みずゑ さん プロフィール

  •  
みずゑさん: 春夏秋冬:断捨離的心模様
ハンドル名みずゑ さん
ブログタイトル春夏秋冬:断捨離的心模様
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/haru-natu-aki-huyu_2016
サイト紹介文自分自身の心理カウンセリングみたいな日記。
自由文見栄を張らない。考え過ぎない。振り回されない。食べ過ぎない。良く動く。すっきりした身体と部屋。自分1番。が理想。一人が気楽だけれど、心残りなく居心地よく生きるための人助け&コミュニケーションも少々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2016/06/12 20:15

みずゑ さんのブログ記事

  • 子守を終えて帰ってきた
  • 夜でも明るい都会から高速バスに乗り、高速道路はずうっと暗い景色。1時間ほどでやっと小さな明るい街が現れた時、今夜はとてもホッとした。こんな田舎嫌だ! なんて思っていた我が町。今日は、やっぱりここが一番だな、と思った。我が家の門を開けたら、夫と娘がわたしをバス停まで迎えに来ようと玄関を出たところだった。猫たちは大喜び。たった一晩留守にしただけなのに。今までにも幾晩も留守にしたのに、今夜は特別ホッとし [続きを読む]
  • 親が子を助けるのは当たり前。か・・・
  • 明日は早起きして、いつもなら寝てる時間にバスに乗る。バスに1時間揺られて電車に乗り換え。またまた娘宅に子守に行きます。「○○だから子守に来て!」「・・・無理ならいいよ。」無理だから行かない・・・って言ってもいいのかな。わが子なのにもう、一番近い他人みたいな存在。自分の暮らしを守ることこそが最優先のような娘。今回は、2日連続の子守なので1泊しなきゃわたしの身がもたない。泊まるとなると、色々と遠慮してし [続きを読む]
  • 忘れたら一大事なのにいつのまにか忘れてしまう。
  • 寝るときのアイマスクを新しいものに変えたらサイズが合わなくて寝ている間に外れている。そのせいか、目の調子が悪い。もう、何度も読み返している「ほんとうは治る防げる目の病気」という本を久しぶりに読んだ。はじめて読んだときには大感動して、本に書いてあることを一生懸命実行した。・少食・カフェインは控える・アルコールはやめる・よく歩く・排便排尿呼吸発汗をよくする・昼間は活発に動き夜は休むそして今、全然違う生 [続きを読む]
  • やめてほしい。
  • テーブルの上とかタンスの上とか、平らな場所には何も置かないでほしい。夫は空間があるとそこに置きたい。たとえば紙切れ一枚置く。そうすると、いつの間にかそこに別の紙切れが載って、書類置き場所になったりする。必要な書類、不要な書類がどんどん積み重なっていく。何も載っていない平らなテーブルとか、棚とかに慣れてほしい。何もないほうが美しいのに。視界が清々しくなるのに。 [続きを読む]
  • キレイとかワカイとか
  • 歯が抜けた日。歯抜け顔を娘に見せたくてウズウズして娘を待って、やっと来たのでニーッと笑って見せたら一瞬ギョッとしてから笑ったのよ。うれしかった。わたしは笑われたかったの。夫が帰ってきたので、同じようにして見せたらやっぱり一瞬ギョッとして、すぐにいやぁな顔になったの。やっぱりね。と思った。わたしね。子供のころからキレイ!が一番だったんだ。大人になってもおばさんになっても、キレイ!とかワカイ!が一番。 [続きを読む]
  • 今頃になって思う。もっと歯を大切にすればよかった。
  • 差し歯付近が汚れやすいので、重点的にしっかりしつこく磨いています。昨日の夕食後もガンガン歯磨きしていたら・・・差し歯がポトンと落ちた。びっくり。なによりも鏡に写る自分の顔にびっくり。一本でも歯が無いと人相が激変するのね。慌てて歯科医院に予約を入れて、やっと今日、差し歯が元に戻ったけれど、又すぐ抜けるかもしれないといわれた。今回は我が家の洗面所で歯抜けばあさんになっちゃったけど、人前で抜けたら困るわ [続きを読む]
  • 必ずあの汚家をきれいにする!
