沙岬宙海 さん プロフィール

  •  
沙岬宙海さん: 沙岬宙海の日記
ハンドル名沙岬宙海 さん
ブログタイトル沙岬宙海の日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/comic-black-tear/
サイト紹介文映画やアニメの記録と漫画制作の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/06/10 10:28

沙岬宙海 さんのブログ記事

  • 第44話 R15バージョン 更新
  • 諸事情により本ブログはこれで最終回となります。 今までありがとうございました。 Twitter は継続しますのでぜひこちらまでお越しください。↓https://twitter.com/comic_blacktear マンガハック さんに ブラックティア 〔第44話〕敗北の果て(4) 無修正バージョン をアップしました。http://mangahack.com/issue/show/38053 [続きを読む]
  • ダンケルク
  • ちょっと出遅れたけど結局、観てきました。 IMAXで観たんですが、「IMAXで観てよかった」と初めて思った。 VRで見ているような臨場感。身体が震える音響。 セリフが圧倒的に少なく1回観ただけではたしかに物語の詳細がわかりにくい。 ほとんど「映像が全て」と言ってもいい映画だ。 戦争を本当にリアルに感じるので 戦争の怖さを一切の説明なしで観客に伝えるという創り方。 ちょっと見たことがないタイプの戦争映画だった。 [続きを読む]
  • 第44話 一般向けバージョン 更新
  • 原稿を投稿するまでには1か月以上寝かしてチェックすることにしているので手元は既に第46話の15ページまで描いている。 投稿は3週間サイクルと決めているので投稿ギリギリまで細かい修正をやってます。 しかし、もう900ページ超えたんだよな・・・物語は1割くらいは進んだのだろうか? マンガボックス インディーズ さんに ブラックティア 〔第44話〕敗北の果て(4) をアップしました。 https://www-indies.manga [続きを読む]
  • エイリアン:コヴェナント
  • 極評もされているようですが、自分はこの手の映画が好きなので、まぁ楽しめましたが・・・ いつもの宇宙船内の閉鎖空間で襲われるというパニック感は今回は薄め。 未知の惑星に入ってウイルス対策を考えないのか?などちょっとツッコミどころは多いな。 この映画で不気味なのはエイリアンではなくアンドロイドの方。 オープニング何でこんな始まり方するんだ?と思ったのは、その意図の伏線。 ラストシーンは、逆に予測通りなん [続きを読む]
  • ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
  • 同じ戦争映画の「ダンケルク」と迷ったがチェコもアウシュビッツも実際に訪れているのでこちらの方が思い入れがあって・・・ 小学生の頃、当時の成人向け漫画が好きだったので(今のR-18とは全く違う、大人向け漫画の創設期) 石森章太郎の「ワイルドキャット」の中に「チェコ動乱」が出てきたのを今でも覚えている。(子供だったので内容はちんぷんかんぷんだったが・・・) この映画はチェコ動乱よりも前、第二次世界大戦での [続きを読む]
  • ワンダーウーマン
  • ガル・ガドットってワイルドスピードで好感度高かった覚えが・・・ この映画では可愛かったり・・・カッコ良かったり・・・ 彼女の魅力がやっとフルオープンした映画ってとこかな。 おっぱいが大きければ個人的には言うことなし・・・だけど。 ワンダーウーマンってゼウスとアマゾネスの間に生まれた娘って原作もそうなのか・・・? 今回のエピソードは第1次大戦のさ中でこれから話が繋がるバットマンのゴッサムシティはいつの時 [続きを読む]
  • 第43話 一般向けバージョン 更新
