ゆりこ さん プロフィール

  •  
ゆりこさん: 大野ピアノ教室BLOG
ハンドル名ゆりこ さん
ブログタイトル大野ピアノ教室BLOG
ブログURLhttps://ameblo.jp/lilypiano-723/
サイト紹介文東京都町田市成瀬のピアノ教室。 レッスンや音楽にまつわる話題、日々のことを飾らずに書いています。
自由文子育て歴22年、教師歴30年、今までたくさんの色々なタイプのお子様と接して来ました。大人の方ももちろんです。
日々のレッスンでのエピソードや、今ドキの教材の勉強、自分の演奏のこと、日常の笑いを誘うできごとなど、楽しんで読んでいただけるブログを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/06/08 12:06

ゆりこ さんのブログ記事

  • 楽譜の種類
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 楽譜も、本と同じで、色々な出版社から様々な楽譜が出版されています。 たとえば、昔から使われているバイエル私が子供の頃は、全音から出ている赤バイエル、黄バイエルだけでした。 今は、楽譜売り場に行けば、それはそれはたくさんのバイエルが(@_@)ところ狭しと並んでいます。 お子様向けの教本でもそうですが、もう少し上級 [続きを読む]
  • 定番人気の曲その9
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 前回のご紹介は、ドビュッシーでした。今回も、ドビュッシーの曲をご紹介します。 ドビュッシーと言えば、やはりベルガマスク組曲より月の光ですね。 CMやドラマ、お店や歯科のBGMなどに使われて、ほとんどの人が知っていると思います。題名から情景が思い浮かべられる最たる曲だと思います。 ドビュッシーの曲は、みんなそうです [続きを読む]
  • 教室紹介動画が完成しました
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 教室のホームページを作った時に、教室のことを紹介した動画が作れたらいいな、とずっと思っていました。文字より、やはり動く画面から感じてもらうものは多いのではないか。だけど、自分で作るのは、できないな〜と諦めていました。 そのように思っていた時に、セミナーで知り合った埼玉県戸田市でピアノ教室を開いていらっしゃる [続きを読む]
  • 新入会のレッスン
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 今月から、新入会のお二人のレッスンを始めています。在籍しているKちゃんの妹の小1のSちゃんと、小3のMちゃんです。 お二人とも、今まで習ったことはなく、初めてのピアノレッスンです。 ですが、Sちゃんは、お姉ちゃんのピアノを聴いて、育ってますから、弾く気満々です幼稚園で、鍵盤ハーモニカを吹いていたようで、ト音記号の [続きを読む]
  • バロックのお話会に出席して来ました
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 バロック音楽と聞いて、どのようなイメージを持たれますか? 私は、学生の時に、レッスンを受けていても、なんとなく、型にはまった音楽で、色々な規則があって、それに乗っ取って、弾かなければいけない堅苦しい音楽だと思っていました。 なので、卒業してからは、他の時代の曲にずっと目が行っていて、ほとんどきちんと勉強してい [続きを読む]
  • 新しいトムソン椅子が来ました!
