リトルライオン さん プロフィール

  •  
リトルライオンさん: 喜怒哀楽インド日和
ハンドル名リトルライオン さん
ブログタイトル喜怒哀楽インド日和
ブログURLhttps://ameblo.jp/little-lion23/
サイト紹介文インド留学、ヒンディー語、東南アジア旅についての思い出と情報をシェア!
自由文インド留学経験ありの大学生。
ヒンディー語OK。
とりあえず、インド大好き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/06/08 10:33

リトルライオン さんのブログ記事

  • 旅先で使えるヒンディー語 〜挨拶編〜
  • ナマステ!???????旅先で使える簡単なヒンディー語表現コーナーを始めることにしました????????????(インド旅ネタがなくなったので....)ヒンディー語は語順が日本語と似ていて、結構学びやすい言語です。日本語と違う点は、・代名詞・名詞は女性名詞、男性名詞があり数・格によって変化する・形容詞は形容する名詞の数・性・格によって変化する・動詞は数・性・時制によって変化する・有気音と無気音の区別と [続きを読む]
  • 街歩き in Bhuj
  • ナマステ!???????【Day10: 2 Jan, 2018】Bhujはここ!引用:http://www.citiestips.com/city/BhujIndia泊まっていた場所は、ジャイナ教の施設で快適、クリーンな上にワンルーム500ルピーというお手頃さ。朝ごはんはピュアベジタリアンでした。参考までに↓Bhujからバスで1時間ほどの海に面した街、Mandviへ行くことに。運賃は35ルピー。ローカルバスには英語表記がなく、どこ行きかよくわからないけど、とりあえずグジャラ [続きを読む]
  • HodkoからBhujへ
  • ナマステ!???????【Day9: 2 Jan, 2018】朝9時にHodko村のホテルをチェックアウト。2人ともお腹の調子があまり良くなくてここの豪華なご飯を楽しめなかったのが残念。ここカッチ地方は手工芸品が有名といことで、Hodko近くの村にある手工芸品のお店へ。村の女性たちが作ったものを彼女たちが売っている。写真を撮らせてくれたけどSNSに載せない約束。なので顔は隠して載せます!彼女たちのアクセサリーも衣装もとても美し [続きを読む]
  • ハッピーホーリー!
  • ナマステ!???????今日はホーリーです!?? ???? ??!!だからテンション高めにカラフルです!笑今日はホーリーの思い出たちを振り返ろうと思って。初めてホーリーをインドで経験したのは3年前だったなあ。ちょうどこの時期。初めてひとり旅でインド行った時、カウチサーフィンのホストがホーリーの日に聖地Mathura&Vrindavanへ行くというので、一緒に行ったのだ。ここのホーリーはインドいち、すごいらしい。残念な [続きを読む]
  • ヒンディー語アート
  • ナマステ!???????昨日描いた、ヒンディー語のレタリング。ヒンディー語はデーヴァナーガリーまたはナーガリーという文字が使われる。ナーガリーってちゃんと書くと、すごく綺麗!ヒンディー語には日本語やアラビア語にある書道やアルファベットにあるカリグラフィーのようなものがないけど、こうやって書いてみるとそういうこともナーガリーでできるんじゃないかと思う。"???? ?? ??? ??? ?? ???? ?? [続きを読む]
  • 白い砂漠で2017年最後の夕陽を拝む
  • ナマステ!???????【Day8-part2: 31 Dec, 2017】いよいよ、白い砂漠へ。ここ、White Rann of Kutchは雨季は湿地となり乾季には乾いて白い塩の砂漠が出現する。乾季の3ヶ月間、Rann Utsavというイベントが開催され、様々なプログラム、食べ物、民芸品を楽しむことができ、インド人観光客にはとても人気な場所。カッチ地方はパキスタン国境に近く、入るには許可が必要、ということだったけどいらなかった。年末でたくさんの [続きを読む]
  • 塩の砂漠を目指して@カッチ地方 White Rann of Kutch
  • ナマステ!???????【Day8-part1: Dec 31, 2017】〜2017年最後の1日は大晦日感の全くないインドの端っこ、グジャラート州カッチ地方で〜AhmedabadからBhuj行きのスリーピングバスで爆睡していた私たち。朝、バスの通路から何やら叫ぶ声が聞こえてくる。(インドでは目的地に着く前、こうやって目的地の名を連呼して客に告げる)。片目を開けて耳を澄ましてみるけど何言っているのかイマイチわからない。その後も何回か通路か [続きを読む]
  • 誠実なグジャラートの男たち@州都アーメダバード
