anonimia さん プロフィール

  •  
anonimiaさん: anonimia cycles
ハンドル名anonimia さん
ブログタイトルanonimia cycles
ブログURLhttps://ameblo.jp/anonimia/
サイト紹介文ロードバイク2年目突入! 主に登れないのに坂を登って脚が攣る話。
自由文ショップみたいなブログ名ですが、ただの貧脚自転車乗りです。ロードバイク(とドロハンMTB)でのライド記録と、改造の記録と。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/06/14 12:08

anonimia さんのブログ記事

  • 足尾&渡良瀬渓谷サイクリング 83km
  • 日光をスタート、銅山で有名な足尾を経由して渡良瀬渓谷沿いに下り桐生までサイクリング。距離は80km程度だし、足尾から桐生まではほとんど下り基調。たぶん一番の難所は日光足尾間を繋ぐ2kmオーバーの日足トンネル。浅草から東武日光線に乗り、一路日光へ向かいます。車窓からは富士山が綺麗に見えていました。2時間ちょいで日光に到着。予想通りですがクソ寒いです。初の日光。想像していたよりもワイルドな景観。あれは女峰山 [続きを読む]
  • 柳沢峠紅葉サイクリング 70km
  • すっきり快晴になった日曜。明らかに自転車日和なんだけど、つい数日前に只見線サイクリングを敢行したせいか、いまいちモチベーションが上がりきらず。とはいえ走らないのは勿体ない。という微妙なテンションで検討した結果、久々の奥多摩方面へ向かう事に。大菩薩ラインを西に向かい、未訪の柳沢峠を超えて塩山から輪行帰宅するプラン。ブランク空けでいきなり只見線サイクリングをやった影響か、それとも落車した時に痛めたの [続きを読む]
  • 只見線&只見川サイクリング 127km part2
  • 前回からのつづき。只見川沿いを東に向けて走り続けます。只見線の橋梁が流されてる場所がこちら。撤去工事が進められています。フォトスポットらしい大志集落を道沿いから。風が無かったので只見川の水面に鏡像。近くに俯瞰で見下ろせる撮影ポイントもあるようなので登ってみる事に。と、その前に補給。このルート、只見駅周辺の商店街を除くと補給ポイントがほぼ見当たらないのですが、道沿いの食堂らしき店に暖簾が出ていたの [続きを読む]
  • 只見線&只見川サイクリング 127km part1
  • 福島の奥会津から新潟に抜ける、只見線&只見川に沿うルートを走ってきました。なんとか紅葉に間に合った感じ。例によって早朝の東京駅からスタート。当初、会津若松スタートでプランニングしていたものの、東京からだと始発を使っても10時前に着くのがやっとで、後半が否応なしにナイトライドになりそう。10月の天候不良の影響で、3週間振りに自転車に乗るというコンディションなので、これは無理かなぁと諦めかけたものの、ルー [続きを読む]
  • 見慣れないブランドを調べる
  • DAZNでツアーオブタイフーレイクを見ていたら、見慣れないチーム&ブランドのフレームがちらほら見えたので調べてみる。どちらかというと興味の矛先は機材なので、有名どころの機材を使うチームは除外。スタートリストはここにありました。チームのページに飛ぶと使用バイクのブランドが記載してあるので、それを参考に見慣れない名前をチェック。記載がない場合はGoogle先生に聞く。SOUL BRASIL PRO CYCLING TEAMブラジル籍のプ [続きを読む]
  • 茅野〜美ヶ原〜佐久 113km
  • 乗鞍に登った翌週。週末の天気が良いのは何処だーと探すと、一応長野の真ん中あたりは良さげ(当日の朝になったら東京の予報も好転してたけど)。ということで、2週連続の長野。まだ行った事の無い美ヶ原へ登ってみる事に。新宿朝7時発のスーパーあずさに乗って一路長野へ。今回は茅野駅からスタート。macとサイコンのデータの同期ができなくなってしまったので、スマホホルダーを復活させて、googleマップに入れたルートを確認し [続きを読む]
  • 紅葉の乗鞍へ 90km 後編
  • 登り始めたら早速脚が攣ったとこからの続き。常備薬と化している芍薬甘草湯のパワーで回復してくれたので登坂再開。空はグレーになってきてしまいましたが…。観光センター付近はまだ緑色がほとんどでしたが、登っているうちに色づいた木々が目立つようになってきました。冷泉小屋のあたり。このあたりが赤成分が多めで一番色鮮やかだったかもしれません。他の場所は赤はそんなに無くて黄色〜オレンジが多い印象。脚もぎりぎりな [続きを読む]
  • 紅葉の乗鞍へ 90km 前編
