ぼちぼち《小田久一》 さん プロフィール

  •  
ぼちぼち《小田久一》さん: ぼちぼち曖昧模糊な 日々雑感
ハンドル名ぼちぼち《小田久一》 さん
ブログタイトルぼちぼち曖昧模糊な 日々雑感
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/sikitou2027/
サイト紹介文宗教《天理教》の専門用語を使わず、教えを説くことは出来るのか?的な毎日の生活を台説くした実験的ブログ
自由文天理教の会長をしていますが、天理教の信仰を語る時、専門用語を羅列しますと、天理教内の方しか理解してもらえません。未信者を含む、多くの方に理解してもらえるにはどうすれば良いのか?如何にして専門用語を使わず天理教の教えを語れるか?という実験的ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供274回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2016/06/14 14:30

ぼちぼち《小田久一》 さんのブログ記事

  • おやすみなさい
  • 仕事から帰って来ました。『寒いなあ????』と思っていたら、なんとまあかなり冷え込んでいます。天理教の人達は早起きですから、もう起きてることと思いますが、私は今から部屋を暖かくして寝ます。空は沢山の星が光ってまして、海に行って朝陽の写真を撮りたい気持ちは若干ありますが、やっぱり寝ます??昨日の夜は姫路城とお月さまが近い位置にあり、面白い写真が撮れました。仕事中であったため、タイミング良く撮影は出 [続きを読む]
  • その2 神殿を未信者の方が説明されています。
  • 天理教の記事第2弾です。天理のまちの異世界的景観を形成する「おやさとやかた」については前回記事を御覧ください。「天理のご案内を未信者の方がされてます 」 https://ameblo.jp/sikitou2027/entry-12333561052.html 天理教の本部神殿を見学。そこにあるのは3157畳の大空間と祈りの場2017/8/30世界に100万人超の信者を抱える天理教の教会本部。威容を誇る神殿はその巨大さに対して気軽な見学が可能です。新興宗教はちょっと… [続きを読む]
  • 天理のご案内を未信者の方がされてます
  • 天理教協会本部の説明を未信者目線でされてます。興味があります方はこちらをご覧ください。??https://tabiken.net/tenrikyo-oyasatoyakata/超弩級!天理教の「おやさとやかた」は全3.5kmの大建築構想だ2017/8/24日本最大の宗教都市である奈良県天理市。所狭しと立ち並ぶ天理教の施設が、国内唯一無二の景観を見せてくれますが、その景観形成に大きく貢献しているのが「おやさとやかた」と呼ばれる建物群です。※最初に断ってお [続きを読む]
  • ロシアの方を姫路城にご案内させていただきました。
  • 姫路城の南500メートル位の位置にヤマトヤシキというデパートがあります。その前にタクシーを停めてましたら、外人さんのご夫婦らしき方が乗って来られました。携帯を翻訳機のようにして、《姫路城》の文字を見せました。私「ヒメジキャッスル?」外人さん「オーイェー」このような時に英会話をマスターしておけば良かったと思うのですが.....ものは試しで、カタカナ英語をしてみました。私「アー キャッスルルート ストレート [続きを読む]
  • インスタ映えになりましたでしょうか?
  • 今年の流行語大賞に《インスタ映え》と《忖度》が選ばれました。《インスタ映えとは》PC、スマートフォン向け写真共有SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のInstgramに投稿した写真や、その被写体などに対して見映えがする、おしゃれに見える、という意味で用いられる表現。「Instagram」と「写真映え」を合わせた造語。同義の言葉に、「Instagram」と「フォトジェニック(写真映えするの意)」を合わせた造語「インスタジェニック」 [続きを読む]
  • ご年配夫婦の飲み会
  • 昨日の夜の仕事で、80歳前後と思われるご夫婦を繁華街までお送りしました。私「一緒に飲みに行かれるのですか?仲がよろしくデスねェ〜??」旦那様「妻が身体障害になってな。家に置いてワシだけ行って、何かあったら困るやろ?」私「なるほど??お優しいですね。」奥様「私は飲めませんし、座ってるだけなんですが、主人がたまに飲みに行かれたい時は、連れて行ってもらってます。」私「なるほど??見習いたいもんですね?? [続きを読む]
  • この世界は誰のものでもない
  • サンフランシスコ市に、韓国から慰安婦像の寄贈があった。「韓国人の慰安婦がいたのか?」と言えば、その当時は日本の占領下ですから、韓国人の慰安婦もいたことと思います。しかし、日本人にも《からゆきさん》と呼ばれ、九州の天草地方などから、親の借金の肩代わりとして、慰安婦になった、サンダカン八番娼館(山崎豊子作)などが映画化され、日本人女性の辛さ、哀しみを知りました。戦争と言う極限状態であったことは確かで [続きを読む]
  • 最近のブログアクセスの傾向
  • 今月、11月のブログアクセスは合計10,025件となりました。1日の平均アクセスは300を超えることになります。余談ですが、特定スポンサーはありませんので、なんの収入にもなっていません。自己満のみのブログです。10月は7,044件、9月は6,051件であることから思えば11月のアクセスは突出してる感があります。 ブログそのものへの投稿だけでなく、ツイッター、フェイスブックへも連動して投稿してますので、読まれる方は、何気な [続きを読む]
  • かんろだいの石ふしんは何故頓挫したのでしょうか?
