commelia さん プロフィール

  •  
commeliaさん: Ma foret
ハンドル名commelia さん
ブログタイトルMa foret
ブログURLhttp://commelia016.blog.fc2.com/
サイト紹介文I get a great peace of mind.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/06/05 04:39

commelia さんのブログ記事

  • By myself.Visit the temple(神勝寺)
  •                                      Itis a beautiful wa
    lking path.I was walking along a garden path.A small chair where I can sit, and enjoy the landscape, peace, and quiet at a lovely
    and beautiful place.The flowers are a joy to view, The colors bright in a little sunlight, Red, yellow and...Lifting their heads t
    he sun to r [続きを読む]
  • Despite its small town, Onomichi
  • 林芙美子像から眺める海は きらきらと銀色に輝き清々しい「海が見えた。海が見える。五年振りに見る、尾道の海はなつかしい汽車が尾道の海へさしかかると、煤けた小さい町の屋根が提灯のように拡がって来る赤い千光寺の塔が見える、山は爽やかな若葉緑色の海向こうにドックの赤い船が、帆柱を空に突きさしている。私は涙があふれていた」尾道から対面する尾道水道は狭く「緑色の海」の向こうに向島が横たわっている。この間 [続きを読む]
  • The new and old things liven up Onomichi.尾道
  • Despite the love of things traditional here, It's rather more contemporary than you will find elsewhere.古い建物 習慣 文学など大切にしながら 新しい考えやお店を取り入れて尾道は栄えている。住民の足になっている昔ながらの渡船があるが観光客にも分かりやすく便利な工夫がなされている 老舗の中に モダンな店が共存し昔ながらの銭湯は未だ健在。 サイクリストのための渡船がまもな [続きを読む]
  • Onomichi Lantern Festival 尾道灯りまつり
  • 尾道の町は34000個の灯りに輝き照らされていました。尾道は美しい丘に建つ古い家やお寺で知られていますが石段に敷き詰められた灯りはゆらゆら揺れ 感動的な光の景に誘われていきます。その絵は尾道の子供たちが熱心に作ったものです。先生や家族がその絵を見に出かけ 挨拶を交わし合います。灯りの側ではさまざまなイベントが催されていました。Onomichi is lit up and shining by around 34,000 lanterns all around the [続きを読む]
  • I'm waiting for you, by the riverside.
  • There is a beautiful walk along the river.The water always looks so fresh and cool. Sometimes it’s possible to distinguish black flickers of fish.Everyone seems to enjoy this riverside.Along the riversideTweeting of birds, joyously they sing.Rushing of water, crystal clear.The whistling wind speaks, the waving leaves answer.The scent of nature. Up in the sky, the eyes of baby blu [続きを読む]
  • Eating a meal in a historic building. 鞆
  • Impressive a restaurant in the historic buildingThe food in a restaurant tells a story, echoing the owner's roots, culture, and origins.町に歴史があるようにレストランにも人にも歴史があるのでしょう鞆でもよく知られている田淵屋さんのハヤシライスをはじめていただきました。氷の入ったお猪口に保命酒を入れて飲んでくださいとの事でしたこの町で保命酒を作っているお店は6件あるそうで どれでもどうぞ と言 [続きを読む]
  • Tomo's nooks and crannies  鞆をくまなく…
  • every nook and crannyA visit down the side streets of Tomo.Tiny cafes and shops await you!Perfect for photography and discovery.今日は英語の先生の文を引用させていただきました。every nook and crannyとは隅から隅までという意味らしいです。ネイティブの先生の文はとても参考になります。直ぐ忘れてしまうと思うけれど意味が分かった時はほんとに嬉しい!鞆町を隅々まで 裏道を [続きを読む]
  • 鞆 の 浦 de ART 2018