  • いつかは行きたいと思っていた乗鞍へ登ってきました。 坂自体もキツかったのですが、現地に辿り着くのがまず大変で・・。ある程度前から予定を立てておけば、泊まりを前提に余裕のあるスケジュールが組めると思うのですが、なんせ3000m級の山な訳ですし寸前まで天候が読めません(今回も前日予報で天気図に雲が出現。んがあああ)。行ったは良いけど登れなかったというのは避けたいので、日帰りで行く手段を検討。 東京方面から輪 [続きを読む]
  • 仙台〜石巻 66km
  • 今年はツールド東北に自転車を持って行ったので、仙台から石巻は自走で移動しました。高校生の時に、通学に使っていたクロスバイク?MTB?で石巻ー仙台間を往復した事がありますが(往復で140kmくらい?よく走ったな・・。)、まともに自転車が趣味になってから走るのは初めてです。毎度の東京駅で輪行準備。のんびりしていたら日没前に実家にたどり着けるか怪しい時間に。失敗したかなぁと思いつつホームに上がったところ、ミサ [続きを読む]
  • 渋峠&毛無峠 137km
  • 久々のすっきりとした晴れ予報が出た週末。ツールド東北210kmが翌週に控えていたので、登るか距離を走るか悩みあれこれと検討。当初は自宅からの自走エリアしか検討していなかったはずなのに、SCWで天候を調べてみると、どうやら渋峠も天気が良さそう・・。そして気付いたら早朝の東京駅にいた次第。ツールド東北の練習がどこかに飛んでいきましたが、まぁ2500は登るはずだし・・。新幹線ホームには自転車を抱えたご同類もチラホ [続きを読む]
  • 渋沢丘陵〜松田山〜大野山etc 100km
  • 秦野駅周辺から松田町方面への丘陵地帯を抜け、松田山、大野山などへ登りつつ、最後は小田原に抜けるというルートで走ってきました。 この周辺、ストリートビューで眺めるとなんとも良さそう景色と地形で、1年以上前にルートはいくつか引いていたものの、その後走る機会は無くサイコンの中に埋もれていました。ですが、最近この付近の東名高速を通る機会があり、その車窓から見えた景色が美しい坂と丘の繰り返しで心にぶっ刺さっ [続きを読む]
  • ツールド東北2017
  • 台風接近でどうなるかと思ったツールド東北。結局210kmの気仙沼フォンドは100kmに短縮。他のフォンドもほぼ距離を短縮しての開催になりました。また朝から小雨とかかなぁと思っていたのですが、雲はありつつも去年と比べたら全然良い天気。 ウェアはかなり迷いつつも、下はコンプレッションタイツにラファのライトウェイトビブ、上はカステリのgabba2にアームウォーマー。早朝の気温が低くても多少雨が降っても、これだけでどうに [続きを読む]
  • 天気はどうなる?ツールド東北
  • 先週あたりまで「今年は秋晴れの中走れるのでは?」と、甘い事を考えていたら、そうはさせじと台風さんがUターン。コッチクンナ。昨日のSCWのキャプチャ。またエクストリームサイクリングかよ!と諦めが入っていたのですが、今日のキャプチャ。少しマシになってる。台風の進行がやや遅れた模様。さすがに秋晴れは期待すべくも無いですが、持ち堪えてくれると嬉しいなぁ…。まぁ、今年は雨装備も一通り揃えたのでどうにでもします [続きを読む]
  • 大垂水 - 牧馬峠 - 半原越 168km
  • 雨であまり走れなかった帰省から戻った週末。ツールド東北に向けて、距離を走るか、それとも登るのか悩む。(長距離×登りコンボだと遭難してしまう…)どうも緩斜面のように、少し出力を上げて切り抜けた方が楽そうな場所で、走り方が下手くそになっている(弱体化してるとも言う)気がしたので、とりあえず登って負荷をかけておく事に。 この考え方自体が間違ってるのかもしれませんが、普段適当に走ってるだけなので解らず。そ [続きを読む]
  • TDT試走DNF&近場うろうろ 110km
  • 走れる日2日目。今日こそは210kmの試走に出ようと4時半に起床。さぁ天気は!アメー。適当に走って飽きたら帰ってこよう。という事でヤケクソ気味に出発。前日と同じルートで女川へ。女川駅前に商業施設が出来ていました。女川からブルーラインへ。雨が強くなってきた・・。前日の疲労か脚がさっぱり回りません。去年の夏に走った時はアウターで駆け抜けられたんですが、今回はインナーロー付近でよじのぼる感じ。試走完遂モチベが [続きを読む]
  • コバルトライン〜牡鹿半島 116km
  • 帰省のついでにTDT210kmの試走をしようと思ったものの連日雨。仕方がないので近場を走った記録。帰省の日程中、走りにいけそうな日その1。暗いうちから起き出して外に出たものの雨がシトシト・・。この天気で200km走るのはキツイという事で断念して二度寝。その後ダラダラしていると、青空が見えてきたので近場を走ることに。走り出したのがそろそろ昼前という時間の為、GWも走ったコバルトラインへ。ここならぐるっと回って100km [続きを読む]
  • Roswheel 111363購入
