ロサアンティカ さん プロフィール

  •  
ロサアンティカさん: Rosa†Antica(ロサ・アンティカ)
ハンドル名ロサアンティカ さん
ブログタイトルRosa†Antica(ロサ・アンティカ)
ブログURLhttp://rosaantica.blog.fc2.com/
サイト紹介文ギリシア神話の冥界に咲く不死の花「アスフォデル」の如く 朽ちることのない永遠の美を求める全ての方々に
自由文・アンティーク・レトロ雑貨店ロサ・アンティカです。
当店でセレクトした人形や美術品、聖具や西洋雑貨、アクセサリやオブジェ等を扱うお店です。
神秘の、或いは異端の美を湛えた愛らしくも不思議なモノたちが、時を越え囁き掛ける微かな声に、どうぞ耳を傾けてみて下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/06/08 23:30

ロサアンティカ さんのブログ記事

  • お花見&アンティーク茶器お茶会
  • 4/15(日)に新宿御苑で開催したお花見お茶会。前日下見に行き、八重桜がまだ咲き残っていることを確認したものの、降水確率が90%まで上がったのでもう室内での開催に変更か?と思いきや、そこから40%に下がったので急遽、御苑内を散歩してからサロン・ド・シャルーンへ移動というスケジュールに。ぎりぎりまで集合場所などが確定せず、お客様にはご迷惑をおかけしました。紫外線恐怖症の悠雅シェフはシャルーンで準備しつつ待機して [続きを読む]
  • マッチ箱劇場〜箱宇宙〜
  • 先日の「シアトリカル都市の記憶」、各上映作品についても書きたいと思っているのですが、まずはMONT★SUCHTの「マッチ箱劇場〜箱宇宙〜」について。私が作ったストーリーと絵コンテを映像として非常にクオリティの高いものに仕上げて下さった、エクサ・インターナショナルの皆様には本当に感謝です。コレクションハウスビルでの撮影は、どうしても時間内に撮り切れなかった為、後日四谷の喫茶茶会記で追加撮影を行ないました。本当 [続きを読む]
  • 劇場都市の知られざる劇場の一夜
  • 4/7(土)高円寺アンノウンシアターでの短編映画上映会「シアトリカル都市の記憶」、無事に終了致しました。映画上映会の開催はもちろん初めてのことでしたので、近くなるにつれドキドキしていましたが、当然ながら生の舞台と違って精神的な負担はないので、その点は楽でした。今回の上映会開催に至った経緯は、私の主催する演劇ユニットMONT★SUCHT初の映画作品の制作に遡ります。以前《哲学者の薔薇園》を営業していたダイニングカ [続きを読む]
  • 御伽の赤ずきん
  • 今月末、朗読劇に出演することになりました。清月エンターテイメントの開催している朗読劇の中で、千葉千恵巳さん原案というのが目に留まり、事務所を通じてオーディションを受けたのです。千葉さんが声を当てていたローゼンメイデンの雪華綺晶、くーちょこらんたんのズズやマリー&ガリーのマリカが好き(ETVが好きなので・・・)だったというのもありますが、それだけではありません。昔、私が通っていた人形教室に、先生である吉田 [続きを読む]
  • アンティークカップたち
  • 4/15(日)開催の、くる実×《哲学者の薔薇園》コラボ企画第二部アンティーク茶器お茶会で使用するカップたちをチラッとご紹介。こちらの中からお好きなカップを選んでお茶を頂けます。販売も致します(3800円〜)ので、気になるものがありましたらチェックして下さいね。また、使いたいカップの持込みも歓迎します。カップはティーカップが手前右奥から時計回りに、フォーリー、ロズリン、バヴァリア、オールドノリタケ、コウルドン、 [続きを読む]
  • 夢の実現に向けて
  • 何かとタスクを抱えがちで慢性的に時間に追われている私ですが、最近は限られた時間を有効活用せねば、と自分がやりたいことに積極的に取り組むようにしています。周りにも夢や目標に向けて頑張っている人たちが多いので、お互い励ましあったり、相談に乗ったりすることもしばしば。古物に絡むそんなお話で、以前にあったことを記してみようと思います。ロサ・アンティカが青空骨董市に出店し始めた頃、お母様といらして民族人形を [続きを読む]
  • 桜の下には・・・
  • 桜もそろそろ見頃となってきましたね。以前にお知らせしました(→こちら)、演劇ユニットE.T.Cの「桜の森の満開の下」。昨晩初日を拝見してきました。一言でいうと、狂気と虚無、その間に横たわる果て無き深淵を覗き込んだ心地です。3ヶ月半の間、精魂込めて作成した人形たちを、見事に操って下さった円地さん仲谷さんには本当に感謝です。坂口安吾の描く女は全体、得体の知れない情感を内に秘めて不気味な魅力を放っており、一方 [続きを読む]
  • くる実×《哲学者の薔薇園》コラボ企画