  • 始めにお断りをしておきます。長文ですので、時間を惜しまれない方が、じっくりとご覧下されば幸いです。とある人が、とある投稿で「かんろだいを作製していた石工は金を持って逃走」と書いてありました。『ほんまかいな??』と思い、調べてみたが、そのような内容を見つけることは出来ませんでしたが、調べてみたお陰で、『ホォー??』という、貴重な資料が見つかりました。 2017年、おやさと研究所の深谷忠一氏が「かんろだい [続きを読む]
  • 大和路の秋 天理教本部、石上神宮
  • 天理在住の森井氏と遭遇し、記念撮影していただきました。東講堂にて、講話がありましたが、残念ながらまたの機会に(´-`).。oO別席場近くにていろは教室にて石上神宮にて木製の鳥居??がたくさんいました。しばらくご覧下さい。鳴くまで待とう コケコッコ??本殿に向かう七五三で賑やかでした。銀杏が綺麗紅葉??がまたまた綺麗柿本人麿が歌う袋一杯、ぎんなんを取りまくり.....臭う?? [続きを読む]
  • 姫路北部は秋深し
  • 夢前町の方に行ってまいりました。もう、雪彦山辺りはドライブというより、探検でした。まず、通り道で気になったお店があります。場所は塩田の信号の西側にありました。駄菓子屋さんですが、商品名に興味が湧きます。途中、布袋さんで有名な通宝山弥勒寺に行って来ました。紅葉やイチョウも綺麗でした。夢前町の北端、山之内、雪彦山が見えて来ます。山岳信仰とロッククライミングが盛んな山です。土砂崩れの為、通行止になって [続きを読む]
  • 二代真柱の功績
  • 二代真柱さんが亡くなられて、今年は50年祭が行われました。いろいろな功績がある中で、今回は《一れつ会の設立》を取り上げたいと思います。【天理教一れつの会設立】昭和3年10月18日、中山正善天理教二代真柱がご自身の結婚の時に頂かれたお祝金のすべてを基金として拠出され、(一れつ会を)創設されました。その趣旨は、次のとおりです。・布教ひとすじに通る天理教布教師が、子どもの教育(とくに基礎的判断を培う時期の高校 [続きを読む]
  • 本日は月次祭
  • 本日13時より自教会の月次祭をつとめさせていただきます。布教所時代から、『大したことは出来ないが、祭文だけは毎月書かせていただこう!』 と思い、それは教会になった現在も続いています。布教所時代は毎月14日に月次祭をつとめさせていただいていましたが、大祭月の10月14.15日は《灘のけんか祭り》と重なります。当教会はその地元でもあり、この日に祭典を強行しますと、「地元の人は来るな!」と言うことになりますし、何 [続きを読む]
  • 秋の姫路をご案内致しました。
  • 昨日の日曜日は、姫路の観光案内で、紅葉??が見頃の書写山、円教寺に向かいましたが、途中から大渋滞となってました。「大丈夫ですよ??♂?裏道から回りますから??」裏道に回りますと、もうちょっとのところで、「書写山ロープウェイ??に行かれる車は、ここからは行けません。引き返して下さい??」無情にもガードマンに止められ、引き返すように言われました。お客様は昨日、福岡から来られてまして、帰りの新幹線の時 [続きを読む]
  • 面白いが..,.あかんやろう
  • 《米海軍のパイロット、青空に男性器を描いて処分される。》アメリカ海軍のパイロットが11月16日、F18戦闘機に乗って飛行機雲で青空に巨大な男性器の絵を描き話題となっている。地元メディアの「KIRO 7 News」などが報じた。アメリカ西部ワシントン州オカノガンの住民は、F18戦闘機が男性器の絵を描く瞬間を目撃。その様子をとらえた写真がTwitterなどに投稿されると、瞬く間に拡散された。海軍航空部隊は、問題のパイロットには [続きを読む]
  • 野望から生まれるものは野望である
  • これは過去に投稿したものを再編集したものです。昔、「信長の野望」というファミコンゲームでよく遊んでいた。歴史上の人物が、次々と士官して来るのですが、織田信長に士官してきた、木下藤吉郎が武功を挙げても無視し、明智光秀を徹底的にヒイキしてみた。木下藤吉郎そうすると、木下藤吉郎(豊臣秀吉)は無視されたことを恨み、織田信長に対して謀反を起こしたのだ。 明智光秀歴史的事実は明智光秀の謀反になるのであるが、ファ [続きを読む]
  • ダルマの夕陽はもうちょいで見られたけど....