  • The weather is amazing yesterday.I went to see an art exhibition "鞆 の 浦 de ART 2018"Tomo remains historic landscapes and traditional buildings in the Edo period. The flyer says many artworks exhibited in the precincts and the traditional buildings.And also, while exploring the beautiful landscape of the town, like the Edo period,you can enjoy the artworks of various genres of [続きを読む]
  • 阿伏兎観音 あぶとのかんのんさま
  • 宮城道雄の随筆”鞆の津”や 十返舎十九の文学碑が並び歌川広重も描いている絶景で 海に洗われたけわしい岸壁が続く道の先にある奇勝として知られているが 昔はどこに道がついていたのだろうか 弥次さんも北さんも この道を通ったのだろうか…”観音堂より見おろせば 白波足元に湧きかえりて目も眩(くるめ)き・・・”厳島参詣膝栗毛は東海道中膝栗毛の続編で阿伏兎観音に参拝した時の様子が書かれているそうだ [続きを読む]
  • 生きることがあなたへの恋文となるように*阿伏兎観音1
  • ぶぅ〜 よんでみる やっぱり好きでこんなに好きでいとおししく てせつなくて booやミュー君のこと”忘れないで 覚えていよう”と思いながら流れてゆく日々の中で思い出は消えそうになっていた。お友達のfacebookからbooとの海辺の散歩道を思い出した。この朝あけの道をよく散歩した。夕映えの美しいところで 四季を通して海岸の夕景を見飽きることがないとくに秋から冬の空気の澄んでいる時期は橋をシルエ [続きを読む]
  • Memories of the nostalgic town
  • I took a walk along the beach early morning, breathing in the smell of the flowers and sea.Fragrant olives come floating from nowh
    ere on the slight breeze.I realized "Fall has arrived"I am but one in this atmosphere. One person. One smile.One heart b
    eating in my chest.I'm still learningthat beauty blooms in the darkest of places,like the flowe [続きを読む]
  • Florence5* I keep memories in my heart.
  • Crossing Ponte Vecchio( the brownish-green rive)and we reached the south side of the river, where we found plenty of churches, mus
    eums, parks, and workshops.                                  For
    te di BelvedereIn addition to its extraordinary historical treasures, the Oltrarno was calmer, more professional area.    
                   [続きを読む]
  • Florence4 * splendid treasures * アルノ川
  • Florence has splendid treasures.We wandered around central Florence,of course, these were lively and full of art and history. Flor
    ence's museums, palaces, and churches housed some of the greatest artistic treasures.but sometimes I want to venture off the
    tourist trail.I wanted to go to Florence's Oltrarno.That's why we crossed the brownish-green riveFlorenc's Oltrarno
    which [続きを読む]
  • Florence3 * まちかどに神様の住まい
  • 天使の降りてきそうな 神様の声の聞こえてきそうなタベルナコロどうしても見たかった tabernacolo タベルナコロを探し歩きました。教会や建物の壁に設えられた 聖母や聖人を描いた美しいほこらこれを”タベルナコロ”と言い ”人間の処での神様の住まい”という意味らしいです道往く人を守るかのようにフレスコや彫刻 陶器などでかたどられた像やマリアの絵を掲げられた家々街角にはお祈りをする [続きを読む]
  • Florence2*Have fun.楽しみてあれ
  • ドゥオーモの鐘の音と共に目覚める朝石畳のうつくしいフィレンツェの街に鐘の音がひびき渡ります。すっかり夜の帳のおりた霧のフィレンツェに着いて朝、ホテルから見た赤い屋根の家々とドゥオーモまるで夢の中にいるような美しさでした。 あの頃の私はプチホテルに泊まりたくて・・ドゥオーモにも近く 大きな修道院のそばの閑静場所に泊まったと記憶しています。私達は交通の便が良かったり、観光に便利な場所に宿をとるこ [続きを読む]
  • This is shot of Florence* It means a lot to me.
