うたのすけの日常 さん プロフィール

  •  
うたのすけの日常さん: うたのすけの日常
ハンドル名うたのすけの日常 さん
ブログタイトルうたのすけの日常
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/utanosuke82
サイト紹介文日々の単なる日記等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/06/12 05:32

うたのすけの日常 さんのブログ記事

  • その日その日で気儘に 今日は終戦の日
  •  戦争の終わった日のことは、年々記憶から薄れてきて、特に最近は加齢の故か遥か彼方のことになってしまった。当時わたしは福島に学童疎開をし、終戦の年国民学校を卒業して、家庭の事情もあって数人の仲間と地元の中学に入り、下宿生活をしていた。 田舎の町でもある日、艦載機の空襲を受け、かなりの被害を被っていた。そしてその日昼前に家族の人たちと協力して、作っていた防空壕が完成したのである。そして食事もそこそこに [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 高校野球所感、ちと大袈裟かな
  • 選手たちの先ずは、用具や身の回りの持ち物について。 以前は気にならなかったのだが、今年で100回記念大会ということで、気付いたことを並べてみる。その様子は選手たちの、試合が終わって退場するときに見られる豪華さである。何しろ揃いのリュック、肩からさげる大きなバッグ。おそらく高価なものに違いない。ここで映画の一シーンを紹介する。「幸せの黄色いハンカチ」。高倉健が旅先での若い男女のやりとりで、男をたしな [続きを読む]
  • その日その日で気儘に  甲子園の応援
  • 地元茨城の代表が、一回戦で敗退。 いささか気落ちしたが、この季節甲子園から目を離す訳にはいかない。連日熱戦を堪能している。ところで小生の応援のルールは単純である。細長い日本列島を横切りにし、先ずは出生地の東京、そして関東地方を応援。そして東部分に移り、縁のある県で学童疎開で世話になった福島。昔、家業を手伝ってくれた子の出身地の山形。アマ劇団で公演した鳥取県等〃で、もしも縁の深い県同士がぶかったら致 [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 口から出る言葉は暑い暑いだけ
  • 台風の影響で幾分涼しかったが、台風去って今日は朝から暑いこと。 ここ数日家に閉じこもっていて、欲しい物は娘や孫に頼みっぱなし。これでは足が萎えて益々歩行が儘ならぬことになると、今日は一念発起。十時過ぎに買い物車をかみさんが押してスーパーへ。玄関を出た瞬間ウオー、暑いと吠える。まるで熱波を浴びたようである。スーパーまで15分ぐらいの距離だが、汗をかくからゆっくり歩けば熱気に翻弄され、足早に歩けば息が [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 甲子園を観ながら台風をやり過ごす
  •  高校野球、今日は第四試合で地元茨城県の土浦日大が出場する。台風が関東地方を直撃するとの情報である。用心のためのあれこれは、昨日のうちに終えている。後は運に任せるしかあるまいと、早朝から今日はテレビ座敷に座りっきりである。風呂も入ったし、第三試合が終わったら階下に降り、猫を構いながらゆっくり観戦の予定である。これ後生楽と言う。いささか後ろめたい気がしないではない。 [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 黄門祭り
  • 千波湖の花火を皮切りに、八月初頭三日間黄門祭りは挙行される。 去年もお神輿を見に行っている。一時間も前に道路に腰を下ろし夕方まで見ていた。別段熱中症の注意はなく、飲み水も特別に用意することはなかった筈である。今年はこの猛暑、ハナから行く気はなかった。もし出かけて、熱中症で搬送されでもしたら、娘に大目玉を食らってしまう。しかしこの齢になって、娘に叱られるということは、半分心地よいものである。 今考え [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 連日の猛暑、これ酷暑です。
