月子 さん プロフィール

  •  
月子さん: 夢蔵や
ハンドル名月子 さん
ブログタイトル夢蔵や
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/yumekuraya/
サイト紹介文新選組の生まれた地。赤い屋根の小さな駅日野町の八坂神社隣の隠れ家。皆さんの心の港になりたい月子ママ。
自由文リサイクル骨董カフェ。
人と人が出会って違う世界が生まれるサロン。
婆爺もううんざり。
若い人来たれ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/06/04 13:33

月子 さんのブログ記事

  • ながら生活
  • わたくしの一番好きなことは、本を読みながら韓ドラを見るご飯を食べることこうするとご飯がいくらでも美味しくいただけますのよある時は、ご飯を聴きながら本を食べ韓ドラを読んでいます。集中力が無いということでしょうかねにほんブログ村 [続きを読む]
  • なんか?複雑
  • 夢蔵やは、古物骨董リサイクルの店で、晴れの日は、外に売れ筋を出し続けています。コートや茶道具や絵画等など高価な物あり、ダイソーの未使用品あり何しろいろいろよ或るお客様は「こんな高価なものを外に出して!大丈夫なの!持っていかれちゃうわよ」なんて心配し親切なお言葉を掛けて下さいます。「夢蔵やでは、開店以来一度もそわなことござんせんのよーー(^_−)−☆」なんて応答すると「盗られているのに気がつかないだけ [続きを読む]
  • 世界にひとり
  • 先週のあの冷たい雨長っ尻の飲兵衛が帰り暖簾を入れると雨が強くなっていました今までが春の様なおかしな12月この寒さが当たり前なんだと言い聞かせても寒さが身にしみますよ真夜中、合羽を着てバイクに跨り雨の中を家路に手袋は買ったばかりのスエードで雨に濡らすのがちょっともったいなかったので嵌めず時速60kmで受ける雨粒手が千切れそうな寒さ赤信号で夜空から落ちてくる雨を見上げ「この歳で・・この時間に・・手袋も嵌め [続きを読む]
  • 流行歌の精神史‼?
  • 出版記念パーティーに行って来ました。会場は男ばかりでバリケードの隙間から青い空と開放感を感じた世代ですって私の前の席には、目鼻立がスッキリ、体を使い惜しみしていないすっくとした姿勢のイケメン常に、1列目の特攻隊だったという韋駄天みたいな男性高校生の時から学生運動に⁉?何度も捕まって・・・その後の人生は?でも、瞳がキラキラ私なんて、「学費を親から貰っているくせに勉強もせずにこんなことをしてやがって! [続きを読む]
  • 家出もできない老婦人(^_−)−☆??
  • 私のお友達かほるさんかほる・・・という古風な「ほ」の字その、かほるさんとは10年来のお友達年齢の壁を越えタメ口仲間ある日の話を聞いて爆笑しましたわかほる「夜、亭主と口喧嘩してあまりにも腹が立つから家を飛び出したのよ少し心配させようと思ってで、暗闇のベンチに座っていたら警察官が来て「もしもしおばあさん家分かりますかぁ〜っ?住所はぁ〜っ?一緒に帰りましょうね!付いて行きますよ」ですってまったく〜‼?ボ [続きを読む]
  • お菊さん退院(^_−)−☆
  • 夢蔵やを頼んでもないのに手伝ってくれたお菊さん(86歳)が、五月の夢蔵やイベントわらびとり前日、倒れ五ヶ月間の闘病生活の末念願の退院??わたくしも入れたからには出さねばとの責任感で病院と断固交渉しましたよ退院日は実の妹さんが付き添うということで顔を出さず昨日、訪ねて見ると本人、泣いていました介護認定1だったと思います⁉?が、本人のブライドが高く買い物、お掃除のヘルプを全面拒否凛としたお菊さんきっとや [続きを読む]
  • 9月の手帳を開けば
  • おおー!予定が詰まっています綱渡り自転車操業一輪車の曲芸でござ〜い不動産屋から更新の有無を問う葉書一枚をこの何日間かにらんでおります。はるかーまるかー(やろうかやるまいか⁉?)このまま こんな生活を続けるのはしんどいし考えるのを中断し放浪記を読みながら残り物を鱈腹喰い(何を食べても本を読みながらは美味)五月?日 芙美子私はお釈迦様に恋をしました仄かに冷たい唇に接吻すればおおもったいない程の痺れごこ [続きを読む]
  • ヘナ!(◎_◎;)