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 いきなりですが、このピアノ椅子をご存じですか? 背もたれのある椅子で、トムソン椅子といいます。 背もたれの後ろに、椅子の高さを上げ下げできる金具があり、身長に合わせて、高さを変えるのです。 実は、この写真のトムソン椅子は、前のグランドピアノを買った時から使っており、なんと40年使いました はっきり言って、もう高 [続きを読む]
  • 私がピアノを教え続けている理由 その2
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 昨日の記事では、ピアノを教え続けている理由を主に子供の生徒さんについて書きました。 うちの教室の生徒さんは、大人の生徒さんも在籍しています。 大人の生徒さんは、子供さんよりは、どうしても色々な事情で、レッスンを続けることが難しくなるケースが多くなってしまいます。 それでも音楽が好きで、ピアノを弾きたい、という [続きを読む]
  • 私がピアノを教え続けている理由
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 今日は、スガナミ楽器で開催された籐 拓弘先生のセミナーに出席して来ました。 教室運営についての、色々なお話がたくさん聞けて、目からウロコでした。 その中で、教室に対する「思い」を形にするヒントとして、私がピアノを教え続けている理由を、書いてみたいと思います。 それは、ひとことで言うと、 弾きたい曲がスラスラ弾け [続きを読む]
  • 夏休みが終わりますね
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 今年の夏は、特に暑さを感じてしまいますが、もう夏休みも終わってしまいますね。 レッスンに来る生徒さんに、「学校の宿題は終わったかな?」と聞くと、一生懸命何が終わって、何が終わってないか説明してくれます 夏休み中に、合唱伴奏の練習を頑張った生徒さんは、2人。小6のYちゃん、中3のAちゃんは、二人とも、なんとか最後ま [続きを読む]
  • 発表会の見学に行って来ました
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 一時涼しくなっていましたが、暑さがぶり返しています。蒸し暑いのは、本当に不快ですね そんな中でしたが、埼玉県の川口まで、熊谷麻里先生の発表会の見学に行って来ました。 川口リリアホールは、パイプオルガンの設置された素敵なホールでした。 普通のソロ演奏が続きましたが、年齢層が幅広く、中高生や大学生もたくさんいて、 [続きを読む]
  • スケール(音階)練習
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 ピアノがスラスラ弾ける、あこがれますね。この「スラスラ」というのが、曲者でして・・・なかなか思ったように弾けない、と思われる方がほとんどでしょう。 ピアノに限らずですが、やはり基本的ないわゆる「基礎」が大事です。 スケール(音階)は、読んで字のとおり音の階段です。ハ長調なら、すべて白鍵で弾くことができます。右 [続きを読む]
  • ピアノ指導法セミナー
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 今日は、表参道カワイで「ピアノ指導法セミナー」を受けて来ました。 http://www.jpta.jp/event/seminar/2018.pdf 2部に分かれており、最初は、バッハのシンフォニアを弦楽三重奏で弾き、ピアノだけではない、様々なアプローチがあることを教えていただきました。 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロでの演奏は、それぞれの音色の違 [続きを読む]
  • 定番人気の曲 その8
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 今週は、火曜日以外はレッスンのおやすみをいただいております。 今日は、横浜美術館にモネの絵を見に行って来ました。 モネといえば何と言っても「睡蓮」が有名ですね。印象派の画家です。 (余談ですが、桜木町の駅は、ピカチュウだらけでした) 今日は、この印象派と同じ頃の曲をご紹介します。 ドビュッシーの子供の領分よりゴ [続きを読む]
  • 私の好きな曲 その2
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 夏休みなので、色々な曲のご紹介を頑張ってみます。 先日は、古典からのご紹介でしたが、それ以前のバロックからです。ピアノ曲ではありません。 ヴィヴァルディの「四季」より 冬 です。 超有名な四季は、CMやBGMでもよく流れています。私の時代は、(今はわかりませんが)中1の音楽の教科書にも載っていたと思います。春、夏、 [続きを読む]
  • 私の好きな曲
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 定番人気の曲シリーズは、不定期にこれからも続けますね。 今日は、それとは別に「私の好きな曲」をご紹介します。 好きな曲なんて、それこそありえないくらいたくさんあります。ピアノ曲だけではありませんが、今日は最初なので、やはりピアノ曲にしたいと思います。 うーん、うーんどの時代にしようかな。迷います。やっぱり古典 [続きを読む]
  • 鍵盤の日