  • 同じ事務所のくる実さん(佐藤あずささんの別名義です)と共同主催で、お茶会を開催することになりました。第1部が八重桜が見頃の新宿御苑にてのお花見お茶会、第2部がロサ・アンティカ コレクションのアンティークカップを使用してのアンティーク茶器お茶会です。要予約です。奮ってご参加下さい。ご予約はコメント、もしくは下記メールアドレスまで。asphodel_r@hotmail.comそれぞれの詳細は以下をご覧下さいませ。***********く [続きを読む]
  • シアトリカル都市の記憶
  • 私たちが以前《哲学者の薔薇園》を営業していたTARUHOのあった武蔵小山のコレクションハウスビルは、今はもう取り壊されて更地になってしまったそうなのですが、この建物がまだあった頃に記録として残しておきたいと思い、お世話になっている映像制作会社エクサ・インターナショナルの見市さん等に撮影して頂いた短編映画『マッチ箱劇場〜箱宇宙〜』。昨年7月に完成して以来、幾つかの映画祭にエントリーしてきたのですが、この度 [続きを読む]
  • 天津祝詞
  • 先週末の楼蘭祭、盛況のうちに無事終了致しました。古代楼の35、6周年、本当におめでとうございました。会場のアトリエ第Q藝術は新しく綺麗で、キャラリーやカフェも併設された居心地の良い場所でした。キャパ60人程の会場は人で溢れ、古代楼が多くの人に愛されているのだと実感しました。そんなおめでたい催しに出演させて頂いて、オーナーの有賀眞澄さんには感謝するばかりです。演目が終わってからご来場のお客様に「珍しいもの [続きを読む]
  • 楼蘭祭
  • 祖師ヶ谷大蔵のバー、古代楼。タブロー・光象体作家で定型詩人の有賀眞澄がオーナーを勤める、「最終酒場」の異名を持つお店です楼蘭の美女の発見を記念して開店したというこのお店には数年前からお邪魔していて、年越しには必ずここに来ています。お酒の飲めない私に貴腐ワインやシェリー、ポート、マデイラ、アイスなど酒精強化ワインの美味しさを教えてくれたお店で、有賀さんの作る創作料理も絶品なのです。また、お互いの企画 [続きを読む]
  • マンタム式ボリシェビキ屋
  • 現在、初台Zaroff一階にて古物商の師匠、マンタムさんの個展&骨董市「マンタム式ボリシェビキ屋」開催中です。昨日寄ってみたところ、三角の地所の屋外スペースになんと小屋が建っていて、中は怪しいもの満載の古物小屋になっておりました。外側の髑髏金魚の絵は、弟子の三吉瑠美衣さん画。下駄箱の中もミニギャラリーとなっております。(拝観料300円)こじんまりした店内にも窓を潰して棚を設置し、医療器具や剥製や標本、マンタ [続きを読む]
  • 妖怪根付、神様根付
  • 昨日は中野gLUV.にて《哲学者の薔薇園》の営業でした。バレンタイン企画として「甘い話」を持ち寄るという主旨でしたが、皆さん意外と真っ当な恋愛話をお聞かせ下さいました。私は同じ事務所(YScompany)所属の佐藤あずささん、山村ゆりかさんと一緒に、学園恋愛もののコントというかボイスドラマを披露したところ、意外と好評で良かったです。先日も書きましたが、最近よく薔薇園に顔を出して下さるお客様、築地のお座敷天ぷら「お [続きを読む]
  • むらいこうじ フィギュアオルゴール
  • 今までボックス、ドーム、時計、木製など様々なデザインのものをご紹介してきた、むらいこうじさんのオルゴール。少し前にこれも珍しい、陶製のフィギュアオルゴールを入手したので、ご紹介します。まずはステッキを持ち金色のボールに乗った、鼻の大きなクラウン。玉乗りの曲芸をしているのでしょうか。目の下に少し赤いメイクをしているものの、ポーズといい衣装といいクラウンというよりどことなく貴族のようなイメージです。こ [続きを読む]
  • 《哲学者の薔薇園》2月の予定
  • PCが共用で、家でなかなか使用できず、ブログの更新もままならない為、テストを兼ねてスマホから更新してみます。とりあえず《哲学者の薔薇園》の2月の予定。今月は営業日が少な目ですが、その分中身を濃くします。17(土)18:30-22:30 @中野gLUV.ミアメロン〜一日物語「甘い話」※ヴァレンタインデーに因んで「甘い話」を披露して下さる方を募集!恋愛話からスイーツの話、投資の話、舐めてかかって痛い目を見た話などなど、斬新な [続きを読む]
  • ミシェル・トロワグロ
  • 1月27日は相方の誕生日。前に書いたように(→こちら)、記念日はフレンチレストランに行くことが多いのですが、今年は知人がやっている築地の天ぷら「おかめ」に行こうかと思っていました。店主の柴田さんとは私が人形を作り始めた頃からのお付き合いで、良く展示を見に来て下さっていたのですが、私が創作から離れた為もありしばらくご無沙汰していたのでした。昨年ギャラリーで再会し、私と相方のお店《哲学者の薔薇園》によく [続きを読む]
  • 光零るる薔薇の会