  • 親戚に不幸があり2日間山梨にいました。斎場で久しぶりに会う息子や姪っ子甥っ子たちわたくしの頭を見て白髪の多さを指摘夢蔵やは、私より、ひと回り、ふた回りお年の方達ばかり私の髪を見て「真っ黒で良いわね〜」「もう白髪が多くて染めようかと思っているんです」などと言うと「未だ未だぜーんぜん大丈夫よ」なんて声をそろえておっしゃる「そうかしら?」なんて、今まで乗せられてきてしまいました明日は、颱風が近ずいている [続きを読む]
  • お菊さん(86歳)倒れ
  • 次の助っ人に84歳のお花はん耳が遠い脚が弱く歩き方が不安定気が利かないと三拍子揃った大物お客様の名前を覚えない注文を聞いてこない勤務1ヶ月で3キロ痩せたとか??痩せるにもお金が掛かる時代おまけに脳トレも兼ねているアルバイトこちらの方がお金を頂きたいものですわお花はんはお店では「大ママ」と呼ばれお酒片手にお客様のお相手オンリーわたくしはおしんの様に地獄の様な熱い厨房に立って汗を頭から吹いています。お花 [続きを読む]
  • 枕兼昭和文学全集を
  • ドカリと開くとなになに【言葉のダシのとりかた】かつおぶしじゃない。まず言葉を選ぶ。太くてよく乾いた言葉をえらぶ。はじめに言葉の表面のカビをたわしでさっぱりと落とす。血合いの黒い部分から、言葉をただしく削ってゆく。次に意味をえらぶ。厚みのある意味をえらぶ。鍋に水を入れて強火にかけて、意味をゆっくりと沈める。意味を浮き上がらせないようにして沸騰寸前にサッと掬いとる。それから削った言葉を入れる。言葉が [続きを読む]
  • おおー
  • ほっとして普通の夏の涼しさよ昨夜は、数週間ぶりに窓全開で自然の風の中心地よく熟睡いたしました。朝の目覚めも爽やか夢蔵やでも開店以来初めての冷房使用あるお客様「冷房費俺が出すからかけてくれれ〜〜‼?」と叫ばれてしまう始末だって、夏は屋台で営業しようと思っていたのに⁉?この猛暑、日本のアフリカ化春秋がめっきり短くなり夏が5月から10月辺りまで1年の半年が夏・・ですか茫漠と豊かさを伸ぶ炎熱忌そのうち宇宙服 [続きを読む]
  • わいわい飛び火野句会7月19日
  • 志野ちゃん急用で欠席よしたかさん久々の出席初江、飛燕女、よしたかの3名句会よ今月の特選句??極楽の種こぼれ来て蓮開く 初江??長生きは淋しと女緑陰へ 飛燕女??大八ツ岳(おおやつ)や 掌の蜘蛛死んだ振り 初江得点句花茗荷透けて始まる一日かな 飛燕女寺町に咲かす檀徒の額の花 初江端居して黒白(こくびゃく) 落とす碁盤かな よしたか塗り下駄が打ち水をする奈良格 [続きを読む]
  • 3メートル先のゴミ箱
  • には、十中八九投げると入るんよなのに何故に‼?矢が的に100%中らぬのか!何十年間悩み続けていますぅ〜阿保な私超弩級のば、か頑張れば、頑張るほどに中らないのです弓を始めたのは30代半ば子育てに奮闘中の心身症の頃です。子供達を見ると過呼吸、不整脈良妻賢母を目指し夫と同じ夢を見、喜びも悲しみも分かち合おうと奮闘していた時期夫は、一週間に一度しか帰宅せず家を守りすべての時間を子供のために費やしていた時期です [続きを読む]
  • 愛はなんと人をひもじくさせるのか愛とは孤独だと知らないからなのかお前が好きなコオロギを私も愛しているお前が好きなライラックを私も愛しているお前が好きな夜を私も愛している満ち足りているようで空っぽの私の青春に乾杯にほんブログ村 [続きを読む]
  • 心が揺らめく
  • 俳句??噴水にはらわたの無き明るさよ??大脳のよろめきに照る桜かな??春の風邪ときには弥陀もひき給え??泣くことも柿剥くことも下手なりけり??耳垢も目刺しのわたも花明かり??蝶になる途中九億九光年??銀河系のとある酒場のヒヤシンス??雁かえる幕を揚げてもおろしても??陰干しにせよ魂もぜんまいも??雪ふれり生まれぬ先の雪ふれり??雪山に頬ずりしても老いんかな??雲をふむ確かさに居てつくし煮る今日も [続きを読む]
  • 8日の窯詰めに
  • 今日は、素焼きです朝早くから窯詰めと窯焚きと釉とき暇が無ければ出来ませんわね陶芸を始めて5年自慢じぁ〜ありませんがひとつの作品を丁寧に納得いくまで作った事は唯の一度も御座いません一時、流行った陶芸も高齢化が進みどこの会もがらがらです。我が会も又しかり1人7キロの作品が分担キロ数で始めてから今まで重量との闘いです大物を作れば簡単なのよ重〜い花瓶とか、壺とか甕とか傘立て‼?とか忙しいわたくしには重労働退 [続きを読む]