  • 先月、人生で初めてコミケ(2日め)に行ってきた。 毎年来ているというサラリーマン時代の若手の元部下(息子と同い年)に連れて来てもらった。 ビッグサイトは仕事で何度も来ているが、全館貸し切ってるのは初めての経験だ。 すごいね。 この日の東京は涼しく混雑も比較的ましだそうで、初心者には良かったみたいだ。 マンガボックス インディーズ さんに ブラックティア 〔第43話〕敗北の果て(3) をアップしました。 htt [続きを読む]
  • 関ケ原
  • 試写会に当選したので観てきましたが・・・ う〜ん・・・何でこの映画を撮る必要があったのか?と考えてしまう内容。 NHK大河ドラマと変わらないじゃん・・・ 一般に悪役と思われている石田三成の正義を貫く姿勢に感動させたかったんだろうか? 石田三成は実は優しい人間であるということを初音との恋物語で知らせたかったんだろうか? ・・・という内容。 歴史に詳しい者なら石田三成がどういう人物だったのかは知っているはずな [続きを読む]
  • RENT/レント
  • RENTの大阪公演にカミさんと娘と行きました。 カミさんと娘はこのミュージカルのファンなので何度も行っているが、自分は初めて。 映画は観ているので特に予習せずに行ったのですが、 結局、映画の内容は全く覚えていなかったので話がさっぱりわからなかった。 セリフがほとんどなく、歌の連続なので歌詞を聞き取って物語を把握する必要があるが これは初見ではほとんど無理だった。外国語のオペラを観ているようなものだ。 少な [続きを読む]
  • フレイア・デヌール
  • 漫画投稿サイトのコメントによると最も人気のあるキャラはフレイアのようだ。 オトコマエの女性ばかりのキャラの中で唯一の女の子っぽいキャラだからか? これがイラスト第2弾だが、CLIP STUDIO の 筆の種類:不透明水彩、透明水彩、水彩毛筆、紙質強調とかとか・・・ 合成モード:乗算、加算、スクリーン、オーバーレイ、ハードライト、等々・・・どういう用途でどれを使えばいいのか・・・?が、さっぱりわからない。 pixiv [続きを読む]
  • トランスフォーマー 最後の騎士王
  • いつも映画館は大阪のアポロシネマかTOHOシネマズに行っていますが今回はTOHOシネマズに・・・ 3Dメガネ持参で行ったんですが、(アポロシネマだったら3Dメガネは貸出返却のごっつい奴。 TOHOシネマズは買取で薄くてすぐ壊れる。) チケット切る際に念のために見せると「本作はIMAXの3Dなのでこれでは駄目です」とのこと。その場で100円払ってIMAX3Dメガネをもらいました。 一般3DとIMAX3Dでどのくらい違うのか一応試して [続きを読む]
  • テレア・シュナーベル
  • 漫画を描き始めたのが4年前で(もう、4年も経ったのか!?)・・・ ペンで描いた経験がなかったのでいきなりComicStudioというソフトを買ってPCで描き始めたんですが、(会社をやめる3年前から始めました) よくできたソフトでアドビも使ったことがない全くの初心者でもまあまあすぐに使いこなせました。 そのComicStudioが販売終了になったので今後のことを考えて後継のCLIPSTUDIOに移行しました。(ブラックティアChpterⅡか [続きを読む]
  • ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
  • 好みのタイプの映画なので期待して観ましたが・・・ 前半は良かったんですが、映画後半に失速した感は否めない。 前半のミイラたちはかなりホラーだったんですが後半は何故かこれをコミカルに演出。何で? 王女アマネット(ソフィア・ブテラ)も前半はセクシーだったんですが後半は露出も曲線美もないミイラ衣装。 太ったラッセル・クロウの名前がなんでジキル博士なんだ?という謎が解けたあたりからグダグダしてきた。(いや、 [続きを読む]
  • 第41話 R15バージョン 更新
  • 漫画における画力について、とりあえず登場人物については 表情(喜怒哀楽その他の心理描写)×アングル(正面・横・斜め他煽りや俯瞰等) の組み合わせのバリエーションを描き分けて読者が同一人物だとわかることと定義していたのですが、 最近の漫画を読むとキャラの顔の識別が出来ないものが多いのでこれってどうなのか?と思っていました。 現代の漫画には、昔のように極端に鼻のでかいキャラなど登場しない。 あるときハタと [続きを読む]
