなみに、アントノーフカアップルの発芽率は説明書きには81%とあるので、10個が発芽しない確率は((0.2)の10乗) = 一千万分の1の確率となる(発芽試験が正しいとすると)リンゴの種は皮を剥いて、過酸化水素水0.05%溶液に18時間浸漬し、シャ [続きを読む]
  • やっと野菜の苗を買う(今年の予算1000円)
  • いつも5月の連休が終わったこの頃に野菜の苗を買う。HCでは野菜の苗は4月1日から売り出し、5月の連休中に最盛期を迎える。連休後には、見切り品も出て売価が下がってくる。遅い方がよい品種もあり、この頃にユニで購入している。ほどんどは種から育てているのであるが、上手く苗に成らなかった野菜や、トマトは購入することにしている。近くのHCの野菜の苗の価格はユニーのそれの3倍ぐらいだ。少々遠くだが自転車で30分ほど [続きを読む]
  • 大きなリンゴを見つけた
  • 早朝の見回りで、津軽の木の上の方の枝に他より数倍大きなリンゴの実を見つけた。形も他の実は丸いのにこの実は角ばっている。枝変わりか? 今後の成長を観察することにする。こちらは他の実、時期的に生理落果が治まった頃で、この頃に落下していない実は全て大きくなる [続きを読む]
  • キャベツ、レタスの植え付け
  • 今日は車で農園に、キャベツ、レタスの植え付けに行った。それぞれ25本を種から育てた小さな苗だ。これだけの本数があれば十分だ。しばらくはイチゴとそら豆の収穫に週間隔で来なくてはならぬ。一畝で可成り植えられるものだ自家から持ってきた田植え網(田植えロープ)、小さな時に田植えを手伝った時に見た覚えがある大麦が色付いてきた。もう少しで収穫だ [続きを読む]
  • 種イモから芽が出た
  • 去年収穫したサツマイモ3品種を、3月初めから保温していたが、やっと芽が出始めた。(遅い)加温の方法は、スリット鉢に鹿沼土に種イモを埋め、鉢をビニールのゴミ袋の中に入れておくことで、簡易の温室が出来上がる。ネットで調べると、種イモを48度、40分の湯の中に漬けると芽がで易くなるとのことなので、来年はこの前処理を追加するつもりこんな感じで加温できる多分に紅ハルカ多分に安納芋 [続きを読む]
  • 発芽の様子①
  • 4/29に播種したリンゴの交配種が、薄皮を破って早くも根を伸ばし始めた。培地がろ紙なのがポイント(ペーパータオル等を殺菌して使っても可能)いつの間にか、根が培地に食い込み取り出せない場合があるが、培地が紙だと紙を剥がして根を傷めずに取り出せる。4個の内、1個が発芽した。数日してポットに移植するこちらは柑橘の種、多胚種なので、1個の種に多数の胚がある。種が生きてだがいると緑色に変わり、その後に根が出てく [続きを読む]
  • 交配種の播種開始
  • 播種と言っても、種を土に蒔くわけではない。無菌状態のシャーレーの中で発芽させる(発芽試験に準じる方法)、種が死んでいない限り100%が発芽する。苦労して交配させても、この段階で失敗しては元も子もない。特に、未成熟気味の種の場合は土を使った発芽では失敗する場合がある。今年は、属間交配の種が複数取れたので、今後が楽しみだ。 [続きを読む]
  • 作物の様子を見に農園へ
  • 畑作りも兼ね農園に行った。大麦が少し色付いてきた。この跡地には落花生を蒔く予定なのだが間に合うのだろうか?収穫時期は、九州では5月下旬ごろらしい。青い穂だった大麦が、穂軸や茎葉すべてが完全に黄金色に変わっていること。 乾燥して大麦の粒の水分量が25 〜30%以下になっていること。 粒を爪で押した時、弾力がなく、硬くなっていること。 上記のようなことが外観からの収穫の目安となります。イチゴの収穫は連休ごろか [続きを読む]
  • カンキツ類のキメラ①
  • 先のタイトル”晩白柚 様(like)のグレープフルーツ”で、晩白柚(実生)の木に接ぎ木したグレープフルーツの実が外見はグレープフルーツだが、中身は晩白柚だったことを記したが、これは偶然にキメラが出来た可能性がある。キメラではなく、高接ぎで親木の影響を受けたのなら、これはこれで影響は大きい。なぜなら育種で、交配種からの苗を大きな木に高接ぎし、交配種の開花期間を短縮する方法があるが、親木の影響が強い場合は、 [続きを読む]