しろくまブログ さん プロフィール

  •  
しろくまブログさん: 読書-しろくまブログ
ハンドル名しろくまブログ さん
ブログタイトル読書-しろくまブログ
ブログURLhttp://shirokuma1230.hatenablog.jp/
サイト紹介文日常で気になったことや、読んだ本について書いています!
自由文読書が好きなので、主に読んだ本でおすすめなものを紹介していきます!また、豆知識とか雑学が好きなので、日常生活で活かせるような情報を提供していきたいです!自分個人の考えだけにしたくないので、コメントをいただきたいです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/06/14 13:32

しろくまブログ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 教師はブラックではない3つの理由
  • 初めに 心構えその1〜生徒のせいではない〜 心構えその2〜どんな職業も辛い〜 心構えその3〜現に教師は減っていない〜初めに 私は教師ではない。しかし、塾講師のアルバイト3年間や児童養護施設の訪問月に一度2年間継続し、中学校で部活の手伝いなどをした経験から、述べたいと思う。心構えその1〜生徒のせいではない〜 最近よく耳にするようになった言葉がある。それは「今の中学生はうるさい」「SNSによ [続きを読む]
  • 社会の状況をと、今の自分の悩みを思わず書いた。〜人生としあわせ〜
  • 目次 1.誰一人として同じ人生を歩んでいる人はいない 2.メディアの影響力 3.幸せと人生・生きるということ 4.何かを得れば、何かを失う1.誰一人として同じ人生を歩んでいる人はいない 人生について、皆が一度は考えるだろう。しかし、それが人生なのである。誰もが、自分の人生について試行錯誤を繰り返し、最終的には人生の大きな選択といえる仕事につくのである。 だが、仕事を人生と考えてはいない [続きを読む]
  • 宗教とは〜宗教教育から見る法人の逸脱〜
  • 目次 初めに 1.「宗教教育」と「宗教についての教育」の違い 2.宗教法人の巧妙な手口 まとめ初めに 宗教と義務教育の関係について、日本国憲法はどのような立場を示しているのだろうか。日本国憲法第二十条の第三項には「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」という条文がある。つまり、日本では憲法において義務教育下の「宗教教育」は憲法上禁止されているといえるのだ。だ [続きを読む]
  • 三年付き合った彼女と別れた〜高校の青春のすべてを〜
  • まえがき 互いに高校一年生の時、バレンタインデーをもらった私は、その数日後に彼女と付き合った。私は野球部に所属していた。彼女は帰宅部。付き合ってか気づいた時間という壁。学校では毎日会っていても、彼女は放課後に遊びたい。土日に出かけたい。今思えば、当たり前ではあったが、野球部で忙しかった私は、そっけなく対応しケンカの毎日であった。だがそんな日々はあっという間だった。 そして、付き合ってから三年半がた [続きを読む]
  • 本を読むメリット 〜大学生が感じた5つのこと〜
  • 本を読むメリットその1〜日本語に強くなる〜 インターネットの普及により、紙媒体を使用する頻度が減少してきている。例えば、これまでは、レポートを提出する場合は、レポート用紙に手書きで記入していたのだが、今日ではWordを使ってパソコンから提出といったように変わってきている。 だが、そう言ったようにインターネットの文字や手書きによる活動が減ることは、日本語に弱くなってしまう原因になることは注意しなければ [続きを読む]
  • 信頼関係を築く6つの法則〜7つの習慣から学ぶ〜
  • はじめに・信頼残高を高める 信頼残高とはある関係において築かれた信頼のレベルを表す比喩表現である。礼儀正しい行動、親切、正直、約束を守るなどの行動を通して信頼残高を作っていけば、そこに貯えができる。残高を高めることによって、必要とあらば、その信頼を何度も頼りにすることができる。些細な間違いを犯しても、信頼のレベルや精神的な貯えがそれを補ってくれるのである。 しかし、無礼な態度を示したり、相手の話に [続きを読む]
