なかはら真斗 さん プロフィール

  •  
なかはら真斗さん: なかはら真斗の白昼夢
ハンドル名なかはら真斗 さん
ブログタイトルなかはら真斗の白昼夢
ブログURLhttps://ameblo.jp/nakaharamacoto/
サイト紹介文マニアックな日記・B級映画感想文・創作小説・散文書き。 廃墟を愛する昭和レトロ好き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/06/09 22:06

なかはら真斗 さんのブログ記事

  • 映画『ジェーン・ドゥの解剖』予備知識なく見ると斬新ホラー。
  • こんな話だったのかー。と、まっっったく予備知識なく観たわたしは思ったのでした。設定が奇妙奇天烈で。そこに着地するとは思わなかった。なんたる斬新。解剖シーンはリアルだったので、グロというよりは「ほー」と感心しました。こうやって検視するのかーと、お勉強になりました。以下、簡単なストーリー。検視官親子が解剖するのは身元不明の女性、通称『ジェーン・ドゥ』彼女はなぜ亡くなったのか。事態は思わぬ方向に進んでい [続きを読む]
  • 映画『ザ・ギフト』どこまで人が良いのか妻よ。
  • 女子としては赤の他人と自宅で二人きりになりたくないっ。なんて思ってしまうのですが・・・。主人公の妻はまるで警戒心がなく夫に止められてもwelcome。何かがあってから拒否しても、自業自得では。とあまり同情できなかったのがどうでしょう(;・∀・)ラストの着地とか良い塩梅で好きです。もろもろ女子としては気づかないなんてことはないと思うので、妻に対しても「わかっていたのでは?」なんて疑問がわくあたりモヤモヤして良 [続きを読む]
  • 本『バッタを倒しにアフリカへ』備忘録
  • 書籍名:バッタを倒しにアフリカへ著者名:前野ウルド浩太郎出版社:光文社新書バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)心に残った言葉:・子供の頃は、夢の美談しか聞かされない。夢を叶えるためにどんな苦労が待ち受けているのか、想像もできなかった。感想:サバクドバッタが異常繁殖しているアフリカのモーリタニア。緑という緑を食い荒らされる被害になすすべもないところへ、バッタ大好き日本のバッタ博士がアフリカを救うた [続きを読む]
  • 本『大人の発達障害』 備忘録
  • 書籍名:大人の発達障害 アスペルガー症候群・ADHD シーン別解決ブック 著者名:司馬 理英子出版社:主婦の友新実用BOOKS大人の発達障害 アスペルガー症候群・ADHD シーン別解決ブック (主婦の友新実用BOOKS)感想:子供の発達障害と違って、大人になると社会が関わってくる。誰にも守られていない状況の中、困難をどうやって克服するか。発達障害を理解するための入門編といったところか。本人向けであって、理解者用ではない。そ [続きを読む]
  • 子煩悩すぎて胸が苦しい。
  • はい。勝手に言ってな。我が家のハムスター。可愛すぎるってね↑はい。PCデスクトップの壁紙にしていたんですけども。可愛すぎてデレデレしすぎて。まったく作業が進まなかったので。はい。星空の壁紙に急きょ変更したですよ。はい。以上。報告。にほんブログ村 [続きを読む]
  • アルガンオイルの効果にひれ伏す。
  • モロッコに旅行した友達からアルガンオイルのお土産をもらったのであります。ちなみに左の黄金的なオイルがソレ。右は生のバラをキュっと搾ったかのように香しいローズウォーター。本日の主役はアルガンさんなのでローズさんには一歩さがっていただいて。そのアルガンさん。ちょっとスパイシーな植物的な香りがします。これがまた万能でして。顔や身体に伸ばせばサラサラもっちりになるのは当然のこと。わたくしの指先にできていた [続きを読む]
  • 『リサーチラボ』研究ノートでライフログ。
  • こちら↓コクヨの『リサーチラボ』というノート いつぞやの日記で「マニアックなノートを注文中」と書いたことがあるのですが、それが、このノート、なのですッ これは実際に研究者が使うもので、日々の研究内容を記録するという知的財産になりうる専門家ノートなのですッ。 では、素人のわたしが何に使うのか。。。 もちろん(?)、ライフログ、ですッ こんなふうに・・・↓ 一日一ページ。 思ったこと感じたこと。イラスト。 [続きを読む]