  • 昨日は月に一度の声優・野村道子さんによる、朗読レッスンの日でした。銀座オプティミストのまちさんにご紹介頂き、通い始めたのですが、一度他の方が誰も来られずに個人レッスンになってしまい、忙しい道子さんの時間を独占する申し訳なさに責任を感じて、声優や俳優、声優志望の友人知人に声をかけて再始動したのが去年の秋。道子さんが会の名前をつけましょう、と仰られ、私が自分の名前にラテン語の「薔薇」と付けていてカフェ [続きを読む]
  • 桜の森の満開の下
  • 11月に依頼を受け、制作真っ最中の舞台のお知らせです。私が古くからお世話になっている、劇団榴華殿の川松さんによる企画・演出の舞台。この舞台の為に表題作以外にも坂口安吾の作品を読みまくっているのですが、この人の作品は随筆が面白い。「アンコウのどぶ煮」なのど食べ物の描写など、思わず食べたくなってお店を探してしまいました。それはともかく、この作品といい私の大好きな「夜長姫と耳男」といい、ヒロインの善悪を突 [続きを読む]
  • オートマタのオーケストラ
  • ある程度骨董的な価値のある人形と美術品に関しては、販売記録を付けているのですが、久しぶりにチェックしたところ、仕入れを相方に任せ切りだったせいで半年以上記録を付けていなかったのに気付きました。記録の内容は、人形だとこんな感じです。メーカー/作者 商品名/ヘッドマーク サイズ 備考 購入場所 買取日 買取価格 送料他 販売日 販売価格備考のところには、素材(ヘッド、ボディ、ハンド等)、アイの素材と色と [続きを読む]
  • 玩具館 三隣亡「驚異の部屋」
  • お正月休みも終わり、そろそろ仕事始めという方も多いのではないでしょうか。私はと言えば、コールセンターでのアルバイトこそ12/31〜1/2まではお休みだったものの、仕事として請け負った人形制作は元旦から取り掛かっておりました。昨日6日は役者としての仕事初め。早朝から終電までドラマの撮影でした。しかしいつも撮影スタッフの皆様の大変さには頭が下がる思いです。屋内はまだ良いのですが、私たちが暖かい車の中で待機して [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 新年開けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。早いもので、私がこのブログを開始して1年半あまりが過ぎました。昨年一年も色々なことがあり、少しずつですがやりたいことも実現できるようになってきています。私一人では到底叶わないことですので、相方はじめ支えて下さっている皆様には感謝するばかりです。感謝の気持ちを多少なりとも形にしようと、お世話になっている方々のサイトへのリンクを設ける [続きを読む]
  • 一年の終わりをオルゴールの音に乗せて
  • 2017年もいよいよ終わりですね。今年は個人的には色々と広がりのあった年でした。昨年に続き《哲学者の薔薇園》で文芸サロンのような場所を作ることができたり、新しい場所でそれぞれのオーナーさんやお客様との信頼関係を築けたり、念願の地方公演も叶い、CDや映画製作が実現し、思い残すことはないといって良いのですが、私の悪い癖で、出来たものを広める以前に次へ次へと行ってしまうので、来年は成果物をより多くの人の目に触 [続きを読む]
  • 《哲学者の薔薇園》忘年会
  • 今年もあと僅かになりました。今月後半は、クリスマス会やら忘年会やらで連日出歩いております。23日には、私たちが《哲学者の薔薇園》を営業させて頂いているサロン・ド・シャルーン(今まで使っていた「少女学館」から、名前を新たに付けました)のこまつさんに連れて行って頂き、長野県茅野市にあるロリータブランドFairy wishのクリスマスランチ会にお邪魔してきました。Fairy wishデザイナーの小林愛梨穂さんが茅野に移住した [続きを読む]
  • 「喫茶茶会記 - Profile 1 -」刊行
  • このブログでも度々言及している、四谷三丁目にあるジャズ喫茶・喫茶茶会記が10周年を迎えた記念に、ここに集う人々のプロフィールを一冊の本に纏めて出版することになりました。編集者は私の長い付き合いの友人でもあり、茶会記にて隔月でイベントを開催している、西川祥子さん。西川さんの書いた文章がこの本の出版の契機となったとのことですが、店主の福地さんの人柄に引き寄せられて様々な表現者が集う、まるで人間交差点のよ [続きを読む]
  • ロサ・アンティカのクリスマス
  • もうすぐクリスマス。一年があっという間です。アドベントについて去年記事を書きましたが(→こちら)、クリスマスイブまでの四週間を言います。当然クリスマスの飾り付けをしていなければならないのですが、先月人形制作のご依頼を頂き、現在制作の真最中。締切までの数ヶ月はかなり制作中心の毎日になりそうです。それでクリスマスツリーもやっと昨日、飾りつけしたところです。我が家のクリスマスツリーはかれこれ10年位同じも [続きを読む]