  •  それでも今日は曇りがちで、昨日よりはだいぶ楽である。昨夜は連日開けっ放しの窓を閉めて寝た。夜気の所為か鼻の調子が悪く、汗をかくのを承知して寝た。幾分寝起きの調子がよろしいので、やはり窓の開放は老体にはダメなのだと悟る。 今日は資源ごみを出す日。涼しいうちにと新聞類、段ボール、空き缶類を二回に分けて手押し車に載せて、かみさんに運んでもらい、小生そのあとから載せきれないものを、とことこと運ぶ。冴えな [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 色々言いたいことが
  • 場当たり的に喋ります。 次から次へと世の中色んな事が起こります。政界財界官界学界、そしてあらゆる業界にです。起こりすぎます。良いことなら別段構わぬのですが、これが口を揃えたように悪いことばかりです。卑近な例では文科省、度重なる贈賄収賄で、下部のお役人たちが上層部に意見書提出。それが御もてなしの現場に、事務次官が同席なんて醜態を晒す始末です。自動車屋では性能を水増し、売り上げを増やすといった悪辣振り [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 日大アメフト部リーグ戦出場停止処分解けず
  •  関東アメフト理事会は、日大アメフト第三者委員会の報告を受け、協議の上処分を解かず、日大はリーグ戦に出場出来なくなった。残念だが致し方ないことであろう。しかしここで一言言わせて頂こう。一番残念なのは、問題となった試合で、あり得ない反則を犯した日大の部員だろう。まだ反則の詳細が判然としない時点で、自らテレビの前で素顔を晒し、涙ながらに謝罪した態度に、多くの人の共感を呼んだ。 その後、監督やコーチは解 [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 無情な気象情報
  • 向こう一週間の高温情報を見てがっくり 高温なんて生易しいものではない。日々35度以上が、ずらりと勢ぞろいしている。年寄りの喘ぎを、自然があざ笑っているようである。猛暑、酷暑の連続。それでなくとも往年の、肺の手術の後遺症で肺がボコボコになっていると、医者の御託宣を頂いている御身分である。早く早く秋風が吹いてくれるのを待ちわびているのに、まさに踏んだり蹴ったりの自然のしごきである。 米寿祝いを盛大にな [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 台風一過とは行かない今回
  • とにかくしつこい台風である。 いまだに九州辺りで大雨を降らしている。しかし西日本の災害地には、それほどの被害をもたらさなかったのは良かった。被災者の懸命の復興努力が、天に通じたのだろう。しかし気象庁の言う、今までに経験したことのない台風とかで、各地に高波で異質の被害が続出した。全く世の中何がいつ起きるかわからない。その点当地水戸は恵まれていた。大した被害もなく、翌日朝には薄日が差すといった状態であ [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 連日の酷暑は災害
  • それにしても、災害死する人たちが半端ではない。 いわゆる熱中症で命を落とす人の数の多さ。そのうち六割は高齢者という。後期高齢者の一人として穏やか気持ちではいられない。気象情報の際、つい最近までクーラーを 適宜に使用する事と言っていたのが、今は扇風機まで併用するようにと説いている。局によっては、就寝中の使い方まで解説している。はっきり言って小生はご免である。住まいの所在地や間取りにもよるだろうが、夜 [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 酷暑に息も絶え絶え  
  •  意識が朦朧としていて思わず口走ります。嗤って下さい。 昨日か一昨日か、それすらはっきりしません。休みで家に居る孫に、内科に月の一度の診療に連れて行って貰いました。思い出しました。診察は土曜日、午前中のみで十四日です。待合室でかみさんにシャツのボタンを外してもらい、スタンバイです。先生いつもの通り、いかがですか。小生相変わらず息切れがと答え、血圧を測り、聴診器を胸と背中に当てます。そして前回の血液 [続きを読む]
  • その日その日で気儘に  御影海初優勝
  •  終盤負け混むことなく見事優勝 それにしても予想が外れて、八つ当たりするわけではないが、栃煌山はともかく大関陣の二人、不甲斐ないこと夥しい限り。残念至極である。それはともかく、若手の進出が心強い。兎に角今の若手、揃って均整がとれた体が見事であり、手足が長く尻も張って隆々としている。先が楽しみである。最後に御影海、大関は目前と見た。将来角界を背負って立つ力士になるに違いない。 [続きを読む]
