中年道民 さん プロフィール

  •  
中年道民さん: 中年道民の北海道ツーリング
ハンドル名中年道民 さん
ブログタイトル中年道民の北海道ツーリング
ブログURLhttp://doumin2016.blog.fc2.com/
サイト紹介文札幌近郊在住の中年ライダーが、愛車CB400SBで巡る北海道ツーリングを、道民視線で語ります。
自由文聖地。北海道は道外のツーリング好きライダーからこう呼ばれているそうです。

何もない、真っすぐ、誰もいない...
そんな道は走っているだけで爽快です。

こんな北海道ツーリングの情報は、
動画やブログでその様子が数多く公開されていますが、
道民の情報が少ないかなと思っていました。

このブログはそういった道民視線の
北海道ツーリングのあれこれを語ってみたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/06/05 16:09

中年道民 さんのブログ記事

  • 東北ツーリング、北海道と何が違う?
  • 2011年、2015年の夏、そして2016年のG/W、キャンプツーリングで東北へ行きました。フェリーに乗ってみたかったのと(笑)、現存12天守の弘前城を始めとする城を見てみたいという思いがきっかっけでしょうか。◆2011年・毛越寺・中尊寺・男鹿真山伝承館なまはげ◆2015年・会津若松城・大内宿・奇跡の一本松◆2016年・弘前城・恐山・仏ヶ浦たかだか3回ですが、暑さの差や、一日の走行距離の違い、北海 [続きを読む]
  • 中年道民テントを買う。 〜コールマン ツーリングドーム〜
  • 私の欲しいテントを見つけようシリーズ、「中年道民テントを買う」の4回目です。「中年道民テントを買う。 〜どんなテントが欲しいんだろ〜」を読んでない方は是非一度目を通して下さい。このシリーズの骨子と点数の付け方に関して書いてあります。さて、今回はコールマンのツーリングドームST,LX,120を一気に行きます。 コールマン ツーリングドームST  コールマン ツーリングドームLX  コールマン ツーリン [続きを読む]
  • 中年道民テントを買う 〜BUNDOK ツーリングテント BDK-17〜
  • 私の欲しいテントを見つけようシリーズ、「中年道民テントを買う」の3回目です。「中年道民テントを買う。 〜どんなテントが欲しいんだろ〜」を読んでない方は是非一度目を通して下さい。このシリーズの骨子と点数の付け方に関していろいろ書いてあります。上記で「従来の記事の合間に書く」と言っておきながら、連続になっちゃいます(^_^;) 私もこっちの方が楽しいと、多少楽チンなのもあり(笑)、こっちに偏ってしまっていま [続きを読む]
  • 中年道民テントを買う。 〜どんなテントが欲しいんだろ〜
  • これまでも何回か登場してきた私のメインテント、小川テントのアバローネですが、そろそろ買い替えを考えています。「キャンプ・ツーリング道具 − 失敗しちゃったテント選び」で書きましたが、チャリダー時代の初期に購入し、使わない時期があったにしろ、既に10年にはなるかと思います。あちこと剥がれたシームテープを貼り直したり、ガムテープで誤魔化してたりしてた訳ですが、去年、ポールのジョイントが壊れてしまいまし [続きを読む]
  • いよいよネタ切れ? ちょっとズルします(^_^;) 〜交通情報もどうぞ〜
  • 台風の被害がまだまだ癒えない北海道、9月前半は例年になく暖い日が多かったのですが、ここにきて冷え込みがきつくなっており、とうとう最低気温一桁に突入しました。シーズンも終わりに近づいていますが、この時期は日によって暑かったり寒かったりの差が激しかったりもします。これから来られる皆さん、気温対策は万全を期して下さい。そして通行止めの状況ですが、三国峠は10月上旬にも復旧との話もありますが、残念ながら日 [続きを読む]
  • チップの棲む湖、支笏湖。〜No.1にならなくてもいい♪〜
  • タイトルの最後、SMAPの「世界に一つだけの花」のイメージでお願いします(^_^;)「チップ」って聞いたことありますか?ヒメマス(姫鱒)の北海道での別名です。アイヌ語で「薄い魚」を意味する「カパチェプ」の「チェプ」が語源とか。今日はそのヒメマスが獲れる事でも有名な支笏湖の紹介です。9/12と9/14の2回にわたって紹介した洞爺湖と並んで、支笏洞爺国立公園の双璧とも言えます。名前の由来北海道の地名がアイヌ語に [続きを読む]
