Jake さん プロフィール

  •  
Jakeさん: 元Londonerの徒然Diary
ハンドル名Jake さん
ブログタイトル元Londonerの徒然Diary
ブログURLhttp://happylondonlife.blog.fc2.com/
サイト紹介文ロンドンから帰任した元Londonerの徒然なる日記
自由文内と外から見た日本の様々な日常についての日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/06/06 17:50

Jake さんのブログ記事

  • 日本にあって、海外にないもの?
  • 雨で思い出したのですが、日本にいるとかなり多くの人がコンビニで売っている500円のビニール傘使ってるでしょ。あれ、便利ですよね。前はサイズが小さかったので、私はあまり使わなかったのですが、最近。65センチが出てきて、かつ風に強いとかを売り文句にしているので結構使ってます。だって、飲みに行ったりすると、結構な確率で忘れたりしますよね。あとよくあるのがバーゲンセールの時とかね、試着してそのあと忘れちゃ [続きを読む]
  • え、Used in Japan?
  • 今日も雨ですね、週末の雨というのはちょっと残念な感じです。特に秋は行楽の季節、秋晴れというのは本当に清々しくって最高ですよね。でも、昨日も書いた通り、個人的に雨が嫌いではなくなりました。ただ、唯一の難点が愛犬と散歩に行けないことです。かわいそう。今日は、日本人の清潔感についてです。まず、当然ながらロンドンでは普通家に帰っても靴はそのままです。我が家では土足厳禁にしてましたけど、、で、毎日雨が降るの [続きを読む]
  • 1974年 ブルゴーニュを飲む
  • 今週、気のおけない仲間とのワイン会が2回。そのうち1回でとうとう私のセラーから最古酒である、1974 ジュブレイシャンベルタン 1Cru プティシャペルを持参しました。ブルゴーニュオタクなら分かりますが、プティシャペルというのは確か、グランクリュのシャペルシャンベルタンの近くだったと記憶してます(違う?)で、とうとうその時がきて、抜栓。お、意外にコルクが綺麗。。。確実にリコルクです。で、グラスに注ぐと [続きを読む]
  • 雨が降れば。。。
  • 今日も雨。。。日本の秋はやっぱり雨が多いですね。一雨ごとに気温が下がってそして冬に向かう。そしてこの季節、あまり強くない雨の中を歩いていると、ふとロンドンにいるようなフラッシュバックに襲われる時があります。今朝も愛犬との散歩で一瞬ドキッとしました。ロンドンで歩いていた時の感覚を瞬間的に感じたのです。時折、カリフォルニアの人たちがあまりロンドン好きじゃないって話を聞くことがあります。いつも曇りで雨が [続きを読む]
  • 50歳台に大切なこと
  • 今週は、仕事で大きな進展というか、成果があって本当に充実した1週間になりました。4月に転職して以来、バタバタが続いており、今はさらに多忙になりつつあるけど、、、、本当に仕事が面白いです。こんなことならもっと早くに転職すればよかったよって感じです。ま、50代半ばを迎えるにあたってこんなこと言ってるんだから、私は幸せ者なのかもしれません。普通50代で転職してっていうこと自体がちょっと普通じゃないのかも [続きを読む]
  • ロンドン 若者の財政事情
  • これも再ポストなのだ!でも自分で読んで見て、なかなかGood、つまり日本人があまり知らない事実です。。。-----------------------------------------------まず、こちらに来てはっきりとわかった事実!! 1.日本とくらべて若い男女はブランド物をほとんど持っていない! 2.若者たちはほとんどシェアで住んでいる、一人暮らしとかほとんどいない!!という事実なのです。特に家賃の高いロンドンでは、シェアメイトとフラッ [続きを読む]
  • Londoner(ロンドンっ子)と雨
  • 女心と。。。。てなわけで、最近は本当に天気予報から目が話せないですね。今日もようやく雨が上がって青空が顔を出しました。ロンドンにいた頃は、しかし天気予報というものをほぼ見なかったです。なぜかというと、雨、曇り、そして少しの太陽というのが1日の中で繰り返されえるから。以下は、当時のポストです。-------------------------------------------------秋から冬、早春にかけて全く雨が1日降らない日などあまりない [続きを読む]
  • そしてリスニングの最終章
  • これは依然に書いたと思うのですが、ロンドンで英語の発音学校にかよっていたときに本当におおきな発見がありました。なぜ、リスニングができないのか。とても簡単にいいますと、我々が学校で習い、きっとこの単語は、この文章はこういう発音がなされるだろうとおもっている推測と、現実の発音は全くことなるからです。これは現実です。たとえば、Have you been there?これは学校で、ハブユービーンゼアーとならいました。しかし、 [続きを読む]
  • リスニング向上術 悩んでる人は絶対読んで!
