みずゑ さん プロフィール

  •  
みずゑさん: わたしだけの春夏秋冬
ハンドル名みずゑ さん
ブログタイトルわたしだけの春夏秋冬
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/haru-natu-aki-huyu_2016
サイト紹介文グルメ情報なし。花便りなし。ハンドメイド記事なし。美容情報なし。旅の写真なし。
自由文夫はアルバイト。わたしは無職。節約生活が始まった。3食手作り粗食。家の中も服装も極力買い足し無しでシンプルに整えてスッキリきれいに暮らす。みじめにならない。楽しめる。納得できる。そんな生活を目指す。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供330回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2016/06/12 20:15

みずゑ さんのブログ記事

  • アイマスクと耳栓とマスク
  • 寝ているときに耳の穴に冷たい空気が入ると耳が痛くなる。寝るときは一年中耳にティッシュをちぎって詰めている。それとマスク。わたしの横で寝ている猫が、時々わたしを噛んだり蹴ったりする。たぶんわたしが睡眠中に猫に何かするんだろう。その猫から顔だけは守りたいからマスクをつける。腕や脚を噛まれた傷は諦めている。顔の傷は困る。このごろはアイマスクまでつけているので顔への被害はなくなった。アイマスクは飛行機用に [続きを読む]
  • くさかった!
  • 我が家の裏は、屋根、壁、風通しのトレリスで囲って洗濯干し場兼猫の遊び場になっている。おとといの夜、寝る時間になり、猫が嫌がっても抱きかかえて家の中に入れなきゃと思っていたら、突然ギィーギィーと、機械音のような声がした。あれは猫の声じゃない。棚に立て掛けてある梯子がバタンバタン揺れる音もする。猫が何か(小動物)を追い詰めているもよう。小動物の抵抗声がギィーギィーだった。なんなの?瞬間。猛烈なニオイ! [続きを読む]
  • TPO
  • Time(時間)Place(場所)Occasion(場合)に応じた服装。VAN創始者の石津謙介さんの造語だったとウィキで知りました。TPOって世界共通じゃないということは、世界の庶民はTPOなんか気にしないということよね。日本人気にしすぎ?アパレル業界の陰謀?「女学生の友」も「ミセス」もTPOを説いていた。TPOを気にかけていたら服の数が増えるばかりだった。数年前に病後の断捨離で、服を少なくして毎日の服選びが凄く楽になった。去年 [続きを読む]
  • 地震
  • 今週は娘の汚部屋の掃除に行く予定だったのだけれど行けなくなっちゃった。阪神の地震を思い出した。祖母の葬儀に出て家に帰って一週間後だったと記憶している。悲しい怖い思い出。悲惨な状況を見に行ってスマホをかざしてる。ピースサイン出す。この映像は世界に届くだろう。酷い。 [続きを読む]
  • 継続が大事だから。
  • どんな天気でも歩いている。カンカン照りの日や雨の日は体育施設のランニング兼ウォーキングコースを30分歩く。時々走る。いつの日か軽快に走る人になりたいと思ってる。必死でびゅんびゅん走る方や速歩っぽくシャカシャカ歩く方がチラホラ。何をむきになってるの?って思う。ガムシャラに戦ってる感じ。かえって身体に悪いんじゃないかと思えるけれど。そういうのは老いも若きも男性です。女性たちは、しゃべれるくらいの早さで歩 [続きを読む]
  • 婆猫初オネショ
  • 今朝リビングが妙に臭かった。よろよろとあちこち探していくと婆猫の座布団が臭い。触ったら濡れている。婆猫18歳?初めてのオネショ。カバーを外してウレタンの本体も洗濯機で洗った。「くるねこ大和」のぼん阿仁ィもオネショをするらしいので老猫になると仕方がないことなのかな。朝一の猫ゲボ探しはしょっちゅうだったけれど、これからはオネショもプラスされるのね。なにはともあれ食欲は旺盛で大声でパウチを要求する婆猫です [続きを読む]
  • 比べてはいけないけれど