  • CB400SBにワールドウォークのキャリアを付けてみた。
  • 前回記事でお約束していたワールドウォークのキャリア、WCA-02の取り付けです。 ワールドウォーク cb400sf nc39 nc42用 リアキャリア Amazonのレビュー全7件のうち、4件が「問題なかった」派、3件が「ダメだった」派で何とも微妙なキャリアである事は確かです。純正が20000円を超えるのに対し、7000円強と価格は圧倒的です。同程度の価格帯は他にもありますが、いろいろ眺めて見た結果としてこれを選びました。さ [続きを読む]
  • TANAXキャンピングシートバッグ2にテントを載せてみた。
  • 「テントはバッグの外が良い? シートバッグ考」でお約束していたTANAXのキャンピングシートバッグ2の外にテントを搭載して必要な固定力が得られるかの確認です。上記の記事を読んで頂いた方がわかり易いのですが、一応、簡単に要約すると、「設営と撤収の利便性を目的に、四角いROUGH&ROADクルージングバッグの上にテントを載せてベルトで固定していたが、同様の事をTANAXキャンピングシートバッグ2で行って、性能的にも満足で [続きを読む]
  • 洞爺湖の展望台いろいろ。そしてエゾ鹿の住む島。
  • 前回、有珠山を中心とする洞爺湖有珠山ジオパークを紹介しました。噴火の歴史ということもあり、若干話が暗めになりましたが、今回は洞爺湖の展望台を中心に、華やかに?いきたいと思います(笑)2000年3月31日に始まった有珠山の噴火は、5月には落ち着き始めました。正式な終息宣言は翌年2001年5月を待つ事になりますが、2000年6月にはJR室蘭本線が運転を再開、7月には温泉街ホテルと有珠山ロープウェイが運 [続きを読む]
  • 有珠山と共に生きる、洞爺湖有珠山ジオパーク。
  • 支笏洞爺国立公園、「二輪の聖地ニセコ。ポテトと湧水と羊蹄山、ミュージアムもどうぞ。」で紹介したニセコと並んで道央を代表する観光地です。もちろんその中心は公園名にもなっている支笏湖と洞爺湖。それぞれ、国内で2番目と3番目の大きさを誇るカルデラ湖です(No1は屈斜路湖になります)。もちろん、その景観はは国立公園の名に恥じない物で、道東3湖(摩周湖、阿寒湖、屈斜路湖)に決して引けをとりません。特に洞爺湖 [続きを読む]
  • テントはバッグの外が良い? シートバッグ考。
  • キャンプ・ツーリングのシートバッグと言えばタナックス(モトフィズ)のキャンピングシートバッグ2、これってもう定番と言っても良いかもしれません。YouTubeの動画で荷物紹介と言えば、かなりの確率でこれが登場してきます。 タナックス キャンピングシートバッグ2 Amazonの口コミの数が198件で星4.5(9/7現在)。初めての人が買おうと思ったら、YouTubeとこれを見ただけで納得してしまいすよね。「キャンプ・ツーリン [続きを読む]
  • 旅のレポート、ブログとモトブログ。どちらも魅力に溢れています?
  • ツーリング・レポート、別に必須でもなんでもないんですが、なぜかしら世の中にはこれをやる人達がたくさんいます。私もその一人なわけです。なぜかって聞かれても、正直微妙です。「面白いから、楽しいから、好きだから、役に立ちたい、目立ちたい、小遣いかせぎ」、結局のところ、どれを採っても趣味みたいなもんなんでしょう。そうでなきゃ、毎晩それなりに遅くまで、こんな文章書いてませんし(笑)で、ツーリング・レポートと [続きを読む]
  • 二輪の聖地ニセコ。ポテトと湧水と羊蹄山、ミュージアムもどうぞ。
  • 「東洋のサンモリッツ」、昔はこんな風に呼ばれてましたが、これって今はどうなんでしょう。サンモリッツって言ってもきっと解らないかと思います。スイスの有名なスキー・リゾートなんですが、そのイメージがニセコと重なるのが縁で、倶知安町(くっちゃんちょう)と姉妹都市になったのがきっかけの様です。冬のイメージですよね。(ちなみに、「ニセコ町」もありますが、ニセコ連峰周辺の町々を合わせた「総称」として使われるの [続きを読む]
  • こう見えても鮭の親戚?です。鵡川のししゃも寿司