  • 社会化〜人間の発達と社会〜
  • 社会化とは 個人がある特定の社会集団の生活様式を学習し、その正規の成員にしあげられる過程(プロセス)のこと。特徴としては、①人間の発達や成長を社会的なものとして捉えている。②ある社会の成員になるために様々な集団に属しながら文化を取得する過程。 社会化概念に対する共通の視点として四つのことが挙げられる。①成員生の獲得である。②基本的に学習の獲得である。③他者との相互作用を通してパーソナリティを社会体 [続きを読む]
  • 教育社会学〜特徴・研究方法〜
  • 教育社会学とは教育社会学とは、教育を、社会事象として捉え把握し、教育の社会性を社会学的に解明する学問のことをいう。また、社会的現象としての教育を研究する学問である。つまり、「教育」を「社会的な営為(社会事象)」として捉える視点が共通している。※社会事象:複数の人間の相互行為と関係性によって生じる事象のこと教育の社会的側面例として、三つのことを述べていく。教育の現場に関わる人々がそれぞれに社会的存 [続きを読む]
  • そんな習慣はダメ! 習慣を変える一冊「7つの習慣」 第三の習慣
  • 3.重要事項を優先する 第三の習慣は、重要事項を優先するということである。これは、効果的なマネジメントをする定義であり、自制する力、実行力といえる。 著者の大好きな論文の一つに、E.Mグレーが執筆した『成功者の共通点』と題するものがある。彼は、成功者たちに共通する要素の探求に人生の大半を費やした。その結果、熱心な努力や幸運、あるいは人間関係における手法などはどれも必要ではあるが、決定的な要因ではない [続きを読む]
  • そんな生活はダメ! 習慣を変える一冊「7つの習慣」
  • 2.目標を持って始める第二の習慣は、目標を持って始めるということである。目的を持って始めるということは、目的地をはっきりさせてから旅立つことである。特に、本稿では人生最後の姿(自分の葬式、友人や家族、知人になんて言ってもらいたいか)を想像することを勧めている。これは、目的を持つ初歩的な方法であり、人生にをいて一度は考えるべきことだと思う。そして、こうした目的を持って始めるということは人生のはしごの掛け [続きを読む]
  • そんな生活はダメ! 習慣を変える一冊「7つの習慣」
  • 初めに自分の生活を振り返ってみてください。やりたいことができていますか?人生満足していますか?人間関係はどうですか?人に流されていませんか?これを、すべて良い方向に持っていける本があるのです!それが「7つの習慣」です!私も、この本を読んで改めて人生、習慣を考えさせられました。著書に書かれてある7つのポイントを理解すれば、どんな人でも習慣を変えることができます!この本は、時間があまりない人にとっては [続きを読む]
  • まだ遅くない 大学生必読!! 20代にしておきたい17のこと
  • はじめに誰しも、後悔をすることは多いと思います。「やっておけばよかった」「今の生活に満足できない」「あの時に戻りたい」など様々です。しかし、時が戻ることはありません(たぶん笑)。すなわち、これからの行動を自分で変えていくかないということです。そうした時に、自分の目標や方向性を示してく一冊がこの『20代にしておきたい17のこと』です!この本は、20代と書かれているため、大学生や社会に出たばかり人にお [続きを読む]
  • 初めまして!
  • はじめまして!しろくまと言います!2年前から、読書を始めました!読むのが遅く、あまり時間に余裕もなかったため、まだ、50冊ほどしか、読んでないません^^;しかし、これから徐々に読んでいきたいと考えています^_^私が、こうして文章に書こうと決めたのは、たくさんの私なりの考えを、押し付けではなく、共有できたら良いなと考えたからです!皆さんは、日々読書をしていますか?日本人は、他の先進国に比べて読書の量が少ない [続きを読む]
  • 過去の記事 …