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 今日、8月8日は、鍵盤の日だそうです。ピアノの鍵盤は、88鍵あるからなんですって! https://www.facebook.com/1598007483814783/posts/2179819715633554/ 88鍵もあるピアノの端から端まで使うことはなかなかないですが、初級の楽譜でも、わりとすぐに高い音や低い音まで使う教材が多くなってきました。 キーボードではレッスン [続きを読む]
  • グループレッスン(リズム練習)
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 久しぶりに少人数グループレッスンをしました。 今回は、山本美芽先生のセミナーでお友達になった押見雅子先生のバッハをイヤにならないようにするための準備として、どうしたらいいか、というアイディアをお借りしました。 こちらに記事があります。 https://wkenkyu.hatenadiary.jp/entry/2018/07/09/204535 まず、スムーズに [続きを読む]
  • リズムが大事
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 曲は、メロディ、ハーモニー、リズムからできています。 メロディはわかりますね。いわゆる一番曲の流れを作っているうたなら、歌詞がついている部分です。 ハーモニーは、メロディに響きを加えたもので、音が重なっています。ドミソとかドファラなど、メロディに性格を持たせたりする大事な役割があります。 そしてリズム。これは [続きを読む]
  • 定番人気の曲その7
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 久しぶりの定番人気の曲シリーズです。今回は、色々迷ったのですが、モーツァルトのソナタkv545です。 1楽章が、ド〜ミソシードレド有名ですよね。 昔は、ブルクミュラーが終わると、たいていソナチネを弾き、ある程度終わると、ソナタを弾くのが定番でした。私は、初めて「ソナタ」という曲を弾いたのが、このモーツァルトのkv545 [続きを読む]
  • 暑すぎます(@_@)
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 今日は、二十四節気の中の「大暑」夏の暑さがもっとも極まるころ、とあります。 そして、私の誕生日なんですもう誕生日がうれしいなんて歳ではまったくないのですが。 埼玉県の熊谷では、41度を観測したとか!ちょっと外に出ただけで、熱風が下から吹き荒れていました。 母が毎年、「一年で一番暑い日に産んだ!!」と叫んでおり [続きを読む]
  • 合唱伴奏頑張ってます
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 とうとう、暑さがおさまらないうちに、夏休みに突入しました。みなさま、熱中症にはくれぐれも気をつけて下さいね。 中3のAちゃんが、3年連続で合唱伴奏をすることになり、また夏休みに恒例の伴奏レッスンが始まりました。 今年の曲は、課題曲の担当で、大熊崇子作曲の「予感」です。 なにしろ、受験生ですから、夏休みも塾、塾 [続きを読む]
  • 楽譜をすらすら読む方法を考える
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 相も変わらずの酷暑で、溶けそうな毎日ですね。もうすぐ終業式。待ちに待った夏休みがもう、すぐそこです。 発表会が終わり、みなさん新しい曲の楽譜読みが始まっていますが、発表会で頑張りすぎたのか、燃え尽きたのかあまり進んでいない生徒さんが、ちらほら。 あせっても仕方がない、と思ってレッスンでおつきあいしていますが [続きを読む]
  • 友人の発表会を見学しました
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 ここのところの暑さは、半端ではありません!朝からすぐに30度を超え、36度越え!!! 昨日もそんな暑さでしたが、友人のピアノ教室の発表会を見に行ってきました。 4教室の合同発表会なので、朝から晩までの超ロング発表会です。もちろん全部はとても聴けないので、一部分だけ聴かせていただきました。 私が見学した部では、小 [続きを読む]
  • 鍵盤のどの部分で弾きますか?
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 ピアノの鍵盤を見たことありますか?何言ってるの?いつも弾いてるんだから、見てるに決まってるじゃん! ですよね。だけど、曲の中で、鍵盤のどの部分で弾いているか意識したことはありますか? 白鍵と黒鍵を比べてみると、圧倒的に黒鍵のほうが長いですね。そして幅は細いです。白鍵は、黒鍵に比べると、長さは短くて、少し幅は広 [続きを読む]
  • 耳コピーが行き詰まるわけ
  • 町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 このたびの西日本の豪雨災害では、目を覆うような光景が、テレビで映し出されて、言葉を失います。一日も早く、被害にあわれた方がもとの生活に戻れますよう、お祈り致します。 さて、レッスンでは、いつも楽譜を読みましょう、と口を酸っぱくして言っています。 なぜ、耳コピーだとダメなんでしょうか?いいえ、一概に耳コピーが [続きを読む]