  • 映画『アンフレンデッド』PC鑑賞で臨場感MAXホラー。
  • 低予算ながらよく出来ているホラーでした\(^o^)/ PC画面に映し出されたFacebookとSkypeでのやり取りだけで全てが完結するという。斬新なのはさることながらスピーディーで一気見。 ただ、鑑賞する際は吹き替え版の方がいいかも。翻訳があっちこっちに出るので読むのが大変です。あとPCで見た方がより混乱して面白い。あまりにも混乱したら全画面表示を推奨します( ̄▽ ̄) SNSを使った怨みホラーが増えているのでしょうか。あら [続きを読む]
  • 来年の手帳は待望のEDiTカバー付きで。
  • 先日、誕生日だったのですが。竹馬の友がAmazonギフトカードをプレゼントしてくれまして。 わたしが『喜ぶもの』に使ってね。 というメッセージ付きだったので、わたしが一番喜んで、なおかつ、長く使える物はないだろうか。と考えた末。 やはり、文房具しかないでしょ、と。文房具マニアなわたしは思ったわけです。 たぶん、自分で買うにはお高めで躊躇してしまいそうですが、これがプレゼントだと思えば俄然欲しいもの・・ [続きを読む]
  • 本『新体脂肪ダイエット』備忘録
  • 書籍名:確実に成功する!新体脂肪ダイエット著者名:鈴木正成出版社:高橋書店 確実に成功する!新・体脂肪ダイエット 印象に残った言葉:・(ダイエットは)「だんだんに」では成功しない。・今日から一気にスタート。感想:食事制限、アルコール制限しなくても1日15分のダンベル運動で基礎代謝を上げれば自然に痩せるというもの。ダンベル運動は12種類。各10〜20回くらいずつを毎日やる。実際やってみたが、ダンベル運 [続きを読む]
  • 5時起床の朝活にステッパー&ダンベル運動。
  • 広島の生活にも慣れてきたので(遅い)早寝早起きは三文の徳生活を復活させました 今までは、そこそこ早起き→即、家事!→昼ぼけぼけ というパターンだったのですが、 5時起床→朝活→家事!→昼シャッキリ の、理想形パターンに挑戦してみました ・・・だがしかし。5時起きで気づいたこと・・・。 身体は起きても脳みそが起きない。ゆえに。早起きしても朝活できない。イコール。意味がない。 うーーーーーーん・・・。理想は [続きを読む]
  • 映画『キングコング:髑髏島の巨神』巨大生物の闘いは胸熱。
  • あーなるほど。そうくるのか。と、エンドクレジットが終わって流れる映像でさらに胸熱。続編があるみたいですので、そっちの方が楽しみだなあ。 ストーリー的には序章といった感じです。これからが本番なのかな?とはいえ、巨大生物の闘いは迫力満点。カメラワークが素晴らしく、時代の進化を感じました。 以下、簡単なストーリー。 地図にない島、髑髏島。地質調査という名目で島に潜入した科学者たち。だが、そこには未確認巨大 [続きを読む]
  • 映画『デッド・フレンド・リクエスト』SNSの落とし穴を使ったホラー。
  • で、結局、デッド・フレンドはなんだったんだろう・・・。という、数々の疑問が未消化で終わるあたり詰めの甘さが気になってうーーーーーん。 いや、最初は面白かったんですよ。ホント。どうなっちゃうんだろうーという期待感がふつふつと。 SNS(明らかにFacebook)の恐怖といいましょうか。SNS的ストーカーといいましょうか。 でも、なにも悪くない人たちが巻き込まれるので気の毒で(´・ω・`) で、結局、デッド・フレンドは何 [続きを読む]
  • 後頭部強打した上にキモイはなし。
  • かれこれ2週間近く前。階段から落ちて猛烈に後頭部を強打したですよ(´・ω・`) そこが未だに痛くてですね。脳細胞が何億個死んだんだろうと未だに遠い目をしているわたしです。 こんばんは。 ちょっとキモイ話をしていいですか。。。いや、だいぶんキモイんですけど。。。 *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 先日、干した洗濯物を入れたらですね。ひし形に整列した黄色くて硬い粒々が付着していたですよ。 な [続きを読む]
  • 『殺戮にいたる病』備忘録
  • 書籍名:殺戮にいたる病著者名:我孫子武丸出版社:講談社文庫殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)感想:ラストがびっくり!ということで友に勧められて読んでみた。正直に言う。とても読みづらかった。なぜなら、序盤から文章に違和感を抱き、それが気になって物語に入り込めなかったからだ。果ては作者を疑った。いいの?これで。でも、良かったのだ。ラストですべてが分かり腑に落ちる。うげっ!と。なーる [続きを読む]
