リリアナ さん プロフィール

  •  
リリアナさん: 家族のこころ
ハンドル名リリアナ さん
ブログタイトル家族のこころ
ブログURLhttp://blog.kazokunokokoro.com/
サイト紹介文統合失調症の夫、母娘の闘いなど、家族と精神世界について得た知識や学びを共有するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/06/09 17:43

リリアナ さんのブログ記事

  • 撤退する勇気
  • 私は大学時代、登山をやっていた。「撤退する勇気」登山をするときは、これをしっかりと心に留めておく必要がある。人は、始めたことを途中でやめたり諦めたりすることは心が苦しくなるものだ。だけど、進んだ方が危ないということがある。「せっかくここまで来たんだから」「もうちょっと頑張れば」登山においては、この判断のミスが命取りになる。登山はよく人生に例えられる。どんなに遠く見えるピークでも一歩 [続きを読む]
  • 子育て/夫婦関係/精神病に関するおすすめ書籍 まとめ
  • このブログで紹介させて頂いた私が読んで感銘や気づきを得た良書をまとめてご紹介します。無知は罪。本を読み、知識と気づきを増やすことで人としてのあり方を常に修正していきたいと思っています。リンクはアマゾンに飛びます。私はたいていKindle (電子書籍)で読んでいます。楽天のリンクが付いているのもあります。子育て本「三つ子の魂百まで」人間の心は幼少期に基本が作られます。衣食住を整えて体を健康に成長 [続きを読む]
  • 統合失調症の夫との結婚で必要だった学びとは
  • 新婚の頃夫の不可解な言動を目の当たりにして怖くて苦しくて「私はなぜ統合失調症の人と結婚しなくちゃいけなかったんだろう?世の中にはそうじゃない、普通に働いている人の方が圧倒的に多いのに、なんでよりによって?」私が統合失調症の夫をもつに至った理由が知りたかった。一体何の課題があるのか。2014年に出会ったシータヒーラーさんには「あなたがヒーラーになるため」と言われた。ヒーラーの素質がある、と言わ [続きを読む]
  • 近くの身内より遠くの他人
  • それから私は結婚生活への未練をきっぱり捨て縁切り寺へ行き、以前法テラスで相談をしていた弁護士さんに正式に離婚協議の依頼をした。離婚の話をするというのは想像以上に辛いものでした。離婚は人生トップ2の辛いことだと精神科の待合室に書いてありました。かつて愛を語り合った人と縁を切りたくて弁護士事務所へ行く。夫が統合失調症で服薬していないこと、暴力行為があったこと、意味不明なメールを送って来ることな [続きを読む]
  • 『精神病は病気ではない』という本を読んで一瞬望みを持った話
  • 夫とのメールでの話し合いも平行線でもう離婚しか仕方ない・・・。そう思って落ち込んでいたある日朝刊の書籍紹介欄である本が目にとまりました。精神病は病気ではない - 精神科医が見放した患者が完治している驚異の記録私たちが離婚するのは夫が統合失調症という厄介な病気を持っていてしかも服薬をやめてしまったからなんだ。どうしてもそっちに理由を持っていきたい自分がいたのでこのタイトルを見たとき、はっと [続きを読む]
  • 執着が人を苦しめる
  • 離婚問題が起きてから、夫と母が似ていることに気がついた。夫と母は対立しているが、それは私という人間への執着によるものだ。僧侶は人間の欲望の一つであるこの”執着心”を取り払う修行をする。執着心は自分も相手も苦しめる。執着は誰も幸せにしない。去る者追わず、来るもの拒まず。これが楽に生きるためには必要な心構えなんだと思う。夫も母も、自分から離れて行こうとする私を引き止めるために私を責めた [続きを読む]
  • 夫の分裂した言動
  • 今までの経緯を思い出す前に夫が突撃訪問してきた後のことについて。5時間の話し合いの末、父がもうええ加減にせえと割って入り夫はホテルに戻ることになった。父が止めなければ私たちは暗くなるまで続けていたかもしれない。夫は私が送った離婚届を持ってきていて、話し合いの途中で「今ここでサインしてもいいよ。」と言ったり「じゃあ書いて」と言うと拒否したり、とやっていた。公園から家まで戻る時には「届けはあと [続きを読む]
  • 近所の公園で怒鳴りあい
  • 父が来てからも2時間くらい、私たちは話していた。もう別居中何してたとかの話ではなく、どうしてこんなことになっているかについての、互いの主張。夫のあまりに理不尽で、意味不明の言葉に私もヒートアップし、大声になった。父はさすがに近所の目が気になったとあとで言っていた。離婚問題が発生してから私の中の一番凶暴な部分が生まれて初めて顔を出している。10年くらい前、私はヤクザもののVシネマにはまってい [続きを読む]
  • 別居中の夫がとうとう実家を訪ねてきた!
  • 連休初日、半年会っていない夫が突然実家に訪ねてきた。夫も何度も来て滞在したことのある、住所も知っている実家だからいつ来てもおかしくないとは思っていた。その日の朝、夫から「一応伺いますのでよろしくね〜。」とメールが来ていて、わ!うち来るって言ってる。どうしよう?と両親に言っている間にピンポ〜ン朝8時半。まだ顔も洗っていなかった。インターホンに出た母は、「何でしょう?お帰りくださ〜い。」と [続きを読む]