  • ナマステ!???????【Day7: 30 Dec, 2017】初のグジャラート州へ、いざ。朝4:30頃空港の固いシートの上にて起床。ボケボケの頭のまま、チェックイン。やっぱり国内便ゆるい。笑飛行機の外、だんだんと夜が明けていく。眠気に勝てずアーメダバードに着くまで爆睡。2時間もしないうちにグジャラート州の州都、アーメダバードに到着。空港には知り合いの旦那さん、Kさんが迎えに来てくれていた。タクシーに乗り、Kさんのお宅へ [続きを読む]
  • 喜怒哀楽デリー日和
  • ナマステ!???????【Day6: 29 Dec, 2017】朝7時過ぎ頃デリーに到着。バスの外に見えるデリーの街は白い靄に包まれていて、ああデリーに帰ってきちゃった。って実感する。バスを降りると早速オートのドライバーが寄ってきてとんでもない値段をふっかけてくる。最寄りのメトロの駅まで25ルピーで乗せてあげると言われて乗ろうとしたところで100ルピーね、って。おい嘘つきドライバー!ナメるなてことで、歩いて行ける距離な [続きを読む]
  • ヒマーチャルの温かみ
  • ナマステ!???????【Day5: 28 Dec, 2017】-トリウンドヒルにて-朝6:30頃起床。暖かい寝袋から出て、テントの外へ。まだ外は真っ暗だけど、山の向こうの空がうっすらと赤くなり始めている。少し歩いて、見晴らしのいい岩場の一際大きな岩の上に座り、日の出を待つ。だんだんと空が明るくなってきて、気温も少しずつ上がってくる。鳥たちが夜明けを待っていたかのように、嬉しそうに空を舞う。山の背後から、朝日の光が矢の [続きを読む]
  • ヒンディー語の新聞に英単語が多すぎる問題
  • ナマステ!???????今日は旅行のブログからは少し離れて、ヒンディー語についての話題。 ※?????? ?? ??? ????? ??? ?? ???? ???ヒンディー語の勉強のためにたまにヒンディー語の新聞を読むのだが、そのヒンディー語の新聞に英単語が多すぎる問題が最近顕著になってきている。私がいつも読むのは、留学時代から読んでいる、?? ???? ?????? (NBT)という新聞。今はもちろん、インタ [続きを読む]
  • 告知:ヒンディー語でもブログを書くよ
  • ナマステ!???????告知があります。タイトルの通りですが、これからはヒンディー語でもブログを更新しようと思います!ヒンディー語と日本語で同じ内容のものを2度投稿するか、あるいは一つの記事に二つの言語で描くかはまだ決めてないけど。ヒンディー語のブログは自分の勉強のために、そしてヒンディー語を勉強している、したい人に向けて書きます。そしてインド人の読者を獲得するためにも、、、なんて。?? ??? ? [続きを読む]
  • 2度目のトリウンド
  • ナマステ!???????【Day4: 27 Dec, 2017】昨夜デリーから出発したバスは早朝6時頃、DharamshalaのMcleodganj(マックロードガンジ)へ到着。まだ、夜明け前。夜明けが近づくのを待ち、東の空が明るくなってきた頃、街の散策を開始する。まだどのお店もほとんどしまっている。日の出を見ようと思い、絶景ポイントを探すも、木や家が邪魔してなかなかいい場所が見つからなかった。残念じゃ。少ししてから、朝早くに開いている [続きを読む]
  • インド服とアクセサリーの天国、Lajpat Nagarで
  • ナマステ!???????【Day3: 26 Dec, 2017】朝9時半ごろホステルをチェックアウト。外の空気がやばい。大気に汚染物質が混じって、変な匂いがする。デリーではPM2.5対策用のマスクをして過ごしていたが、1日でマスクが黒ずむほど。Pahar Ganjのメインバザールにある、プライベートバスの予約オフィスに立ち寄り今夜出発のバスの確認をする。すると、先日言ってたことと今言ってることが全然ちがう。ピックアップの場所とかバ [続きを読む]
  • タージマハルへ、再び
  • ナマステ!???????【Day2: 25 Dec, 2017】この日は妹の希望でアグラにあるタージマハルへ。うん、やっぱり初めてインドに来たらまずタージマハル見たいよね。私にとっては2度目のタージマハル。タージマハルへは私の友達のHimanshと3人で行くことに。友達のHimanshには事前にAgra行きの列車のチケットを予約してもらっていた。〜列車の情報は以下の通り〜列車名: Gatimaan Express出発駅: Hazrat Nizamuddin発車時刻: 8:10 [続きを読む]
  • ヒンディー語でレタリング
  • ナマステ!???????今日は旅の話と何も関係ない番外編。私、文字を書いたりデザインしたりするレタリングというのを趣味で書いてるんですが、今日はその中からヒンディー語で書いたレタリングの作品を3つご紹介します!1つ目。2年前、インド留学時に書いたヒンディー語の詩。スールヤカント・トリパーティー・ニラーラーという有名な作家の詩を写したものです。ヒンディー語の形は自分でアレンジして、日本でいう、書道のよ [続きを読む]
