Emily! さん プロフィール

  •  
Emily!さん: Emily!の幸せバイクライフ♪
ハンドル名Emily! さん
ブログタイトルEmily!の幸せバイクライフ♪
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/tomo154440/
サイト紹介文元スタバ店員が送る、引き寄せの法則日記と、女性ライダーが幸せバイクライフを送るためのブログ。♥
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/06/10 10:28

Emily! さんのブログ記事

  • 遅れましたが、大型免許ゲットしました★
  • さてさて、先日最後の卒検受けてきましたよ??題名にも書いてますが、結果は合格いま、まさに受験中の方に向けて勇気になればと思って書きますよー!まず私のスペック身長155cm、中肉中背バイク歴8年(ここ5年くらいは月1度、土日のどっちかしか乗れてない。ちなみに方向音痴!)なので、いわゆるフツーのバイク乗りって感じです。しかも方向音痴なので、コースが覚えられない人なのよね(⌒-⌒; )しかも、通った教習所が卒検コー [続きを読む]
  • 初めての波状路!コツ【7コマ目】大型自動二輪、免許取得の道
  • 前回までのあらすじ… 急制動は、クラッチを握らずブレーキに集中! さて、いよいよ大型二輪ならでは!の波状路です。 では、まずコツから!【波状路のポイント】・ 波状路への進入前に、静かに立ちブレーキで速度調整。・立っている間に、クラッチの繋がるポイントを確認・前輪がコツンと当たるタイミングで、半クラの位置はそのままにアクセルを軽く当てて乗り越える! やり始めの1〜2回は、バランスを崩しアクセルをふかし過ぎ [続きを読む]
  • 急制動【6コマ目】大型自動二輪、免許取得の道
  • こんにちは、エミリーです! 大型の教習に通い始め、もう3日目(教習は6コマ目)となりました。早いなぁ。。前回までのあらすじ…一本橋とスラロームに苦手意識を持っていたものの、走っていくうちになぜか初回では出来ていたS字とクランクでパイロンを倒してしまう。そんなこんながあったものの、本人の気付かないうちに1段階の見極めも終了しいよいよ2段階へ進む…。 というわけで、今回(6コマ目)から2段階の始まりです。雨 [続きを読む]
  • ガーン( ̄◇ ̄;)
  • 車、ぶつけてしまいました。。。駐車場への入庫時(バック中)に、ちょっと出っ張っていた消化器入れにコツンと。音はコツンでしたが、ブレーキを踏むタイミングが遅かったようで、かなりベッコリ凹んでました。。消化器入れは無傷なのに、ベッコリ凹んだ私の車。泣ける [続きを読む]
  • 【3コマ目】大型自動二輪、免許取得の道
  • 昨日、3コマ目を受けて参りました。夜間は比較的空いているのか、キャンセル待ちをしていたところ無事乗れることに。さて、今日は初めてご一緒する先生なので、どんな教習になるかなとワクワク!教習内容を先に書いておくと、ほぼ放置プレイでした!最初は慣らし運転ということで、スラロームと一本橋の周囲を右回り。5分くらいした後は、先生に着いて今日やる練習のコース・一本橋・スラローム・S字(狭路)の進路を教えてもらい [続きを読む]
  • 【1-2コマ目】大型自動二輪、免許取得の道
  • 先日の日曜日、大型教習を2コマ受けて来ました!使用するバイクはNC750。教習所用にボアアップされているとのこと。1コマ目は、教習生2名に対し先生1名で慣らし運転と坂道発進。2コマ目は、教習生と先生の1対1で8の字とスラローム、クランク、一本橋を延々とさせてもらいました??1コマ目の前に、教習所の先生と雑談があって今乗ってるバイクとか、ツーリングの頻度とか聞かれました。今思うと、あれは教習生がバイクにどれだけ [続きを読む]
  • 仕事って、こんなに楽しかったんだ!
  • 前職の人材紹介会社を退職してから、あと数ヶ月で1年になります。そして、今の会社で働き始めてから6ヶ月が経ちました。そしていま、思ったことは、今の仕事、めっっっちゃラク!!!そして、何より楽しい!!のですよ笑あーー、転職して本当に良かったー??ですなにが楽しいって、私が楽しみながらやってることが、そのまま誰かの役に立ってるんだ。もはや、仕事=楽しむものになってるんだ。これって、前職では考えられなかっ [続きを読む]
  • ETC・二輪ライダー割引がすごい!
  • ライダー必見!なんとNEXCOから7月14日〜11月30日の期間限定でETCの二輪割引きがあるらしく、その割引率がすごいことになっています!ざっくり説明すると対象区間が・東北道・常磐道コース・関越道・上信越道・東北道コース・東関東道・館山道コース以上の3つに分かれていて、2500円で対象区間が定額乗り放題になるサービスです。(NEXCO中日本では、中央道・東名コースもあるらしい!)これは、どれだけの恩恵かというと、例えば [続きを読む]