  • 夫が子供ができてから暴れる理由
  • 先日、高校からの友達と久しぶりにゆっくりおしゃべりする時間を持てた。友達は今娘さんが5歳。旦那さんは外国人で、ずっと外国で暮らしていた。私がちょっと今の状況を話したら、うちも子供が3歳になるまでは何回も離婚しようって思ったよ、と話してくれた。その子の旦那さんは、子供に全然興味を持ってくれなかったらしい。最近ようやく会話ができるようになってきたから、少しはみてくれるようになったそうだけど、本当 [続きを読む]
  • 自分軸で生きることが結局家族の幸せになる。
  • 前回の記事の補足。私が他人軸で生きていたことについて複数の人に言われてから自分の半生を振り返って掘り下げてみた。それが始まったのは多分、妹が生まれて以降。妹は1歳半しか違わないからたぶん、2歳の頃にはもう始まっていたんだと思う。妹が好きなお菓子は自分のを半分あげた。母に強く望まれたから、家から通える大学にした。結局摂食障害になって母と喧嘩が絶えず、1年で家を出た。本当は海外で働いて、外国人と結婚 [続きを読む]
  • ブログ再開 自分軸で生きる決意
  • 5月から休止していたこちらのブログですが、再開することにしました。夫が見ているから、と言う理由で休止したのですが、見ていることも頭の隅に置きながら、それでもやっぱり過去の葛藤を記録し続けてきたこの場所で私は思考を整理したいし、発信したい。この半年夫と時々メールや電話で話し合いを試みましたが平行線のままです。今の夫には、私が直接何を言っても聞き入れてもらえない。どの提案も、「それはファイナルア [続きを読む]
  • ブログ休止します
  • いつも訪問いただきましてありがとうございます。こちらのブログ、私の思考を整理する場であり、同じような立場で悩みを抱えておられる方々に何かしら参考になったり共感できるところがあればいいなと思って続けてまいりましたが、どうやら別居中の夫がこのブログをチェックしていて刺激してしまっているようなので、更新をしばらくストップしようと思います。夫とは離婚するつもりです。その手続きを進めるにあたり、ブロ [続きを読む]
  • 家族は金と権力である
  • 家族のゆくえは金しだいこの本、家族問題を扱った本を多く読んできた私の、今のところの一番のヒットだ。こんなにも小気味好く、多くの偽善的な人々がうっすら分かりながらも口に出せないでいることをスパッと、しかもきっちり根拠も出して言い切ってくれるなんて、実に爽快。著者はベテランカウンセラーの信田さよ子さん。この本を半ばまで読んですぐファンになってしまった。ぜひカウンセリングをお願いしたいと思った [続きを読む]
  • 北風と太陽
  • 結婚してから、『北風と太陽』というイソップ物語をよく思い出す。どちらが先に旅人が着ている服を脱がせられるかと競争を始めた北風さんと太陽さん。北風は風の勢いで服を脱がせようとビューっと冷たい風を吹き付けました。すると「おお、寒い!」と旅人は服をしっかり手で押さえ、さらにもう一枚重ね着までしました。お次は太陽さん。ポカポカと暖かい光を照らしました。すると旅人は「暑くなってきたなあ」と服を脱 [続きを読む]
  • モラ母に育てられた娘はモラ男と結婚し、またモラ母の元に戻る
  • 母を棄ててもいいですか? 支配する母親、縛られる娘 (こころライブラリー)実家に出戻っていながら、こんな本を読んだ。毒親とか毒母とかいう言い方もあるけど、この本では「モラ母」と呼んでいる。改めて、私の母はやっぱりモラ母なんだなあ、と思った。この本では、6タイプのモラ母が出てくるが、私の母は、「プレッシャー母」と「スーパー完璧主義な母」の混合タイプだと思う。「プレッシャー母」は、「気をつけて! [続きを読む]
  • ブログ一時非公開にしていました
  • ブログ訪問、ありがとうございます。3日間このブログを非公開にしていました。というのも、別居中の夫が私の母にこのブログのリンクを送りつけ、「旦那の病気とお母さんをネタにこんなの書いてます。」というメッセージとその他私や私の母に対する恨みつらみをLINEで送ってきたから。友人知人にもこのブログのリンク送ってやる!と言われてなんか気味悪くなって一時非公開設定にしたのだけどよく考えたら別に知り合いにこれを [続きを読む]
  • 呪いを解く唯一の方法は愛し愛されることを学ぶこと
  • 日差しを浴びて暮らしていただけど僕は今 暗闇にいる愛しい君の 歌に震えていたあの日々再び 戻るだろうか過去の過ちをやり直せるなら戻りたい 日差しの中不思議な呪いをかけられて悲しいけれど 心を込めて 歌うのよ辛い毎日でも 希望と愛がある素晴らしいことね でも不安なのよ私の中で何かが 変わり始めている強くなれたの でも自由じゃないわ日差しの中に 戻ろう希望は無くさないその日まで」収録曲 [続きを読む]
  • お金は愛である
  • 不登校カウンセリング:2週間で解決した方法とは?の山根貴子さんのメルマガに、「お金は愛だからね」と書いてあった。ここ最近の自分の状況にドンピシャだったので、は!そうだったのか!と腑に落ちた。夫婦仲が悪くなると旦那さんは家にお金を入れなくなる、と言うのはよく聞く話だけれど、それは旦那さんの中にある奥さんをはじめとする家族への愛情タンクがすっからかんになるから、出せなくなるんだね。自分に愛をくれ [続きを読む]