  • LOGAN ローガン
  • 映画館で観る機会を失ってましたが、飛行機の中で観ることができた。 映画レビューでは評価高いんだけど自分的には・・・? X−MENシリーズで老人介護問題は見たくなかったかな。 座席の小さいスクリーンで観たので迫力はわからんかったし、ラストもすっきりしなかったなぁ。 X−MENシリーズは時間軸の順序がもはやわからなくなって次は何が出てくるんだろう。 「シェーン!カムバッーク!!」 [続きを読む]
  • 第41話 一般向けバージョン 更新
  • 「キャラがひとりでに動き出す」と言われる。なんとなくわかる気もするが… けど、セリフなんて同じところを何度も修正するし、 伏線なんてストーリーを緻密に組み立てていないと出来ないと思うのだが… それでもキャラが勝手に動いてると言えるのだろうか・・・? マンガボックス インディーズ さんに ブラックティア 〔第41話〕敗北の果て(1) をアップしました。 https://www-indies.mangabox.me/episode/92103/ [続きを読む]
  • ヴェネチア 滞在中
  • ヴェネチア 滞在中。地球上のあらゆる人種が集合したかのような大観光都市。鉄道も自動車も自転車さえも入れない水路と迷路だけで構成された街。もはや世界最大のテーマパーク。街の中心部はものすご〜い混雑だが、交通(水上バス)の不便な地域に滞在すれば静かなので穏やかに過ごせる。街の何処を切り取っても絵になるし、夕暮れは最高に美しい。一生に一度は訪れたいと言われるのは納得。こんな場所は世界中ここだけだろう。 [続きを読む]
  • ラヴェンナ 滞在中
  • ラヴェンナ滞在中。モザイク画で有名なビザンチン文化の世界遺産の街だが、観光地としてはマイナー。団体客がおらず、名所に入るのに並ぶ必要はない。日本人中国人もほぼ見かけない。スリに対する緊張感も不要なので大変落ち着く。フィレンツェの喧騒とは打って変わって静かな街だ。 [続きを読む]
  • フィレンツェ 滞在中
  • フィレンツェ滞在中。漫画と映画はしばらくお休みします。7年ぶりのイタリアだけど観光客の増加は半端ない。電話予約しか受け付けない現地人気のレストランの翌日夜の予約をホテルで頼んで(イタリア語で)電話してもらったら既に満席。ウッフィツィ美術館は1ヶ月前からネット予約出来たのでこれはすんなり入れた。事前ネット予約が出来ないクーポラの予約(2016年11月から予約制)をドゥオーモ窓口まで行ってみたら、翌々日まで空きが [続きを読む]
  • 第40話 R15バージョン 更新
  • 最近の漫画は読みづらいので極力アニメを観るようにしている。 バトルモノを好んで観ているが「今まで負けていた主人公が大切な人の言葉に心打たれてウォォォ!とか叫んで急に強くなる」ってなパターンが多い。 自分はこういう非論理的なのは全く駄目なのだが、今の若者はこういうのに感動するのか… マンガハック さんに ブラックティア 〔第40話〕待ち受ける敵(9) 無修正バージョン をアップしました。 http://mangahac [続きを読む]
  • 第40話 一般向けバージョン 更新
  • 自分が考える「面白い漫画」のベースになっているのはやっぱり「宇宙戦艦ヤマト」!(アニメだけど…) デスラー機雷やオリオン座のアルファ星、バラン星での人工太陽に艦首軸線を合わせる時間との戦いのシーン。 こういう知略を描きたいと思っている。 最近はやりの「心を揺さぶる」とかはあまり興味がない。 知略と言えば、何と言っても初回放映のルパン三世。 どうやって脱獄するのか、偽札をどこに隠したのか、 「7番目の橋が [続きを読む]
  • パトリオット・デイ
  • 前評判も高かったですが、良かったですね。 PG12のレーティングになってましたが、爆発後のシーンは迫力がありました。 ホント、犯人許せないって気持ちになる映像。テロの現場ってこんななんだろうなと想像してしまう。 実話に基づいているんで実際にこの事件で足を失った夫婦が事件後に更生されて義足でマラソンに参加している映像など感動しまくりです。 途中に挿入された実際のオバマ大統領のスピーチ映像にも泣いてしまい [続きを読む]