  • 映画『人狼ゲーム』精神的ダメージが尋常じゃないルール。
  • こわっ。そもそも『人狼』のルールを知らなかったわたし。疑心暗鬼の最たるもので遊びでもやりたくないなあ、このゲーム・・・。 映画はもちろん突飛なルールにアレンジしてあるんですが、なんか怖かった。最後まで人狼が誰かわからなかったし、役者さんが上手くて引き込まれました。 自分が生き残るためには他の人を陥れていかなければならない。陥れるだけじゃなくて殺さなければならない。という、一対多数という絶望的な状況に [続きを読む]
  • 映画『青鬼 ver.2.0』テケテケ歩く青鬼さんになる。
  • ホラーゲームの実写映画化第二弾。 いい話だな〜。バージョン2.0だけあって前作よりバージョンアップしていました。 青鬼も俊敏な動きから原作ゲームに近いテケテケ早歩き仕様。出番も増えてゲーム要素も増えていて、登場人物もゲーム通りになっていて、内容はオリジナルストーリーだけどいい塩梅になっていました。 終わり方とかB級ホラーっぽくてクスリと。 贅沢をいうなら青鬼さんがもうちょっと無機質な表情だったらなーや [続きを読む]
  • 映画『青鬼』思ったより表情豊かで敏捷な青鬼さん。
  • 大人気ホラーゲームの実写映画化。ゲームの方は青鬼が生息している謎の館に閉じ込められた若者たちが、謎解きをしながら脱出するという内容。 それの序盤部分を映画化しているといった感じで、青鬼の出番がはっきりいって少ない・・・(*_*) ゲームでは青鬼がテケテケテケと無機質に早足で追いかけてくるのが怖かったのですが、実写になると跳躍とかとにかく敏捷でうーーーーん・・・となってしまいました。 おまけにバラバラ死体を [続きを読む]
  • 『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』備忘録
  • 書籍名:ずっとやりたかったことを、やりなさい。著者名:ジュリア・キャメロン出版社:サンマーク出版ずっとやりたかったことを、やりなさい。ずっとやりたかったことを、やりなさい。感想:クリエイティブな自分を取り戻すためのメソッド。何が自分の中で枷になっているか。そのためにクリエイティブな自分を抑制したり殺したりしていないか。3ヶ月のメソッドにそって失ったものを取り戻そうというもの。まず、朝イチで『モーニ [続きを読む]
  • 『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』備忘録
  • 書籍名:ずっとやりたかったことを、やりなさい。著者名:ジュリア・キャメロン出版社:サンマーク出版ずっとやりたかったことを、やりなさい。ずっとやりたかったことを、やりなさい。感想:クリエイティブな自分を取り戻すためのメソッド。何が自分の中で枷になっているか。そのためにクリエイティブな自分を抑制したり殺したりしていないか。3ヶ月のメソッドにそって失ったものを取り戻そうというもの。まず、朝イチで『モーニ [続きを読む]
  • わらび餅の移動販売に懐かしさを感じる日本の夏。
  • 今日の天気 6:30起床家事。汗ダーダー。 瞑想ヨガニドラ(1時間)もはや寝ているのではなかろうかと思ってしまう。 わらび餅の移動販売車がやってきた。懐かし〜〜〜。チビッコの頃、よく何十円かを握りしめて買いに走ったものだ。当時は船の形をした入れ物で、それも食べられるようになっていた。 こんな感じ↓ 今はどうなんだろうか。 注文したノートがまだ届かず。調子が上がらない。子供かっ。 学校を卒業して以来、祝祭 [続きを読む]
  • 暑い時には緑茶をすする。
  • 今日の天気/ 7:10起床家事 瞑想ヨガニドラ(30分) AWA映画音楽や80年代の曲をひたすら聴く。ポーラ・アブドゥルなんて懐かしい!確か来日した時、東京ドームに見に行った記憶がうっすらと。 サッカー浦和レッズVSドルトムント戦を流し見る。 敢えて語ることもないんだけどとにかく暑い(υ´Д`)アツー早く秋にならないだろうか。 夏バテ防止には温かいものを飲むといいらしいので、このすさまじい熱波の中、緑茶(ホッ [続きを読む]