たー さん プロフィール

  •  
たーさん: ららら断酒日記
ハンドル名たー さん
ブログタイトルららら断酒日記
ブログURLhttp://tenhare.hatenablog.com/
サイト紹介文断酒日記です。本、マンガ、音楽の感想なども書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/06/10 10:33

たー さんのブログ記事

  • ドクダミ
  • ドクダミの葉っぱ。うちの裏庭にやたらと生い茂るドクダミ。ハート型に見えなくもないが、あくまで雑草である。緑だし。でも薬草になるんだとか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 人にやさしく5・・キセキのような回復と風呂
  • 月曜日になって病院が日常に戻ると、治療も本格的になります。治療内容まではあまり覚えていませんが、点滴が中心でした。それと呼応するかのように、少しずつ体が動き始めます。まず首が動くようになったかと思います。「えっと、ここまで来てたの?というか、動いてなかったのか」とびっくりした記憶があります。それから腰が浮くようになりました。オムツをして大きい方をするとき、大変楽になりました。寝たきりで大きい方を [続きを読む]
  • 毒親
  • 悪口をいいたいわけではないけど、これは心当たりがありすぎ。知らなかった…。皆さま、勉強しときましょう。www.mag2.comにほんブログ村 [続きを読む]
  • ぼくらは大人になっている!
  • 【ももクロMV】『笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜』MUSIC VIDEO最近、ぼくは欲が出てきました。この前まで死にかけだったのに。アルコール依存症になると、お酒しか見えなくなります。無欲と無力感の塊といえるぐらいに。ホントは飲みたくないのに、毎日毎日浴びるほど飲んでしまう。これ大学時代に習った知識をひもとくと(笑)、ニーチェのいう典型的なルサンチマンなんです。復讐。特に強者に対する弱者の復讐心のことをいい [続きを読む]
  • 愛を
  • やっぱり飲んでしまいましたー。台所に立てこもって、昨日、一昨日とクズ飲み。ある程度そんなこともあるかと予想してはいましたが、でももうあんまし楽しくなかった。たった4日間のうちに、シラフで過ごす楽しみを少しだけ知ってしまったからです。だから今日からまた断酒です。やめるまで何度でも挑戦するのですー。星屑のクズとなりて君に恋し続けようサラバ、昨日を脱ぎ捨てて勇気の声をふりしぼれ自分という名の愛を知る [続きを読む]
  • 人にやさしく4・・三日目の夕日
  • 両親は遠路鳥取から来たということで、担当医から病室に泊まることを許可されます。本来は認められていないとのことで、これは先取りしていうと、本当にラッキーなことでした。一方で、入院した日の翌日から土、日の休みに入ってしまうというアンラッキーもついてくるのですが。緊急外来から病室まで運んでもらって、「せーの」でゴロンと広いベッドに移してもらいました。たしか右手と両足はすでにほとんど動かなくなっていたと [続きを読む]
  • アホなやつうぇい? モーレツ!
  • 【ももクロMV】猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 / ももいろクローバーZ(MOURETSU UCHUU KOUKYOUKYOKU DAI NANA GAKUSHOU "MUGEN NO AI”)星屑のクズとなりてキミに恋し続けよう想いは燃えてる赤く赤く光るアンタレスのようにこの宇宙どこにいてもキミを探し出すから暗闇照らすよ黄色く光るケンタウロスの輝きでボクのことキライですか?声は届きませんか?でもこの愛をキミに捧げよう激烈!炸裂!強烈!破裂!爆裂 [続きを読む]
  • 人にやさしく3・・入院
  • 痛む足でよろよろトイレに行って転んで、あ、これはちょっと普通じゃないと気づいたぼくはなんとかベッドまで戻りました。枕元の電話でフロントに連絡して、なんとか病院までのタクシーを手配してもらい、車いすを持ってきてもらうことにしました。フロント係の方はすぐに来てくれましたが、その時には両足は激痛で、一人で車いすに乗ることもできず、フロント係の方に体重を預けるかっこうで車いすに乗りました。荷物をまとめても [続きを読む]
  • 風邪
  • 【高音質】はっぴいえんど 風をあつめて久しぶりに風邪を引いてしまいました。大酒を飲んで、冷房の効いた部屋で寝ていたら、目眩と吐き気に見舞われました。暑い日が続きますが、みなさま、健康には充分お気をつけください。風街ろまんアーティスト: はっぴいえんど出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2009/02/18メディア: CD購入: 2人 : 87回この商品を含むブログ (91件) を見るにほんブログ村 [続きを読む]
  • 人にやさしく2・・当日
  • 当日は朝から汽車に乗って鳥取から松江・出雲に向かいました。松江で降りて、巡回バスで島根県立美術館のエヴァンゲリオン展に向かいました。手書きの原稿や絵コンテがものすごいたくさんあって満足しました。エヴァンゲリオン展では、シンジ君が使徒に腕をくわれて絶叫する映像が繰り返し流されていましたが、気にするほどのことではありません。久しぶりの運動で疲れていたし、松江での予定もなかったので、美術館のロビーで2時 [続きを読む]
  • 人にやさしく1・・出発前夜
  • 気が狂いそう やさしい歌が好きでああ あなたにも聞かせたいこのままぼくは 汗をかいて生きようああ いつまでもこのままさザ・ブルーハーツの「人にやさしく」の一節ですが、こんな感じでここ数年生きてきました。毎日大酒を飲みながら、半分死にかけておりました。転機は島根県立美術館で開かれていたエヴァンゲリオン展。エヴァは好きだったので、なんとなく行ってみようかと思いました。さらに!ネット上でホントに好き [続きを読む]