  • 今日は夫婦でデート??をしてました。私は夕陽が見たかったのですが、嫁さんは食事の準備があるからと、自宅に送り、再び姫路港に戻り夕陽の撮影に挑戦してみました。瀬戸内海の夕陽は、なかなか水平線に太陽が落ちることがなく、姫路はこの季節だけ見られます。たくさんのカメラマンがでっかいバズーカ砲みたいなカメラを持参してますが、私はデジカメ??です。惜しい!雲が水平線の上にありました。水面にダルマが映ってます [続きを読む]
  • 姫路城と好古園
  • 姫路城の西側に好古園という日本庭園があります。そこでサンタクロース??らしき外人さんを見つけ、証拠写真を残しておこうと思いまして、「アー....シャッター??オッケー?」 「オーイェー??」「アー....メリークリスマス」「オーイェー!プレゼント??は今ないよ!」しっかり日本語はわかっていました」さて、好古園は秋が一杯ありました。姫路城に入りますと夜間用のイルミネーションがたくさんありました。これが、こう [続きを読む]
  • 夫婦で「元の理」の講習を受け、その後デートをしてみた
  • 11月16日、飾東大教会において、夫婦で「元の理」のお話を聞かせていただきました。講師はやまとよふきの会長である深谷太清《ふかやもときよ)先生。会長になる前、本部で任命講習を受講しますが、その時の同期ですが、100%相手は覚えていないだろうと思います(笑)2回受講することになっていまして、今回は第1回目です。出来るだけメモを取ってみましたが....さて、「元の理」のお話が終わり、夫婦で「元の理の実践」として [続きを読む]
  • 姫路城の夜景
  • 料理屋さんからタクシー三台のご予約をいただきました。男性陣「さあ、これから二次会や!」女性2人「私達は、もうホテルに帰りま〜す!」そう言いながら、私のクルマに乗ってこられました。私は変態的な意味ではなく、お客様に喜んでもらいたくて、爽やかにささやきました。「女性に気に入っていただける場所が近くにあるんですけど、どうされます?」「ワァッ????それ、何処?」「姫路城です。期間限定プレミアムでお城は [続きを読む]
  • 不思議は神の導き
  • 11月26日、従兄弟がおぢばに帰って下さることになりました。参拝とまでは行きません。従兄弟には「お母さんが昔過ごしたおぢばに見学に行こうよ!参拝を無理に誘うと、宗教勧誘に聞こえるやろ?」との意見にご賛同いただきました。その理由は2015年頃まで遡ります。その頃のブログを一つにしてみました。 ????????????????????????????おばちゃんは昨年末より体調を崩し、家島を離れ、姫路市内の病 [続きを読む]
  • 案山子は案山子
  • このブログは2015年11月13 日に投稿したものを再編集したものです。????????????????????????????????長女が大阪に住みたいと言った。「何でも自分が責任を持って、思うようにやったらええがなヽ(´o`;」『ついつい強気なことを言ってしまった。』 長女は天理高校の定時制で寮生活を送ったことがあります。大阪よりも遠いところで、寮生活をしていましたが、ほとんど心配することありませんで [続きを読む]
  • 特攻隊を美化することなかれ
  • このブログは2015年11月6日に投稿したものを再編集したものです。文章はこちらです。http://kanouseiji.com/kamikaze-2/ちょっと思うことがあり上記をシェアしました。投稿者への悪意はありません。お国の為に、家族の為に、自らの命を捨てた特攻隊員達の生き方に対し、経営者はその精神を見習い、そのような愛社精神を持つ集団になってもらいたいのでしょうか?しかし、特攻隊にせよ、兵隊にせよ、戦争には大きな落とし穴を抱え [続きを読む]