へら師N さん プロフィール

  •  
へら師Nさん: へら師Nは今日も迷走
ハンドル名へら師N さん
ブログタイトルへら師Nは今日も迷走
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/herabunashi_n
サイト紹介文歩へら鮒研究会やプライベートでの釣行記だけでなく、タックルや釣り方など疑問に思ったことを綴っています
自由文ヘラブナ釣り、それも野釣りが好きで、神流湖をメインフィールドにしています。間瀬湖はたまに、三名湖、鮎川湖にも出没します。最近は板倉方面の浅い、小さな池でのシミジミとした底釣りもお気に入り。
見えない水中の中をイロイロと考え、次の釣行にフィードバックし検証することは心が躍る楽しみです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/06/07 12:32

へら師N さんのブログ記事

  • 遂秀 硬式純正鶺鴒 15尺
  • たまに行く中古釣具屋で竿袋からすぐに孤舟系と判る竿を見つけた。手に取ると「遂秀」とある。遂秀…あぁ、最後のお弟子さんか、と気付いて購入した。やはり孤舟道場関連はさらっておきたい。握りはやや太く、持ち重り感は少ない。先にヌケた好きな調子である。芳匠と同じような感じである。硬式純正鶺鴒とのことだが、先に掛かり気味の中式胴調子かと思う。ダムに持って行き、ヘラを掛けると、8寸くらいでも大らかに曲がる。比較 [続きを読む]
  • 神流湖 観光ボート
  • 昨日は間瀬湖に出かけたものの、着いたところで雨足が強くなり、奥秩父までドライブをして帰宅するという軟弱ぶりであった。今日は、竹竿を数本持って10時に家を出る。途中で遅めの朝食を取り、産直に寄ったりすると12時半過ぎにダムに着く。今日はNBCのチャプターがあり、ゴチャっとしているのではないかと腰が引けたが、付いてみると時間が時間なだけに閑散としている。それでもヘラ師の数は多く、内マスには入れない。先週と同 [続きを読む]
  • 神流湖 (H30年6月例会)
  • 久しぶりの例会がダムということで心が躍る。明日を想像して竿ケースに好みより強めの竿を選び竿ケースに入れて行く。念のため、21尺まで持って行くことにする。11尺と14尺の仕掛けを作ると日付を越えている。慌ててアラームをセットして床に着く。3時に起床、シャワーを浴びて家を出る。途中で麦とろ牛皿御前というものを始めて食して、体調を整えて先を急ぐ。ダムには集合ギリギリに到着する。日曜日なのに桟橋は結構入っている [続きを読む]
  • 切所沼
  • ノンビリと8時に起床し、ダラダラと仕事をするとアッという間に昼になる。このところチョーチンでの釣りが続き、遊ぶ時間が無いのでスピーディーな釣りがしたい。ワラワラとヘラが湧いたところをタックルとエサを上手く合わせてエサをねじ込む。そして、合わたときに竿がノサれないよう素早く対処しなくてはいけないスリリングな釣りも楽しい。2時前に家を出て、途中で武蔵野ウドンを食べると池には3時前になる。前回来た時より水 [続きを読む]
  • 京楽 14.2尺
  • 既に書いた京楽 彩香 14.2尺と比較するとヌケた感じが少なく、胴のハリは若干強い。浅いところでの振り込みやすさは彩香に軍配は上がるが、ヘラを掛けたときの突っ込みをいなすのはこちらの方である。ヘラを掛けたときに頼りなく感じるが、深く突っ込まれることなく、ユックリと上がってくる不思議な釣り味はまさに京楽である。自分が保有する京楽の中でも、現代京楽らしい調子を体現している一本である。彩香だと穂持ちまで水面下 [続きを読む]
  • 名前を変えたくなる
  • テレビに出ている芸人が自分のことを堂々と「お笑い芸人」ということに抵抗を感じる。「お笑い」や「芸人」というのは本来、卑下していう言葉であり、「お笑いだから」、「芸人ごとき」というニュアンスがある。このことを判っている芸人は照れ隠しに「お笑いだから」と使うのだが、判ってない者が使うと開き直ったようで教養の無さに呆れてしまう。ホームフィールドである神流湖は豊かな湖で、ヘラだけでなく、バス、ワカサギ、サ [続きを読む]
  • 神流湖 観光ボート
  • 3時に起床し、ササッと一仕事を終えたのが5時過ぎ。少しでも早く釣りがしたいので高速を使い、ダムには7時前に到着した。水位は更に低くなり、桟橋は沖の方まで移動している。少し湖が小さくなったこともあるが、岸から離れていることで爽快感がある。内マスの左側の方に広い空きがあったので、そこに入る。右側は常連さんばかりで、久しぶりにKさんに会う。まだ、釣れていないということに軽く驚く。桟橋を大きく移動したせいで、 [続きを読む]
  • 白楽天 春風 10.5尺