  • 鵡川ってご存知でしょうか。苫小牧のフェリーターミナルから東へ30km、人口9千人強の太平洋沿いの小さな街です。その鵡川の特産が「ししゃも」です。  鵡川町 鵡川ししゃも ししゃもと言ってもスーパーで売ってるのとはちょっと違います。あれは「カペリン」とか「カラフトシシャモ」といって輸入品なんですが、鵡川のししゃもは「本シシャモ」。北海道の太平洋沿岸だけに生息する日本固有の魚なんですね。 鵡川 カネダ [続きを読む]
  • 旅の仲間、ライダーとチャリダー
  • 何回か書きましたが、9年前にバイク免許を取るまで、私はチャリダーをやってました。2000年頃が盛りだった気がします。同じ2輪同士、北海道を旅する仲間感覚でヤエー交換もする関係なわけですが、両方の経験者はそんなに多くはないかなと思ったのが今回の記事の発端です。基本、ライダー向けのブログですから、「チャリダーってこんな感じなんだ」といった事をざっと書いてみたいかと。もし現役チャリダーの方もおられるなら [続きを読む]
  • 北海道、メッシュジャケットってどうよ。
  • 実は今夏のツーリング、これが隠れテーマだったりしました(笑)初めての東北ツーリングで痛い目に合ったので、メッシュジャケットは持ってました。けど、北海道の長期ツーリングでは使ったことがなかったんですね。やっぱ不安だからでしょうか(笑)。今回、初めてロングツーリングで試してみたので、その結果をまとめてみようというのがテーマです。使った衣類まず衣類です。外から順に①メッシュジャケット: ROUGH&ROAD。 RR [続きを読む]
  • 女満別から網走へ。第2の美瑛? 感動の径とメルヘンの丘
  • 「メルヘンの丘」は知名度高いですよね。1990年に黒澤明監督の映画、「夢」のロケ地になってから、一躍撮影ポイントして有名になりました。国道沿いにあるそのポイントは入れ替わり立ち代わり、撮影者で賑わっています。その頃からだと思います。女満別の国道39号から東側一帯の丘陵地帯が注目されるようになりました。今日はそんな丘陵地帯を通る「感動の径」と名付けられている道道246号から鱒浦農免農道の紹介です。  [続きを読む]
  • オホーツクの要、網走。モヨロ人って知ってますか?
  • モヨロ人って聞いたことありますか? おそらく道民でも「何それ」っていう人が多いのかもしれません。この写真は網走駅です。この銅像をご覧になられた方は多いんでしょうか。「アイヌだよね」と思っちゃいそうですが、実はこれは「モヨロ人」だったりします。私もこの写真(チャリダー時代の2006年撮影です)を撮るまでは知りませんでしたw今日はこのモヨロ人を中心とした「オホーツク文化」を始め、網走のいろいろを紹介し [続きを読む]
  • 続・江差と松前、幕末・維新の主役です。−「維新」編
  • 前回の続き、維新編です。箱館戦争、いわずと知れた旧幕府軍と新政府軍の最期の戦いです。この戦争で維新の争いに大きな区切りがついたと言っても過言ではないでしょう。箱館戦争1867年の江戸城無血開城後、海軍副総裁だった榎本武揚は旧幕府軍兵と主力艦隊を率いて脱走、北へ向かいます。表向きには「蝦夷地を開拓します。攻めないで下さい」と言う事だったらしいです。嵐で咸臨丸等を失いつつも、途中仙台で兵を増強して箱館 [続きを読む]
  • 江差と松前、幕末・維新の主役です。−「鰊(にしん)」編
  • 前回、国道229号を北から南へ辿り、その終点である江差までを紹介しました。今日はその江差をちょっとだけ掘り下げてみたいと思います。当初は1回の予定でしたが、例によって長くなってしまいましたw「鰊」と「維新」の2回構成でいきます。何回か書いてますが、北海道の歴史は他の都府県とは明らかに異なります。明治からの開拓が本格化する以前、道南の一部を除き、その中心はアイヌ民族でした。その例外が「和人地」と呼ば [続きを読む]
  • 国道229号、奇岩と滝とグルメもあります。
  • 国道229号は小樽から積丹を経て日本海側を江差に至る海沿いルートです。北海道ツーリングの夏、積丹ではウニの旬を迎えるのもあり、ここを訪れる方は多いかと思います。荘厳な神威岬、そして積丹岬に代表される色鮮やかなシャコタンブルー... 素晴らしいですよね。ウニだけでなく、蝦夷アワビも積丹を代表するグルメです。ただ、札幌から約2時間程度の近さと言う事もあり、8月は激混みなのも確か。週末の昼時に並ばないで済む [続きを読む]