  • 今朝、習字のクラスに1番に到着。2番で到着した92歳の仲間に「今日はお天気だけどだるいな」と言うと、「わたしはずうっとだるいわ。4月もだるくて5月にやっと元気になって6月になったら又だるいの。」って言う。わたしが「あら、それってわたしと一緒だ」と言うと、「あなたもなの?うれしいわ。わたしは年のせいかと思ってたのよ。」って笑いました。92歳の彼女は、習字道具を詰め込んだ大きなバッグをさげて自宅から徒歩10分。 [続きを読む]
  • 人の目よりも自分が大切
  • たぶん若い人向けに書かれた本じゃないかしら。でも、わたしにはグッときた。人に気を遣うわたしは辛い。もっとわたしを大切にしたい!特に感じ入ったのは第2章 黒猫の講義 ――ブレない自分になるには――①人に合わせない②群れずにひとり行動する③受け身にならない④モヤモヤは人に吐き出さない⑤ストレートに伝える⑥未来から逆算して今を生きる⑦すべてを分かり合おうとしない⑧人とフラットに接するここ数年、苦痛だった諸 [続きを読む]
  • 服が変ったら誰だかわからない。
  • 買物中、肩をやさしくポンとたたかれた。振り返ると知らない女性がニコニコしてる。「こんにちは」って。あ・・・誰かと間違えたのかな・・・でも否定するのも悪いから、笑顔でこんにちは。と言った。わたしは一瞬考えたので笑顔が硬かったかも。優しそうなご主人様と一緒の女性。上品なご夫婦。歩きながら、もしかしたら体操仲間かしら。と思った。わからない。体操の時はお揃いのユニフォームを着用している。違う場所で違う服装 [続きを読む]
  • さぼった朝
  • 気が小っちゃいので体操に行くのがちょっと怖くてさぼった。のんびりあさイチ映画紹介をみていたら段々憂鬱になってきた。青木さんと近江ちゃん仲悪いの?青木さんが近江ちゃんにキツイ。近江ちゃん泣いてないかな。なんて、ひとのことはどうでもいい。わたし、さぼって虚しい。元気だし天気も良いのにさぼった。家の中をきれいにして気持ちを上げようか。そのまえに何か飲もう。コーヒーか緑茶か紅茶。低血圧にはカフェインが効果 [続きを読む]
  • 自分のためだけの低血圧改善覚え書き
  • 食事(1)適量のナトリウム(塩分)を摂取し、カリウム(野菜果物)の過剰摂取を控える。(2)タンパク質は血液を作り出す栄養素。肉、魚、豆類を積極的に摂る。(3)ビタミンやミネラルは体の調子を整えるためには欠かせない栄養素。(4)朝起きて先ず温コーヒーや温紅茶を1杯飲む。適量のカフェインを摂取することで交感神経が刺激されて血圧が上がる作用がある。(5)循環血液量を増やすため、1日1リットルから2リットルの水分を摂る。運 [続きを読む]
  • 一生懸命な人を笑ってしまった。
  • いかりや長介さんと犬塚弘さんを足して2で割ったような男性が体操教室の新人として入ってきた。仮にいかりや弘さんとしましょう。いかりや弘さんは手足が長くて動きがダイナミック。嗄れ声で大きな声で滑舌が良い。ご挨拶をされただけでお人柄の良さが伝わるような方です。その方が覚えたての体操をギクシャクされる姿が微笑ましいのですが、どういうわけか今日は笑いのスイッチが入ったわたし。息を止めてがまんしていたけれど彼 [続きを読む]
  • トモダチってコイビトと似てる
  • またまた断れずにトモダチとランチした。仲間内の会食は参加するけれど個人的なランチは半年ぶりくらいだわ。ランチするとしゃべりすぎるから、言わなきゃよかったことをたくさんしゃべってしまった。でもいい。口から出てしまったことはもう二度と戻ってこないのだからしょうがない。あんなトモダチにこんなワタシが話したことなのだから反省は無かったことにして、また明るく会いましょう。過去にたくさん懲りたから、もう友達な [続きを読む]
  • 夫はbonさんに夢中
  • bonponさんの「セカンドライフ、はじめてみました」を図書館で借りて、返そうとしたら夫が期限まで返さないでくれっていうの。わたしよりも夫が読み込んでいる。bonさんのファッションが夫にはすごく勉強になるようだ。オジサンでもおしゃれがしたい。でも参考になる資料がない。その点bonさんの服、バッグ、ソックス、靴・・・良いお手本になるようです。おしゃれです。わたしにはponさんの服が似合うかどうか、でも夫にはbonさん [続きを読む]
  • 上手く変わっていく感じ!