  • 味もそっけも無い型番だけの商品名ですが、中華なサドルバックを買った話。 夏場はダブルボトルにしないと怖いので、輪行袋はジャージのポケットに入れて走っているのですが、毎度汗まみれになるので、どうにかしてサドルバッグに入れたいところ。ただ、手持ちのトピーク バックローダー10Lだと、ツール類と輪行袋だけ入れるには容量があまりにも大きすぎ。あまりコストをかけず、良い感じで収納できるサドルバックが無いかと物色 [続きを読む]
  • 裏尾根幹 90km
  • 早めに帰宅して終わらせたい用事があったのと、午後から雨予報という事でさらっと登れる裏尾根幹へ。そろそろ小山田神社のハス田もタイムリミットな気がするので見に行って見ることに。雲もくもく。まだ大丈夫そうだけど午後からの雨予報も納得の空。坂浜の工事現場。ちょくちょく通るもののよく見ていなかったんですが、谷を埋め立てる勢い。すっかり地形が変わってしまいました。目の前の土の部分は、谷底に集落があるすり鉢状 [続きを読む]
  • 奥武蔵グリーンライン&足攣り 140km
  • いつの間にか脱水している炎天下ライドの巻。メインの自転車も復活したし、3週間の登坂ブランクができてしまったし、ということで多少なりとも登る為に飯能へ。 天気予報の最高気温は35度。出発した時点で既に灼熱地獄です。サイコンには、200km3000upのルートを表示させていたものの、この気候でそんなルートに挑むと生命的にヤバげなので、東峠→阿寺線のさらっとGLまで到達できるルートに変更。ここまで気温が上がっていると、 [続きを読む]
  • ディレーラハンガーの交換 etc
  • 補修パーツが届いたので修理開始。まずは欠けた部分の補修から。予備のハンガーを取り付けた状態で余計なところに肉盛りされないようにマスキングテープで養生。オートウェルドを盛って数日放置。フレームに見える線は、輪行の分解・組み立て時にスプロケが当たって傷が付くのでビニールテープを貼り付けているだけです。 ハンガーはフレームの中古購入時に一緒に付けてもらったもの。これでストックが無くなるので、追加でメカニ [続きを読む]
  • リアディレーラー検分
  • 先日ハンガーが折れた時に外していたリアディレーラーを検分。ケーブルアジャスターが曲がってるのは気づいていたので、即スモールパーツを発注していたのですが、ぐんにゃり。よく見たらハンガーへの取り付け部分もぐんにゃりしてた。ぐんにゃり。RD-M4000のスモールパーツリストはこんな感じですが、http://si.shimano.com/pdfs/ev/EV-RD-M4000-3653B.pdf6番のアジャスターに加えて、1番のブラケットアクスルユニットってのも [続きを読む]
  • 駆動系を考える
  • 前の記事でハンガーが折れたバイクのスプロケは、CS-HG50-10 11-36。ギアの構成は、11,13,15,17,19,21,24,28,32,36T。 なので、軽い方だけで言うと、2号機sculturaのファイナルロー28Tの上に2枚軽いギアが追加されてる形。36Tまでついてるものの、実際にそこまで使う事はあまり無くて、32Tあたりで大抵の坂は登れる感じ。36Tはどちらかというと精神的なお守り要素の方がでかい。 で、36Tだと使用頻度が低いので、M8000系 [続きを読む]
  • DNF → COFFEE
  • ぶら〜ん。ということで折れました。もう暑すぎて早く出ないとダメだ、ということで気合いの4時起き。多摩サイは朝もやの中。まだ太陽の位置が低いので走ってる分には涼しい。和田峠か大垂水峠を越えてから、牧馬峠に向かうルートを引いていたものの、どうにも脚が重いので和田は回避して大垂水へ向かうことに。多摩川→浅川→甲州街道のいつものルートで西へ。 高尾山口を越え、大垂水に登り始めたところで変速したところ、リア [続きを読む]
  • 灼熱の荒サイto川越 93km
  • 土日とも予定があったので自転車に乗れず。月曜を有給にしていたので昼前くらいからダラダラとスタート。荒川から、千住-上野のルートでさらっと帰ろうかと思って出たものの、帰ってからしたい事が「近所にできたラーメン屋に並ぶ」くらいしか思いつかなかったので、それなら走ってた方が楽しいんじゃないかと思い、荒サイを上流方向へ。最近メインバイクと化しているメカニコの方は、クランクまわりからの異音が気になるのと、登 [続きを読む]
  • 大垂水峠-愛川町 148km
  • 昨年何度か走った、大垂水峠→愛川町の方へ抜けるルートへ。中津川沿いは夏に走ると清涼感を感じられるので好きだったりします。多摩サイから浅川CRへと乗り継いで高尾方面へ向かいます。この日はカメラが暴走気味。なんでこんなにフレアっぽくなってるんだろ・・。浅川CRは久々に来たらあちこち舗装が綺麗になってました。八王子で浅川CRを離脱、甲州街道に入って西に進み大垂水峠を登坂開始。さほど長い峠でもない事を知ってる [続きを読む]