あっきー さん プロフィール

  •  
あっきーさん: うまぶろぐ
ハンドル名あっきー さん
ブログタイトルうまぶろぐ
ブログURLhttps://umablog.link
サイト紹介文小遣いサラリーマンのデータ馬券ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供618回 / 365日(平均11.9回/週) - 参加 2016/06/09 14:28

あっきー さんのブログ記事

  • 第158回天皇賞(秋)(GⅠ)攻略データ(2)
  • 天皇賞(秋)(GⅠ)は1番人気が(5-2-2-1)と信頼度は抜群です。前走のレースでみてみると毎日王冠が(5-3-4-48)、宝塚記念が(2-4-2-13)と好走しており、年齢別でみてみると4歳馬が(3-5-3-32)、5歳馬が(6-3-4-31)と活躍しています。天皇賞(秋)(GⅠ)は『1番人気』、『前走毎日王冠、宝塚記念』、『4〜5歳馬』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。①前走10番人気 [続きを読む]
  • 第158回天皇賞(秋)(GⅠ)攻略データ(1)
  • 天皇賞(秋)(GⅠ)は東京競馬場・芝・左2000mで行われます。このコースは1コーナー奥のポケットからスタートし、2コーナーまでの距離はおよそ130mです。多頭数の外枠はやや不利であり、スローで流れても逃げ残りは難しく、差し馬の活躍が目立ちます。特に天皇賞(秋)では上り最速馬が活躍しており、瞬発力と地力がより求められるコースです。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を [続きを読む]
  • 第79回菊花賞(GⅠ)結果
  • 菊花賞(GⅠ)は7番人気のフィエールマンが中団馬群中央を追走し、最後の直線に入るとメンバー最速の脚(上り33.9秒)で前との距離を縮め、残り150m付近で先頭に立ちエタリオウとの叩き合いを制し優勝(勝ちタイム3分06秒1)。ハナ差の2着には2番人気のエタリオウ、1.1/2馬身差の3着には10番人気のユーキャンスマイルが入りました。最後の1冠を奪取し、重賞初制覇となったフィエールマンはこれで通算成績4戦3勝(重賞1勝)となりま [続きを読む]
  • 第21回富士ステークス(GⅢ)結果
  • 富士ステークス(GⅢ)は2番人気のロジクライが好スタートから好位2番手を追走し、最後の直線に入ると徐々に前との距離を縮め、残り200m付近で前を交わし優勝(勝ちタイム1分31秒7)。2馬身差の2着には3番人気のワントゥワン、さらにハナ差の3着にはレッドアヴァンセが入りました。勝ったロジクライはこれで通算成績13戦5勝(重賞2勝)となりました。★着順1着 8 ロジクライ (2人気)2着 11 ワントゥワン (3人気)3着 14 レッド [続きを読む]
  • 第79回菊花賞(GⅠ)最終予想
  • 菊花賞(GⅠ)の最終予想に入ります。10月21日11時38分現在の単勝オッズはブラストワンピースが3.6倍で1番人気。続いて4.1倍でエタリオウ、5.0倍でエポカドーロとなっております。3番人気まで1桁オッズと3強対決といった感じですが、変則ローテではありますが前走の新潟記念で強い競馬をみせたブラストワンピース、ダービーでは4着でしたが一番強い競馬をしたと思うエタリオウ、前走の神戸新聞杯ではスタート直後に躓き後方からの [続きを読む]
  • 第21回富士ステークス(GⅢ)最終予想
  • 富士ステークス(GⅢ)の最終予想に入ります。10月20日10時00分現在の単勝オッズはロジクライが4.7倍で1番人気。続いて5.0倍でエアスピネル、6.7倍でペルシアンナイトとなっております。6番人気まで差のない1桁オッズと混戦状態となっており予想も非常に悩みますね。展開的にはウインガニオン、マルターズアポジーあたりがレースを引っ張り、その後ろあたりにウインブライト、エアスピネル、ロジクライなどが続きそうです。脚質タ [続きを読む]
  • 第21回富士ステークス(GⅢ)攻略データ(2)