  • 汚義実家を汚いままにしておけない。義母が将来住まなくなったら放置されてしまう汚家。古い空き家は近隣に迷惑をかける。わたしと夫が年老いたら子供に苦労をかけることになる。逃げてばかりの夫に気を使いながら、そういうことを話します。夫は、亡き義父の軽トラックがあるから、「あれにゴミを積み込んで処分場に持ち込もう」と言います。義母と義姉が置きっぱなしにした不用品なのだから、二人に立ち会ってもらって、しっかり [続きを読む]
  • 一つ終わった。
  • やっと一つ終わった。先輩に言われた言葉が良かった。「自分に期待しすぎない。適当なところで良しとしなきゃね」ほんとうにそうだった。もっと上手になるはずだなんて、頑張っても疲れるだけ。わたしはこの程度なんだ。いいや。重しが取れた。気分が良い。 [続きを読む]
  • アイマスクと耳栓とマスクで良く眠れるようになった。
  • 残り少ない(と、自分で思っている)日々なので、あまり過去を残したくない。このブログも過去3か月しか残してない。なぜか6/23「アイマスクと耳栓とマスクで良く眠れるようになった。」という記事を閲覧したい人がいるようなので再び書きます。アイマスクを付けて寝るようになってから、よく眠れます。わたしは眼病持ちなのですが、アイマスクをするようになってから目の調子が良いです。一日一滴必須!の目薬をこのごろ忘れてい [続きを読む]
  • こんなこと書いてるよりやるべきことがあるのに!
  • 昨日は、古い映画に浸った。夕ご飯作る気がしなくなって、ホットプレートで焼きそばにしちゃった。映画は毒だな。自分が登場人物の中の誰でもになってしまう。そのひとの感情を自分なりに理解して、その感情になってしまう。これからはバカみたいに笑えるものを観よう。今、絶対にやらなけれないけないことがふたつある。どちらも、ひとから評価されること。ひとまえにさらされること。だから、練習とか鍛錬とかしなきゃいけない。 [続きを読む]
  • 夜は若猫。朝は婆猫。
  • 夫も娘も猫に助けられている。猫は癒しであり感情の解毒になっている。娘の足音がすると猫はドドドッ!と走り出てくる。娘の前に寝転んでなぜてもらうのがすき。夫はおやつ係なので、猫は鰹節ほしさに夫にすり寄る。娘も夫も自分が一番好かれていると思っているようだ。わたしは、トイレ清掃とカリカリ担当なので、普段は特別喜ばれない。でも、寝るのはわたしと一緒じゃなきゃだめな若猫。わたしが寝床に行くまでずっとウロウロ待 [続きを読む]
  • 損とか得とかいってるけど
  • 今すごく「損だ!」って怒ってる人がいるんだけど、わたしは同じ立場だけどちっとも損だなんて思わない。いい子ぶるつもりはないのよ。わたしがひとより苦労したこと、努力したことは、すべて経験として自分の身につくんだから。最初は苦労したことでも、段々楽にできるようになったりもするし。後になってみないと本当に損だったのか得だったのかわからないじゃない。集団の中に居るといろんな考え方があることに驚く。わたしはめ [続きを読む]
  • 訳があるから汚いんです。
  • 義父の法事を夫の実家でやりましたが、家じゅうが物置のような汚さ。わたしは義母にせかされて、義姉不在の中、ともかく親戚が座る仏間だけでもと、一人で掃除をはじめました。仏間や廊下に積み上げている埃をかぶった諸々を別の部屋に移動させて、玄関から仏間まで来客がスムーズに歩けるように片付けました。そこらじゅうを水拭きして、ガラス窓を拭いて、汚れたカーテンを洗って吊るすと空気感が変わりました。長年この家を汚家 [続きを読む]
  • また台風。
  • 義父の法要で遠方まで行ってきました。無事法要を終えることができ安堵しましたが翌日には台風が来ます。台風が来ると、道が封鎖になるかもしれないので翌朝は真っ暗な時間から車を走らせました。高速道路はガラガラ。渋滞もなくすいすい走れました。こんなの初めて。他の車が走ってない高速道路。わたしひとりだけのSAトイレ。怖かった。どうか大きな被害が出ませんように。早い避難ができますように。 [続きを読む]
  • 尾畠春夫さんの「情熱大陸」
  • 大好きなブログに書かれていたので、ネットで検索してみたらみつかった。みられてよかった。ブログにあった尾畠さんの言葉は冒頭に流れた。「かけた情けは水に流せ 受けた恩は石に刻め」本当にそうだな。なかなかできないことだな。2番目に好きなのは梅干し。1番はこれ。といって小指を立てた。飾らないそういうところもいい。短い番組だから映し出されるのはほんの一面に過ぎないのだろう。けれどそれでも尾畠さんの凄さがわかっ [続きを読む]