  • ズル休みで明治座のただ券
  • 友達のえいちゃんから12000円の明治座の券を二枚貰いました‼?超ラッキー??よーーーッなになに川中美幸・・・演歌ですかぁわたくし演歌は好みませんのでも、明治座は魅力的よわたくしみたいな暇なし貧乏人には縁のない場所でございますから・・はいお弁当も出る??というので老母と共に行って参りました。人形町駅から明治座までの道を甘酒横丁、水天宮、江戸の昔から芝居小屋が建ち並んでいた場所の空気を感じながら歩きます [続きを読む]
  • 金の林檎とハンサムboy
  • あの、暑い日の少し風がでて暑さが薄らいだ暮れ方頭から汗を噴き出しながら厨仕事をしていた時です。そのハンサムボーイは現れたのです。店の入り口で「1年前、金の林檎を買った者です。覚えていますか?」と、彼はまだ世の塵芥に汚れていないうるうるした黒い瞳でわたくしを見詰めるではあーりませんか‼?あちゃーッまた、クレームか!と暫く、彼に見入っているとわたくしの記憶の彼方から立ち上がりましたよ〜そうそう地方から [続きを読む]
  • 土用
  • といえば現代人は土用の丑の日=鰻しか、頭に浮かばないおばか・・わたくしも含めて昔の日本の女性は、日々を丁寧に生きました。夏の土用は、農耕民族の秋津の国の大いなる母にとって暑い‼?その上忙しい時でした土用は、春夏秋冬各季節ありましたが特に、夏の土用(7月20日頃〜立秋まで)1)衣類書籍の陰干しをする箪笥にしまってある高価ゆえ殆ど手を通せない衣類の日陰干しいいものに限って虫もよくわかっていて食べるんよ・ [続きを読む]
  • 孤独でないわたくしから孤独な者たちへ
  • いつも私の周りはわいわいしている彼方の人がこう言ったりこちらの人がああ言ったりもーッ「お黙り‼?」あ〜〜独りになりたいわたくしと話をしにくる老人数人・・・同じ話を何度もなんどもくりかえすもうそれは何度も聞きました。と言ってしまうことがある「あぁぁぁ又、月ちゃんに怒られちゃった。くわばらくわばら」と言って帰って、数日後「月ちゃん〜」と言って現れ又、同じ話が始まる・・わけどす孤独の中の静けさに浸りた [続きを読む]
  • 死んだ方が良かったのかしら⁉?!(◎_◎;)
  • 私の片腕2年と少しほど前にふと気が付いたら静かにわたくしに寄り添ってくれていた人、お菊さん誰が頼んだわけでもないのですが知らずせらずのうちにわたくしの片腕にお菊さん86歳独身よく気が回り、お小言も半端ではなくよく喧嘩もし誰が見ても親子と言われてしまうほどの仲に綱渡り一輪車自転車操業のわたくしにお給料は要らないわよと言ってくれていましたがそうはいきませんわたくしに関わって来る人は誰でも、神様の使いだと [続きを読む]
  • 久々の嫉妬!(◎_◎;)ふたつ
  • 姪っ子がアメブロ依頼で子育てブログ四コマ漫画を掲載しています。「吉木ゆん うちの娘は塩対応」まぁ〜、漫画の力は凄いですわ内容は、どってことないのですが読者数がすごいらしくランキング1位にも??????わたくしも可愛い姪っ子のブログをいろいろな人に宣伝しておりますが姪っ子は我がブログも開かん育児内容は書くことに事欠かない私だったら毎日原稿用紙3枚くらいは書けますわ日々の育児日記の代わりに書き子供が成 [続きを読む]
  • わいわい句会飛火野(^_−)−☆
  • 自転車にまたがり颯爽と初江さん現る定時よりお早めの到着藍染の装いが匂い立つ着座して志野を2人で待つ我が句会で唯一の男性 白、黒?、緑?一点よしたかは今月も投句だけよどんな集まりでも異性がポンと入ると不思議な事に場が締まりますね志野ちゃんは夢蔵やの斜向かいに住んでいるのに万年遅刻近さゆえの安心か?いけませんね連絡もなーんにもないから唯、ふたりで待つのみあまりに遅いので二人句会でやっていましょうという [続きを読む]
  • やっとできた
  • 今日は、句会ですの今、やっと提出句ができました難産の末の誕生です??愛恋(あいこひ)に 遠く近くに梅雨の月 ??窓開けて梅雨の深さをきいてをり??夏つばめひとさまざまに我を過ぐ??吾が視野のなかいっぱいのめだかのこ??山頭火歩いているのはこんな梅雨??山菜の在り処はひみつ婆婆笑ふ??立葵 垣根を越えぬ恋のまま立葵垣根は越えぬ恋である変な俳句ばかりだわとりあえず投句ーーーッ行ってきまーすにほんブ [続きを読む]