  • はじめて会ったときは調子いいだけの軽い人だと思った。アブナイアブナイ離れとこうと思った。もう半年が経った。その人は全く変わらない。わたしが警戒していたにもかかわらず、変らぬ親しさを持って接してくれた。我が儘でかたくななわたしにキニシナイキニシナイという。わたしをみつけて笑顔で走ってくる。このごろは他人の中では一番信頼できる人だ。その人を見習おうと思うようになった。その人が声をかけて楽しそうに話す人 [続きを読む]
  • 信じたほうが絶対幸せ
  • お茶飲み会とか食事会は極力参加しないつもりだったのに、帰り際当然のように誘導されて食事会に出てしまった。出てしまったからには楽しもうと周りの方々と当たり障りのない会話をしながら食事をした。でもね、当たり障りのあることがたくさんあった。わたしの諸々を聞かれ、ひとの諸々を聞かされ、どんよりすることが山盛りで、変なものに憑りつかれた。いつもなら「ごめん急ぐから」で逃げられたのに。恩ある連れに誘われて断る [続きを読む]
  • わたしって上出来!
  • 3か月くらい経った過去記事は下書き処理をして、掲載から外すようにしている。わたしの気持ちはしょっちゅう変化するから、過去の気持ちには興味なくなる。これから先のことに集中したい。記事を外しても消えてなくなるわけじゃない。まぁしょうがないわね。気持ちはどんどん変化する。変化と言えば、過去と今とでは出会う人々が変った。みんな明るい。愚痴話がない。悪口を言わない。そのかわりはっきりと意見を言うからびっくり [続きを読む]
  • また買ってしまった
  • 手持ちのものを使い果たしてしまうつもりだったのに、また買ってしまった。服も下着もまだあったのに。制服化するつもりだったのに。買うときはワクワクする。相当選び抜いたつもりだった。家の鏡の前であわせてみると急激に後悔。これ、買う必要あった?手持ちの物で充分使いまわせたのに。けれど買ってしまったからにはバンバン着よう。あるものをみなおして新しいものも使い切ろう。 [続きを読む]
  • 自転車は気分が良い
  • 買物や体操教室には車で行っていた。車だと目的地に5分で着く。時間によっては駐車場が満杯。そのうちに歩いて行くようになった。歩くと15分。日焼け対策をしていても一足ごとに灼ける気分。汗がだらだら。疲れる。先月から電動自転車で行くことにした。安全な自転車道は歩く道よりも遠回りになるけれど気分爽快。風が心地よい。紫外線避けで帽子マスク長袖手袋の完全武装している。変な恰好だけれど顔が見えないので恥ずかしくな [続きを読む]
  • お菓子持ってこないでほしい
  • 朝は普通に、食後はポイント重視で、夜は念入りに、歯磨きします。体操やなんかで他人中に入るときはいつも以上に丁寧に歯磨きします。なのに、どのグループにも不思議にひとりふたりお菓子を配る人が居る。持ち帰りできるお菓子ならお礼を言ってバッグに入れる。しかし、個装してないお菓子は頂いて即食べなきゃいけない。せっかく歯磨きしてピカピカの歯が汚れる。清々しい口の中が徐々に気持ち悪くなってくる。口の周りや歯に食 [続きを読む]
  • 今のこの情熱を学業に注いでいたら
  • 新しいことをはじめるとウキウキいきいきしてくるわたし。手話の勉強が楽しくてしょうがない。ユーチューブでeテレの手話を再生しては見てる。先生の動きが速すぎるのでスローにして見直す。おかげで前回の手話教室では周りの方々が驚いてくれた。覚えが良すぎる!といわれた。まあね。熱中してるから。子供のころにこの情熱があったら成績優秀だったのに・・・ [続きを読む]
  • 「手話」を趣味だとか認知症予防だとかいうのは聾者に対して失礼です。
  • 手話のリーダーに、「手話が趣味だ。とか認知症予防だ。とか、そんな生半可な気持ちで来ないでくれ」っていわれた。見抜かれていた。確かにそんな気持ちもあった。きっかけは自分の片耳難聴。もし、聴こえるほうの耳も聴こえなくなったら、という焦りがあり手話教室を訪ねたのだった。始めてみると手話は指先だけじゃない、身ぶり手ぶりや顔の表情、細かい決まりが無数にある。難しい手話を覚えようとすることが良い刺激になって、 [続きを読む]
  • 西城秀樹さん
  • 西城秀樹。若い頃は日本人の歌手の中で一番好きだった。声も姿も大好きだった。テレビで歌う姿を見るとゾクゾクした。昨日の訃報では、あまりのことに実感がなく現実として受け止められなかった。今日、「あさイチ」で樹木希林が悲しむ様子をみた。樹木希林が「西城さんは青春を謳歌した。結婚して子供にも恵まれた。人生を満喫したと思う」というようなことを話した。その言葉に救われた。そんなふうに言われたらその通りだと思え [続きを読む]