  • 前も書いたが、自分が持っている白楽天はカチカチな極硬竿であり、不思議に思って釣具屋に聞いても同じ答えが返ってきた。それでも、大きめのヘラを掛ければキレイに元から曲がるし、状況によっては有りだなと思っている。この記事を書くために、再度、インタビューを見直したところ、今井さん(現在は楽美正)は、「どれだけクセが出にくいか。これが竿の一番の条件やさかい」「その次に大事なことは、掛けて魚が無理なく上がってく [続きを読む]
  • 神流湖 観光ボート
  • 昨日、Sさんに電話すると例会の試釣のために川治ダムに来ており、これからボート釣りを始めるというところであった。近況などを話すと、これから長竿を振るんだ、と喜々とされていた。そんなことを聞くと我慢できなくなってします。明日こそは長竿を振るぞ、と休日の昼だというのに暗い部屋でテレビを眺めながら決意するのであった。5時に起床して何とかやりくりし、ダムに到着したのが10時半。一旦、内マスの真ん中付近に道具を置 [続きを読む]
  • 間瀬湖 一力桟橋
  • 朝、外が気になり会長、Fさん、Sさんと電話をする。皆楽しそうであり、直ぐにでも外に出たくなる。13時過ぎに所要を終わらすと、一目散に間瀬湖に出かける。到着したのは15時過ぎ。対岸に居るはずの会長とOさんは既に帰宅されていた。桟橋にポツポツと空きはあるのだが、2席空きだけなので乞食釣りをしている人の右隣りに入る。お互いの釣りは全く異なるので、干渉しないで済むはず。竿は10尺を選ぶ。道糸は東レ将燐へらフロロの1. [続きを読む]
  • 嫌な話し
  • どのように書こうか悩んでいる。サクラマスを釣りに神流湖の桟橋に来た人が「ヘラブナ釣り」をしている人から嫌な目にあわされたそうだ。キキちゃんの記事で知り、ご当人のブログで確認した。管理人さんに聞いたポイントに入ろうとすると、「ニイちゃん、そこ入ってもいいから巻き餌するなよ」と言われたそうだ。撒き餌って言ったって、麩エサをばら撒くわけ訳ではなく、イクラや他の動物性のものであり、ヘラが好むものではない ( [続きを読む]
  • 京楽 瑞祥 11.2尺
  • 京楽は親方が倒れる前後でバランスが大きく変わっていて、その差は穂先の太さに由来するのでは、と素人なりに考える。この竿は穂先が太いので強いように思えるが、胴がシッカリと働く竿である。先日、間瀬湖で使ったが、8寸ばっかりという状況で通常の竿であれば飽きてしまうと思うが、しっかりと胴が大きく曲がるせいか飽きがこない。尺上が来たときに無理やり引っ張ると難儀するが、引かずに待っているとクニャクニャと水面まで [続きを読む]
  • 間瀬湖 一力桟橋
  • 時間が取れないが、昨日も釣りができなかったこともあって少し遠出することにした。間瀬湖かダムのどちらかにしようと、11尺と14尺だけを竿ケースに入れて家を出る。14時過ぎに間瀬湖に着く。道路から様子を見てみると、一力桟橋は何故か空いているので、速やかに車を停めて準備する。竿は11尺。道糸は東レ将燐へらフロロの1.0号、ハリスは東レ将燐へらフロロの0.5号、上が55cm、下は70cm。鈎は上下共にだんごマスター5号。ウキは [続きを読む]
  • 数が釣れた方が楽しいのだが
  • このところ、締切り、締切り、そして、更に次の締切りといった感じで長時間の釣りができない。短時間の釣りが続いて思ったことは、長時間ダラダラと釣りをしていたことが少なくなかったなぁ、ということであった。別に数釣りを否定する気はない。数釣りにのめり込むことがスキルをブラッシュアップすることは間違いない。ただし、地合いが構築されたのに、同じ釣りをすることで得ることはあるのか。最後に数釣りを意識したのは10年 [続きを読む]
  • ウーパから楽しむ竹竿の魅力 (2)
  • 著者による竿作りは、山に分け入って竹を取るところから始まる。乾燥を待てずに、釣り師匠である親分から乾燥させた竹を分けてもらい、火入れ、グリップ・ガイドの接合、化粧をして完成。そして、試作の5本を持って実地試験と移る。始めは一番細くて短い竿を使って40cm弱のニジマスを釣り上げるもののクセが付いてしまう。その次は、一番硬い竿を使い、50cm超を無難に寄せて取り込む。ここで、親分から「最初の竿より楽に上がった [続きを読む]
  • ウーパから楽しむ竹竿の魅力 (1)
  • 朝起きてもすぐに行動に出る気力はなく、横になりながら守村大が描く「まんが 新白河原人 ウーパ」をダウンロードして読み耽る。山を開墾し、家、サウナ、窯を作る。そして、鮭を釣っては燻製を作る。第5巻で話は釣りに向かう。親分こと釣り師匠は、ルアービルダーで、渓流釣りのガイドでもあり、一投一匹の凄腕である。モデルの人が居るそうだが、発する言葉が面白い。著者が妻に内緒で購入した8万円もする超軟調(ウルトラライト) [続きを読む]
  • 山彦 むらさめ 信 11.18尺 (2)