  • ひとつだけ
  • 今日も好きな音楽を紹介します。ひとつだけ - 矢野顕子 (12/05/12)個人的には、「離れているときでもわたしのこと忘れないでいて欲しいの、ねえ、お願い」「悲しい気分のときもわたしのことすぐに呼び出して欲しいの、ねえ、お願い」のところに強く反応してしまいます。断酒は中断したままですが、諦めずに続けていこうと思います。矢野山脈 (通常盤)アーティスト: 矢野顕子出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発 [続きを読む]
  • 出直しとテキストの到着
  • 断酒三日目にして、あえなく飲んでしまいました。巨大な飲酒欲求が夕方出てきてから、一時間以上辛抱したのですが、押し切られてしまいました。これはなかなか大変だぞうと思いました。ぼくは医療機関の専門治療プログラムを受けているわけではなく、見よう見まねの独学で、しかもあちこちからかじった知識しかなく、系統だった知識ではありません。どこかにごそっと抜け落ちた部分があるかもしれません。そこでSMARPPという治療 [続きを読む]
  • iMac登場!!そして寄せては返す飲酒欲求!
  • 今日は注文していたiMacが我が家にやってきました。うれしいような分不相応なような気がして、届けに来た配達員から目をそらしてしまいました。そのまま開封もせずに、台所に逃げだして飲んでしまおうかと思いました。それでもなんとか机の上にセッティングしてみると、なんてかっこいいんだと。四畳半の部屋と釣り合いがとれねえ・・・打ちのめされて飲むことばかり考えてしまいました。まじめな話、断酒2日目だし離脱症状とか [続きを読む]
  • 朝になっても、ほとんど眠れず。
  • 眠いです。やはり酒を抜いたら、ほとんど一睡もできませんでした。朝焼けがきれいでした。写真撮っておけばよかったですう。そうそう。このブログのタイトルですが、NHKの「ららら ♪ クラシック」という番組名からつけさせていただきいました。でも、朦朧とした頭で考えてみるに、らららってなんか聞いたことがありますよね。90年代、大ヒットした曲に、大黒摩季さんの「ら・ら・ら」という曲があったのです。その歌詞を読ん [続きを読む]
  • 断酒します。
  • 先日、大量飲酒が原因で、低カリウム血症で倒れ、入院しました。2回目です。11日間入院しましたが、最初の3日ぐらい寝たきりで手足も動かず、つらかったです。精神科には以前から通院していて、アルコールは控えるように言われていたのですが、毎日飲んでいました。入院の知らせは精神病院にも届き、退院後、主治医にもう一滴も飲まないよう言われました。はっきりとは仰られないのですが、まあアルコール依存症ということで [続きを読む]
  • かわいそうな椅子
  • 自室の椅子をどうするか、長い間、頭を悩ませてきました。長時間座ることになるわけだし、なるべく快適な方がいい。学生時代とか、あんな堅い板だけの簡素な椅子によく座り続けていたなと思います。自分は体が大きいので、鉄道やホールなどの座席も結構気になります。狭い席に長時間座るのは、結構しんどいものです。一度乗った東北新幹線のグリーン車の座席は快適だったなぁ。あと関係ないけどテレビで大柄な人を見ると、結構座 [続きを読む]
  • 春がきた
  • 今年はうちの梅の開花と、桜の開花が重なるという珍しい年でした。冬の寒さが厳しい時期は雪がそんなに降らず、無事3月、4月を迎えることができてほっとしました。もう梅も桜も散ってしまいましたが、ぼくは花見に行きませんでした。なんだったら初詣にも行きませんでした。なんかめんどくさい、だるい、気が乗らないというわけで、人としてちょっとどうかなと思っていました。寝転がって、まどろみの中で、天井を見上げてい [続きを読む]
  • 或る日突然
  • 僕の初恋は、或る日突然でした。高校1年の時でした。僕と違って活発で友達も多い子でした。その子が席替えの時、なんだかそわそわしていました。席順なんか力のある子はどうとでもできます。なんの接点もないと思っていた僕たちの目が、ふと合いました。そして、僕たちは恋に落ちました。スクールカーストの最下層にいた僕と、最上位の彼女とがです。彼女は長い髪をポニーテールにしたり、二股にしたり、三つ編みにしたりして、謎 [続きを読む]
  • 最高の朝食
  • 最高の朝食ってなんだろう。少し考えてみた。まず朝7時に食べるときは、他のいろんなことがうまく回っているはずだ。遅くまで飲み過ぎたということもないだろう。そしてその日はきっと何か素敵な予定があるに違いない。前日、酒が控えめなのは、どうしても必須な条件になるだろう。二日酔いで食べる朝食が最高なわけがない。だから体調のいい朝7時に食べるのだ。家で食べるのも悪くないのだけど、それじゃあ最高とはいえな [続きを読む]
  • 「疾走する悲しみ」の意味論
  • モーツァルトの曲を評して、「疾走する悲しみ」といわれることがあります。ピアノソナタ第8番やピアノ協奏曲第20番とかは典型だと思います。この二つの曲に共通するのは、モーツァルトには珍しく短調の曲だということがあります。短調はもの悲しく聞こえます。同時にピアノはすごいスピードで駆け抜けていきます。モーツァルトが時にデモーニッシュ(悪魔的)とか「疾走する悲しみ」といわれるのは、そういうところなのかなと思い [続きを読む]
  • ひとりめし
  • しばらく気が進まなくて、外食に行きませんでした。マックとかモスでテイクアウトをすることはあったのですが、お店の中で食事をすると、人目や声をとても気にするようになったからです。でも、最近少しずつ調子がよくなってきたし、お腹がとてもすいていたので、久しぶりにひとりでお店に入ってみることにしました。うどんと書かれた看板を見ていたら、無性に食べたくなったのです。セルフのお店でしたが、肉うどんを注文しました [続きを読む]