  • その日その日で気儘に カジノ法成立
  • 何で政府は賭博の胴元になりたがるのか、不思議な話である。 以前にも投稿したので繰り返したくはないのだが、どうしても暴挙としか言えぬので敢えて繰り返させてもらう。一番に憂慮されるのは賭博者の依存対策である。入場制限とか設けているが、依存者には先ず通用しない。おまけに貸付迄ご親切に。勿論利子は抜け目なくがっぽりとだ。肝心なのは組織暴力団対策である。街には彼らが経営するカジノが、警察の取り締まりと鼬ごっ [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 酷暑逃れには大相撲
  •  賜杯は誰の手に。 残るは三日、俄然行方が分からなくなった。昨日無敗の御嶽海が高安の執念に敗れ、二敗差で追うのが豪栄道、豊山、栃煌山、朝乃山の四人となった。この暑い最中、手に汗握る羽目となったわけである。優勝の鍵は今日の豪栄道×御嶽海戦だろう。豊山×栃煌山は星のつぶし合い。朝乃山は、相撲巧者妙義龍に勝つのは難しいと思う。あたしの予想では、豪栄道が速攻で御嶽海を破るとみている。結果、千秋楽まで優勝は [続きを読む]
  • その日その日で気儘に 避難所生活
  •  昨日か、総理が避難所の人々を見舞った。避難者は勇気づけられたことであろう。小生も以前に書いたことであるが、東日本大震災の時二日間ではあるが、避難所生活を経験している。水戸でのことである。かみさんと二人映画を観終わり、映画館を出る直前地震に見舞われている。兎に角慌てふためき、それでも一回目の揺れに耐えて場外に出たが、再び強度の余震に駅の入り口前で二人ともへたり込んでしまった記憶が鮮明に残っている。 [続きを読む]
  • その日その日で気儘に
  • 豪雨は去ったが 死者行方不明者の数は日増しに増え続けている。マスコミも一斉に今回の災害を検証、各自治体や気象庁の対応に総括を始めているが、これは無理というものだろう。何しろ何十年に一度という災害規模、誰も経験したことのない災害が突如襲ってきたのである。災害事故の対応を日ごろ事細やかに説明している権威者も、今回ばかりはしどろもどろに陥っている。死者は水に流された家の中、土砂崩れで押しつぶされた家の内 [続きを読む]
  • その日その日で気儘に
  • 跳ね指治療 ひと月以上、塗り薬とマッサージを続けてきたが、腫れも引かず、ここ二三日字も書けず箸も満足に運べなくなってしまった。テーピングして辛うじて誤魔化す有様である。いよいよかと医者に足を運ぶ。手術の前に薬を患部に注入する方法が残っている。しかしこの処置は二回しか許されない。左指の時は二回行い、結局再発して手術に踏み切っている。 先生は指を丹念に診察し、しばらくカルテと睨めっこを続けた。沈思黙考 [続きを読む]
  • その日その日で気儘に
  • 梅雨が明けて既に真夏の陽気 サッカー陣も帰国し成田で大変な歓迎ぶり。ここへ来たらもう次なる楽しみは大相撲。そして高校野球も各地で県予選が始まった。しかし大相撲は稀勢の里の出場がまだ定まっていない。もう一場所の休場の声も出ている。もはや出場を決めて途中休場は許されない。負けが混む前に即引退をせねばなるまい。場所前の稽古の状態も芳しくない。相撲を取れる状態ではないという。もう一場所休場という選択肢も残 [続きを読む]
  • その日その日で気儘に
  • 暑い暑い一歩も外に出る気無し そんな中、一泊の予定で、子供たちは新潟までサッカー観戦である。朝からせわしい。総勢四人車で出かける。何処をどう通って行くのか分らぬが、3時間ぐらいで行くらしい。家は娘の連れ合いと、あたしら夫婦、そして猫ちゃんで留守番である。食うものは一応整ってはいるが、昨日焚いたご飯がかなり残っている。久しく炒飯をしてないので、作るかと思ったが材料が無い。暑いので表に出るのは陽射しを [続きを読む]
  • その日その日で気儘に
  • 関東甲信で梅雨明け 梅雨明けは結構だが、朝から各地で猛暑猛暑で一応適宜にということで、昼からクーラーを使用と相成った。流石に涼しい。早朝からゴミ出しでいささか疲労を感じ、昼食までごろごろしていたのだが、パソコンに向かう元気が出てきた。現金なものである。しかし年寄り二人っきりで六畳間に居ると、小生直ぐに体が冷えてきてしまう。それでそのあとはスイッチを消したの点けたりして夕方まで過ごす。 テレビでは夜 [続きを読む]