  • 昨日も本日も、これは過去ポストのリメイクではありません!当たり前か、、、でもね、最近ネット業界というかコンテンツ業界では、再ポストというのは見直されているんですよ。ま、それはいいとして、、、リスニングができない理由を考える時、これが最も重要、、逆にできる理由を考えよう!!This is a pen.さて、こう聞いた時、頭の中で訳しますか?訳さないでしょ。でも、試験の英会話リスニングなどであれば、必死で頭で訳そう [続きを読む]
  • リスニングで悩む人多いよねー 小さなコツ
  • 前にも書いた通り、Jakeはネイティブレベルでもなんでもないです。ロンドンには約2年間暮らしてたけど、そりゃもう言葉については日々戦いの毎日でした。海外に住む=英語ができるなんていうのは嘘。TOIEC900以下のレベルだとしたら、やっぱり海外に住んでいても勉強しないと無理ですね。ただ、生活上どうしようもないこと、役所からのメールとか学校関係とかで調べざるを得ないとか、頑張らざるを得ないことが多いから英語の勉強 [続きを読む]
  • 海外生活の洗礼
  • 最近、リメイクというか、再ポストが多いでしょ。でもほとんどの方は見たこともないポストだから問題ないですよね。以下は私のロンドン生活の原点といっても良いポストです。今でもこの経験が私のロンドンの原体験だと思っています。-------------------------昨年初めてロンドンでの生活をスタートした時のこと。たった1週間でイギリス生活の洗礼をうけました。赴任早々だったので、まず日本でいうところのイークリーマンション [続きを読む]
  • 海外赴任、海外留学に向けての英語勉強
  • 以下、再ポストだ!今回のテーマは、海外生活に興味がある方に、自分の経験から感じている海外に出る準備ともいえる、英語力について書いてみたいと思います。私の失敗談がベースになっています。一人の方にでも何かのヒントになれば幸いです。(あくまでも私の個人的な見解ですが)私は45歳から英語の勉強を始めました。そのときのTOIECスコアは425点。まさに白紙からのスタートでした。幸い、新宿にあるNCC総合英語 [続きを読む]
  • ロンドンのタクシーは偉大なんですよ。
  • アメリカの大都市ではUberがすごく便利。しかもとても安い。しかし、ロンドンでは事情が違います。なんといってもブラックキャブの運転手さんの力量は世界一と言い切れます。よく東京では、23区をくまなく覚えている運転手はいませんよ」なんて運転手さん自らおっしゃることが少なくないし、事実カーナビを使います。しかし、ロンドンのタクシーにはカーナビはないのです。すべて運転手さんの頭の中。なぜか。それは超難関といわ [続きを読む]
  • ロンドン米事情
  • ロンドンで生活するでしょ、そうすると日本との比較論で高いものと安いものがある。まず、安いもの、それは食材。もっとも高級なスーパーでオーガニックの野菜を買ってもブロッコリーで150円くらい、人参なら1キロで300円くらい。アボカドなんて3つで200円くらい。そりゃもう野菜や果物は全欧州から入って来るから種類も豊富だし、本当に安い。だって帰国してからブロッコリーとかカリフラワーとか買う気しない。トマト [続きを読む]
  • 暑さというものの違い 真夏の感覚
  • 日本の夏は今や35度を超えるのは当たり前。今年は雨が多くって幾分涼しかったですよね。私がロンドンに住んでいたたったの2年間、つまり2度の夏を経験したのだけど、もう7月、8月に日本に帰国するということがかなりきつかったです。というのが、、、、、気温と湿度。まず、ロンドンでは30度を超えるということが1年で7日もないと思います。なので、地下鉄はおろか、普通の家には冷房はないのは当然。オフィスビルは冷房 [続きを読む]
  • 生活のリスク テロなど
  • さて、Jakeがロンドンに住んでいた頃は、欧州大陸では例のパリでの惨劇があったように、ブリュッセルやドイツなどでもテロ事件が起きていました。しかし、ロンドンでは幸いにもなかったのです。一つには、イギリスは島ですから入国にセキュリティーが効くというのがあります。欧州大陸を仕事で移動していた時など驚いたのは、スイスからオーストリアに入る時、あるいはドイツからスイスに入るとき、これもちろん車ね、ゲートはある [続きを読む]
  • 無いものねだり 秋の味覚
  • このポストは再ポストではありません!さて、昨年の秋といえばもちろんロンドンにおりました。そのとき、本当に食べたくって食べたくってしょうがなかったもの。それは、、、、秋刀魚。これが無いんだ、ロンドンには。正確にいうとすれば、ロンドンに4つくらいある日本食材店にはあるのはあるのだけど、開きの干物だけです。フレッシュは入ってきません。で、無性にこれが食べたくて食べたくって。。。。その記憶も新しい状況です [続きを読む]
  • ちょっと真面目に 海外生活とは。 読んで!
