結夢の気ままにおしゃべり さん プロフィール

  •  
結夢の気ままにおしゃべりさん: 結夢の気ままにおしゃべり
ハンドル名結夢の気ままにおしゃべり さん
ブログタイトル結夢の気ままにおしゃべり
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yu-yume
サイト紹介文結夢の気ままで、まったりな日常から徒然に…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2016/06/08 08:32

結夢の気ままにおしゃべり さんのブログ記事

  • 猫だまりの日々
  • シリーズをコンプリートしに行った本屋でつい手をだした1冊『猫だまりの日々〜猫小説アンソロジー〜』(谷瑞恵他4人)新年初出勤した日に会社倒産し、失業した青年が神社で出会った猫と飯友になる話他猫と人間の不思議な縁(えにし)猫目線の人間との心優しく、切ない物語 [続きを読む]
  • 見〜つけた? 2
  • 先日、ラッキータクシーと佐世保競輪のコラボ、ラッピングタクシー先日は自衛官(陸上自衛官? 相浦駐屯地だから?)一昨日チャイナ服?で唐子の皿(三川内焼)今日バーガーショップ店員(佐世保バーガー?)あと、6種プラスLINEのラッピング頑張って見つけたいなぁ〜 [続きを読む]
  • 君たちはどういきるか
  • 噂の『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎)旧制中学2年のコペル君(本田潤一)は、学業優秀、スポーツもそつなくこなすけど、いたずらすぎて、クラス委員にはなれない。学校生活を送るなかで、さまざまな出来事を経験し、観察する。叔父さんがコペル君に書いたノートという体裁で、「物の見方」、社会の「構造」「関係性」が語られる。背景は、古いけど…今、見直されているのが、わかる。 [続きを読む]
  • あったか、汁もの
  • 今日も雪?言うほど降りはしなかったけれどめっちゃ寒い??????雪?予報で、ホテルで2泊したので今日は、おうちごはんは淋しくなった冷蔵庫にあるもので鯖の塩焼き白菜のくたくたと煮(白菜、大根、厚揚げ、えのき 片栗粉で、とろみをつけて)ホウレン草とうすあげの味噌汁金時豆雪?は、一区切りだけど…寒さは続きそう???明日からセンター試験受験生のかたは、大変そう [続きを読む]
  • お後は笑顔がよろしいようで
  • 娘購入の本落語が題材です。『お後は笑顔がよろしいようで』 (永菜葉一)落語家『九条亭』門下には、二人の弟子がいて、ひとりは、お調子者だけど人情深い朱雲(あけぐも)と、正反対のイケメン、エリートの蒼雲(あおぐも)が、寄席の人間や客との関わりの人情話。涙??なしでは読めない。本来の人間の優しさ、人情味をみたような気がする。 [続きを読む]
  • 今年初
  • 今年初の本購入『京都・観光文化検定試験』大好きな京都のことを知りたくて去年目に付けてたので、購入。『ちりめんで楽しむ 季節のお飾りとこもの』これは…衝動買いです??今年は…どれだけ買ってしまうのだろうか?! [続きを読む]
  • コンビニたそがれ堂
  • 私購入の本NBC放送アナウンサーで小説家?の村山仁志さんのお姉さん 児童文学小説家 村山早紀さんの大人向けのファンタジー『コンビニたそがれ堂』黄昏時、探し物をしている人が、何故かたどり着く《コンビニたそがれ堂》そこにいるのは、金髪、緑目のイケメン系のお兄さん。必ず探し物が見つかる。読んでいて、優しくなれる、子どもの頃の不思議…心がささくれた時にいいかも?? [続きを読む]
  • 奈良町あやかし万葉茶房
  • 私購入の1冊『奈良町あやかし万葉茶房』 (遠藤遼)生まれつきあやかしの見える高校生 草壁彰良は、父親の死をきっかけに奈良町に住む親戚の額田真奈歌に引き取られ、彼女の営む喫茶店《万葉茶房》で働くことに…人間やあやかしが来店する。あやかしと人間の交流が、ほんわか、優しい、涙??あり。好きだ〜‼ [続きを読む]
  • ゆきうさぎのお品書き
  • 久々の私購入の本『ゆきうさぎのお品書き〜6時20分の肉じゃが〜』 (小湊悠貴)本屋で気になっていたが、手を出さなかったが…何故か娘の友達と好みが一緒で娘が会った時にお薦めされたらしく買って読みましたよ祖母が店主をしていた小料理屋で大学時代からバイトしてた雪村大樹。祖母が亡くなり、1年閉めていた店を引き継いだ。常連客やバイト、野良猫のふれあいがほんわか、優しい、何より美味しそうなお料理。続きを買わな [続きを読む]
  • 大晦日に
  • 大晦日を長崎で中町教会?長崎歴史文化博物館ダウン症の女流書家金澤翔子書展〜共に生きる〜迫力あった?思わず、娘とふたり筆ペン買ってしまった????長崎県庁 新庁舎今年も1年無事に過ごすことができました。感謝です。 [続きを読む]
  • 河童の懸け場帖
  • 娘購入の本『河童の懸け場帖 東京「物ノ怪」訪問録』 (桔梗楓)配置薬販売のニワトコ薬局のNo.1販売員の河野遥河(かわのはるか)は、容姿端麗、物腰柔らか…彼の真の姿は、《河童》彼の顧客には、人間界で生活する《物ノ怪》たちも…ほんわか、優しいストーリー結構好きかも [続きを読む]
  • クリぼっち
  • クリスマス???????娘が、『チキン??もクリスマスケーキ??も食べない』というので…(毎年のことだけど)お昼に、クリぼっち海老のトマトクリームパスタ黄金チキン??パーティーケーキ??(苺??とチョコ)アイスモカはじめてのシュトーレン来年は、娘と一緒に食べたいなぁ〜 [続きを読む]
  • 質屋からすのワケアリ帳簿
  • 娘購入の本質屋からすのワケアリ帳簿〜大切なもの、引き取ります。 上、下〜シンデレラと死を呼ぶ靴大学を卒業し、試用期間にパワハラで会社を辞めた千里が、収入がなくなり家賃の足しに両親の形見の結婚指輪を質屋《からす》に…しかし、換金できなかった、が、千里のある能力を買うということで、質屋で働くことに…イケメンで変わり者の店主、ゲーバーのママで情報屋、地元の名士の長男宗介(イケメンの俺様)…キャラの独特さ [続きを読む]
  • 3冊読了
  • 娘購入の本『僕の瞳に映る僕』 (織部泰助)世の中に20冊しか存在しないという奇書『眼球蠱聞(がんきゅうこぶん)』の物語をなぞるかのような通り魔事件を追う凸凹コンビの刑事はっきり言うとわからんし、グロい‼『霊媒探偵アーネスト 水の杜の人魚』 (風森章羽)喫茶店《リーベル》の店主 佐貴(さき)の友人は、名門霊媒師一族の末裔の美貌の青年 アーネストがいる。取り壊しを控えたアパートの大家が持ち込んだのは、一 [続きを読む]