  • シク教の寺院、グルドゥワーラーへのお参り
  • ナマステ!???????【Day1: 24 Dec., 2017】この日は朝夕の2回、シク教の寺院であるGurudwara(グルドゥワーラー)へ。全ては妹に感じて貰うため!笑 日本ではシク教の人やその文化に触れる機会がなかなかない。シク教、という言葉を見るのも聞くのも、きっと授業の中でのみ。初海外の妹に、様々な宗教とその文化を見て、感じて欲しくてこの日は朝夕の2回、グルドゥワーラーに足を運んだ。訪れたのはデリーで一番大きなGurudw [続きを読む]
  • 数時間でも満喫できるデリー!〜到着直後の夜〜
  • ???????ナマステ!今日からインド旅の模様を1日ごとに更新します。【Day0 23 Dec., 2017】東京・羽田を朝の8:30に出発し、上海でデリー行きにトランジット。今回利用した航空はChina Eastern.年末年始の時期で直行便はあり得ないほど高かったので、乗り換えがあるけど安いChina Easternを利用。今回とった航空券は行きも帰りも乗り継ぎ時間が3-4時間ほどとそれほど長くなく、チケットも往復7万円ほど。上海からデリーへの [続きを読む]
  • eTVでゆく、インド
  • ???????ナマステ!今回のインド旅、日数が短いためビザは比較的簡単に取れるeTV(e-Tourist Visa)を取得することに。〜e-VISAとは?〜オンラインで申請・取得がてぎるビザのこと。入国4日前まで申請が可能。e-VISAは以下の3種類・eTourist Visa (→eTV)・eMedical Visa・eBusiness Visa通常の旅行であればeTVを取得していく。ビザは最短1-2日で承認される。大使館に行く必要がなく、直接申請するよりも短時間でビザが得られ [続きを読む]
  • 年末年始インド旅
  • ??????!こんにちは!タイトルの通り、また、インドへ行ってきました。今回は年末年始の13日間の旅。そして、初海外!17歳の妹を連れて。妹は高校の修学旅行がグアムの予定だったのに、北朝鮮の影響で国内に変更になってしまったのです。せっかくパスポートまで作ったのに。。じゃあ冬休みどっか行くか?!?!ってことになり。タイがいいなあ〜って言ってたけどねえ、インドは??インドめっちゃいいよ。って推したらインド [続きを読む]
  • ナマステインディア
  • ???????ナマステ!更新頻度が激低ですみません。インドを離れてしばらく経つものでネタがなく、思いついたときにゆっくり腰をあげて書いてるもので。笑さて、日本で1番大きいと言われているインド関連のお祭り、ナマステインディアが今週末代々木公園で開催されます。イェーイ??('ω'?? )ナマステインディアに初めて行ったのは大学1年生のときだったかな。もう4年も前のことキャーーー:(;゙゚'ω゚'):めっちゃ楽しかった [続きを読む]
  • ヒンディー語ができて得したこと
  • ???????こんばんは!ヒンディー語ができるといいことあるある!そんな私に起きたいいことを紹介したいとオモイマス。ヒンディー語って実際どのくらい浸透してるのか??2001年の国勢調査では当時の人口(10億人)の約4割(つまり4億人)がヒンディー語を第1、または第2言語として話しているらしい。あれから3億人も人口増えてるからいまはもっと多くの人がヒンディー語を話してるはず。(それにしても17年ほどで3億人増えるって [続きを読む]
  • 飛行機であわや寝過ごす事件
  • ??????!ナマステ!留学中のある旅の道中で飛行機であわや寝過ごす事件がありました。それは2016年1月に、日本でインド関連のNPOをやっている知り合いがインドに来た時のこと。彼らに会うためにマハラシュトラ州のナグプルへ。デリーからの早朝便だったので夜は空港で寝よう!と思い、空港へ乗り込んだのは前日の夜10時ごろ。で、ロビーで寝ようとしたら騒音と光でぜんぜん寝れない。朝の4時前にチェックインしてDuty Freeの [続きを読む]
  • サステイナブルな村の暮らし -動物と共にある生活-
  • ???????ナマステ!サステイナブルポイント3: 動物との暮らし(あ、可愛すぎるコイツ、、。アホみたいな、でも憎めないこの顔、、!)村ではどの家も、ほとんど必ずと言っていいほど動物を飼っています。動物を飼ってる、といっても日本のようにイヌやネコなどではもちろんない。村で多く飼われてるのが、牛、水牛、ヤギ、ニワトリなどいわゆる"家畜"の部類。村人の生活はこれらの動物たちと共にあります。私が滞在してた村人 [続きを読む]