  • 富士ステークス(GⅢ)の出走馬が確定しましたので実績データをまとめてみました。それでは富士ステークス(GⅢ)の実績データをみてみましょう。【東京競馬場芝実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除くハクサンルドルフ (1-2-1-2)ハッピーグリン (1-0-0-1)レッドアヴァンセ (1-0-1-1)エアスピネル (1-0-1-2)ウインガニオン (2-0-0-4)☆ワントゥワン (1-0-0-2)☆【左回り実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除 [続きを読む]
  • 第21回富士ステークス(GⅢ)攻略データ(1)
  • 富士ステークス(GⅢ)は10番人気が(0-3-5-63)と優勝こそはありませんが激走には注意が必要です。前走の距離別でみてみると1800m戦が(1-2-2-18)、2000m戦が(2-1-0-9)と距離短縮となる馬が好走しており、年齢別でみてみると3歳馬が(3-1-3-34)、4歳馬が(4-3-3-12)、5歳馬が(3-3-3-31)と活躍しています。富士ステークス(GⅢ)は『10番人気以下に注意』、『前走1800、2000m戦』、『3〜5歳馬』が好走馬を探す3つのキーワー [続きを読む]
  • 第79回菊花賞(GⅠ)攻略データ(3)
  • 菊花賞(GⅠ)の出走馬が確定しましたので実績データをまとめてみました。それでは菊花賞(GⅠ)の実績データをみてみましょう。【京都競馬場芝実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除くグレイル (2-0-0-0)エタリオウ (1-1-0-0)タイムフライヤー (1-1-0-0)エポカドーロ (1-0-1-0)☆ユーキャンスマイル (2-1-0-1)☆【右回り実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除くフィエールマン (1-1-0-0)エタリオウ (1-4-0-1 [続きを読む]
  • 第79回菊花賞(GⅠ)攻略データ(2)
  • 菊花賞(GⅠ)は1番人気が(6-1-1-2)と信頼度は高いですが、6番人気以下が(2-4-7-117)と紐荒れには注意が必要です。前走のレースでみてみると神戸新聞杯が(8-6-5-51)と圧倒的な結果を残しており、さらに前走の着順でみてみると1着が(6-1-5-43)、2着が(1-4-1-17)、3着が(3-3-1-13)と好走しています。菊花賞(GⅠ)は『1番人気、6番人気以下』、『前走神戸新聞杯』、『前走1〜3着』が好走馬を探す3つのキーワードですね。 [続きを読む]
  • 第79回菊花賞(GⅠ)攻略データ(2)
  • 菊花賞(GⅠ)は1番人気が(6-1-1-2)と信頼度は高いですが、6番人気以下が(2-4-7-117)と紐荒れには注意が必要です。前走のレースでみてみると神戸新聞杯が(8-6-5-51)と圧倒的な結果を残しており、さらに前走の着順でみてみると1着が(6-1-5-43)、2着が(1-4-1-17)、3着が(3-3-1-13)と好走しています。菊花賞(GⅠ)は『1番人気、6番人気以下』、『前走神戸新聞杯』、『前走1〜3着』が好走馬を探す3つのキーワードですね。 [続きを読む]
  • 第79回菊花賞(GⅠ)攻略データ(1)
  • 菊花賞(GⅠ)は京都競馬場・芝・右・外3000mで行われます。このコースは菊花賞と万葉Sの年2レースのみ利用されます。向こう正面の上り坂途中からスタートし、外回りを1周半し6つのコーナーを回ります。最初のコーナーまで208mと短いですが、長丁場とあってペースは速くなりません。コーナーが6回あるため内をロスなく運んだ馬が有利で、スタートしてすぐにコーナーを迎えることからも内枠有利の傾向にあります。豊富なスタミナが [続きを読む]
  • 第23回秋華賞(GⅠ)結果
  • 秋華賞(GⅠ)は1番人気のアーモンドアイが中団後方の外目を追走し、最後の直線に入ると大外へ持ち出しメンバ次元の違う脚(上り33.6秒)で一気に抜き去り圧勝(勝ちタイム1分58秒5)。牝馬三冠を達成したアーモンドアイはこれで通算成績6戦5勝(重賞4勝)となりました。オークスから秋華賞へ直行という変則ローテが不安視されていましたが、次元が違いました。やはり強い馬は常識も通用しないって事ですね。三冠達成おめでとうご [続きを読む]