  • 書庫のタイトルと異なるのでは、と好きな竿だけ書き散らかしてきたが、今年の1月、どうしても硬式竿の面白みが判らなく、我慢できずに山彦むらさめを取り上げた。果たして判る日が来るのか、と思っていたのだが、何の気無しに使った白楽天 12.0尺により、その面白みに気付くようになった。そこで、先日、間瀬湖にやはり硬式本調子である白楽天 11.1尺を持ち込んで比較してみた。白楽天から山彦むらさめに持ち替えてみた第一印象は [続きを読む]
  • 鎌北湖 カーブミラー下
  • 思ったより仕事が終わらず、3時近くまで掛かってしまった。この時間だと行ける場所が限られる。来年には遊べなくなる鎌北湖に行くことにし、とりあえず12尺と14尺を竿ケースに入れて家を出る。4時過ぎに鎌北湖に着く。カーブミラー下はみっちりと入っており、その右手の桟橋が空いていたので入る。上の道路から隣の桟橋を見ているとウキの動きが弱く釣れそうにない。週の中頃から気温が大きく下がったことに加えて氷雨が入ったこと [続きを読む]
  • 朴石 つり心 妙 13.1尺
  • 今よりも遥かにヘラ竿が重かった頃、竿に不満を覚えていた人達はハエ竿(*)を振っていたらしい。今、思うと軽さだけでなく、ヘラとのやり取りと折れるかもしれないというスリルもハエ竿を選ぶ理由だったのでは。戯言かもしれないが、「竹竿の良さが分かり易い竿は中小ベラを相手に設計した竿」ではないかと思っている。孤舟に洗脳されているのでは、と訝しい思いでいるが、あながち外れていないとも思っている。ハリ掛かりしたとき [続きを読む]
  • 白楽天 11.1尺
  • この竿を始めて使ったのは冬の神扇池であった。道路に向いた渡り桟橋で段底にはちょうど良い長さであった。強風の中、四苦八苦しながら掛けた一枚は8寸クラスだったと思うが呆気なく上がってきてしまい、つまらないものであった。横で見ていたFインストラクターからは「白楽天は好きだが、そんな硬いのは見たことがない」と笑われてしまった (ちなみに、軟らかい竿が好みと仰るだけあって、その後に振った魚心観は良い曲がりだ、楽 [続きを読む]
  • 白楽天 12.0尺
  • 師匠は京楽親方であり、ハンデキャップがある親方の手伝いという形で入門したらしい。入門した時点で竿として完成していた、と親方が記述した記事を読んだ記憶がある。ボーバのDVDで紫舟さんによる竿師へのインタビューは楽しく、毎号楽しみにしていた。その中で一番印象に残っているのは、当時、白楽天から楽美正に変わったばかりの今井さんへのインタビューであった。釣りが好きで、釣り師目線の発言に好感を持っていた。人気が [続きを読む]
  • 京楽 志野 12.1尺
  • 購入したときに握りが汚かったので某釣り具屋を介して修理に出したところ、残念なことにボロボロになって返ってきた顛末は既に記事にしている。修理を手掛けた本人は竿師を引退したらしい(?)ので追求しようがないが、竿だけは元に戻そうと思っている。しかし、釣具屋に持って行くのが面倒なのと、ツイツイ使ってしまい手放せなくなってしまう竿である。先日、鎌北湖で使ったときは型が8寸クラスということもあり非常に楽しめた。掛 [続きを読む]
  • 間瀬湖 一力桟橋
  • 神流湖で昼食を取り、知り合いと話しをする。「早いですね。さっき来たのにもう帰るんですか?」って言われたので、とっさに「いや、これから間瀬湖で遊ぶんですよ」と答えてしまったが、本当は銭屋さんに寄って修理に出したウキを取ってから帰宅しようと思っていた。ウキを見ながらダラダラと話をしていると、釣り足らないことを実感し、イソイソと2時前にダムを出発する。2時半過ぎに到着し、上の道路から桟橋を見ていると脇を通 [続きを読む]
  • 神流湖 観光ボート
  • 5時に起床して実家を出て、途中で竿を取ってから向かうと9時半に到着する。GW最終日だというのに桟橋、ボート共に多い。事務所を出てすぐの左に空きがあったので入る。竿は13尺。道糸は東レ将燐へらフロロの1.0号、ハリスは東レ将燐へらフロロの0.5号、上が40cm、下は50cm。鈎は上下共に角マルチ4号。ウキは忠相Next Approach G 10号。 エサは、グルバラ120cc、水120cc、凄麩120cc、パウダーベイト120cc、少しおいてから30回ほど掻 [続きを読む]
  • 神流湖 観光ボート
  • 少しだけ仕事をしてから家を出る。昼食も取らずに一直線に向かう。13時過ぎにダムに着く。事務所で途中で購入した弁当を食べながら話しをしているとKさんが内マスの方が型が良いと教えてくれる。Tさんの右側が大きく空いているので入ることにした。竿は12尺。道糸は東レ将燐へらフロロの0.8号、ハリスは東レ将燐へらフロロで、上が0.5号、15cm、下は0.35号で50cm。鈎は上が角マルチ6号、下はクワセマスター3号。ウキは忠相Next App [続きを読む]