  •  今日は古い写真を見ながら幸せなときを過ごしています。もう15年も前にフィレンツェに行ったときの写真です。仕事が忙しく国内旅行すら出来なくて 無理して行った旅だと思います。最近ではイタリアにも新幹線が出来たと聞きましたが 当時はなくて霧の多いミラノで飛行機の発着に悩まされた事など 昨日のことのように思い出されます。旅行ごとに多くの写真を撮っていますが これらは私の宝物になりました夫と旅の思い出を話 [続きを読む]
  • It would be nice if it's sunny tomorrow.*新しい風が吹く
  • こんな雨の日はkokiaさん、KOKIA  ♪嫌な気持ちも悔しさも私の心の中にあるもの青空を吹く真新しい風にそんな想いを放ったらきっと私にも新しい風が吹く私の心も真新しくなればいいのに・・・It would be nice if it's sunny tomorrow. If I feel unhappyIf I feel frustratedTheir feelings lie within me, on my mind Wind blowing the blue sky is always brand-new So, a sunny dayI should throw eve [続きを読む]
  • No matter how old I get...幾つになっても*博多
  • 今年は博多に居る息子のところに度々行く機会があり 今も帰って来たところです。毎回 忙しく行って帰るので 街を観光したことはないのですが ニコライ・バーグマンのお花屋さんにはずっと行きたいと思っていました。若い頃とはお花のデザインも活け方も変わって・・・いくつになっても勉強だな・・・と思いました。I've just been to my son's house.I went to see the Nicolai Bergmann flower shop in Hakata on the w [続きを読む]
  • Happiness is a journey, not a destination.*悔いなく生きよう
  • 7月末、久しぶりに帰った我が家の庭は荒れ放題でしたが大雨による災害や日照りの中で ひそやかに力強く咲く花に感動しました。 それから一ケ月、少しは草も抜き 来年の花の種を蒔きました。先日、お別れのときいただいたカードの言葉に今はじめて気がつき とても感動しました。とにかく悔いのない様に 日々幸福を追い求めてもいいでしょう?一度きりしかない私の人生だから・・・幸福だと思えないことは事はやめよう・ [続きを読む]
  • Here We Go!
  • It's been a while.There were a lot of things to do, so I couldn't post my blog.I went to an English conversation school,
    and finally done! Actually, I not sure if my English has improved or not,but it was fun to talk to a Native English teacher.My la
    st task was the speech about movies.お変わりありませんか? いろんなことがありブログを更新できませ
    んでした。(そのうちブログのことも忘れてしま [続きを読む]
  • Every cloud has a silver lining.*銀の裏地
  • 先日Stuart Little 2 の映画をテレビで見ました。お父さんがイギリスのことわざEvery cloud has a silver li
    ning.を引用していました。Stuart Little 2 is a warm and the funny family movie with a sweet message about loving yourself
    . Stuartyearns for adventure and feels suffocated by his loving as somewhat overprotective.So,Stuart feels restless and lonely.ス
    チュアートは冒険に憧れていました [続きを読む]
  • A visit to the Rhine Falls 2*ライン滝 
  • ゲーテも4度も訪れたといわれる有名な滝だそうです。高さは約23m、落差23m、横幅が約150mもあり 夏には毎秒平均60万リットルの水が勢いよく流れるそうです。遊覧船もあり滝の近くまで行くことができます。ここで初めて日本人の団体に会いました。*We walked around the castle to get down to an observation deck of the falls …where we got a better view of both side,saw [続きを読む]
  • The Rhine Falls1ライン滝・*城に向かって
  • ライン滝にはチューリヒから新駅ノイハウゼン・ラインファルまで50分。ライン滝は向かい、Schloss Laufenラウフェン城が見えるSchlossli Worth側の公園に着く。ここからライン滝までの遊歩道は素敵だったので まず始めにご紹介したいと思います。I heard the best time to visit is during June and Julybecause the amount of water peaks then.It is 150m wide and 23m high,600 m? of water plunge over the [続きを読む]