  • これから100歳まで、どう生きていく?
  • 必読本を見かけたので、久しぶりに更新。ずっと前から言ってることだけど、備忘録としてブログにも残しておきます。まず、今はとんでもなく時代の流れが早くて過去に正しいとされてきた価値観が、すぐ無意味なものと化してしまう世界に生きている。たくさんの仕事がロボットやAIに代替されていき、そんな状況に加えて、医療の進歩によって、健康寿命は延びて働く時間も、もっともっと延びていくだろう。そんな時代において私達は [続きを読む]
  • ”口から胃カメラ体験(後半)”
  • これは、口から胃カメラ初体験の著者が、お医者さんから「胃カメラ飲むの上手だね」と言われたことに気を良くして、飲み込んだ時のポイントを綴った日記です。前回は胃カメラを飲み込んで喉を通過したところまで書きましたね。このタイミングで検査の前半終わりましたので、あとちょっと頑張って下さいねーのアナウンス。さて、今回はその後半戦を。やはり喉の異物感はあるのですが、気にしないように呼吸へ意識を向けつつ検査を [続きを読む]
  • 口から胃カメラ体験(前半)
  • ピロリ菌検査のために、胃カメラを飲んできました。 初めての胃カメラで怖かったのですが、お医者さんからは初めてなのに上手に出来ましたね!とお褒め(?)の言葉を頂いたので、レポートしておきます。検査自体はだいたい5-10分程度ですが、喉に麻酔をかける兼ね合いもあり、受付からお会計までは約1時間かかりました。検査の直前まず胃の泡を消す薬を飲み(おちょこ一杯程度)胃の動きを抑える鎮静剤を注射。筋肉注射で痛いよー! [続きを読む]
  • 自立しなくていい、心配かけていい
  • 自立しなきゃ自分の力で生きなきゃ誰にも頼らずに心配かけないように心配かけると、親が悲しい顔をするから。そんな風にして、今の私ができたのね。誰かに頼っていいし心配かけていい。そんな風に言われたら、とても安心して、泣けてきた。これが私にとっての魔法の言葉。Emily [続きを読む]
  • ②”つらい会社員生活から、今に至るまで。”
  • 上記の続き。いま思い返せば、あの会社はそういう社会なのだと。それが常識の社会で、私の考えは全く異なる文化なのだということに気付く。ちょうど、こうした世界観と同じことなんだ。それは良い悪いという二元論で語られるべきものでもなくて、私は大嫌いで二度と付き合いたくもない。という一人称で語られるものだと思った。私は、何かを変えていきたいそれが私にはあるはずだそう思って働いてきた。でも、何ともしがたいもの [続きを読む]
  • つらい会社員生活から、今に至るまで。
  • こんにちはEmilyです。このブログで紹介されている方。。。その記事を見て思うことがあり、今だからこそ言える就労当時のことについて書いていこうと思います。私が働いていた当時は(本当は思い返すことも嫌になる位ですが)酷い環境でした。3ヶ月に一人は退職者がいて部下は何も言い返してこないと踏んで平気でセクハラ(お尻を触ったり、キスを強要したりする)をさせるような環境。そして、連日のようにパワハラ「お前、普通じゃ [続きを読む]
  • ”周りに合わせなくてもいい”の、その後。
  • こんばんは、Emily!です。先ほど面接行ってきましたよー。...で、前のblogでさ周りに合わせなくてもいい。パンプス履かない!って書いたんだけど。。パンプス買っちゃったーーあのあと、何があったかというと。やっぱり靴くらい正装でいかなきゃいけないかなーー。ホテルのラウンジだしなーーー。。って思ってね。近くでGU探して行ったのよそしたらね、私の足に合う、低いヒールの靴と出会えてね買っちゃったのよーしかも、セー [続きを読む]
  • 心が閉じる。
  • 心が閉じる感覚。私がいる意味とか、何のために生きてるんだろうとかよくわからなくなってもう、いいや。って投げ出したくなる気持ち。ある。それは、大病を患ったとかそんなたいそれたものじゃなくて社会の中のひとつになれないかもしれないという根源的な、さみしさ。でも、それでも生きていく。Emily! [続きを読む]
  • 私はどんな私になりますか?
  • 私自身が、私をどうさせたいのかどんなことを経験させて、どんな感情になりたいのか。それらを心の中でしっかりともっておく。毎日、毎日もっておくこと。それが出来るようになったときとっても幸せになれるから。Emily!−−−−私の経験談私はこうなりたい!というイメージをしっかりともっているつもりだった。だけど、会社を辞めてストレスフリーな毎日になると私自身に戻る一方で、こんなのは絶対やだ!という対比する色がな [続きを読む]