  • これね、本当に刺激的な生活だったんだと今更ながらに思えるポスト。再利用しすぎかもしれないけど、自分が綴ったポストでは結構骨太な方かも。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーここ1年、色んなところに行った。オスロ、ケルン、ハンブルグ、ワルシャワ、ドバイ、、、ロンドンを拠点に。色んな方々に会った。子供の頃、大切な人と東西の壁で隔てられていた人。貧困から脱するために家族で移民した人。私が働きだした頃( [続きを読む]
  • ロンドンに住んで見ては?
  • さて、これも続いてロンドンで生活が落ち着いた頃にポストしたブログ。なんか懐かしい特集みたいなんだけど、今時ソーシャルメディアでも再ポストって当たり前なんですよね。てなことで、本当に現地に飛んで、生活をセットアップして暮らして見た自分のリアルな感想です。100回出張しても絶対に分かり得ない、生活して初めて感じることができる事実。やっぱり多くの人が短くてもいいから海外生活にチャレンジすることを勧めます [続きを読む]
  • やっぱり海外生活って刺激的なんだよな。
  • 以下、ロンドンに赴任してやっと落ち着いた頃にポストしましたブログです。今改めて見てみると、ちょっと面白いのです。帰国して10ヶ月が経過しようとする現在でもロンドンが恋しいし、懐かしいし、生まれ故郷の大阪と同じくらいに自分の中ではホームタウンだと感じてしまいます。友達もたくさんいるし。で、51歳で生まれて初めて海外に住んで見たおっさんの海外生活記録としてご覧になって見てください。なかなかおもしろいで [続きを読む]
  • 年齢を履歴書に書くのは差別!
  • 英国でバドミントンをはじめたとき、とてもメジャーなコミュニティーアプリがあってでそれでクラブサーチ。一体近所にバドミントンクラブはあるのかしら。。。。お!近所にあった!「オールレベルプレイヤー歓迎!ゲイの方歓迎!」日本の人は驚くかもしれませんが、私もう驚きませんでした。英国の学校や職場では普通にあり得ることだし、英国をはじめ、多くの欧州の国では同性婚は認められています。ドイツなどは確か、パートナー [続きを読む]
  • ワインは現地が美味しいは理由がある
  • 東京でもロンドン在住時も、専ら安ワイン道をひたすら攻めておりますが、同じ銘柄の安旨ワインを買っても、ロンドンで買ったもののほうが美味しいという経験を何度もしました。全く同じ銘柄で同じヴィンテージです・不思議な話なのですが、理由はおよそ察しがついております。いわゆる「傷んだワイン」、特に熱によるダメージワインに出くわす可能性が低いことは経験上、ほぼ間違いないと思われます。あと、ワインは輸送に弱い。パ [続きを読む]
  • ポンドとかユーロって本当はいくらなの?
  • 私がロンドンに赴任した2年半前はポンドは190でした。そして離脱が決まってボンドは暴落し、現在は、、、でも7、8年前はなんと270まで行ったんですよ。その時ってハンバーガーが1500円とか、もう円換算したらえらいことでした。タバコが1000円とか。で、本当はいくらなんだと思います?1ポンドって。実は、生活実感としての£1は、約100円強程度なのです。マックのコーヒーは99P、スタバや一般のカフェで [続きを読む]
  • さ、世界に出ようか!
  • これもちょうどロンドン生活に慣れ始めた頃のポストでありまして、ちょっとリメイクしすぎでしょうか。。。でもなんかあの当時の初めての海外珍生活が本当にありありと蘇ってきて。。。ご一読を!パリ出張から帰国。パリと言っても場所によって印象は様々。北駅から少し行ったあたりは、パッと見たら北アフリカか中東の街のような印象か。側道には露店が軒を連ね、人が多く、ペイントされた車や壁が目立つ。移民が多いとも聞く。移 [続きを読む]
  • さ、英語勉強する?海外赴任に向けて・・
  • 以下はロンドン在住の時のつぶやきというか徒然日記でありますが、読んでみるとなかなかそうかもしれないということを指摘しているかもです。英語が喋れる。そんないい加減な定義はないんだけど、ともかく、外国語を喋ること、喋ろうとすることはとても素敵なことですね。世界が広がりますよ、本当に。てなことで、自分のダメダメレベルの英語は棚にぶん投げまして、英語圏での海外生活必須の学習法についてです。私のイメージでは [続きを読む]