  • 男って
  • かわいい若夫婦がいます。子供たちもとってもかわいい。家族みんなファッショナブル。何かのCMに出られそうな素敵なファミリー。パパはいっつも留守で車がない。土日も連休もパパと車がない。お宅の裏の遊歩道を歩いていたら、「テメエ テキトウナコトイッテンジャネエゾ」っていう声が聞こえた。どすのきいたママの声。いつもと全然違うトーン。パパの声は小さすぎて聞き取れなかった。聞きたくもないのに偶然聞こえてしまったの [続きを読む]
  • やめることも考えてみよう
  • 週4で参加することがある。すべて自分のために始めた。自分が今よりも良くなるために、良くなったら維持できるように。休むことには罪悪感がある。なぜかな。わたしが休んで、誰かが困ることなんかないわ。その場所で、わたしに何か役目があるとしても、わたしの代わりになるひとはたくさんいる。わたしは今忙しい。若い頃みたいに、自分の暮らしや健康をほったらかしにできない。休んでもいいじゃないか。ねえ、そうでしょ。無理 [続きを読む]
  • 「ぴったんこカン・カン」樹木希林追悼番組をみた
  • 安住さんの番組で、樹木希林の追悼特集をやった。録画してCM飛ばしでみた。樹木希林の考え方に賛同するばかり。箸、スリッパ、漬物持参。食事処のご飯を塩むすびにしてもらって次に行った食事処で食べる。お菓子屋さんでは包装紙を拒む。面白いし、いいじゃないと思うけれど常人にはできないわ。希林さんの住居には驚いた。さすが長年女優をして、不動産をやって、稼いできただけのことはある。センスがいいし、目利きだわ。ひとつ [続きを読む]
  • 親は子を助けたいからつい甘くなる
  • 出産前後の手伝いに行って、赤ちゃんもなんとか育ってヤレヤレと思っていたら、何かとあてにされるようになった。赤ちゃんの注射だとかチビのプレ幼稚園体験とかで、留守番の子の子守や家事のヘルプが入ってくる。断れない。予定が入っていても、何とか都合をつけてしまう。そういうことが何よりも疲れる。自分が苦労したから子を助けたいと思う。でも自分を消耗したらきれいに生きていけない。疲れて嫌な自分になってしまう。今が [続きを読む]
  • まだとりかえしがつく
  • 外で忙しいのと、我が家に居て忙しいのと比べると、我が家に居て忙しいほうが太る。しょっちゅう休んで飲んだり食べたりするからね。暑かったから飲酒癖もついたりして。出張家政婦役が終了して、のんきに我が家で過ごすことが多くなってから服がきつくなった。動きも悪い。しらないうちに写った動画のわたしが思っている以上にデブだった。どんくさい体のわたしが足を引きずって歩いている。おおいやだ。あんななの?わたし。家族 [続きを読む]
  • 褒められて喜べる私になろう
  • ひとはうそつきだなと思う。わたしだってひとにうそをつく。若く見える。とか、オシャレ〜!。とか、ひとに褒めてもらっても心からは喜ばない。そんなわけないじゃん。って、思う。写真は正直。写真のわたしは確実に年を取っている。顔だけじゃないよ。姿全体が変わった。肩が内側に入って、腰が前に出て、足が開いている。体操やウォーキングをさぼって2か月。チビの世話や家事は、前かがみの姿勢が多く、体を硬くするような、縮 [続きを読む]
  • 金魚が死んで
  • あれが終わるまで頑張ろう、と思って生きている。あれとは、わたしを必要とする何か。たとえば孫の世話。たとえば年老いた猫の世話。わたしの持ち物は減らし続けている。金魚が死んだ。猫も4匹見送った。今日の夕方、壺に入ったままだった猫4匹の骨と金魚を庭の隅に埋めた。骨壺はごみとして処分する。家族にはできないから。わたしはまだ老猫を見送るまで元気に生きていなきゃと思う。わたしのお荷物を家族に残したくない。樹木希 [続きを読む]
  • でめちゃん、楽になったと思いたい。
  • 3年前の春、花屋の棚に水の入ったビニール袋が数個あった。ビニール袋には金魚が一匹ずつ。あんな日向にビニール袋の金魚を置くなんて?わたしは花を買って家に帰った。気になって又、花屋に入ったらビニール袋がひとつだけ。ちっちゃな黒い出目金がいた。棚の上のモノにまぎれた小さなビニール袋。このままでは死んでしまうかもしれない。誰も気づいてないかもしれない。わたしは知っている。死んだらいやだ。その日から我が家の [続きを読む]
  • みんな頑張ってるよ
  • 遠方に住む娘が婿とちびを連れて2泊した。来てヨシ帰ってヨシ。もう、体力経済力の限界を超えている。けれど、娘も限界を超えたからゆっくりしたかったのだろう。仕事して家事して頑張ってる娘だから私も頑張った。 [続きを読む]