  • 第23回秋華賞(GⅠ)最終予想
  • 秋華賞(GⅠ)の最終予想に入ります。10月14日6時43分現在の単勝オッズはアーモンドが1.3倍で1番人気。続いて8.9倍でラッキーライラック、13.0倍でカンタービレとなっております。牝馬三冠の期待がかかるアーモンドアイが圧倒的な人気を集めていますが、オークスから直行というローテもデータ的にはマイナス要因なので気になるところです。個人的にはそういったデータを覆して牝馬三冠を奪取してほしいなと思います(笑)。展開は [続きを読む]
  • 第23回秋華賞(GⅠ)最終予想
  • 秋華賞(GⅠ)の最終予想に入ります。10月14日6時43分現在の単勝オッズはアーモンドが1.3倍で1番人気。続いて8.9倍でラッキーライラック、13.0倍でカンタービレとなっております。牝馬三冠の期待がかかるアーモンドアイが圧倒的な人気を集めていますが、オークスから直行というローテもデータ的にはマイナス要因なので気になるところです。個人的にはそういったデータを覆して牝馬三冠を奪取してほしいなと思います(笑)。展開は [続きを読む]
  • 第23回秋華賞(GⅠ)攻略データ(3)
  • 秋華賞(GⅠ)の出走馬が確定しましたので実績データをまとめてみました。それでは秋華賞(GⅠ)の実績データをみてみましょう。【京都競馬場芝実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除くカンタービレ (1-1-0-0)☆サトノガーネット (1-1-0-0)☆アーモンドアイ (1-0-0-0)★オールフォーラヴ (1-0-0-0)★【右回り実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除くアーモンドアイ (2-0-0-0)ラッキーライラック (2-1-0-0)カン [続きを読む]
  • 第23回秋華賞(GⅠ)攻略データ(2)
  • 秋華賞(GⅠ)は1番人気が(3-1-2-4)、2番人気が(2-2-1-5)、3番人気が(4-1-0-5)と軸馬は上位人気で問題なさそうです。前走のレースでみてみるとローズSが(6-8-5-61)、紫苑Sが(3-1-0-41)と活躍しており、前走の着順でみてみると1着馬が(3-4-3-38)、2着馬が(4-2-2-13)と引き続き好走しています。秋華賞(GⅠ)は『1〜3番人気』、『前走ローズS、紫苑S』、『前走1〜2着馬』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それで [続きを読む]
  • 第23回秋華賞(GⅠ)攻略データ(1)
  • 秋華賞(GⅠ)は京都競馬場・芝・右・内2000mで行われます。このコースはスタンド前の直線半ばからスタートし、1コーナーまでの距離は309mです。1コーナーまでの距離が短いため先行争いが激しくなりがちです。秋華賞は中盤まで淀みなく流れる事が多く先行馬が苦しくなり、差し馬や追い込み馬が好走するケースが多いです。ゴール前の直線も短いので先行有利のように見えますが、コーナーでごちゃつくため先行馬は馬群で揉まれやすく [続きを読む]
  • 第53回農林水産省賞典京都大賞典(GⅡ)結果
  • 京都大賞典(GⅡ)は2番人気のサトノダイヤモンドがまずまずのスタートから中団馬群中央を追走し、最後の直線に入ってもそのままの位置からメンバー最速の脚(上り34秒1)で一気に前を捕らえ、後続の追い上げをしのぎ切り優勝(勝ちタイム2分25秒4)。1/2馬身差の2着には4番人気のレジェンドノヴァ、さらに1.3/4馬身差の3着には3番人気のアルバートが入りました。勝ったサトノダイヤモンドはこれで通算成績16戦8勝(重賞6勝)とな [続きを読む]
  • 第69回毎日王冠(GⅡ)結果
  • 毎日王冠(GⅡ)は1番人気のアエロリットが好スタートからハナを奪い、自らペースを作る展開に持ち込み、最後の直線に入ると残り400m付近から追い出しを開始しそのまま後続の追い上げを抑え優勝(勝ちタイム1分44秒5)。1.1/4馬身差の2着には3番人気のステルヴィオ、さらにクビ差の3着には6番人気のキセキが入りました。勝ったアエロリットはこれで通算成績12戦4勝(重賞3勝)となりました。★着順1着 9 アエロリット (1人気)2着 [続きを読む]